電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.466 (3/3)

2005年11月11日 | 週刊アニメ定点観察
期間:05/11/05~05/11/06

◎絶対少年
 (第24話)
 ブンちゃんの代わりに現れたマテリアルフェアリーに急かされて、横浜を覆う巨大マテリアルイーブンの元へ向かおうと部屋を出た希紗。しかし、現場は立ち入り禁止になってて警官が見張ってるって、ご苦労さんだね。
 しかし、これって横浜の該当区域をぐるりと全部取り囲んでるのか? ま、さすがに警官は人の通りそうなところしかいないだろうけど……と思ったら、案の定、見張りのいないところから侵入してるし……
 しかし、ロングのスカートじゃバリケードをまたげないからってすそを捲ってる希紗も希紗だけど、そこにやってきてバリケードを外してる理絵子も理絵子だね。
 で、海岸沿いを進んでいったらそこには歩が。警戒する希紗の様子に、歩に文句を着けようとしてる理絵子だけど……
「来たし……」
「待ってたし……」
 おまいはわっくんかいっ!

◎ふしぎ星の☆ふたご姫
 (第32話)
 メラメラファイヤーカーニバルはいいけど、メラメラの国って異常寒波は無くなったのか?
 サンバ衣装のリオーネ、カーニバルにしては露出が少な……もとい、耳が動いてるのがかわいいね。で、王家の人間がステージで踊ろうとしたら、観客が皆無。ブライトが催眠音楽を使って観客を集めて邪魔してたって話。
 思わず飛び出すティオだけど、端からブライトの相手になるわけも無く……しかし、踊れない衣装作ってどうするんじゃい。
 ブライトが観客を集めてたウットリウグイスを逃がしたシェード。たちまち観客の熱狂がやんで、ブライトの踊りには見向きもせず……って、ブライトの実力もたいしたこと無いのね。所詮はよその国の踊りだから付け焼刃かい。
 ブライトが去ってメラメラサンバを再開したのはいいけど……立ち去ろうとしたところをレインに呼び止められてるシェード。相手がレインなら断れないってか。しかし、サンバを踊るのはいいけど、おまいらのはダメダメダンスだろ>晴雨姉妹。

◎ウルトラマニアック
 (第23話)
 自分のことを架地たちに話してる仁菜。さすがに架地は常識人なのか、亜由や辻合よりは驚いてるってか。しかし、マヤのことは辻合には黙ってたはずなんだけど……
 絵葉書でマジックキングダムの案内って、なんか斬新だね。こりゃ、こいつらは最後までマジックキングダムに行く展開にはならないってことか。
 お城からのお妃候補の通知書だけど、適当に飛ばしてる辺りが怪しいんだけど……さすがにプリンセスに選ばれたらお別れとかは言い出せないのか。しかし、条件って5つのホーリーストーンを全部集めることってか。一番数が多ければいいってわけじゃないのね。それじゃ残る最後のストーンはともかく、マヤの持ってる分は実力で奪い取らないといけないってことか?
 どうでもいいけど、他の5人の候補ってどこで何をやってるんだ?
 由多のプレゼントで空飛ぶ遊覧馬車に乗ってる仁菜たち……いや、そんなもん気楽に飛び回ってて他人に目撃されたりしないのか? いや、UFOの目撃談がそれかもしれないけど。
 由多が気を利かせてるのに全然、辻合との仲が進まない仁菜。由多が馬車を傾けたら落ちそうになってテレポーテーションの魔法を使ってるのは良いけど、飛んだ先がチョモランマ山頂って……いきなしそんなとこ飛んだら酸欠で高山病になるぞ。しかし、いちいち仁菜たちを見守ってる由多も大変だね。
 ところで、仁菜たちの周囲にうろついていた謎のモヒカンにーちゃん……王子様の変装だったってかい。仁菜とマヤの様子を見に来てたみたいだけど……これで、実は辻合が王子様でしたってオチは無くなったか……

