文理両道

理系文系両面で90以上の資格試験に合格。
専門は電気工学だが、経営学、経済学、内部監査等にも詳しい。

書評:女も男もフィールドへ(FENICS 100万人のフィールドワーカーシリーズ12)

2016-07-25 09:01:07 | 書評:学術・教養(人文・社会他)
女も男もフィールドへ(FENICS 100万人のフィールドワーカーシリーズ12)
クリエーター情報なし
古今書院

・椎野若菜・的場澄人編

 本書は、一部例外もあるものの、主として女性フィールドワーカーたちによって書かれた、研究者としての手記である。

 フィールドワークは、研究室で行うような研究とは違い、何ヵ月、何年といった単位で、研究対象としている土地で過ごさなければならない。それが日本国内ならともかく、何を研究するかによって、言葉や風習がまったく異なる民族の中に入って生活することも珍しいことではないのだ。

 いくら男女同権の世の中になったからといっても、そこには女性ならではの苦労がある。妊娠、出産といったことは、女性にしかできないからだ。独身者ならともかく、女性フィールドワーカーが結婚している場合には、妊娠、子育てという問題が出てくるのである。

 いったい何をやりたかったのか分からない文科省の大学院重点化政策に伴って、研究者の卵の数は以前に比べてものすごく増えている。しかし、これに伴うポストの数はそれほど多くない。特に本書に出てくるようなフィールドワークを行うような分野だと、ますます就職先は限られてくることになる。

 だから、多くの研究者の卵たちは、不安定な任期付ポストで結果を出していかなくてはならない。そこには、常に研究の世界から脱落してしまうことへの不安が付きまとうのだ。

 そのため、女性フィールドワーカーたちは、子連れでフィールドワークに赴くことを余儀なくされる。しかし、外国での衛生事情は日本とは大きく違う。例えば日本なら、マラリアの心配などは、まずしなくても良いだろう。しかし、フィールドワーク先で子供が病気になるリスクは、日本より遥かに高いのだ。彼女たちは、自分のことだけではなく、子供のことも心配しながら研究を続けなければならない。

 彼女たちは、生物学的に女であるという事実と、研究者としての自分との間で、折り合いをつけながら、道を切り開いている。好きでないとできないことだろう。そんな姿はなんとも逞しい。彼女たちの物語は、同じような境遇にある多くの女性研究者たちに勇気を与えるに違いない。

☆☆☆☆

※本記事は、書評専門の拙ブログ「風竜胆の書評」に掲載したものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評:疾中

2016-07-23 16:59:37 | 書評:その他
疾中
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

・宮沢賢治


 この詩集は、1928年(昭和3)から1930年(昭和5)までの間、肺結核により病の床にあった自身のことを描いた作品群から成り立っている。

 賢治は、この後奇跡的に一旦回復の兆しを見せるもののこのときは完全に死を覚悟していたのだろう。

<いまわれやみてわがいのち いつともしらぬ今日なれば>(まどろみ過ぐる百年は)

<われやがて死なん 今日または明日>(一九二九年二月)

 熱にうなされ、血を吐きながらも、詩人としての彼は自分のことを詩に詠まざるを得ない。しかし、その時の状況を表すかのように、作品群は陰鬱な色に染められている。

 この作品群の中に見られる特徴的な色は「青」、「黒」そして「赤」だ。

 まず「青」は、病に侵された自分自身の状況を表す色だろう。

<わが胸いまは青白き>(わが胸いまは青白き)

<その青黒い方室は 絶対おれの胸ではないし>(病)

 その一方で、「青」は、「青ぞら」、「青い山河」など、病床にあってあこがれる、健全な外界を表す色としても使われている。しかし、それは決して希望の色ではない。死を覚悟した病の床にあって、もう見ることが叶わないかもしれないものの象徴でもあるのだ。

 「黒」はもちろん冥界の色だろう。やがて死ぬだろうと覚悟していた賢治にとって、死の訪れを暗示させる色ではなかっただろうか。

<その黒雲のかなたより>
<黒き林のかなたより>
(今宵南の風吹けば)

<その恐ろしい黒雲が またわたくしをとらうと来れば>(その恐ろしい黒雲が)

 そして「赤」は容易に連想できるように血の色である。作品中には血の色としての「赤」は直接語られてはいないが、「血」という言葉は、「死」を予感させるものとして登場してくる。

<もだえの血をば吐きながら>(あゝ今日ここに果てんとや)

<これで二時間 咽喉からの血はとまらない>(夜)

 寒々とした色彩で描かれた詩集。農学者で法華経の行者でもあった賢治は、生も死も妙法蓮華経という名の法則の現れでしかないという。

<諸仏の本原の法これ妙法蓮華経なり 帰命妙法蓮華経 生もまたこれ妙法の生 死もこれ妙法の死 今身より仏身に至るまでよく持ち奉る>(一九二九年二月)

 しかし、賢治の心は、決してそのように割り切れてはいなかったのだろう。死の影に怯えているような色彩に満ちたこの詩集には、賢治の人間臭さを感じてしまう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評:・エンブリヲ奇譚

