電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.477 (2/4)

2006年01月27日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/01/17~06/01/19

◎BLEACH
 (第64話)
 ルキアの後任の地区担当としてやってきた恋次……って、何か完全にアニメオリジナルの展開みたいだけど、護廷13隊の副隊長クラスがするような仕事じゃないだろ。原作じゃルキアの後任は何の役にも立ちそうにないただの凡庸な死神だったけど、一護(や織姫たちや夜一や浦原)がいるから、普通ならその程度で十分ってはず。わざわざ副隊長クラス遣したってことは何かの予兆があったって話ね。
 ま、藍染が一護に目を付けてるってわかってたら、誰か対応できるやつを貼り付けとかないといけないのもわかるけど……
 で、いきなし虚(ホロウ)が出て来てるのはいいけど、義骸から抜け出せずに一護に仕事を任せてる恋次がマヌケ過ぎ。滞在先の浦原商店では居候、居候ってさんざん嫌味言われてるし……哀れね。
 なぜか織姫のところに現れてる兄の姿。一護に成仏させられて尸魂界へ行ったんなら死神にでもならない限り、もう現世には戻って来れないはずなんだけど……とか思ってたら、いきなしさらわれてしまう織姫。なんか背後に怪しげな連中がいるんだけど、藍染の手下ってところか? それとも無関係な第3勢力か?
 しかし、無関係な連中だったら尸魂界の状況のそんなに詳しいわけはないはずなんだけどねぇ。もっとも、こいつの本来の仕事は救難ヘリのパイロットで、救難作業は階級の下の団員がすることなんだろうけどね。

◎地獄少女
 (第15話)
 灯台のある島に向かってる柴田親子。船で知り合った腕を吊った男を港に迎えに来てる旅館の娘、三奈。それが今回の依頼者らしく、島で聞き込みを始める柴田だけど、何か住民の口は堅く、何も訊き出せない有様とは哀れね。
 しかし、柴田の胸に目玉を出して相手をビビらせてるって、一目連も嫌がらせするねぇ。でもま、三奈の母親は15年前に入水自殺して死んだって話は聞けたけど……
 で、今度は同じ余所者の校長に聞きだしてるけど……叔母の藤江は三奈の母親のことがあるから、島の外の高校行くなとか、余所者のにーちゃんと付き合うなとか、うるさいって話だね。
 男が怪我したのは叔母が傷つけたからって話で、それで地獄通信に書き込んで藁人形を手にしたってことだけど……そこに駆けつけた柴田の説得で、地獄送りはやめて駆け落ちを決意してる2人。
 で、旅館を出て行こうとした三奈が土蔵から聞こえてくる叔母と母親らしい会話に覗き込んでみたら……そこには監禁されたまま朽ち果ててる死体が。母親は再び島を出ようとしたから叔母に殺されたってかい。母親の声は叔母の裏声だったってか。
 ま、事実を知られたからって殺されかけたら、そりゃ地獄送りにでもして生き延びるしかないわな。死んだら地獄送りだけど……。
 ここで黙って殺されたら極楽行けるけど、助かって生き延びたら地獄送りだって……これも酷い選択だな。もっとも、当人にそんなこと考えて選択してるような余裕は無いだろうけど。

