文理両道

専門は電気工学。経営学、経済学、内部監査等にも詳しい。
90以上の資格試験に合格。
執筆依頼、献本等歓迎。

鞍馬天狗にモデルがいた!

2016-10-12 14:42:52 | その他
 美祢市という山口県にある小さな市の広報誌を読むと、面白いことが載っていた。有名な大仏次郎の「鞍馬天狗」(といっても、最近の若い人は知らないかもしれない)。天狗という名前がついていても妖怪の類が出てくる訳ではない。幕末を舞台にした時代小説で、鞍馬天狗は主人公の剣士のことだ。その正体は謎に包まれているが、勤王の志士として新選組などと対決する。嵐寛寿郎(これも最近の人は知らないだろうなあ。私にしても、知っているのは名前だけ)の主演で制作された映画は大ヒットになったという。もっとも嵐寛寿郎と大仏次郎の間では色々あったらしいが。

 この鞍馬天狗のモデルとなった人が誰かは諸説あるらしいが、この広報誌に書いてあったのは、美祢市美東町の長登出身の福原乙之進という人物。高杉晋作や久坂玄瑞などといっしょに、「英国公使館焼き討ち事件」に参加している。幕末の長州には、歴史の流れの中に埋もれてしまった人物が沢山いる。この人物も誰かが小説にでもしてくれたら、もっと有名になるかもしれない。なお彼の出身地の長登は、奈良の大仏に使用した銅の産出地として有名な場所だ。

 ところで、この乙之進さん、幕府の取り手の目から逃れるために変名を使っていたという。その名前が、出身地の「美禰」を匂わす、「長原美禰介」。広報誌でも、「オチャメなのかよほどの郷土愛」と突っ込まれているが、バレなかったのかな?

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書評:未来化する社会 世界72... | トップ | 東電事故の報道に思う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。