文理両道

専門は電気工学。経営学、経済学、内部監査等にも詳しい。
90以上の資格試験に合格。
執筆依頼、献本等歓迎。

鳥取駅の駅弁「おこわ弁当」

2013-07-11 06:00:00 | 旅行:鳥取県




 鳥取駅からの帰りは、列車の中で食事時間を迎えてしまう。広島まで我慢するのも辛いので、弁当を買って列車に乗ることにした。コンビニ弁当やホカ弁に比べると割高になるが、せっかくなのでやはり駅弁をと、駅の駅弁売り場で買ったのが、この「おこわ弁当」。

 見ての通り、赤飯のおこわをメインに、カニクリームコロッケ、サバ、筑前煮、玉子焼きなどのおかずをふんだんに添えた弁当である。もちろん味の方も、なかなかのもの。写真は、乗車した「スーパーいなば」の中で撮ったもの。一番端の席だったので、少し弁当を置くところが狭い。値段は820円。

○姉妹ブログ
時空の流離人 
本の宇宙
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牛骨醤油ラーメン(鳥取市)

2013-07-09 06:00:00 | 旅行:鳥取県


 所用で鳥取へ行ったが、天候もぐずついたような日が続いたうえ、日が射せば射したでむちゃくちゃに暑いし、この季節はなかなか過ごしにくい。少しくたびれ気味なので、夕食はコンビニ弁当で済ませていたのだが、せっかく来たのだからなにか変ったものをと言う訳で、夕方、駅から近い商店街をブラついてみた。



 目に留まったのが、この少し派手な感じの店、「ラーメン道場 太鼓判」だ。「牛骨」という文字が目に飛び込んでくる。「豚骨」ならポピュラーだが、「牛骨」というのは他では見たことがない。あとで調べてみると、鳥取には割と牛骨ラーマンが多いようだ。鳥取市は県東部になるが、県中部の方では、牛骨ラーメンを応援する「鳥取牛骨ラーメン応麺団」が結成され、メディアにも登場したりしているとのことだ。
 物珍しさから、店に入って、「牛骨醤油ラーメン」を注文した。



 これがその「牛骨醤油ラーメン」。豚骨よりは、あっさりしているような感じだが、あまり舌の方は確かではないので、信用はしないで欲しい(笑)。でも、なかなかうまかった。

値段は680円。牛骨ラーメンには、醤油の他に、塩と味噌があるが、そちらは、なぜか値段は100円高かった。



○姉妹ブログ
時空の流離人 
本の宇宙
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

倉吉パープルタウンで野菜ラーメン

2013-07-03 06:00:00 | 旅行:鳥取県



 所用で、鳥取県倉吉市に行ったら、駅の様子がすっかり変っていたのに驚いた。以前に比べたら、見違えるほど立派になっている。




 他所に言った場合、昔は食事はコンビニ弁当で済ますことが多かったが、最近は、色々な店に入っている。といっても、貧乏性なので、割と手軽なもので済ましている。モール内のちょっと見過ごしてしまいそうなとことろにある。

 上の店は、倉吉市にあるショッピングモール、パープルタウン内にある「ラーメン大八」。




 食べたのは、この「野菜ラーメン」。仕事旅は、どうしても野菜不足になりがちなので、これはうれしい。ボリュームも結構あり、値段は600円だった。


○姉妹ブログ
時空の流離人 
本の宇宙
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米子深浦神社

2013-06-21 06:00:00 | 旅行:鳥取県
 湊山公園から、旧米子城のあった城山を一周して、元の場所の近くに出ようと思っていたが、歩いても歩いても、それらしきところに出ない。完全に道に迷った・・・・・orz

 早くしないと日が暮れてしまうので、通行人に道を聞くと、どうも反対側に一生懸命進んでいたようだ。やはり知らないところを歩くには、地図は必携だということのようだ(笑)

 慌てて引き返すと、途中に由緒ありそうな神社があった。神社仏閣を見ると、つい寄りたくなるので、あまり夕暮れまで時間はなかったが、ちょっと立ち寄ってみた。





 ここは、深浦神社というところで、別名祇園神社とも言うらしい。この名前から分かるように、祭神はスサノオノミコトである。また、この辺り一帯の地名を祇園という。知らないところを歩きまわると、色々な発見があってうれしい。


○姉妹ブログ
時空の流離人 
本の宇宙
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米子湊山公園と中海