◎鍵姫物語 永久アリス輪舞曲
 (第3話)
 篝木キリカ。高等部に籍を置きながら飛び級で大学院を出たって……大学はとっくに飛び越してるってか。しかし、院といっても修士課程と博士課程があるからねぇ。
 そのキリカに呼び出されて、研究の協力者に選ばれたとかいわれてる有人。そこに飛び込んできたきらはがPCを壊してしまって膨大なデータがパーってことで協力を迫られてるけど……どうせネットワーク上のサーバーかどこかにバックアップがあると思うぞ。
 いきなし鍵を取り出してメルベイユスペースを出現させてるキリカだけど、姿が消えたから警戒してるありすときらはだけど……単に変身したら小さくなってただけって話。
 メルベイユスペースに入って来られる有人に興味があるから24時間付きっ切りで監視させろって話。キリカが付きっ切りだと思って妄想してる有人だけど、そんな暇は無いって渡されたのはリング。有人が興味を持つものに反応するってか。
 おや、バックアップはディスクかい。
 で、「興味がある」=「好き」ってことで、有人の興味あることを見付けるのに張り合ってるきらはとありすだけど……結局のところ、一番反応してたのは2人とは無関係に物語を書いてる時だったってオチ。
 終わらないアリスの物語を集めたら何でも願いが叶うってのがアリスロワイヤルの本来の目的だって話だけど、そんなの知らずにアリスになってたきらはとありすがマヌケ。で、そん完成した物語を有人の能力で書き写したら、書き写した数だけ願いが叶うって言ってるんだけど……そんな便利なことありなのか? そりゃ禁じ手だろ。

◎よみがえる空 -Rescue Wings-
 (第2話)
 おや、航空救難団のアラート待機って、基地で待機してるってわけじゃないのね。
 待機じゃないのに呼び出されてる本郷。待機メンバーの2人が車で事故起こした代わりってかい。しかし、途中で見掛けた自転車の内田に、もっと実用的な自転車にしろって……どんな自転車じゃい。いや、そりゃ電動アシストなら坂道での疲労は低減されるだろうけどね。
 結局、新入りの内田も予備で連れてかれてるって展開だけど……なんかいちいちわざとらしい物言いするおっさんだな<本郷。
 発作を起こして自宅に薬を忘れたという老人のために集落に向かった内田だけど……どの家も全壊してるって、酷い状況だね。で、なんとか家を探し当てて薬を見付けた内田。ついでに見掛けた猫を連れてってるけど……こういうときは、そういうことしたらダメなんだね
 よその家の猫が助けられたからって、自分の犬を探しに戻っていったらしく、女の子が行方不明に。ほら、言わんこっちゃない。非情なようだけど、これ災害救助の基本だからな。
 しかし、正式配属では新米といっても、救難団に配属されるんならそんなことちゃんと教えられてるはずだと思うんだけど……あ、あとで本郷に怒鳴られる材料だな。

◎かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~
 (第2話)
 病院で精密検査はともかく、戸籍の性別変えるのにわざわざ国会で決議しないといけないのか?
 で、家に帰ってきたはずむ。
「お父さん、娘と一緒にお風呂入りたかったんだ」
 お約束の父親だね。
 しかし、いきなしミニスカの制服というのも大変だろうね。
 スカートぱたぱたさせて涼んでるはずむを、怒るとまり。
「するな~~っ! 女の子はそんなことしないんだよ!」
 いや、女の子にしか出来ないと思うんだけど……
 体育の着替えも女子更衣室……いや、女子トイレもそうだろうけど、一番入りにくいところだろうね。
 なんかはずむ異常に意識してるとまり。はずむの女修行を仕切ってるのはいいけど、どっちが女だかわからんね。
 放課後にブラジャー買いに行ってるけど……なかなか大変みたいね。しかし、今頃買ってるんだけど、それまで制服の下とか体操服の下には何も付けてなかったのか?
 極悪なマスコミの包囲からとまりに助けられたときの、はずむのうるうる眼がなかなかいいね。
 お父さんのお風呂の誘いをあっさりかわしてるはずむ。お父さん、かわいそう。で、自分の部屋に入ったのはいいけど、そこには怪しげな2人組。まさか、この見るからに宇宙人って格好してるやつらがそのまま宇宙人とかいうベタな話じゃないだろうな。

◎ガンパレード・オーケストラ
 (第13話)
 第七中隊主催の花見。いくら後方の駐屯地だからって、気楽だねぇ。
 幻獣に襲われた車を見て、単独で飛び出そうとする源とそれを追いかける竜造寺だけど……なんかいがみあってばかりいるけど、昔からいいコンビって話ね。
 ところで、最近全然出番の無い芝村だけど……中隊長がそんなに影が薄くて良いのか? いや、前線で作戦行動中ってわけじゃないから、本人は司令部にでも入り浸ってるのかもしれないけど。

