文理両道

専門は電気工学。経営学、経済学、内部監査等にも詳しい。
90以上の資格試験に合格。
是は是、非は非の辛口批評を展開。

書評:天空の標的2 惑星ラランド2降下作戦

2016-12-01 08:59:11 | 小説(SF/ファンタジー)
天空の標的2 惑星ラランド2降下作戦 (創元SF文庫)
クリエーター情報なし
東京創元社

・ギャビン・スミス

 本書は「帰還兵の戦場シリーズ」(全3巻)に続く「天空の標的シリーズ」(全4巻)の2巻目となる。

 敵は秘密結社(カバル)。この巻では、主人公のジェイコブ(ジェイク)・ダグラスたちが集められ、敵の前線基地がある高重力惑星ラウンド2への軌道降下低高度開傘(OILO)による侵入を行うまでが描かれている。

 作品世界では、人間は過酷な宇宙でも生存できるようにするためか、体中を改造している。ジェイクにしても、全身をサイボーグかした帰還兵という設定だ。

 全身サイボーグというと、よくこの手のマンガに見られるように、脳みそ以外は全部機械になっているのかと思ったら、どうも違うようだ。あくまで肉体をベースにして、それに色々なものを追加していくらしい。だから、全身サイボーグでも、女の子とにゃんにゃん(古い?)可能。おまけに、ネット上のバーチャル世界をプレイの場にすることもできるらしい(そんなん、楽しいのか?)。

 ジェイクたちのチームは、なかなか多彩だ。ジェイクは、元娼婦でハッカーのモラグという少女にメロメロなのだが、このモラグの悋気がすごい。ジェイコブが他の女と寝ている写真がネットにバラまかれているのを見て、怒りのあまり、ジェイコブに何発も銃弾を撃ち込むというアブナイ人なのだ。(もっともジェイクは全身サイボーグなので、ショックは受けても、死ぬようなことはないのだが。)

 この作品世界では、人もシステムの一部のような存在なので、ネット上でのバーチャルな戦いもある。だから、ハッカーというものが戦闘チームにとっては重要なようだ。チームにはもう一人、ベイガン(異教徒)という年配のハッカーがいる。変わり者ぞろいのチームの中で、この男は比較的まともなようだ。

 そして、ハワード・マッジー(マッジ)というジェイコブの戦友のジャーナリスト。彼はかなりの薬中のうえ、女よりは男の方が好きなようだ(この辺り、腐女子を狙った設定?)。

 作戦には、もっと銃を撃てる人間が必要だということで仲間にしたのがキャット・サマージョイとマーリー(マール)・サマージョイというきょうだい。キャットは女性だが、スキンヘッド。マールの方は、マッジのセフレ(もちろん♂×♂)になったようだ。

 そしてもう一人ミチヒサ・ヌイコという日本人らしい女性。彼らが、OILO作戦に使う快速艇<テツノ・チョウ>のパイロットなのだが、体が不自由なので、船にある生命維持装置の中におり、キメラとして船と一体化しているため、ネットにより意思疎通を行う。ネット上のバーチャル世界で、茶会も開くのである。彼女も、ヘイガンに口説かれて、あんなことやこんなことをする仲に。ただし、上のような事情があるので、場所はネット上の世界。

 彼らが、OILO作戦を決行するまでには、小惑星帯を事実上支配している小惑星帯探鉱産業会社(BPIC)の奴隷にされそうになったり、友人だったヴカリ(人狼)の部隊に襲われたりと波瀾万丈。まさに手に汗握るといったところか。

 しかし、いくつかツッコミどころもある。彼らは、現実のみならず、ネットの中のバーチャル世界でも戦いを行うのだが、バイオフィードバックという機能により、バーチャル世界でやられると、本体の方もズタボロになるのである。毒コードというものも存在しており、バーチャル世界で毒を飲むと、現実の人間も本当に死んでしまうらしい。そんなソフト、あらかじめアンインストールしておけよと思うのだが。

