電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.507 (3/3)

2007年01月25日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/08/18~06/08/20

◎ケロロ軍曹
 (第123話)
 家族揃って田舎に里帰りしてきた日向家一行。
 精霊馬のナスを食ってる巨大なナメクジを見たという夏美。UMAかと思って探し始める冬樹とケロロたちだけど……薮の中で見たのはケロロの父親に、跳び箱。どうやら見た人間の一番怖いものに化けてるみたいだけど……
 UMAの正体はカワール星人。それを捕まえようと「饅頭怖い作戦」を発動してるのはいいけど……
 精霊流しをしてるおばあちゃんが何かに気付いたと思ったら、そのカワール星人は迷子で探しに来た宇宙船が来てたってか。ま、ケロロたちで慣れてるといえば慣れてるんだろうけど、宇宙船を見て適確に状況を把握できるって、このおばあちゃん、ただものじゃないな。
 お礼におばあちゃんのおばあちゃんに擬態してるカワール星人。どうでもいいけど、一番会いたいのは死んだ旦那じゃないのね。
 しかし、最初にクルルが見たのはモアの姿だったように思うけど、クルルってモアのことが怖いのか? 確かにハルマゲドンの一撃で惑星ごと破壊されるかと思えば怖いのは確かだけどね。

 カメの話。
 イソップのウサギとカメが嘘くさいというのはどうでもいいとして、浦島太郎の話を元にカメを助けようとしてるケロロだけど、そんな陸生(あるいは淡水系)のカメを助けたって管轄外の竜宮城なんかには連れて行ってもらえないと思うぞ。

◎シムーン
 (第20話)
 マミーナの死に衝撃を受けてるシヴュラたち。取り乱してるフロエはともかく、ネヴィリルとロードレアモンはとくに辛い感じね。
 戦争が嫌なら泉に行けと言ったユンの言葉を真に受けて出て行こうとしてるフロエだけど、その前に窓を見てるロードレアモンが。窓の外を行く偵察用シムーンにはマミーナの棺桶が。
 マミーナの遺体は故郷に返したという偉いさん。アルクス・プリーマで葬式を行った後でも遅くは無いだろうというシヴュラたちの抗議にも聞く耳持たず。そしてマミーナの後任としてヴューラが紹介されてるけど……
 ロードレアモンの切った髪を持っていたユンに、そこにマミーナの魂が宿ってると言ったオナシア。マミーナは自分の死に納得してるという話なんだけど……ユンが何でそんなもの持ってたのかが謎だね。
 ま、ロードレアモンが切ったのをマミーナがもらってたってのはわかるんだけど、かろうじて残ってた遺品みたいなものなのかな。ま、ユンはマミーナと一緒に補充されてきたメンバーだからマミーナとは特別親しかったのかもしれないけど。
 しかし、オナシアを呼んだのはてっきりマミーナの葬式のためかと思ってたんだけど、遺体を故郷に返したんじゃそれはないな。いったい何のためにオナシアを呼んだんだ? 新天地を開くためにコール・デクストラを復活させるという話と関係あるのか?
 えらいさんに勝手に自分たちでマミーナの葬式を始めるシヴュラたち……はいいけど、その一方で遺体を運ぶ偵察用シムーンは敵に撃墜されてマミーナの遺体は地面に投げ出されてるとは悲惨だな。

◎おとぎ銃士 赤ずきん
 (第8話)
 ファンタヴェーレにやってきた草太たち一行。フェレナンド城の様子がおかしいからと赤ずきんたちが様子を見に行くけど……制圧されたフェレナンド城にはブレーメン音楽隊の3人がいるだけで、後は腑抜けたハーメルンのバイオリン弾きが地下牢に囚われてるだけ。
 一方、野原でおでん缶を見付けた草太たちだけど、それはランダージョンがエルデで買い占めてきたもの。いや、大人買いはいいんだけど、それを買うエルデのお金はどうやって用意したんだ?
 ランダージョンのリュックに隠れたらそのまま城の中に連れ込まれた草太。それを見ていきなしやる気を出してるハーメルン。フェルナンデスの言葉を伝えるためにあえて捕らえられて城で草太を待ってたって話ね。
 4人揃っても役に立たないブレーメン音楽隊。ハーメルンの草笛だけで眠らされるとはマヌケすぎ。
 しかし、その伝える言葉が「あなたを信じます」ってだけかいっ! てっきりエルデのカギとは何かとか、草太の母親に関する話のヒントでも語るのかと思ったんだけどね。

