文理両道

専門は電気工学。経営学、経済学、内部監査等にも詳しい。
90以上の資格試験に合格。
是は是、非は非の辛口批評を展開。

秋吉台あるある

2016-10-16 14:24:04 | 旅行:山口県
 昨日紹介した「Mine秋吉台ジオパーク」のパンフレットだが、秋吉台あるあるといったようなことが載っていたので紹介しよう。秋吉台のある地域では、水に石灰岩起源のカルシウムが沢山含まれているため、鍋やヤカンの底が炭酸カルシウムが析出して真っ白になってしまうのだ。

 日本の水は一般に軟水だと言われるが、この地域の水はカルシウムを沢山含んだ超硬水。水道をひねればミネラルたっぷりの水が出てくるのである。

 この水が体に良いのか悪いのかはよく分からないが、カルシウムがたまることで困ることもある。例えば風呂のシャワー。カルシウムのため、穴が詰まってしまうのだ。この前実家の風呂でシャワーを使うと、半分くらいの穴しか水が出ていなかった。さすがに使い勝手が悪いので、針で詰まっている穴をひとつづつ突いて、再び水が通るようにしていく。今はまた全部の穴から水が出ているが、油断しているとまた詰まってくるので注意していないといけない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不倫騒動なんてもうおなか一杯 | トップ | 遠足の目的は(思い出シリー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。