 また人間にもジャックが付いており、そこにプラグを差し込んで、データをやり取りして意思疎通を行ったりしているのだが、これを使って、行動を制限したり、奴隷にしたり、コンピュータウィルスを送り込んだりもできるのである。なぜ、わざわざそんなアブナイ仕様にしているのだろう。 この世界のサイボーグには、統一された仕様が存在しているのか? 本書を読む限り、サイボーグ内では情報系と制御系が混在しているような仕様のようだ。そんなもん、ちゃんと分けてセキュリティを確保しておけと言いたい。

 また、バーチャル世界での登場人物を表すのにアイコンという言葉が盛んに出てくるが、これはアバターといった方が正確だろう。アイコンとは、普通は絵で表されたアプリのメニューのことを指す。

 最後に、前の巻を読めば分かるのだろうが、この巻から読み始めると、作品世界にとって重要な概念が、説明なしに出てくるのも読者には不親切だ。例えば、<神>とデミウルゴスと言う言葉が何度も出てくる。この2つの闘いも、本書の重要な要素だと思うのだが、それがどんなものかは読んでいるうちになんとなく分かってはくるものの、100%の確証とはならない。せめて重要なキーとなる用語には一覧表をつけてほしいと思う。

☆☆☆

※本記事は、「風竜胆の書評」に掲載したものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評:ヤンデレ彼女(1)

2016-11-27 09:44:52 | 書評:その他
ヤンデレ彼女 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)
クリエーター情報なし
スクウェア・エニックス

・忍

 誰もが恐れるバリバリのヤンキー竜崎レイナ。特徴は、いつも持ち歩く血のついたバットだ。対するは、ごくごく平凡で地味な優等生の田中学。名前から地味だ。

 そんな二人が出会い、まさかの互いに一目ぼれ。この作品は、そんな二人が繰り広げる抱腹絶倒のラブコメである。

 最初から学にデレデレのレイナだが、二人が付き合っていると皆に分かるとヤンキーとしての対面が・・・。ということで二人は隠れて付き合うことに。

 レイナは、ヤンキーなのにデレデレ。恥ずかしがり屋で、照れ隠しにやたらと手がでる。それが鋼の一撃でとっても強烈。でも、そんな姿がものすごく可愛いらしいのだ。

 二人の周りを固める人たちも変な人ぞろい。中でも面白いのがレイナの母親。学が携帯を持っていないというのでレイナと学は携帯を買いに。これが二人の初デートとなるのだが、着ていく服がないというレイナに、母が出してきたのはなんと特攻服。

 レイナが「デート」の「デ」を言ったところで、「あら出入り?お母さんのメリケンサック持っていく?」って、いったいどんな母親やねん!?

 どうも、お母さん、現役時代は「人間凶器」とよばれたお方のようだ。でも、結局は、レイナをなかなか可愛らしく仕上げてくれた。おかげで学君、かなりテンションが上がったようだ。

 この他、学の妹でドMな真夜美も真面目な兄に似合わず相当な変人(変態?)だ。すっかりレイナに懐いてしまい、どつかれては喜んでいる。

 ページを繰っていると、爆笑の連続。変だけどとっても面白い。

☆☆☆☆

※本記事は、「風竜胆の書評」に掲載したものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評:山月記

2016-11-25 10:23:05 | 小説(SF/ファンタジー)
山月記
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

・中島敦

 「文豪ストレイドッグス」(原作:朝霧カフカ・作画:春河35)という深夜アニメがある。文豪の名を持った登場人物が、文豪たちの作品に由来した異能力を使って戦いを繰り広げるというものだ。それに出てくる主役キャラ、中島敦という名の少年の能力は虎に変身するというものである。

 私も文学読みではないので、中島敦という名前自体も知らなかったのだが、彼の短編小説である「山月記」が元になっているらしい。そこで、どんな作品か、ちょっと読んでみた。