 そういえば、この前までチャンネルNECOでやってた『ハーメルンのバイオリン弾き』は一応全話録画したけど、見てる時間無いねぇ。奈良から大阪に引っ越した頃にやってた作品だから本放送ではラストの何本かしか見れてないんだよね。

◎ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!
 (第21話)
 不機嫌なファンゴの気を引くためにメラメラの国のリゾート海岸に出掛けてる晴雨姉妹。現地でリオーネ&ティオと合流してるのはいいけど、闇の蝶がリオーネに取り付いてるのはお約束。
 ま、ファンゴが不機嫌なのはおひさまの国の一家を見て家族のことを思い出したからだろうけど……
 どうでもいいけど、スイカ釣りってどこの習慣じゃい。それにしてもエリザベータのぼけっぷりが最高だね。なかなか加わろうとしないファンゴだけど、レインのダメダメっぷりに見かねて結局は手を貸す羽目になってるのがお笑いね。
 しかし、夏休みは終わりでふしぎ星編もこれでおしまいってか。月の国とかしずくの国とかタネタネの国に行く話って無いのね。

◎BLOOD+
 (第45話)
 いきなしカイに死んでくれって言ってるモーゼス。何かと思えば、小夜にやられてシフのデータで無理やり再生されてる状態をディーヴァにもう要らないと言われて、それならカイをシュヴァリエにした方がマシだと言われたジェイムズが、カイに嫉妬してモーゼスを使って殺そうとしたってところか。
 小夜とハジを振り切ってどうにかカイを追い詰めたモーゼスだけど、結局は日光に邪魔されてるとは哀れね。
 真昼のセントラルパークでどうにか息をついてるカイだけど、そこに襲い掛かってくるモーゼス……執念だね。しかし、そんな風にモーゼスを焚き付けたジェイムズはカルマンを襲って太陽にさらして殺そうとしてるとは凶悪だね。
 一度は拳銃でモーゼスのフードを吹き飛ばしたカイだけど、太陽を浴びて燃えかけたところを助けてやるとは、こいつも甘いね。モーゼスはそんなことお構い無しにカイを殺そうとするけど、カルマンがその前に立ちはだかってカイを助けたかい。
 カルマンから自分が騙されていたことを知らされたモーゼス。2人はルルゥのことをカイに託して、文字通りの死に場所を選びに行ってるけど……どのみち2人とも助からなかったってところか。
 シフもついにルルゥ1人になってしまったとは哀れね。
 ところで、カルマンがジェイムズにやられかけてた後で助けた人間って誰だ? デヴィッドは入院中でジュリアはそれについてて、ルイスはアパートに待機してたはずだし、ジョエルは車椅子で自由に動けないだろうから、可能性としては岡村か真央あたりしかいないんだけど……ま、間違ってもコリンズって線は無いよな。それともカルマンの回想に出てたあの血液は前にカイが届けてたやつだったか。

◎シュヴァリエ(新)
 (第1話)
 いきなしサンジェルマン伯爵って……胡散すぎる話ね。
 デオンがベルサイユに仕えないのは、姉の死の謎を探るためにパリの秘密警察に入ったからってか。
 女性の失踪事件を追っていたらロシア人の貿易商に行き当たり、それを匿ってる感じのオルレアン公を調べようとしたのだけど……いきなし秘密警察が全滅。ま、どう見てもオルレアン公側が先手を打ったとしか思えんけど……
 敵にさらわれた仲間を助けに行くデオンだけど、仲間はまるで吸血鬼にでもなったかのようにデオンに襲ってくるという展開。デオンが念仏のように唱えてた聖書の一節らしき呪文が効果を発したのか、いきなしデオンが変身したみたいだけど……それには何か王妃たちが絡んでる感じ。
 しかし、これって実在の騎士の話じゃなかったのか?

