文理両道

専門は電気工学。経営学、経済学、内部監査等にも詳しい。
90以上の資格試験に合格。
執筆依頼、献本等歓迎。

書評:ももるぶ 1

2018-01-15 10:42:04 | 書評:その他
ももるぶ 1【期間限定 無料お試し版】 (コミックフラッパー)
クリエーター情報なし
KADOKAWA / メディアファクトリー

・志賀伯

 なんだかよく分からないタイトルだが、ももるぶとは、ももる部すなわち「桃山商店街を盛り上げる部」のことらしい。

 舞台は明記はされてないが、一番最初に桃山御陵前駅というのがセリフの中に出てくるので、まず京都市だろう。桃山御陵前駅というのは、近鉄京都線の駅で、近くには有名な伏見桃山城がある。

 しかし、京都が舞台なのに、セリフが全部標準語というのは、学生時代を京都で過ごした者としては、ものすごい違和感がある。ここは全部京都弁をキャラに喋らせるくらいの冒険をして欲しかったと思う。

 私が昔住んでいたのは京都市でも北の方なので、このあたりの地理には詳しくない。だから、桃山商店街というのが実際にあるかどうかは知らない。試しにググってみたら、「伏見大手町商店街」というのはヒットしたが、「桃山商店街」というのは出てこなかったので、架空の商店街かもしれない。

 さて、この本の主人公は、南桃山商業高校(ちなみにこちらも架空の学校のようだ)に通う平友和という少年。一応ももる部の部長である。これに、友和の幼馴染の肉屋の娘であるオタク系の一条かすみ(ちっこい。ブラの色は黒)、と友和のストーカー歴2年である呉服店の娘の引っ込み思案でプレッシャーに弱い漆原あやね(体力はびっくりするくらいない。パンツの色は赤)、無口で無表情だが機械に強い赤木りんごとや顧問教師の小林と言った個性的な面々が加わって、桃山商店街を盛り上げようとする。

 果たして彼らはどのような取り組みを見せるのか。また、出てくる女の子たちは、それぞれ平に気があるようだ。なにしろ両手に花どころか、可愛らしい女子部員が3名。先生まで入れれば4人である。これがどのようなラブコメ的展開を見せるのか、そちらの方も期待度が高いだろう。

☆☆☆☆

※初出は、「風竜胆の書評」です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評:ゆるキャン△ 1

2018-01-11 10:04:42 | 書評:その他
ゆるキャン△ 1巻 (まんがタイムKRコミックス)
クリエーター情報なし
芳文社

・あfろ

 この1月から深夜アニメも始まった、女子高生ゆるゆるキャンプマンガ。
 
 主人公の志摩リンは、オフシーズンのキャンプ場で一人キャンプ(ソロキャン)をするのが趣味。たまたま同じ学校に転校してきたもう一人の主人公各務原なでしこを助けたことから彼女との交友が始まる。

 なでしこは、山梨に引っ越して来て、富士山を見るため自転車で遠出して来たのだが、つい居眠りをして暗くなってしまい、帰れなくなっていたところをリンに助けられた。その時見た夜の富士山がきれいだったので野外活動に興味を持ち、学校ではまったり系の野外活動サークルに入ることになる。

 そのサークルの先輩メンバーが大垣千秋と犬山あおいである。ストーリーはこの4人と、リンの友達の斉藤恵那を中心にして進んでいく。

 リンがソロキャンをしている麓キャンプ場になでしこが押し掛け坦々餃子鍋を作ったことから二人の距離は縮まったようだ。なでしこ、とてもそんなキャラには見えないのに、意外とお料理上手というところが面白い。鍋を殆ど一人で食べたという、大喰らいなところは予想通りか(笑)。

 可愛らしい少女たちの繰り広げるゆるふわストーリーは、私のツボにハマってなんとも楽しい。笑いながらもアウトドアの知識が知らず知らずのうちについてくるという優れもの。ただし寒いのが苦手なので、オフシーズンのキャンプ場でキャンプしようとは思わないが。