2013-06-19 06:00:00 | 旅行:鳥取県




 米子に所用で行った際に、夕方まだ明るいので、市内を少し散歩をした。写真は駅から少し歩いたところにある湊山公園。米子には鳥取大学の医学部があり、その付属病院のすぐそばに入口がある。細長いが、結構広い公園で、中海に沿って延びた形になっており、中は緑が多い。



 この写真は、右側が中海。左が湊山公園。散歩やランニングには、絶好のコースだ。梅雨にも関わらず、天気も良く、中海の景色も素晴らしかった。




○姉妹ブログ
時空の流離人 
本の宇宙
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当たり前田カレー

2013-06-15 09:45:16 | 旅行:鳥取県


 上の写真は米子駅。所用で訪れた際に、面白いネーミングのカレー屋さんを見つけたので入ってみた。




 どこか懐かし感の漂うネーミング。「当たり前田カレー」だ。システムは、2種類のベースになるカレーに、好みに応じてトッピングをするというもの。



 と言うことで、注文したのが、この殴風ビーフカレーにハンバーグのトッピング。カレーの方はコクがありなかなかうまかったのだが、トッピングのハンバーグに、少し残念感が付きまとう。メニューの写真よりは貧弱な感じだったからだ。



○姉妹ブログ
時空の流離人 
本の宇宙
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南苑寺(三朝温泉10)

2012-02-24 06:00:00 | 旅行:鳥取県





 三朝温泉の山側に張り付いたように立っている寺がこの南苑寺。竜宮門と呼ばれる、一風変わった山門が目を惹く。創建は1925年(大正14)と意外に新しい。臨済宗相国寺派の寺である。開基は、相国寺住職で相国寺派管長だった独山禅師(橋本独山)。なんでも、独山師が当地で神経痛の治療をしたのが縁らしい。





資格・スキルアップ ブログがたくさんあります⇒人気ブログランキング 


○関連過去記事
キュリー広場(三朝温泉9)

○姉妹ブログ
時空の流離人 
本の宇宙





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キュリー広場(三朝温泉9)

2012-02-18 06:00:00 | 旅行:鳥取県




 三朝温泉はラジウム温泉だが、そのラジウムを発見したのが、フランスのキュリー夫人。その縁で、三朝はフランスとの交流を深めているという。写真は、それを記念してつくられた、国際交流記念公園、別名キュリー広場の野外ステージ。




 そして、こちらは、公園内にあるキュリー夫人の像。いわれを聞くとなるほどと思うのだが、知らない人は、どうしてこんなところにと思うかもしれない。ちなみに、銅像は表情が厳しいので、ちょっと怖い感じだ(笑)。



資格・スキルアップ ブログがたくさんあります⇒人気ブログランキング 


○関連過去記事
三朝温泉発見の湯株湯(三朝温泉8)

○姉妹ブログ
時空の流離人 
本の宇宙
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三朝温泉発見の湯株湯(三朝温泉8)

2012-02-07 06:00:00 | 旅行:鳥取県




 三朝温泉は、大久保左馬之祐という人が源氏の再興を祈願したところ、夢の中に白狼が現れて、温泉がることを教えたことから始まったという。発見は、1163年のことと言われている。これが温泉の元湯で、現在は上の写真のような「株湯」という公衆浴場となっている。




 そして、こちらは、株湯の脇にある「飲泉場」。右にあるのがそれで、左は足湯。そして真中の像は、この温泉発見のエピソードを表したものである。


資格・スキルアップ ブログがたくさんあります⇒人気ブログランキング 


○関連過去記事
三朝神社(三朝温泉7)

○姉妹ブログ
時空の流離人 
本の宇宙
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三朝神社(三朝温泉7)

2012-02-03 06:00:00 | 旅行:鳥取県




 上の写真は、三朝温泉の守り神である三朝神社の鳥居。小さな神社だが、境内にはかなり樹齢の古そうな木が生い茂り、なかなか風情がある。三朝温泉を訪れたら、必ず訪れておきたいスポットだろう。神社の入り口のお清めの水は、場所柄、やはり温泉だということだ。




 そしてこちらは、神社の本殿。



資格・スキルアップ ブログがたくさんあります⇒人気ブログランキング 


○関連過去記事
三朝温泉街(三朝温泉6)

○姉妹ブログ
時空の流離人 
本の宇宙
コメント
この記事をはてなブックマークに追加