電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アニメ公式サイトに期待するもの2 ~アニメ鑑賞のガイドとして~

2005年01月23日 | アニメ
 今度はアニメ公式サイトとして、どういう内容が求められるかという部分を記します。ここでアニメ公式サイトを利用する立場としては、毎週放送される実際の作品を鑑賞しながら、その参考としてサイトを利用する状況を前提とします。
 昨今はアニメ本数が多くてアニメ誌の記事も網羅しきれないし、1クール作品も多くて月刊誌の情報じゃ間に合わないでしょう。そして、数多くの作品を見てると個々の作品の登場人物のフルネームとか背景設定の専門用語までいちいち頭に入れてもいられません。公式サイトの情報を参照しながら作品を見るというのは、すでに確立された鑑賞スタイルだと思います。

(1)キャラクター紹介

 最近はアニメ作品も多く、また1クール番組等が多い関係上、キャラクターが作品中で最初に十分紹介されてない場合や、いちいち覚えてられないことがしばしばです。そこで、作品鑑賞に当たってリアルタイムで参照するのに一番利用頻度の高いのがキャラクター設定だと思います。
 あくまで作品鑑賞の手助けだから、設定資料よろしく何枚も何枚も画像が要るわけでは無いけど、キャラを一目で見分けられる程度の画像はほしいです。原作絵とかラフ設定じゃなく、ちゃんとアニメの色彩が施された画像で。そして当然、キャラクター紹介の掲載は欠かせません。ネタばれ情報までは要りませんが、作品見る上でデフォルトで必要な情報は欠かせないところです。

 ここで問題なのは、どこまでキャラクターの数を掲載するかということです。各話のゲストキャラまで網羅してたら言うことはありませんが、現実的にそこまで行き届いたサイトの運営は困難だろうと思います。レギュラー、準レギュラーのうち主要なキャラというところが判断のしどころでしょうね。むしろ、出番が少ないけど重要なキャラほど掲載が望まれると思います。
 ここでよくあるのが、主人公とあと数人の最低限のキャラクターしか掲載してないサイトです。放映開始前後ならともかく、どれだけ重要なキーパーソンが増えても一向に反映されなければ、すぐに作品を見てる人間にとっては何の価値も無いものに成り下がってしまいます。本当に必要とされるのは、そこに掲載されていない周辺キャラだったり、敵キャラだったり、新レギュラーキャラだったりします。
 これとかぶりますが、放映開始当時のままずっと情報が変わらないサイトも困りものです。いや、変えるべき情報が無い場合は良いけど、シリーズの展開につれて周辺キャラがめまぐるしく入れ替わってる作品の場合、いつまでも初期のキャラクター設定のままじゃ全然役に立ちません。重要な新キャラが出たとき、その週にそのキャラの情報が掲載されてる必要までは無いけど、再登場のときにはちゃんと掲載されてることが望ましく思います。

(2)キャスティング紹介

 どのキャラの声はどの声優さんが当ててるかって話で、別に詳細な声優さんの紹介とかは要りません。ただ一覧ででも掲載されてれば良いのだけど……意外と掲載の無いサイトが多いものです。(やたらフラッシュとかで視覚効果を凝りまくったクソ重いサイトほどその傾向が大きいのが困りものです)
 あってもキャラクター紹介同様、最低限のキャスティングしか載ってなかったり……望まれる掲載数はキャラクター紹介とほぼ同様だけど、キャラ紹介は不要なレギュラーキャラとかナレーターとかもあるから、若干大目が望ましく思います。
 別にページとして独立して無くても、キャラクター紹介にでも併記しておいて構わないのですが、出来ればテキスト形式の一覧が好みかな。ここでキャラ名がテキストになってると、例えキャラクター紹介でのキャラ名がロゴ画像になっていてもちゃんとデータとして拾うことが出来るからです。