 でも人気のないオフシーズンのキャンプ場で、リンのような女子高生が一人でキャンプして大丈夫なのだろうかと老婆心ながらちょっと心配になった。

☆☆☆☆

※初出は、「風竜胆の書評」です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評:江戸春画 奔放なる性愛芸術 弐

2018-01-07 09:18:42 | 書評:その他
江戸春画 奔放なる性愛芸術 弐 (コスミック・禁断文庫)
クリエーター情報なし
コスミック出版

・吉崎淳二

 本書は、タイトルの通り、江戸時代の春画を集めたものだ。春画とは、要するにアレの場面を描いたものである。

 出てくる春画を見ていると、確かに男の方は、AV男優も裸足で逃げ出しそうなくらい立派なモノをお持ちのように描かれている。しかし、当時の浮世絵がそうであるように、男も女も皆同じような顔に見えてしまう。

 おまけに、現代の基準では、美人というのはちょっと苦しい。今のAVにあの春画のような女優が出たら・・・DVD売れないだろうなあ(笑)。

 ひとつ面白い事に気が付いた。描かれている春画には、圧倒的に服を着ているものが多いのである。現代でも一部マニアには、制服を着させてという向きもあるとは聞くが、江戸時代というのは、着衣マニア(そういった分類があるかどうかは知らないが)ばかりだったのだろうか。

 いずれにせよ、昔と今の文化の違いを感じられて面白いのだが、さすがに興奮はしないなあ。

☆☆☆

※初出は、「風竜胆の書評」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評:軍神ちゃんとよばないで 1巻

2018-01-01 09:16:25 | 書評:その他
軍神ちゃんとよばないで 1巻 (まんがタイムコミックス)
クリエーター情報なし
芳文社

・柳原満月

 ヒロインは上杉謙信。いや決してヒーローの書き間違いではない。この作品では、上杉謙信は、虎千代というお姫様なのだ。

 これが普通のお姫様などではない。と言っても、別に武勇に優れているということではない。なんとグータラニートでいつも引きこもって、芋の茎を齧りながらゴロゴロの困りもの。ただし、黙っていれば超絶可愛い(笑)

 頭を痛めた兄の晴景から、寺に入れられても、和尚から出家には向いてないと、体よく追い返される始末。

 でも、なぜか彼女はラッキーマンもびっくりするくらいのものすごい運が付いているのである。寺から追い返されたのも、なぜか「才ある若武者を坊様にするのは惜しい」と周りが勝手に勘違い。

 無理やり戦に出されたのだが、なんと虎千代の言葉に兵が感動して、4倍もの敵を蹴散らしてしまう。毘沙門天の化身と呼ばれる軍神虎千代伝説の始まりであるが、当人はただボケーっとしていただけ。

 周りの豪族たちも、ただただグータラなだけの虎千代の言動を良い方に解釈して、どんどん虎千代ファンに。

 上杉謙信女性説というのは昔からあるが、ここまでグータラなお姫様という設定にするとそこかしこで笑えてしまう。グータラ美少女お姫様に対する周りの勘違いぶりが何とも面白い。この後どう展開していくのか、とても興味深い。


とっても!ラッキーマン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
クリエーター情報なし
集英社


☆☆☆☆

※初出は、「風竜胆の書評」です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天牌外伝 1,2

2017-12-16 10:18:04 | 書評:その他
天牌外伝 1
クリエーター情報なし
日本文芸社

・来賀友志、嶺岸信明

 昔は麻雀と言えば男子大学生の必修科目。今のようにやれデートだとか、リア充だとかは普通の大学生にはあまり関係のなかった時代、大学生の暇つぶしと言えば麻雀しかなかった。もうウン十年も昔のことだ。私も田舎の高校生だったので、麻雀の「マ」の字も知らずに育ったのだが、大学に入ると、いつの間にか覚えてしまっていた。

 何でも徹底的にやらないと気が済まない私の性格から、市販の教本を何冊か買い込んで勉強したものだ。当時は、正確な符の数え方やあまり一般的でない役までいろいろと覚えていたのだが、それも今は昔の物語。ウン十年もやっていないと、もはやかなり記憶が抜け落ちてしまう。

 しかし、今でも麻雀の世界を描いた漫画があるくらいだから、一定の人気はあるのだろうか。たまたまキンドルの無料マンガで見つけたので、なんだか懐かしくなってダウンロードしてみた。

