電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.474 (3/4)

2006年01月04日 | 週刊アニメ定点観察
期間:05/12/30~06/01/01

◎アニメ魂
 ToHeart2(終)
 (第12話)
 身体測定からうれしそうに出てきたこのみ。なんかバストでも成長したのか? でも、貴明のところに飛んできたら、珊瑚に先を越されてるって感じで近寄れないってか。いや、それはどっちかというと雄二の仕業だろうけど。
 環に相談して帰り道で貴明を襲撃してるこのみだけど、身長は5mm伸びて胸囲も0.5cm増えたって……同じ値なのになんで単位が違うんだ?
 姫百合姉妹とWデートに出掛ける貴明と雄二だけど……第9話のとは別なのか? 第11話より後なら第9話よりは確実に後のはずだけど。
 相変わらずこのみと貴明を二人きりにして一泊旅行に出掛けてる母親。第1話と同じシチュエーションなんだけど、このみの態度が違うって話ね。
 貴明の前に現れてこのみとの仲を聞き出そうとしてるチエとミチル。このみへの援護射撃のつもりなんだろうけど、物好きだねぇ。しかし、貴明の答えはこのみは妹みたいなものだって、定番のお答え。
 で、それを聞いてたこのみは、なんかもう感情が炸裂しようって感じなんだけど……

 (第13話)
 駆け去るこのみを追いかけようとする貴明を引き止める環。
「このみが何で泣いたかをわかってないなら、今はダメ」
 このまま貴明がこのみを追いかけてくっついてしまうことを阻止しようとしてるって話ではないと思うけど、このみのことを思って言ってるんなら第11話の態度と齟齬があるんだけど……
 修学旅行の買出し……おいおい、まだ連休中の話か。デジカメを見てて愛佳&由真と遭遇してる貴明だけど、由真は普段通りとして、このみのことで適当にアドバイスしてくれる愛佳って良いね。同じ委員長でもどこぞの関西弁の暗くてきつい眼鏡っ子の委員長とはえらい違い。
 貴明に母親から電話が掛かってきてるけど……ちゃんと母親がいたのね。父親の転勤に付き合って、貴明だけ置き去りにしてるんかい。
 貴明の小学生時代の回想に出てくる高城さん……ゲーム版の公式サイトに出てる草壁優季とかいうキャラにそっくりなんだけど、同一人物か? 両親の離婚で苗字が変わるとか言ってるし……声を確認したらわかるな。草壁優季は佐藤利奈ってか。
 このみを探して1年生の教室前を通り掛ったらブルマ姿の瑠璃に変態扱いされてるし、昼休みは昼休みで花梨に付き合わされて、このみを捕まえられず。放課後も修学旅行の自由行動の計画表がまだで愛佳に捕まえられそうになってるけど……ま、雄二や愛佳と同じグループで助かったね。
 しかし、とことん貴明を避けてるな<このみ。あの時、急に泣いて逃げ出してしまったから顔を合わせられなかったってか。
 明日は修学旅行だから自分が起こしに行って見送ると言ってるこのみだけど……寝坊して逆に起こされてるのはお約束。

 前作(無印)は原作ゲームとは季節とか時系列を変えて再構成してたんだけど。今回はその辺はゲーム版のままって感じだなぁ。ゲーム版のユーザーには良いんだろうけど、アニメ版しか見てないと混乱するね。
 姫百合姉妹の登場が遅かったのは前作での新入生キャラ(葵、琴音、マルチ)と同じでゲーム版自体からして登場が遅かったからだろうけど、姫百合姉妹+イルファで中盤を3話連続で独占してたのが構成上のポイントだな。
 1~6話:基本ヒロイン毎の紹介編
   7話:基本ヒロインの総登場イベント
 8~10話:姫百合姉妹+イルファ編
   11話:全ヒロイン登場イベント
 12~13話:このみシナリオの展開編
 ま、マルチヒロインシステムのゲームのアニメ化としては手堅いところという感じだけど、もうひとつシナリオがこなれてないって感じがするね。特に7話と11話のヒロイン集結のエピソードが、単にヒロイン集めましたって感じでドラマになってないからね。
 特に11話のラストでタマ姉があんな宣言したら物語を引っ張るはずなのに、最後の2話にはほとんど影響を与えてないって感じがするからなぁ。ま、あれでこのみとタマ姉以外のヒロインは弾かれたってわかるんだけど、ラスト2話が肝心のタマ姉を無視してこのみだけで進んでる展開に無理があるんだな。やっぱしワンクッション置いて何でタマ姉シナリオじゃないのかって分岐点が明示されてないとねぇ。
 いや、別にラスト2話の展開だって貴明が彼女としてこのみを選んだって話じゃないんだから、ヒロイン選別というテーマははぐらかして無難に終わったってところだろうけど……
 しかし、これだけ見てたらPC版のこのみシナリオでいったいどういやって18禁な展開に持っていくのかは大いなる謎だな。いや、1話や12話で貴明がこのみの家に泊まった時に押し倒すって展開かも知れんけど……

 高城優季、声は佐藤利奈……やっぱしあの女の子は草壁優季だったのか。しかし、公式サイトでもなんか後から追加されたって感じのキャラなんだけど、前作の雛山理緒みたいな隠しヒロインか何かか? 一応全年齢版のサイトだからPC版の追加キャラってわけでもないだろうけど……