2016-07-22 10:56:13 | 小説(ミステリー・ホラー)
エムブリヲ奇譚 (角川文庫)
クリエーター情報なし
KADOKAWA/角川書店

・山白朝子

 旅本作者の和泉蝋庵と荷物持ちで友人の耳彦が、旅で出会った怪異9編を収録した短編集。語り手は耳彦が務めている。

 この蝋庵、道に迷うのが特技のようなもので、旅本の取材に出ると必ず、妙な所に迷いこんでしまう。これは、彼の出生とも関係があるようだが、空間の連続性を無視したような迷いっぷりなのだ。

 一本道でも迷ってしまって、同じところをぐるぐる回ったり、とんでもないところに出たりしてしまう。もう殆どテレポート。おまけに、訪れた場所で、奇妙な体験をすることになるのだ。もしかすると、本書で一番不思議なのは、蝋庵のこの特技なのかもしれない。

 収録されている作品について簡単に述べてみよう。 「湯煙事変」などは、怪異を扱った作品だが、「地獄」や「「さあ、行こう」と少年が言った」などは、人間の恐ろしさを描いている作品だと言えるだろう。

 表題のエンブリヲとは胎児のこと。表題作の「エンブリヲ奇譚」は、まだ虫のような段階の生きている胎児を拾った話である。

 「ラピスラズリ幻想」は一種の転生ものだ。ただの転生する話ならそう驚かないのだが、この作品では、前の記憶を持ったまま同じ人間としての人生を繰り返すというアイディアが秀逸だ。

 不気味な話ばかりだが、身の毛のよだつような恐怖を抱かせるようなものは少ない。怪談集ではなく奇談集といったところか。読後に哀しい余韻を残すような話が多いのが特徴だろう。
 
 なかなか有望な作家が出てきたかと思っていたら、巻末の千街晶之氏に山白朝子というのは、ある有名作家の別名義だと書かれていた。調べてみると、どうも乙一の別名らしい。なあんだ、どうりでと、ちょっとがっかり。

☆☆☆☆

※本記事は、書評専門の摂ブログ「風竜胆の書評」に掲載したものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評:ママ、もっと自信をもって

2016-07-20 07:10:36 | 書評:その他
ママ、もっと自信をもって
クリエーター情報なし
日経BP社

・中川李枝子

 本書は、「ぐりとぐら」や「となりのトトロ」の主題歌「さんぽ」なとで知られる著者が歩んできた道を自ら描いたものだ。

 数多くの児童文学で知られる著者だが、初めからこの道を目指していた訳ではない。元々なりたかったのは、「日本一の保育士」。「東京都立高等保母学院」を卒業し、「みどり保育園」という無認可保育園で17年間保母を務めてきた。この時の経験が、児童文学者としての現在に大きく役立っているようだ。

 この保育園がなかなかユニークだ。余計な規則や遊具は邪魔という考えで、ずっと無認可のまま。親にも園にも余分な負担をかけないという方針から、特別なことは最小限に抑える。その一方では、子供たちの健康や食事、特に弁当にはこだわっていたという。

 「私たちが楽しくなくては、子どもも楽しくない。この仕事はもうからないから、楽しまなくては損。私たちも大いに楽しみましょう」(p18)という設立者の考えの下、ガキ大将となって子供たちと保育園生活を楽しんでいた著者だが、在職中から子供向けのお話を書き始め、最初に出版された「いやいやえん」は、厚生大臣賞などを受賞することになる。

 著者が児童文学者になる萌芽は子供のころからあったようだ。両親とも読者家で、著者も、小さいころから父親の蔵書を手あたり次第に読んでいたのだが、中学校の図書室で岩波少年文庫と出会った。彼女がまず児童福祉の道に進んだのも、あの「花子とアン」で有名な村岡花子さんが訳して同文庫に収められた「ジェーン・アダムスの生涯」(ジャッドソン)を読んだからだという。

 本書を読めば、著者が小さな子どもたちが大好きだということがよく分かる。本書で著者が一番言いたいのは、お母さんが自信を持って子供と向き合うということだろう。子供たちはみんなお母さんが大好きなのだ。教科書通りにならないなどと悩んだりせず、自然に素直な子育てをすればいいのである。

 本書は、著者の歩んできた道を描いているだけでなく、お母さんたちへの応援歌という性格も有している。子育てに悩んでいるお母さんは、一読してみれば、悩みが解消することもあるだろう。巻末には、お母さんたちの悩み事についてのQ&Aが納められており、まさに至れりつくせりの内容だ。

☆☆☆☆

※本記事は、書評専門の拙ブログ「風竜胆の書評」に掲載したものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

放送大学面接授業 「いろイロな色の話(色彩概論)」のレポート提出

2016-07-19 14:33:27 | 放送大学関係

 先ほど、メールで、先般受講した放送大学面接授業 「いろイロな色の話(色彩概論)」のレポートを送付した。しかし、後でレポートを作成して提出するのも面倒くさい。できれば、授業時間内ですべて済むようにしてほしいものである。どうも、講師が、初めて放送大学の面接授業を受け持った場合に、レポートを別途提出というパターンが多いような気がするのだが。

 とりあえず、これで単位なしの状態は免れそう。いろいろと身の回りがごたごたしているので、今月末の試験は受験できないかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加