電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.476 (3/4)

2006年01月19日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/01/13~06/01/14

◎ケロロ軍曹
 (第92話)
 おいおい、去年の正月は凧を見なかったのか?
 また将軍ネタか。しかし、凧になって空を飛ぶためにペラペラになってるって……まさに平面ガエルだな。冬樹のシャツに張り付くとか言うオチは無いのか?

 おみくじでラッキーアイテムがはねつきだったからって、はねつき大会を始めてる桃華。しかし、夏美のライバル・芋碁理恵とか、メロディーハニーさんとか、何を考えて集めたのかわからない面々。
 いや、どう考えても優勝候補は夏美なんだけど……初戦が芋碁理恵、準決勝が小雪と強敵だらけ。というか、これは夏美潰しのトーナメントだな。で、「本当の」事実上の決勝戦、夏美VS小雪は、両者激戦の末に双方の羽子板が割れて失格。酷いルールね。
 で、残ったもう1つの準決勝、桃華VSモアを無理やり決勝戦にしてるんだけど……そこまで盛り上げておいて、モアの一方的勝利ってかい。いや、でも勝ったモアの存在感って全然無いんだけど……

◎アニメ魂
 LEMON ANGEL PROJECT
 (第2話)
 窮地を小暮に助けられた智。いや、あっさり前のレモンエンジェルはプログラムだったって認めてるか。すべては唯の作ったAIで、諏訪もAIのモデルになってただけってかい。
 オーディションのメンバーの中にいたアイドルの星井弥生こと結城早夜。エロい仕事をやらされたからって事務所の社長と喧嘩して飛び出してきたってか。
 小暮と知り合いだからって予め合格決定済みだとか思われてる智。勢いで歌ってるのは良いけど……こりゃ、いくらなんでもダメだろ。とか思ったら、最初からやり直しって……そんなのありかい。
 ま、最初は諏訪(というか、前のレモンエンジェル)の歌い方のまねしようとして失敗して、2回目は自分の歌い方に変えたってところだろうけど、オーディションって一発勝負だろ。やり直しが利くんなら他の連中だってパターンを変えて試してみるだろ。
 昔はシンデレラガールって(作品中の他のキャラにとってはともかく)視聴者にとっては憧れの対象だったんだろうけど、今は視聴者にとっても妬みや羨望の対象でしかないって感じだから……完全に嫌われキャラ決定だな。

◎練馬大根ブラザーズ(新)
 (第1話)
 練馬で大根でミュージカルってかい。何かよくわからん作品だね。
 オーディション料10万円に、無ければ金借りろって……露骨に暴力団の資金集めって感じなんだけど、怪しいって思わないのか? どうでもいいけど、ホストクラブってオカマも来るのか? それとも、その手の客専用のホストクラブなのか?
 ま、悪くは無いけど、なけなしの時間割いてまで見たいとは思わないかな。

◎今日から(マ)王!
 (第72話)
 いよいよ禁忌の箱の封印の封印……はいいけど、じらし過ぎ。
 グレタに「おじちゃん」と呼ばれて戸惑ってる勝利がいとおかし。
 この期に及んでまだ鍵だと判明してるのがコンラッドとグウェンダルだけなんだけど……意外なやつが鍵って可能性は残ってるな。ま、可能性として高いのは勝利だろうけどね。
 しかし、このところ怪しげなヴォルフラムだけど、さすがにグウェンダルたちは何か疑ってるみたいなんだけど……
 箱を封印する前に実験するとか言ってるアニシナも何を考えているのやら……ま、置いてけぼり食ったんじゃ、邪魔のしようもないだろうけど。

◎ふしぎ星の☆ふたご姫
 (第41話)
 今度はしずくの国にやって来た一行。なぜかシェードたちが先回りしてたのが謎だけど、相変わらず評判の悪い晴雨姉妹。おまけにアルテッサはマルロに「がびーん」って言葉を教えたとか、シェードは昔の月の国の大臣の陰謀を持ち出されてるわ……本当に信用の無い連中だね。
 そこにやってきて女王の信頼を得るためにマルロの教育係を申し出てるブライトだけど……マルロが泣き始めたら放り出して逃げて行ってるって、情けないやつ。ま、オムツを替えられないのは晴雨姉妹たちも一緒だけど、意外にもなぜか手際よくオムツを替えてるシェード。ミルキーの世話で慣れてると聞けば納得。
 女王が帰ってくるからって慌ててマルロを取り返してるブライト。とことん卑怯だな。しかし、マルロが失踪してしまってさぁ大変。
 マルロの「がびーん」が「ママ」って意味だって気付いたミルロ。女王を迎えに行ったマルロを見付けるけど、跳ね橋が開き始めてマルロは転落、さぁ大変。で、例によってプロミネンスの出番だけど……
 みんなマルロに気を取られてるうちにグレースストーンを奪って逃げて行ってるブライト。どうでもいいけど、せっかく晴雨姉妹より良かった評判をそうやって自分で落としていってどうするんだ? 力を手に入れても信頼が無ければふしぎ星を治めることは出来ないと思うぞ。

◎BLOOD+
 (第14話)
 沖縄に帰ってきた小夜たちだけど、家には不動産屋の張り紙。もともと貸家だったのを家賃を払わずに住んでた家族が失踪したからだろうけど……ま、こいつら金はあるから、払うものさえ払ったらそのまま住み続けられるんだろうけど……
 親友の香里と再会してる小夜だけど、こいつ、オヤジが死んだこと知らないのか。学校に侵入して高跳びしてるけど……いや、どんな記録なのかわからんね。でも、やっぱしスカートで跳んでも見えないのね。
 浜辺でバーベキューしてるカイたち。いや、家は電気もガスも水道も止めらてるから料理が出来ないんだろうね。普通なら店でやるところだろうけど……
 遠くで見てるハジに食い物を運んでるリク。小夜が真祖として、ハジは小夜と血の契約を結んだ存在なんだろうけど……しかし、あの場でチェロを弾かれてもねぇ……
 しかし、カイに避けられたまま会えなかった真央って……