 主人公は、一晩で億の金を動かすと言われる黒沢義明という凄腕の雀士。基本的には、彼が色々な面子と卓を囲むというのが基本的なストーリーだ。

 この黒沢、どうみても悪人面なのだが、なかなか情に厚い人物として描かれている。このギャップがなんとも面白いのだ。まあ、麻雀漫画でさわやかなイケメンが主人公を務めても、あまり流行りそうにはないのだけど。ヤクザに足抜けをさせたり、ろくでもない男に貢いでいた女性に麻雀で金を取り返させたり、弟子を取らないと言いながらも弟子を取ったり。

 ところで、昔は麻雀牌を手で積んでいたが、だいぶ前から雀荘なんかでは、全自動で機械が積んでくれるようになった。だから、本書に出てきた積み込みなどのイカサマの手口は、炬燵に入って手積みでやるのでない限りは、今では使えないと思う。こんなところにも技術革新の影響が出ているのかと思うとなんだか面白い。昔は、よくテレビにプロ雀士と言われる人たちが出ていたが、いまどうしているのだろうか。

 今は、麻雀と言えば、ギャンブルというより、お年寄りの老化防止のための娯楽といった面が強いような気がするが、麻雀人口って、果たして今どのくらいいるんだろうか。

☆☆☆

※初出は、「風竜胆の書評」です。

天牌外伝 2
クリエーター情報なし
日本文芸社



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評:電気計算2017年12月号

2017-12-01 20:55:06 | 書評:その他
電気計算 2017年 12 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
電気書院


 電気主任技術者やエネルギー管理士を目指す人たちのための受験雑誌の12月号。昔は、色々な資格に関する受験雑誌があったものだが、少子化の影響か、人々のハングリー精神が希薄になり、勉強をして資格を取ろうという意欲が無くなってきたのか、それとも理工系の方面に皆が興味を持たなくなってきたのか、種類がどんどん少なくなっていく。

 情報処理に関する受験雑誌など、昔は数種類はあったように記憶しているが、しばらく前から全滅状態だ。電気主任技術者については、健闘しているようで、いまも関連雑誌が販売されているが、売っている書店自体が減っているので、昔よりかなり販売部数は減っているものと推測する。雑誌の価格も昔より格段に上がってしまっている(昔の価格はもう記憶にないが、それでも1000円以上していたような覚えはない。今は、この号で1620円だ。)

 電気は、ものづくりをしているところなら必ず使われており、電気主任技術者というのはかなり間口の広い資格なので、持っていて損をすることはないと思う(必ずしも得をするかどうかは分からないが。)

 この雑誌には、電気主任技術者試験(通称「電験」)やエネルギー管理士(電気)を受験する際に必要な色々な知識が詰め込まれているのみならず、電気技術者として知っておくに越したことはないトピックス的なものも多く連載されている。私も電気主任技術者試験やエネルギー管理士試験(昔は確かエネルギー管理士の試験は別の雑誌になっていたような記憶があるが、今はこちらに統合されているようだ)の際にはかなり世話になった。

 理工系離れが叫ばれ、大学の電気関係の学科を出ていても、本来は工業高校卒レベルのはずの電験3種でさえすんなりとは合格できない大学生が増えている現在、もっとこの手の雑誌が売れてもいいと思うのだが。

☆☆☆☆

※初出は、「風竜胆の書評」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評:定年バカ

2017-11-25 09:35:30 | 書評:その他
定年バカ (SB新書)
クリエーター情報なし
SBクリエイティブ

・勢古浩爾

 世の中には、定年後の生き方についての本が溢れている。そのどれもが、定年後こそ、これまでやれなかったことをやるチャンスだといった論調で書かれているのではないだろうか。曰く、定年後こそ地域デビューのチャンス。曰く定年後こそ何か勉強をすべき等々。そんな本を読んで、よし自分もと思ったのはよいが、どうもうまくいかずに焦っている人はいないだろうか。