(2)スタッフ紹介

 全くスタッフ名を掲載してないサイトなんてさすがに無いだろうけど、どこまで掲載してるかというと、やはりサイトによりけりですね。シリーズのメインスタッフだけじゃなく、各話の主要スタッフまで網羅されてると申し分ないのだけど、そこまで配慮されてるサイトというとあまり見掛けないわけで……
 実際問題として、筆者は昨今のアニメのスタッフに興味を持って見てるわけじゃないからどうでも良いと言えば良いんだけど、自分が脚本なり演出なり作画に拘ってたら、やっぱりそれなりの情報は欲しいと思います。

(3)サブタイトル

 まぁ、多くのアニメ公式サイトには各話のストーリー紹介とか、最近では次回予告のストリーミング掲載まであるけど、あくまでアニメ本編を見ながら情報を参照するという目的で考えた場合、これらはそれほど重要視するコンテンツではありません。何らかの事情で1回見逃したとか、途中から見始めるようになったとかいうと重宝することに間違いないとは思いますが。
 それよりも、重要なのは、作品の放送日にちゃんとその回のサブタイトルが記載されていることにょ。これは何に用いるかというと、筆者の場合、ハイブリッドレコーダーで録画した番組のタイトル管理ぐらいですが、アニメの感想にもいちいちサブタイトルを併記しないと気のすまない人もいるでしょうし……
 サブタイトルぐらい放送中に出てるだろという話もありますが、意外と回によってはちゃんと出さない作品もあるし、サブタイトルの出る位置がまちまちで探しにくいとか、日本語で記載されてないとか、いろいろと問題があります。だからこそその辺の情報は公式サイトでフォローして欲しいものなのです。

(4)世界観/概要

 独特の世界観を持ってたり、シリーズの何作目かで途中から始まってて敢えて最初から説明したりしてないような作品だと、その点のフォローはやはり公式サイトにしか望めません。
 ただし、ユーザーが必ず見るコンテンツだという前提にしてはいけません。それ以外の作品の放映に沿ったコンテンツがあってこその付加価値という位置付けが妥当なので、これがメインのコンテンツになってては困るのです。
 よくあるのが、キャラクター紹介がどこにも無いなと探しまくってたら、ようやく見付かったのが作品概要を紹介したコンテンツのネストの奥底だったりする話です。繰り返し必要とされるコンテンツと、必要に応じて用いられるだけのコンテンツをごっちゃにしてはいけません。

(5)オンエア情報

 放送の不定期な深夜番組だからこそ、よりいっそう充実してもらいたい情報なのですが……現実には当日の緊急報道番組なりナイター延長なりによる影響の方が大きいから、どこまで有効かは疑問があるのは確かです。
 それでも、放送日が変更になるとか、今週は放送がないとか、2本続けるとかの前もって予定のある情報には有効だから、できるだけフォローして欲しいものです。
(ナイターも延長30分とか1時間なら対策が付くけど、試合終了までってのは嫌がらせ以外の何物でもありません)
 当然ながら、キー局だけじゃなく、オンエアされてるすべての放送局について網羅していることが望まれるのはいうまでもありません。

(6)その他

 CDやDVD、各種関連商品の発売情報とか、イベントの予定、スタッフや声優さんへのインタビュー記事とか、果ては壁紙のダウンロードサービス等、他にもいろいろとコンテンツはあるけど、あくまでアニメ本編を見るときに参考資料として用いるという目的に限れば、以上の内容が網羅されていればだいたい良いかと思います。


