電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.474 (1/4)

2006年01月04日 | 週刊アニメ定点観察
期間:05/12/26~05/12/26

◎機動戦士ガンダムSEED DESTINY FINAL PLUS

 最初にいろいろダイジェストが入ってるけど、要するに最終回の作り直しだな。
 ルナマリアがアスランに執拗に食い下がってるあたりがなんだけど、戦線離脱の原因はちゃんと描かれてるか。
 目新しいとこのメインはオーブでのカガリとか、思索するデュランダルのモノローグだけど、キラがレイのことをクルーゼの分身だと知るまでの過程だとか……あとはドムのねーちゃんがやられたり、ディアッカがやられたりするとこか。
 でも、アスランに突撃するシンの前にルナマリアが飛び出すとこの唐突さはそのままだね。
 頼みのミネルバやディスティニー&レジェンドがやられて焦ってるのはわかるけど、ネオジェネシスを使って邪魔者を排除しようとして、結局それで倒してるのが味方ばかりじゃ、そりゃ人望も何も無くなってしまうぞ。これですべておじゃんだな。
 最後のキラとデュランダルの対決が、変に小細工してかえってわかりにくくなってるのはどうかねぇ。おや、アスランこんなとこに来てたっけ? 元の最終回はキラだけだったはずだね。だいたいアスランが来ても意味無いじゃないかい。実際、何もしてないし。
 ま、アスランに3人との別れをさせたかったんだろうけど、それをやるならそもそもこういう最後にしてるのが間違いだな。
 ラクスの呼びかけによる両軍の停戦からは完全に新作か。結局、ラクスはプラントに戻ったってか。今度こそクライン派の天下ってか。
 いつぞやの慰霊碑に家族の墓参りに来てるシンとアスランとホーク姉妹。そこにやってきたキラとラクス。シンとキラ、因縁の2人の出会いだけど……そんなに簡単に握手するなよ>シン。キラの姿を見て意外そうだったシンだけど、前にすれ違ったときのキラのことを覚えてたのか?
 最後のカガリとラクスが良くわからんけど、オーブとプラントの和平会談に向かう光景ってところか?

 取りあえず時間を倍にして何とか見れるように作り直しましたって感じだけど……根本的な話の作りの拙さがそのままだから、さして改善されてるようには思えないね。
 ま、あすかはガンダムなんかに何の思い入れも無いから、ガンダムなんて所詮はこんなものなんだろうってところだけど。

◎はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~(終)
 (第13話)
 出て来た妖霊星にニルヴァーナと名付け、世界を破滅させようとしてる生徒会長。弟がいない世界なんかどうなっても良いとか言ってるんだけど、全然意味不明。ま、その弟が死んだのが菊之介の仕業だと逆恨みしてるみたいなんだけど……
 一方、妖霊星の管理プログラムに亜麻乃を甦らせることが出来ないかって訊いてる菊之介たちだけど……そんなのふつう出来るわけないだろ。なんか都合よすぎる最終破壊兵器だね。
 しかし、はっぴぃセブンの力だけではパワーが足りないからって、黒闇天の力を借りるかいっ! いや、手を貸してる黒闇天も黒闇天なんだけど……ま、亜麻乃と菊之介のことは気になってたって話だね。
 で、妖霊星は本来の持ち主である宇宙人が回収していったってか。よその星の迷惑を顧みない人騒がせな連中だな。
 甦った亜麻乃はいつもの日常に戻ったって話だけど……夏休み中に立て直された学校って……学校の校舎なんて中低層マンションなんかと違ってブロック工法で作れるわけないんだから、そんな2ヶ月ぐらいでできたりしないだろ。そんなの無理に工期を押したら基礎のコンクリートが生乾きだとかで問題になりそうだし……
 だいたい、立替の金を出した某巨大テーマパークのオーナーって何者なんだ?
 それにしても、はっぴぃセブンの物語というよりは、迫守亜麻乃の物語だったって感じだね。はっぴぃセブンの物語なら黒田くりや辺りを主人公にした方が見栄えの良い作品になってると思うんだけど……

◎D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン~(終)
 (第26話)
 泣いてる音夢を見て飛び出すアイシア。雨の中で純一と出くわしてるけど……なんで倒れてるのかがよくわからんね。
 翌日、純一たちの様子がおかしく、何かが変わってしまった風見学園。一同が何もわからないままブルーに沈み込む中、何かに感付いたようなことり。音夢の前に現れてるんだけど……
 一方、昼休みの屋上での昼食会に行かずに校庭にいる純一に、音夢の名前も含んだトトカルチョを示し、桜の花のことを語る杉並。おいおい、こいつどこまで本当のことを知ってるんだ?
 それにしても、この世界でトトカルチョに音夢を賭けてる連中、他のヒロインたちと互角の票数あったみたいだけど、物好きだねぇ。やっぱし兄妹同士の禁断の恋ってのを期待してるのか?
 そこに例の看護学校時代の手紙を持って現れた音夢。それを純一に読ませてるけど……自分たちが兄妹同士だということを意識しながらお互いの感情を思い出していく2人。しかし、枯れない桜の木の魔法はそんな変化は許してくれないって話。倒れこむ音夢だけど……今度も桜の花びらを吐き始めるのか?
 たまらなくなって枯れない桜の木のところに走るアイシア。その前に現れたさくらだけど、自分には何もできないと言い放つだけ。結局、解決できるのはアイシアだけって話かい。
 今のアイシアには他人の気持ちがわかると言ってるさくら。そして自分のおばあさんのことを思い出せって言ってるけど……魔法を使ったアイシアはみんなから自分の記憶を消して、また祖母としてたような旅の生活に戻っていくってか。いや、それはおまえのおばあさんのやり方であって、それだけが正解ってわけじゃないとは思うんだけどね。
 最後にアイシアを見送ったのが純一とさくらという魔法を使える2人だったのは象徴的だけど、最後まで姿を見せなかったのは卑怯だぞ>美咲。