◎あまえないでよっ!!喝!!
 (第2話)
 新学期はいいけど、入学祝に御守りだらけってのもねぇ……で、入学生代表が一希ってのがお約束あろうけど。
 で、いきなし風が吹いてきてパンツ咲き乱れ。初代生徒会長の霊って……いや、よく今まで除霊せずに放っておいたものだね。さすがに今年ばかりはババアに封印されてるけど……それを一希が利用するってか。
 各クラブ恒例の新入生の勧誘はいいけど、光画部(鳥坂先輩)、美術部(ギャラリーフェイクの藤田)、演劇部(月影先生)って……どこの学校ですか。で、どさくさに紛れて逸剛とくっついてる一希に、対抗してる陽がなかなか。
 で、2人して逸剛を連れてクラブ見学に出掛けてるけど……春佳の合気道部って、いやどう見ても合気道とは思えんのだけど。
 春佳のナイスバディーに劣等感を感じてる一希を鼻で嗤う陽。
「嗤った……こいつ、鼻で嗤った。自分の乳は棚に上げて……」
 一希の驚愕が爆笑ものね。
 そこに現れた初代会長の霊だけど……結局、逸剛の力を確かめるために成仏させられただけとは哀れね。
 真田アサミの喘ぎ声がなかなか。

◎ポケットモンスター アドバンスジェネレーション
 (第169話)
 小細工せずにまともに戦ったら異様に強いハーリー。
 それにしても、ジム戦なりバトルフロンティアなり、ポケモンバトルの世界ならすべてジムリーダーやフロンティアヘッドとの1対1の勝負だからサトシが勝ち続けても無理は無いけど、ポケモンコンテストって不特定の多数の参加者がいるんだから、そんな毎回毎回優勝だなんてこと、それこそ長年のコーディネーターとしての技術を確立した名人レベルのコーディネーターぐらいしか無理なような。
 ま、リボンが出回ってる状況から見たら1つの会場で年間何回でもコンテストが開かれてるんだろうから、グランドフェスティバルでもなけりゃ、そんなにレベルが高いってわけではないんだろうけど、それでも始めたばかりのハルカが連勝しまくりなほど安っぽいものじゃないだろ。
 ま、ハーリーとかシュウぐらいになったら連戦連勝もありえるとは思うけどね。それでも何回か続けばもっと上の達人と出くわして負ける場合もあるだろうし……そういうのはちゃんと描かれないとねぇ。

◎ローゼンメイデン トロイメント
 (第10話)
 蒼星石のローザミスティカを奪って去っていく水銀燈。そこで戦いの中断を宣言してるラプラスだけど……どう考えても、こいつは白崎っぽいな。
 動かなくなった蒼星石を連れて帰った真紅たちだけど……なぜか異常を来たしてる雛苺。ようやく、以前に真紅に負けた影響が出て来たってか。指輪を失った雛苺からはもうすぐローザミスティカが抜けるってか。
 そして最後の時間を巴の元で過ごすことにした雛苺……痛々しいね。
 動かなくなった雛苺のローザミスティカは、かつて雛苺を倒した真紅の元へ……で、それを受け取った真紅たちはなぜかジュンのいる人形屋に。ま、白崎がラプラスで、槐がローゼンだってことが明かされてるわけだけど、ここで正体を明かしてる意味があんましわからないね。
 ま、こいつらが他のマスターと違ってジュンにだけ接触してきてたのは、ジュンにマスターとしての特別な何かがあると考えてるからだろうけど……