◎MAJOR(第2期)
 (第31話)
 横浜リトルの監督から寿也の境遇を聞いてる吾郎……は良いけど、その3年前の寿也、前のリトルリーグ編で対決したときより幼くなってないか?
 しかし、子供が修学旅行に行ってる間に両親が夜逃げって……ひどい家族だな。ま、祖父母が健在だから頼りにして残したってことなんだろうけど。

◎蟲師
 (第11話)
 いきなし穴が開いたように見えた山。ギンコがふもとの村に行ったら、ムジカとかいう村の蟲師が行方不明になったから探してくれって話。
 ムジカは山頂近くで足を滑らせて動けなくなってただけで、ギンコが助けて連れ帰ってるけど……ムジカは山のヌシをやっていて、それが出来なくなったから山に異変が起きてたとか言う話。
 ギンコが村を離れようとしたら鐘を突くような何かの音。ムジカがヌシを交代するためにクチナワとかいう蟲を呼び寄せてたって話。人間がヌシをやるのは大変なことで、それを弟子のコダマに継がせることは出来ないってか。
 本来の山のヌシがいなくなったのは、若い頃のムジカがこの村に居着くには自分がヌシになって蟲を寄せ付けないようにするしかないと言ったら、ムジカに惚れていたサクとかいうねーちゃんがヌシを殺してしまったからだという話。そのねーちゃんはその時に傷を負って死んでしまったみたいだけど、その頼みを聞いてヌシとして留まってたという話かい。因果なものだね。
 ま、ムジカを食った立派なクチナワが新たなヌシになったから、山の生気も安定して、村も間引きをしなければならないほど子供が生まれるってこともなくなるんだろうけど……クチナワに食われたら、その時に山にいたギンコとコダマ以外の村人はみんなムジカのことを忘れてしまったってのも悲惨だね。

◎BLACK CAT
 (第11話)
 腕に「13」のタトゥーを入れた男。「不吉を届けに来た」って偽ブラックキャットってか。
 リンスを呼び出して金を渡し、危険だからもう手を出すなといってるジェナス。ま、タオの力なんかどうでもよくなって、クロノスは全面的に星の使途殲滅に動き出したってところだろうね。
 いい気になって裏の連中に襲われてる偽者のおっさん。イヴに助けてもらってるのに自分で勝ったと思い込んでるところがお気楽だね。
 そこにやってきた星の使途のスイーパーの男。クリードにトレインより格下だと言われたのが許せなくて、イヴに居場所を聞き出そうとしてるけど、その前に立ち塞がる偽者。哀れ瞬殺かと思ったら、本物が通り掛ってくれたおかげで助かったってか。
 しかし、トレインに負けたのはともかく、リンスに捕まえられて星の使途のアジトへの案内をさせられてるとは哀れね。偽者のおっさんも付いて来てるけど、今度こそ本当に瞬殺されるぞ。

 どうでもいいけど、BS-iが休んでばかりいるから毎日放送に追い付かれてるじゃないかい。

◎陰からマモル!
 (第2話)
 おや、お隣さんって主君の末裔じゃなくって、主君に守れといわれたコンニャク作りの名人の末裔ってか。しかし、守れと言われたのは血筋じゃなくて名人芸の方だと思うけど、どう考えてもお隣さんはコンニャク作りなんかしてないだろ。
 先週のヤクザに呼ばれてゆうなと謎の忍者への復讐にやって来た女剣士・真双津椿。正義といわれてヤクザに加担してるけど、どう考ええも堅気の人間とヤクザじゃどっちが悪党だか判断つかんのか?
 しかし、白い着物に赤い袴って、どうみても剣士というより巫女さん姿だろ。
 ゆうなとのテニス勝負を邪魔された椿。忍者の存在に気付いてマモルに挑みかかってくるけど……ナタデココを斬れない斬セラミック剣って……いや、コンニャクと斬鉄剣を斬れたらそれだけで十分だと思うぞ。
 世間知らずを悔いて高校に来ることになった椿だけど……なんか転校生があるとかいう話に勝手に便乗してないか? いや、本物の転校生がくるはずだと思うけど……

 どうでもいいけど、波動砲なんぞ日本人の基本的常識だろ。

◎灼眼のシャナ
 (第14話)
 吉田さんに対抗しようと、メロンパンで悠二を餌付けしてるシャナ。しかし、メロンパンの食べ方までしつけられるとは大変ね。
 で、シャナの昔話。アラストールに拾われてフレイムヘイズとしての訓練を受けてる頃の話か。
 シャナの世話をしてるメイドさん、ヴィルヘルミナ。なんか言葉遣いがたどたどしいのだけど……こいつもフレイムヘイズか。しかし、食事が電子レンジでチンって、なんか俗っぽい世界だな。
 買出し中を千征令オルゴンに襲われたヴィルヘルミナ。なぜかすぐに戦わずに立ち止まってるんだけど……
 訓練の相手役の骸骨、シロを罠にかけて一本取ったシャナだけど、その途端にシロは暴走。それによってシャナのいた天道宮の結界が敗れて、天道宮を狙っていた琉眼のウィネの目に触れることに……とか思ったら、いきなし天目一眼が出現して天道宮に向かって進み始めてるという凶悪な展開。
 いや、オルゴンとかウィネとか天目一眼とか見える敵は良いんだけど、シロっていったいどうしたんだ?
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.476 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.476 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。