【まとめ】

 以上、あくまでアニメを鑑賞する参考資料としての公式ウェブサイトの在り方について書いて見ましたが、まぁ、ものの価値観といえば万人皆違うものなので、あくまでこれは筆者の価値観に基づくものでしかありません。
 それでも、こういうところに配慮の行き届いているサイトは、誰が見てもアニメ鑑賞の適切なガイドとなるでしょう。要は「見栄えよりも便利さ」ということです。どんな凝ったフラッシュをトップページに貼り付けてあっても、リピーターが関心を向けるのは最初の1、2度ぐらいでしょう。そんなもの毎回延々と見せられるよりは1秒でも早く目的のコンテンツにたどり着けた方が良いのです。とくにナローバンド環境だと切実です。フラッシュを待つどころか、そのフラッシュをダウンロードするのに延々と何分も待たされるんじゃたまったものじゃありません。

 もっとも、アニメの公式ウェブサイトというものは(とくにメーカー系のサイトは)必ずしもTV放送の視聴者だけを目的にしたものではないでしょう。最初からTV放送よりもビデオ発売に主体を置いてる作品なら、サイトの目的はビデオ購入者に対する宣伝がメインで、TV放送のフォローに必ずしも重点を置いてない場合があります。
 そういうサイトだといちいち放送に合わせてコンテンツを更新するのはビデオ購入者に対するネタバレを促進してしまうため、望ましいものではないかもしれません。しかし、TVで鑑賞する立場からすれば、どんな形であれ、TV放送に合わせたコンテンツの更新がほしいものです。
 一方、全国一律のネット放送でない作品を、キー局よりずいぶん遅れた放映で見る場合や、放映の終わった作品を後からビデオソフトで見る場合など、公式サイト(とくにTV局系のサイト)がとっくになくなってたり、トップページだけでコンテンツ内容がなくなってたりする場合も珍しくありません。
 これはアニメのサイトに限った話ではないので、日本政府がウェブサイトの収集保存を始めようとしている計画もあるみたいですが、アニメの公式サイトも貴重な資料として長期間保存されていることが望ましいと思います。もっとも、商品情報等は古い情報が残ったままでは不都合があるし、そんなにいつまでもメンテナンスを続けてられないという事情もあるでしょう。でも、メンテナンス出来ないから無くしてしまうんじゃなくて、ある時点で恒常的な内容にコンテンツをフィックスして、それを資料として残してほしいのです。
 まぁメーカーにしてもTV局にしても個々の企業のサーバーでコンテンツの永久保存というのは困難でしょうから、どこかアニメ関連のポータルサービスを行うネット会社が出来て、そこがサーバー領域を各サイトに貸し出すという形でトータル的に保存・管理を行うような形になれば良いのですが。(企業からのウェブサイトコンテンツの提供でなく、企業へのサーバー領域の貸し出しなのは、コンテンツに関わる権利関係でゴタゴタするのを防ぐためです)


【最後に】

 ここに挙げたような視点から、現在放映中のアニメの公式ウェブサイトをチェックしてみるのも一興かと思いますが……個々にチェックしていくような暇もなかなかありませんからねぇ。(いや、それこそ軽快なサイトばかりだと時間も掛からずに済むのですが)
 この記事の前半部は以前、覚え書き半分で個人HPの日記に載せてたのを手直ししたものですが、これを書くきっかけになったのが『妄想代理人』の公式サイトでした。このサイト、頭からフラッシュ使いまくりのクソ重たいサイトで、かつ広い画面を前提にしたメニューデザインで作られていて、筆者の普段のPC環境(1024×480ドット画面+PHS通信)ではどうやっても中身のコンテンツにたどりつくことは出来ませんでした。
 そんなこんなで、勢いに任せて手前勝手な注文を書き殴ってのですが、後半部をまとめる機会がなかったので、書き掛けのメモ書きだけが放ったらかしになっていたのを再構成してみました。
 まぁ、怒り狂うサイトもあれば、出会ってうれしいサイトもあります。アニメ公式サイトで記憶に残ってる中では『ちっちゃな雪使いシュガー』とか『藍より青し』(第1期)『まほろまてぃっく』(第1期)あたりは適切な情報量を備えていて、とても快適に利用させてもらったものです。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アニメ公式サイトに期待する... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.425 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。