 「山月記」は李徴という虎になってしまった男の話だ。才能に恵まれたていた李徴は、いったんは官吏になったものの、賤吏に甘んじることを潔しとせず、詩家として名を成したいと郷里に戻る。しかし世の中に入れられることはなく、ある日どこかに飛び出したまま帰ることはなかった。

 翌年、友人の袁傪が虎になった李徴と出会い、彼の身の上話を聞くというもの。李徴が虎になった理由は、以下のように語られる。

<人間であった時、己は努めて人との交を避けた。人々は己を倨傲だ、尊大だといった。実は、それが殆ど羞恥心に近いものであることを、人々は知らなかった。勿論、曾ての郷党の鬼才といわれた自分に、自尊心が無かったとは云わない。しかし、それは臆病な自尊心とでもいうべきものであった。・・・(中略)・・・己の珠に非ざることを惧れるが故に、敢て刻苦して磨こうともせず、又、己の珠なるべきを半ば信ずるが故に、碌々として瓦に伍することも出来なかった。己は次第に世と離れ、人と遠ざかり、憤悶と慙恚とによって益々己の内なる臆病な自尊心を飼いふとらせる結果になった。人間は誰でも猛獣使であり、その猛獣に当るのが、各人の性情だという。己の場合、この尊大な羞恥心が猛獣だった。虎だったのだ。>

 しかし、なぜ虎だったのだろうという疑問がわいてくる。どうして、猿やタヌキではなかったのか。中国では、虎は四聖獣に入るくらいの特別な動物だ。そして虎は、ライオンなどのように群れを作らない。つまり孤高の獣なのである。つまり李徴の心にある、自分はひとかどの人物であるという自尊心、そして孤高を好むような性格、それらが彼を虎に変えたのだろうと思う。

 つまり、羞恥心に近い臆病な自尊心であるとは言いながらも、自分は、猿やタヌキのようなモブ的存在ではない。やはり主役級なのだと思っていたに違いない。この作品を読んでいると、そんなつまらないことを考えてしまった。

☆☆☆

※本記事は、「風竜胆の書評」に掲載したものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感覚的な人間が多すぎる

2016-11-24 14:02:11 | オピニオン

 テレビを視ていると、誰が紅白に出るといったニュースが流れていた。紅白なんて、全く興味がないのでもうずっと視たことがない。昔はテレビが一つしかなかったので、家族が視たがれば、仕方なしにNHKをつけていたのだが、それでも、番組事態はほとんど視ていない。今は家に複数のテレビがあるので、別の部屋で他の番組を視るか、本を読んでいるのが恒例になっている。

 だから、和田アキ子が落選だのSMAPが出ないだの、盛んに言っていたが、どうでもいいことばかりだ。そんなことより、日本にはもっと大事なことが山積みだろう。トランプ氏の大統領選当選に伴う対アメリカ戦略、ロシアとの北方領土問題、中国や韓国との多くの課題。ローカルなところでは、東京オリンピック、築地市場移転問題、地方議員の政務活動費不正使用問題。考えただけで頭が痛くなりそうだ。

 しかし、そんなことには興味を示さず、感覚的に動くだけ。そういった人間が多いような気がするのは気のせいか。だから、我が国のエネルギーセキュリティ、コスト、経済、技術的問題、そういったことを総合的に考えず、原子力を廃止しろとか、再生可能エネルギーを増やせだのとか短絡的な主張が出てくるのだろうと思ったのは余談・・・w

ところで「ピコ太郎」って誰やねん!? あまり、この方面には興味がないので、戸惑ってしまうw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田舎風景

2016-11-24 11:07:13 | 旅行:山口県


 実家に続く道路の風景。場所は、美祢市の十文字という場所のあたりだ。もう冬が近い様子がうかがえ、歩道にはかなり枯葉が落ちている。

 少し見難いが、向こうの方にあるガードレールの色は、山口県特有のものだ。夏ミカンの色を模した黄色に塗られている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加