◎BLOOD+
 (第5話)
 怪しげな施設に入れられてるオヤジ。点滴してるのは治療のためなのか、単なる延命か、それとも何かの実験なのか……
 オヤジがヤンバルの施設にいるとの情報を掴んだデヴィッドたちだけど……いったいどんな情報網持ってるんだか。ま、米軍内にスパイか情報屋がいるのは間違いないだろうけどMね。
 それを聞いて自分も連れて行けと言ってるカイだけど、足手まといにしかならないことを身をもって教え込まれてるとは、大変ね。
 で、突入先の米軍の連中はなんか脱走した翼手の事件が表沙汰になってきたからヤバイとばかりに証拠を隠滅して撤退しようとしてるみたいだけど……
 しかし、戦闘も何もなく、話がほとんど進んでないのはともかく、やたら中身が無くて退屈っぽいのはどうにかならないのか? やっぱし1年なんぞ続けるだけのシリーズ構成ってネタの持ち駒が揃ってないと苦しいと思うけど、大丈夫か?
 ガンダムとかならともかく、この作品は半年続けるのも大変だと思うんだけどねぇ。

◎蟲師
 (第3話)
 いきなし耳が聞こえなくなったものが多発した雪に閉ざされた村。吽とかいう蟲が三半規管に居付いてたからってか。で、塩を溶かしたお湯を耳の穴に入れたら、吽は逃げ出して行くってか。
 しかし、村長の孫だけは症状が違うって話で、額に角が生えてて、逆に音がいっぱい聞こえてくるとか言う話。吽に良く似た阿とかいう蟲の仕業らしいけど、とても珍しい蟲なので治療法がわからないってか。
 外出し、洞窟の中で雪を避けてる真火のところにやって来たギンコ。その洞窟の中に巣食ってた阿吽の群れの中から阿を掴もうとしたら、ギンコの耳の中に入り込んでいく阿。おいおい、治療法もわからないのに大丈夫かよ……と思ったら、真火の手を耳に当てさせたら阿は死んでるってかい。
 阿は他の生物の活動音が苦手だってかい。
 真火の中の阿も同様に死んでしまって、角も取れたけど……その角を報酬としてもらってるギンコ。金にでもなるのか? それとも炭火で焼いて醤油をつけて食ったらうまいとか……いや、単純に研究目的なんだろうけどね。

◎BLACK CAT
 (第2話)
 サヤに自分と似てると言われて気になってるトレイン。何気に屋根の上でサヤの姿を探してるけど……
 腹を空かせて小遣い稼ぎに賞金首の手配書を探しにやってきたスヴェンだけど、大口の仕事は一足速くサヤが取って行った後。残りはあまり稼ぎにならない仕事ばかりみたいだけど……そこに何かやばい連中に追われて飛び込んできたねーちゃん。スヴェンに助けられて飯を奢ってるんだけど……エレナとか名乗ってるんだけど、リンスかいっ! このねーちゃんも最初から出てくるのね。
 なんか話題の凶悪犯を仕事に選んだサヤだけど、相手が凶悪すぎてヤバ過ぎって感じ。ま、そこをトレインに助けられるって話なんだけど、トレインも自分の仕事とは関係ないのに、どうしてそんなとこに現われたんだ? で、犯人を殺さずに警察に引き渡してることを不思議そうに眺めてるけど……こいつ、殺し屋の仕事しか知らないって感じだな。幼い頃から純粋培養でもされて育てられたのか?
 良いカモとばかりにリンスがスヴェンに依頼したのは妹の救出……って、要するにイヴを攫うって話か。イヴも最初は顔見世で出て来ただけだと思ったけど、まだサヤが生きてる間にイヴの話をやるのか? ま、原作の人気キャラは早めに揃えてた方がアニメとしてはやりやすいんだろうけど……
 しかし、そのイヴの前には銃を突きつけたトレインが……って、クロノスからトレインに伝えられた指令って、イヴの抹殺なのか? ま、確かに現状で放置してたらヤバイ存在なのかも知れないけど……