 本書は、そんな本を、次から次に、ばっさばっさとめった切りにする。そのツッコミ具合がシニカルでなんとも面白いのだ。本書が訴えていることは、やりたい人間はやればいいが、やりたくない人間は別にやらなくてもいいんじゃないかということに尽きる。定年後に何かやらなけりゃならないと思い込むのは、それこそ病気ではないか。

 例えば本書には、とある市民講座の例が出ている。定年退職者のための講座だが、その講師が30歳という大学の助教。人生経験豊富な定年退職者が、「定年」をテーマに、よく30歳の若造の話などを聴きたいと思うものだ。受講する方もする方だが、講師を引き受ける方も引き受けるほうで、かなり皮肉な口調で書かれているのだが、私ならまず聴きに行こうなんて思わないだろう。

 定年退職者は、これまで長い間、会社という枠に嵌められてきたのだ。我慢してきたことも沢山あったろう。定年後こそその枠を取り払い自由に生きればいいじゃないだろうか。定年後、何かしなくちゃと脅迫観念に囚われているような人は一読すれば、心がすっきりするのではないかと思う。

☆☆☆

※初出は、「風竜胆の書評」です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評:終電ちゃん(1)

2017-11-19 10:26:52 | 書評:その他
終電ちゃん(1) (モーニングコミックス)
クリエーター情報なし
講談社

・藤本正二

 たまたま見つけた、ちょっと変わった漫画だ。なにしろ、主人公が終電を擬人化した「終電ちゃん」という存在。いや、電車を離れても、かなり広い範囲で行動してるから、終電の妖精か。終電の走行時は、屋根に陣取り、就寝も同じように屋根の上。終電に乗り込む乗客をさばきながらも、もっと早い電車で帰れと叱る。

 「終電ちゃん」は、日本各地の終電に存在するようだが、この巻では、主に、中央線の「終電ちゃん」と、終電に伴ういくつかのエピソードを描いている。描かれるのは、人間ドラマや電車の接続に関する苦労。それがなかなかに泣かせるのだ。

 他にこの巻では、山手線の「終電ちゃん」、小田急小田原線の「終電ちゃん」も登場。それぞれ個性も違うが、みな可愛らしい少女の姿をしており、自分の持ち場でがんばっている。

 基本的には「終電ちゃん」は人気者なのだが、人間とは勝手なもので、電車が遅れた時などには、非難の対象となる。それでも「終電ちゃん」は乗客のことを思い、その時折で最善の行動を取ろうとするのだ。

 さあ、みんな「終電ちゃん」に会いたくなったら、終電に乗ってみよう。でも、うちの田舎のように電化されていないようなところには、「終電ちゃん」はいないだろうなあ。なにしろ「電車」じゃないし。

☆☆☆☆

※初出は、「風竜胆の書評」です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評:虚構推理

2017-11-11 09:49:02 | 書評:その他
虚構推理 コミック1-6巻 セット
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

・(漫画)片瀬茶柴、(原作)城平京

 本書は、城平京による同名小説のコミカライズ版にあたる。ヒロインは、「ひとつ目いっぽん足のおひいさま」と妖や幽霊たちからアイドルのように人気の、岩永琴子という少女だ。その名の通り、右目は義眼、左足は義足である。彼女は、11歳の時に妖たちに攫われて、彼らの知恵の神になってくれと頼まれた。知恵の神になるためには、ひとつ目一本足でなければならない。琴子は妖たちの知恵の神になったために、右目と左足を失ったのだ。

 かってこれほどの異形を抱えたヒロインがあっただろうか。でもその姿は、とっても可愛らしい美少女なのだ。義眼も義足も彼女にはまったくハンデにはなっていないし、知恵の神というくらいだから頭も切れる。ただし、ヘタをすれば中学生扱いされるくらいにちっこいことだけは、コンプレックスになっているようである。でも、正真正銘のお嬢様で、結婚すれば、もれなく土地家屋などの資産付、就職の世話もできるらしい。

 そんな彼女が定期的に通っている病院で出会ったのが、桜川九郎という青年。琴子は、九郎に一目ぼれするのだが、残念なことに、彼には年上の同じ大学に通う弓原 紗季という彼女がいた。ところが、ある事件がきっかけで九郎は、紗季と別れてしまう。それを知った琴子は、見境なしに主人公に求愛するようになるのだが、それがなんとも面白いのだ。