◎ガラスの仮面
 (第41話)
 黒沼の張り出した役者募集に集まったのは、演劇の経験も無い素人ばかり。それをそれぞれの適役に配して、まともな役者ばかりの芝居に対抗しようって……メチャクチャ根性あるな、このおっさん。
 プロダクションの社長に舞台の中止を言い渡されるも芸術祭への参加を条件になんとか了解を受けた黒沼だけど、結局、素人ばかりの芝居に芸術祭参加は認められず、解散を言い渡されるとは悲惨ね。
 しかし、そこに助け舟を出したのが速水。芸術祭の賞には1つだけ芸術祭参加作品以外でも取れる全日本演劇協会賞という賞があるから、それに賭けてみないかって話。
 狼少女の演技に野性味が感じられないと黒沼に言われたマヤ。駅で月影の『紅天女』を見たことがあるという老人にその話を聞いてるけど、それが速水の養父で大都芸能の会長だったって話。
 養父がマヤを認めたことで何か複雑そうな表情の速水だけど……しかし、このジジイ、今まで(というか、大都芸能にいた頃の)マヤのことを知らなかったんかい。いくら、息子に経営を任せてるとは言え、自分が『紅天女』の上演権を狙ってるんなら、その辺のとこはちゃんと把握しとけよ。
 一方、稽古にやってこないマヤだけど、狼少女の野性味の演技を探して旅に出てるってのはよくある話。しかし、今はプロの役者でもなくて給料も出ないのに、旅に出る金なんてよくあるね。いや、画面に出てないだけでバイト続けてるんだろうけど……

◎ノエイン もうひとりの君へ
 (第14話)
 電話が鳴ってると思ったら、やたら昔の電話機。よく通話の仕方がわかったものだな>ハルカ。しかし、そんな古い電話、よ残ってたものだね。だいたい、昔は電電公社のレンタルだから、使わなくなったら回収されるだろ。それともあんな昔の頃はレンタルじゃなかったのか?
 野鳥の調査とか言ってハルカの家に下宿してるトビとアトリ……なんか巧妙だね。
 延々と両親が訣別した時の光景を見てるハルカ。繰り返し同じ光景を見てるのはハルカが何とかしてその状況を変えたいと思ってるからってことね。しかし、そうやっていくら繰り返しても些細な部分が変わるだけで、状況に変わりなし。なぜなら、別の状況になった過去は、今のハルカにはつながらないからって話。例えば両親が出会わなければハルカ自身が生まれてきてないからね。
 しかし、この辺がドラえもんの未来と違うとこだね。あっちののび太の子孫のセワシはのび太とジャイ子の子孫なんだけど、のび太と静ちゃんが結婚してもセワシは別の状況で存在できるとか言ってるし……要するにタイムパラドックスが認められない世界と、タイムパラドックスはなんとか融通される世界との違いだな。
 で、よくわからんのは現代がカラスたちの未来とはつながってない幻の過去ってことなのか、それとも本来つながるはずの無い過去を強引につなぎ合わせたのがデコヒーレンス現象だってことなのか……
 で、最後に電話から聞こえた声だけど……ありゃ、(カラスの世界で)未来(5年後?)のハルカが消え去るときに残した言葉って感じなんだけど……
 う~ん……現状では現在の世界がそのまま5年後になってもそこでデコヒーレンス現象が起こるとか、15年後はカラスの世界になってるって確定した何かの材料って見当たらないんだよね。確かに量子テレポーテーションの実験とかがデコヒーレンス現象に引き金になってるって可能性は高いんだけど、それをやったのは同じように量子テレポーテーションの実験をした別の世界なのかも知れないし……
 極端な話、現代の世界はこのまま何事も無く、ハルカも無事なままで15年後を迎えるって可能性もあるわけだな。逆に、すべての悲劇はこの世界にカラスたちがやってきたことで始まってしまったとかいう可能性もあるわけだし……

◎怪~ayakashi~ Japanese Classic Horror
 (第2話)
 おや、相手の伊藤家って吉良の家中のってか。因果だねえ。もっとも、金を積んで伊右衛門に迫ってるあたりはタダの商人の家柄って感じだけど。
 すべてが一晩中に起こった事件とか言ってるけど、よく毒薬を渡したその日のうちに輿入れだなんて言いだせるものだね。なんか、物事は最初から呪われてて、お岩とは関係ないんじゃないのか? お岩の父親の呪いか、浅野内匠頭の呪いだろ。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.477 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.477 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。