 そして桜の花は消え、秋が来て、冬、そして春。風見学園を卒業したら早速結婚って気の早い2人ね。どうでもいいけど、海外赴任したままの両親は知ってるのか? 
 さりげなく参列して「おめでとう」と言ってる美咲だけど、いったいどうやってコネ付けたんだ? お前のことなんか誰も知らないだろ。ま、和泉子がしっかりいるのはお約束としても、なんか出てくるたびにサイズが違わないか?
 美春にせかされてブーケを投げる音夢だけど……それを受け取ったのはアイシア。でも、誰もアイシアのことなんか知らないんだな。そして魔法でブーケをヒロインたちに分けてるんだけど……ま、手品程度にしか思われないわな。確かにそれはみんなに幸せを分ける魔法だけど、それだけやって去っていくアイシア。それを見送るのはさくらだけ……と思ったら、純一が呼び止めてるってか。
 しかし、さくらと純一は知ってても他の連中はアイシアのことは忘れてるだろ。へたすりゃ嫉妬に燃える音夢ににらまれるだけだぞ。いったいどう収拾つけるんだろうね。

 ま、この物語は『D.C.~ダ・カーポ~』の世界を舞台にしたアイシアの物語だから、収まるところで収まってメデタシメデタシって話なんだけど……それだからこそ、美咲にはちゃんと物語的に責任取ってほしかったんだけど、あのままじゃそもそも美咲が出てきてアイシアにあれこれ話してた意味が無いんだよね。
 それなのにのこのことラストの結婚式だけずうずうしく参列してるって……そりゃコミック版の『D.C.S.G.』ならその資格は十分にあるわけだけど、アニメ版の『D.C.S.S.』じゃ絶対にありえないだろ。
 いや、アイシアが去った後の秋冬で美咲がそれにふさわしい関係を築いてるんなら話は別だけど……と思ったら、秋のシーンで屋上での昼食会に美咲が参加してる絵があるな。こいつも風見学園の生徒だったのね。しかし、それだけでアリバイ工作ができると思ってるのか? あすかは納得しないぞ。そういうのはちゃんと物語の上で示せよ。

 エンディング詳解。
 船で初音島を去っていくアイシア。みっくん&ともちゃんと大学に通ってる感じのことり。庭で野点ならぬ野鍋をしてる水越姉妹。七五三の子供の相手をしてる環。天枷研究所で何かの研究をしてる美春。優雅にお茶してるアリス。何かの大賞を取って表彰されてるななこ。また初音島から旅立っていくさくら。結婚式での記念写真その他の入ったアルバムに見入ってる純一とそこにやってきた音夢。
 最初の朝倉家のカットと最後のカットは半分隠れてたいつものEDを全部見せてるだけなんだけど……ちゃんと最後に音夢だったってことは明かしてるのね。ま、最初からバレバレだったけど……

◎ラムネ(終)
 (第12話)
 なんか落ち込んでる七海。向かう先は病院だけど、制服にかばん持ってるってことは、もう夏休みは終わったのか? で、病室の健次は眠ったまま。どうも事故からずっと意識が回復してないみたいだけど……マジで涼宮遥やってるのか?
 自分でバイクのメンテやろうとしてるみたいな美空だけど、周囲の光景から見たら自宅に戻ったみたいね。そりゃ、いつまでも友坂家にはいられないだろうし……というか、ちゃんとバイクが治って家に帰れたんだね。
 前を歩く女の子に声を掛けようとしてる裕美……何かと思ったら髪形が鈴夏と同じだったってか。でも、明らかに髪の色が違うだろ。
 カボチャプリン持って来たり、映画のチケット持って来たり、七海も大変だね……というか、プリンはともかく映画のチケットはどう考えても無駄になるのわかってるだろ。どうでもいいけど、健次の意識が無いのを良いことに、勝手に貸しを増やしまくるなよ。
 和服を着てる自治会長……何なんだ? いや、ジャージ姿じゃないのは新鮮だね。
 やがて冬。いつまで経っても意識の戻らない健次。クリスマスツリーが空し過ぎ。勝手に増やした貸しが100になっても。ハイそうですかって起きないだろ。
 で、春。なんか大学に入学したみたいなひかりだけど、中学生と間違われて警備員のおじさんに追い返されてるとは、いとおかし。
 おや、自治会長って旅館だか料亭だかの人だったのか。裕美、美空とそれぞれの春を過ごしてるみたいだけど……
 鈴夏と同じクラスの七海……おい、健次の看病で留年したってか? ご苦労さんね。
 で、夏がやってきて、見舞いにやってきたひかり。おまい、夏にならないと見舞いにも来ないのか?……というより、おまいちゃんと大学通えてるのか?
 魚のヘアピンの風鈴でいきなし目覚めてる健次。いや、眠ってたのが1年で良かったね。3年寝てたら涼宮遥みたいに悲惨な目に遭ってるところだぞ。