 実は、九郎は、未来視のできる「くだん」という妖怪と、不老不死になる「人魚」の肉を食べさせられたために、この二つの能力を備えている。ただし、未来を視るためには、一度死ななくてはならないというちょっと厄介な力だ。妖怪の肉を食べたために、九郎は妖たちの目には、とても恐ろしい姿に映るようである。でも琴子にとってはイケメンの部類に入るらしい。この作品は、九郎と琴子の二人が怪異に挑むというものである。

 1~6巻までで二人が挑むのが「鋼人七瀬」という怪異。鉄骨の直撃事故で、顔がつぶされて死んだアイドル七瀬かりんが、顔のない亡霊となって現れ、手にした鉄骨で人を襲うというのだ。二人は、警察官になった九郎の元カノの紗季といっしょに、この事件に挑むのだが、タイトルの「虚構推理」というのは、この「鋼人七瀬」との対決のやり方から来ているのだろう。この場面は、まさに作品のクライマックスといってもいいのだが、本当にすごい。

 エピローグでの、九郎のセリフがなんともいい。

「不死身の僕とともにいるのはコノハナサクヤヒメじゃなくてイワナガヒメじゃないといけないと」と言う九郎に、「イワナガヒメはぶさいくだったから家に返されたんですよ」とちょっとおかんむりの琴子。これに対して九郎は、「でもお前は花より綺麗だから僕はどこにも返していないだろう」だって。

☆☆☆☆☆

※初出は、「風竜胆の書評」です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評:地理 2017年 10 月号

2017-10-21 13:14:51 | 書評:その他
地理 2017年 10 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
古今書院


 地理10月号の特集は「防災 知っておきたい地形用語」である。この特集を読んでいると、中高では大嫌いだった社会科の一分野としての地理に関する記事を読んでいる気がしない。むしろ地球科学系の雑誌を読んでいるような感じになるのである。いや、これは、今に始まったことではない。以前からこの雑誌を読む度に同じような気持ちになる。だからこそ、「地理」嫌いを自認する私が、「地理」と銘打ったこの雑誌をずっと読んでいるのだろうと思う。

 しかし、私のようなへそ曲がりにとっては、どうかなと思うような記述もある。それは、「大学で学んだ地理学の知識や技術は、社会人になってから業務で直接活用することはほとんどありません。」(p9)と言いながらも、地理学を学んで社会で活躍している人は、「地理学という手法や考え方が社会にとって有用であることを実感していると言えます。」(p11)としている。それは本当だろうか。有用だったとしても、それは地理学独特の手法や考え方なのか、それとももっと一般的なものなのか。その辺りが、私にはよく分からない。

 ところで、地理学は、人文地理学と自然地理学に分かれるようだ。後者は理学部などのいわゆる理系学科に置かれることもあるが、地理学科は、日本においては圧倒的に文学部に置かれる例が多い。地理というのは、本来地球科学的なものも含めた学際的なものだと思うが、高校の指導要領などでは、地理歴史とひとくくりにされている位だから、これは社会の一教科だという思い込みは誰もが持ってしまうのではないだろうか。

 文学部で社会の一科目のような地理を収めて教員になった人が(おそらく高校の地理の教員は、圧倒的のこちらが多いはずだ)、自然科学分野にまで手が回るかどうかは非常に疑わしい。だから高校までの地理はあれほどつまらなかったのかと最近は思うようになった。この雑誌の執筆者を見ても、かなりの人が自然科学分野を専攻した人である。現在の蛸壺のような高校までの地理はなんとかならないものかと思う。

 話は変わるが、最初の方に掲載されている「地理ちりブログ」に、国際地理オリンピック2017で日本の高校生の活躍ぶりが掲載されていたのだが、通常のマスコミではほとんど報道がなく、この雑誌を読んで初めてそのことを知った。運動の方のオリンピックは、あれだけ報道するのに、もっと文化的な活動の方にも目を向けて欲しいと思うのは私だけだろうか。

☆☆☆☆

※初出は、「風竜胆の書評」です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加