◎ストロベリー・パニック
 (第20話)
 落ち葉の舞い散る晩秋。いよいよエトワール選ですか。
 花織のことを聞いて何か吹っ切れたような渚砂。それでも静馬のことが気になってる感じだけど……で、前にも増して渚砂を静馬から遠ざけようと画策してる玉青。何か以前のような明るさが無いみたいだけど……
 渚砂の様子に何か感じてるような籠女。ピアノを弾いてる渚砂が泣いてることを指摘してるけど……。しかし、前にも書いたけど、いちご舎って夜中にピアノを弾いても文句言われないのか?
 さりげなく詩音に天音を諦めて自分たちをエトワール選に出せと仄めかしてる要たちだけど、さすがにそんな話に乗るようなスピカ生徒会長じゃないな。
 千華留に相談して渚砂を元気付けるには何をしようかと考えてる下級生5人組。おいしいものを食べてお腹がいっぱいになったら元気になるって、本気で考えてる辺りが怖いね。ま、こいつら渚砂の涙の理由は知らないからね。(ミアトル内部の話だから千華留だって知らないだろうし)
 ミアトルに来なければ良かったと後悔してる渚砂に自分のことを語る玉青。おいおい、こいつ中等部で入学してから渚砂が転校してくるまでずっとひとり部屋だったってか。いや、来るやつ来るやつ片っ端から手をつけてたから逃げられてたのかと思ってたぞ。

◎ふたりはプリキュア Splash Star
 (第27話)
 夏祭りの屋台の水ヨーヨーに紛れ込んでるムープとフープを捕まえて太陽の泉の場所を聞き出そうとしてるハナミズターレだけど、チョッピとフラッピならともかく、そいつらに聞いても知らないんじゃないのか? どうもフィーリア王女しか知らないって気がするんだけどねぇ。
 それにしても、咲の素人芸の腹話術に騙されてるハナミズターレがマヌケね。

《おまけ》
◎ウルトラマンエース(再)
 (第15話)
 夏休みで岡山に遊びに行った今野。その姪っ子が法螺貝から父親の声がするという変なガキと知り合ってるけど、姪っ子には何にも聞こえず。
 その声の主は大きなカブトガニだったんだけど……何でカブトガニと話が出来てるのかとかいうより、カブトガニのことを登場人物が単にカニと呼んでるのが違和感ありまくりね。カブトガニってそりゃ名前にカニがついてるけど、カブトガニは三葉虫の末裔で明らかにカニとは形が違うんだけど、岡山じゃカブトガニのことを普通にカニって呼んでるのか?
 その話ではヤプールがカブトガニを超獣にしたってことなんだけど、国の天然記念物を超獣にするとは、ヤプールも罰当たりね。

◎ウルトラマンメビウス
 (第20話)
 メテオールの危険性をマスコミに追求されてる補佐官だけど、異星人の技術であろうと無かろうと、強大な破壊力を伴うものに危険性が無いわけは無いだろ。そんなものマスコミの情報操作による危険性とかと同じようなもので、いかにしてそれを回避するかという日常の対策が出来てるかどうかの方が問題だよな。
 この件で総監室に呼ばれた補佐官だけど、注意したのはミサキ女史。いつも不在の総監っていったいどんな人物かって話になってるんだけど……
 怪獣を音波で操ろうというハーメルンプロジェクトの研究視察にミサキと出掛けることになった補佐官。仮病で秘書に行かせてるのはいいけど、ミサキの様子では現地で総監と会うって感じ。
 ウインダムを使った実験は成功したものの、その誘導音波の影響でアーストロンとケルビムが出現。苦戦するメビウスだけど、アーストロンは研究所の音波発生装置を乗っ取ったケルビムに操られてたって話で、サコミズが発生装置を破壊したら連係プレーは破綻。バラバラになったとたんに簡単に個別撃破されてるとは、弱過ぎ。
 秘書の懇願で総監と会えることになった補佐官だけど、総監室に入ったら総監は急用とのことでミサキとサコミズがいるだけ。総監の言葉をもっともらしく補佐官に伝えてるサコミズだけど……おいおい、まさかサコミズが総監本人って話じゃないだろうな? まだゾフィー説が無くなったわけでもないし、謎の多いおっさんだな。旧GUYSが壊滅した後、早々とミライを部下にしてGUYSを立ち上げ直してる行動力も気になるし……

◎仮面ライダーカブト
 (第28話)
 樹花を襲おうとしてる風間ワーム。一方でいまだ逃亡中の本物の風間……と思ったら、ゼクトに呼び出された天道と神代。風間の死亡が確認されたと遺体を見せているけど……と思ったら、すべては風間を倒すために天道たちを騙そうとワームが死体に擬態してたってかい。
 真相を知るのは影山1人で、残る天道たち3人は本物の風間をワームだと思って倒してるけど……すべてはドレイクの装具をワームに引き渡すための計略だったんかい。
 風間はゴンに助けられて何とか生き延びてるけど……
 しかし、毎度お約束とはいえ、ブツの受け渡しの場を知られて奪い返されてるとは、こいつらもマヌケね。もうちょっと考えろよ。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.507 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.508 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。