 それにしても、作品のキャッチコピー「特別な夏」……確かに特別は特別だったんだけど、こんな特別は誰も期待してないだろ。ひどい話だね。それでも『君が望む永遠』みたいに目覚めてからの物語があるんならともかく、目覚めてメデタシメデタシじゃ、ただの『白雪姫』だか『眠り姫』の物語だな。
 ま、こんな作品が悪いとは言わないけど、どう考えてもゴールデンタイムの一般向け的な内容の作品だろ。どう考えても深夜アニメの視聴者向けの作品じゃないのは確かだね。いや、エロくないとかそういう話ではなくて……

◎舞-乙HiME
 (第12話)
 ジパング国の王子・晶をびくびくしながら接待してるアオイ。マシロ様もアリカ&ニナも来てないって不始末だから大変だね。しかし、いくら礼節を重んじる国だからって、不始末で切腹を強要されたりしたら嫌だねぇ。
「そんなことすれば死んでしまうじゃないですか」
 アリカのボケっぷりがなかなか。
 仕方が無いからマシロ様の身代わりって話だけど、マシロ様のバカっぷりを真似られるのはアリカだけってか。
 で、偉そうに出てきたマシロ様(ニセモノ)に律儀に挨拶する晶だけど……
「それがしは鴇羽巧海頭忠頼と申す……」
 おいおい、こっちもニセモノかいっ! 本物の王子は巧海だったのね。
「私はマシロ女王陛下のオトメ、アリカ・ユメミヤです」
 ニナまでニセモノ騙ってるし……
 しかし、マシロ様を助けた巧海って、よくよその国の貧民街に詳しいものだね。で、気が付いたマシロ様は自分の国にこんな汚いところがあるわけは無いとか言ってるし……いや、あんたが贅沢わがまましてるから、そんなとこに住まなければならない人間もいるんだぞ。(ま、それだけが原因でもないだろうけどね)
 貧民街の住人からもらった食事を喜んで食ってる巧海と、食いたくないってミコトにくれてやってるマシロ様。同じ王族でも偉い違いだね。
 住民に正体を知られたら嫌だからってアルタイから来たといってるマシロ様。気を失ってる間に見てた夢と言い、なんか本心ではナギのこと好きなのか?
「僕は……ええと、晶。尾久崎晶です」
 お前もウソを名乗るかい。
「わらわはアルタイの……ニナじゃ。ニナ・ウォンじゃ」
 なんかきっちり重複無しに整合性が取れてるね。でも、それを聞いてた住人のガキが胡散臭そうな表情を見せてるけど……
 パレードのリムジンでガルデローベに向かうマシロ様(ニセモノ)だけど、道端で旗振ってる国民たちはニセモノだと気付くだろ。だいたい町中に張られてるマシロ様のポスターとは完全に別人だし。
 で、アリカ(ニセモノ)が気付いたお陰で、速攻でポスターが撤去されてるのがいとおかし。
 姉を探してると言ってる晶(ニセモノ)だけど……舞衣のことだろうけど、行方不明って設定なのか?
 汗を流そうと着物を脱いだところをシズルに目撃され女だと見破られてる晶。逃亡しようとしたところをシズルとアリカに追跡されてるとは大変ね。
 国中を上げての誕生日のお祝いや城の修理の前にこの国の女王はやることがあるとマシロ様に言ってる巧海。もう正体はバレバレだってか。ま、どう考えても身分を隠してるようには思えないからねぇ、マシロ様は。
「パンが無いなら、菓子を食えば良い!」
 大昔、それと同じことを言ったとされてる人は、最後はギロチンで首を切られたという話だぞ>マシロ様。
 そこに晶とそれを追ってきたアリカたちが現れて、ようやく相手の正体を知ったマシロ様。巧海に指摘されたことがショックだったのか、帰国の見送りには出て行ける気分じゃないってか。
 どうでもいいけど、将軍の名前に巧海頭なんて官職名を付けるか? いや、将軍職の支配下の職制と被ってない限りは間違いでは無いんだけど、将軍職より階級が上の官職で無いと普通はわざわざ名乗ったりはしないし、家臣とかがそう呼んだら失礼に当たるだろ。複数の官職を持ってる相手を呼ぶときは上位の官職で呼ぶのが礼儀だし、ジパングは礼節を重んじる国らしいからね。将軍様を巧海頭なんて呼んだら切腹物だね。
 いや、この世界のジパングでは将軍よりも巧海頭の方が官位が高いのかもしれないけど……
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【DCSS】初音島桜前線注意報... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.474 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。