◎くじびきアンバランス(新)(終)
 (第1話)
 冒頭の幼い頃の痛々しい律子が良いね。この辺とOPは『げんしけん』の第1話でそのまま流れてたけど……
 千尋の姉・忍のドジっ子振りがなかなか良いね。その忍の持ってきた怪しげなキノコを図書室で調べてた千尋だけど、そこに現れて妖しげにキノコの薀蓄を垂れてる秋山時乃。なかなか神出鬼没なねーちゃんだな。
 1年掛けて運試しで戦い、生徒会の役職を勝ち取っていくっていったいどういう学校じゃい。で、千尋は時乃と同じチームになってるわけだけど……
 最初の戦いはキノコ料理。練習試合で成績にはカウントされないって話だけど、相手チームの上石神井蓮子は時乃の因縁のライバルで、なんか異様に敵対心を燃やしてる感じ。でも、テーマがキノコなら時乃チームの方が有利か……と思ったら、こいつはマニアックな知識持ってるだけで料理はできないのね。
 で、時乃の選んだキノコを料理するのは小牧と千尋。そんな技術があるわけじゃないから素材を生かした簡単な料理で勝負しようとするけど……暴走した時乃に食われてしまって全滅とは悲惨。
 千尋は残り時間5分で残った猛毒のチャブマアミカサタケを煮沸による毒抜きで調理。贅沢な料理を各種取り揃えた蓮子チームに対し、時乃チームはそれ1品だけ。しかし、生徒会長の判定は素材を活かした時乃チームの勝ち。
 しかし、毒抜きが完全でない危険も顧みずに食って判定を下さないといけないとは、生徒会長も大変だね。
 生徒会長が幼馴染の律子だと気付いた千尋は追い掛け、何で戻ってきたことをいわなかったのか尋ねるけど、その答えは「教える必要は無いと判断したから」……要するに律子にとって千尋はどうでもいいやつにしか思われてなかったってことね。

 次回、第2話は現生徒会執行部の面々のことが明らかにされるのね。わくわく。

 (第21話)
 ……って、第2話~第20話はいったいどこに行ったんだ?
 とりあえず蕎麦屋で回想してるって形の総集編かいっ!
 最初はHPのアクセス勝負。これは『げんしけん』で見たことあるな……というか、要するに総集編ってその手の『げんしけん』で使われた素材の寄せ集めって気がするな。
 次はサウナの中の忍耐力勝負ってか。しかし、小牧の怖い話がなかなか。3つともちゃんと聞かせて欲しいぞ。
 サバゲー勝負。相手チームの人数が異様に多いのがインチキ過ぎ。しかし、硬派再興はいいけど、敵の寝返りで勝ちってのはねぇ……
 カラオケ勝負。時乃の音波攻撃に敵チームは壊滅……はいいけど、どう歌ったらそんな野太い男声が出るんじゃいっ! しかし、凄まじい破壊力だね。
 宇宙人チームとの対決……って、そんなの堂々といるんかい、この学校は。で、その宇宙人の弱点はトイレが近いって話で、水泳勝負を挑み、おまけにスタート前に無駄に時間稼ぎ。結局、宇宙人チームはゴール目前でリタイヤってか。酷い作戦ね。
 麻雀勝負。ここはいづみの活躍しどころか……と思ったら、時乃の悪運で呆気なく終わってるか。
 ダンジョンRPG勝負。相手の魔女っ子チームがなかなか強力そうね……と思ったら、回復系の備えを忘れて自滅ってか。哀れね。
 ラストで律子の前に現れた不審人物って何者なんだ?

 次回、第22話でラストに出てきたやつの正体が明らかになるのね。わくわく。

 (第25話)
 ……って、第22話~第24話はいったいどこに行ったんだ?
 期末試験……一応、学業もちゃんとやってるのね。
 勝ち残った6組の中に入ってる時乃チームだけど、何かみんなバラバラで最終戦へのエントリーはしないって雰囲気なんだけど……
 両親の墓参り。鏑木と一緒の忍に遠慮して一人で墓参りに行く千尋。そこで律子と出くわしてるけど……結局、律子に励まされて最終戦に出ようと考え直してる千尋。
 他のメンバーの説得に出向く千尋だけど、こいつが何を言っても説得力無しってか。ま、いづみだけは出る意志あったみたいなんだけど、結局出ないことに決めたことを覆す気は無いってか。
 エントリの締め切り間際。妹に説得されて千尋といづみの待つ校舎にやってきた小牧。そして、時乃。
 ギリギリ間に合って、いよいよ次期生徒会役員の座を賭けた最終戦の開始。

 いよいよ次は最終回。果たして時乃チームは勝ち残れるのか?……って、最終回はいつ放送するんだ?

◎びんちょうタン(先行配信)
 (第1話)
 何か冒頭の音楽がおどろおどろしいね。
 頭に備長炭乗っけてお出掛けの準備は良いけど、裾を絡ませてこけてるのがマヌケ。いや、布団の上で良かったね。
 精米したのを買ってきてるんじゃなくて、自分で玄米を搗いてるのか……
 しかし、出歩くときリボンの裾を引きずってるんだけど、汚れて擦り切れないか?
 カルガモさんのバスでお出掛けは良いけど、この森、何か怪しげな遺跡がいっぱいあるね。で、町にでも出掛けるのかと思ったら野原で山菜摘みかい。しかし、ツクシをちゃんと描いてるアニメは初めて見たな。
 採って来たわずかなゼンマイだけをおかずにご飯って……わびしい生活だねぇ。でも、最後の幸せそうな笑顔は最高だね。

 どうでもいいけど、ナレーションの「びんちょうタン」の発音が頭の中のイメージと全然イントネーションが違うんだけど、あずま人の読み方ってあんな風なのか?
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.474 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.474 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。