◎銀盤カレイドスコープ
 (第5話)
 ロシアのリア・ガーネット・ジュイティエフは良いけど……能登麻美子にロシア語を喋らせるか。しかし、首の上下で肌の色が違うみたいなんだけど、スケート選手って首から下は全身タイツでも着てるのか?
 休養を命じられて暇を持て余して外出してるタズサだけど、そんないつもの感じで独り言喋ってたら完全に怪しい人だな。
 ピートに付き合ってぶらついてるのはいいけど、カナダ料理のレストランはともかく、映画じゃ寝るか。しかし、タズサが寝たらピートも意識が保てないって悲惨だね。
 帰りにロシア人の迷子を見つけたタズサ。面倒だから無視しようとしてたらピートが口を出してきて、一緒に親を探す羽目になってるとはご苦労さんね。
 リアのショートプログラムの音楽がサラサーテの「チゴイネルワイゼン」ってことで電話してきてる総監督だけど……やっぱし音楽がかぶったら拙いのか? そういえば、フィギュアといえば昔は『交響組曲・宇宙戦艦ヤマト』の「真赤なスカーフ」が使われてたのをよくみたけど、タズサもそれで行けよ。

◎灼眼のシャナ
 (第5話)
 フリアグネが何かをしようとして配置したトーチが次々に消えてるという話。例のマージョリードーとかいうフレイムヘイズのねーちゃんが追ってる「屍拾い」とかいう紅世の徒の仕業ってか。
 フリアグネの封絶の気配を感じて向かっていくマージョリードー。標的が大きければ他のフレイムヘイズの獲物でも横取りするってか。しかし、フリアグネには相手にされずに立ち去られてるとは、哀れね。
 吉田さんに誘われて美術館に行ってる悠二だけど、そこでトーチを食らってる「屍拾い」ラミーと遭遇。吉田さんを庇って身構える悠二に、自分は消えかかったトーチしか食わないというラミー。ま、生きた人間の存在の力でも食うなら封絶を張らないといけないんだろうけど……
 せっかくのデート(のつもり)なのに悠二がどこかのジジイと話し込んでしまって退屈そうな吉田さん、哀れね。
 ある自在法を使うためだけに存在の力を食って生きながらえてるというラミーは、今の悠二はただの抜け殻のようなトーチに過ぎず、坂井悠二として生きていないと指摘してるんだけど……いくらミステスとはいえ、ただのトーチにそんなこと言っても意味ないと思うんだけど……いや、このジジイ、悠二の中にある宝具の秘密に何か気付いたのかも知れないけど。
 最後にフリアグネが「都喰らい」とかいう、この町全体を滅ぼす術を仕掛けようとしてると告げるラミー。フリアグネの目的ってマリアンヌに独自の生命を与えることだったと思うけど、そのためにはそれだけ大量の存在の力が必要だってか?

 今回の平井さん(ニセモノ)、授業に出てないから活躍の機会なし。ただ、屋上でメロンパン食ってただけ。

◎交響詩篇エウレカセブン
 (第29話)
 レントンのジジイに会いにベルフォレストにやってきたドミニク。レントンの友達だと偽ってジジイに近付いてるんだけど……ま、ニルバーシュに関してアドロックとレントンとの繋がりに何か秘密があるのか調べに来たみたいだけど……
 一方、チャールズ&レイ夫妻の話をエウレカにしてるレントン。その表情は楽しそうなんだけど……しかし、それで夫妻の真似して月光号をピカピカにするか? ま、レントンにすればそういう形でも夫妻のことを心に留めたいんだろうけど……
 コーラリアンは生命体で、人型のコーラリアンがエウレカだってかい。軍はコーラリアン研究の犠牲者の拡大を恐れてコーラリアンを排除しようとし、それに反対したのがアドロック・サーストンで、その遺志を継いで戦ってるのがホランドとゲッコーステートだってかい。
 しかし、コーラリアンが生命体なら、この星のあちこちに埋まってそうなものだし、もしかしたら地中奥深くにはいっぱいいるかもしれないのに。あの地殻変動とかいうのも生命活動の一環なんじゃないのか?
 しかし、タルホもいきなしレントンにきつくなってるね。ま、軍の方針が変わったからこれからは月光号の戦いも厳しくなって悠長なこと言ってられないのかも知れないけど。

