文理両道

専門は電気工学。経営学、経済学、内部監査等にも詳しい。
90以上の資格試験に合格。
執筆依頼、献本等歓迎。

日本三景が一つ、安芸の宮島1

2016-10-29 14:47:23 | 旅行:広島県

 この間、久しぶりに宮島に行ってきた。考えてみると、もう10年以上は行っていない。距離的にはそう遠くないが、いざ行こうと思うと、私が住んでいる所からは、交通機関を何回か乗り換えて行かなければならないので、金銭的にも時間的にも、結構大変だ。

 宮島は日本三景の一つで「安芸の宮島」という。「安芸」とはざっくり言って、広島県の西半分のことである。ちなみに、東半分は備後。どのあたりが境目かはよく知らない。よくあるギャグだが、「安芸の宮島」を「秋の宮島」と思っていて、宮島に行くなら秋がいいんだなんて勘違いしている人もいる。

 確かに、秋の紅葉シーズンなどは、宮島を訪れるには最適の時期には間違いないのだが、旧国名の「安芸」にある宮島ということで、もし間違って覚えているひとがいたら、この機会にきちんと覚えて欲しい。実は私も、広島人ではない(だからカープだのサンフレッチェだの聞くと、うっとうしくってたまらない(笑))ので、昔は「秋の宮島」だと思っていた。まあ、世界遺産になるまえのローカル観光地だったことだから、そんなもんだろう。

 宮島に行ったのは、懸賞で当たった水族館の入場券の期限切れが迫って来たからだ。水族館の入場券は結構高い。無駄にしてはもったいないので、期限切れ寸前に慌てて行ったというわけである。

〇厳島神社大鳥居



 せっかく宮島に来たのだから、厳島神社を通っていくことにした。入場料は大人300円。京都当たりの観光寺院に比べれば安いが、神社で入場料を取るところは珍しい。あの京都で出さえ、神社で入場料を取るところはあまり覚えがないのだが。

〇厳島神社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原子力廃炉費用の国民負担は... | トップ | 書評:地理 2016年 10月号 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅行:広島県」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。