◎雪の女王
 (第24話)
 人魚姫の話を語ってるハンス……なんか神出鬼没なやつだけど、出て来るたびにやってることが退化してないか? だんだん馬脚を現して零落れてきてるんだね。
 ハンスと別れた後、リリーという女の子と出会ったゲルダ。リリーは友達になりたいってゲルダに近付いてくるけど……そういうやつって胡散臭いことに相場は決まってるんだけどね。
 ゲルダにハンスが語ってた言い伝え(いわゆるアンデルセンの人魚姫の話ね)よりも新しい人魚の話を語ってるリリー。今の人魚姫が人魚の世界に帰るには、友達の一番大切なものを持って帰らなくてはいけないって話なんだけど……
 リリーにカイのルーペのことを語ったゲルダ。ラギとの待ち合わせの場所に行くと、カバンにあるはずのルーペが無くなってたって話。リリーが人魚だったってことだったんだけど……
 いや、いくら原作通りの人魚姫の話をそのまま組み込めないからって、ひねり過ぎ。海に帰る条件細かく作ってるくらいなら、リリーが地上に来た理由とか、それに関する話とか、いろいろ描くことがあるだろうに。

《おまけ》
◎帰ってきたウルトラマン(再)
 (第28話)
 グアム沖での台風の発生を米軍に教えてもらってるって……気象衛星の無い時代は大変だね。
 ところが、その台風がいきなし消えたって大騒ぎ。毎度ながら台風の捜索までやらされてるMAT。ご苦労さん……はいいけど、台風を調べるのにいちいち現地に飛ぶかいっ!そんなの今ならひまわりの写真で一目瞭然だろうに。
 そんなこんなで台風に振り回されてるMATだけど、いきなしクラゲみたいな怪獣が出現。怪獣を見れば攻撃とばかりに退治しようとしてるMATだけど……そんなとこで麻酔打ったら下に落ちることわかるだろうに。
 いつもと違って本部に留め置かれてる郷。出撃したマットアローの全滅で打つ手なしで打ちひしがれてる隊長の目を盗んで変身してるんだけど……露骨に疑われるわな。
 怪獣のいなくなった東京。風がやんで、光化学スモッグで外出の祭はマスクを付けろって……なんか公害ばかりは当時の方が凄かったんだな。

◎ウルトラマンマックス
 (第19話)
 環境破壊の過程で発見されてる遺跡って、そりゃいったいなんじゃい。で、そこで発掘調査をしていたモロボシダン……じゃなくて、オザキ博士。ウルトラアイみたいに老眼鏡を取り出すのはやめろよ。
「君は奇跡的な生還を何度も果たしてるね」
 なんか一発で正体見破ってるって感じだな。
 謎のパズル盤にカイトが触れようとすると勝手にパズルが完成されて、どこでもドアが出現。その向こうからジャイアン……じゃなくて戦闘的な宇宙人が出現。で、ミズキが向こうの世界に引き込まれてしまってるけど……きっと静ちゃんちの風呂じゃなかったから出直ししようと思ったんだな。
 トミオカ長官と再会してるオザキ博士。
「お互い歳をとりましたなぁ」
 ハヤタとダンの成れの果てだからねぇ。子供の夢を壊すから出てくるなよ。
 で、オザキ博士の瞬間状況記憶能力でパズルを復元してどこでもドアを呼び戻してるけど……おまいはDDSのメグかいっ!
 アクティブモードのエリーって、ま、最終回あたりによくある展開だけど、こんなとこで持ちネタを使って良いのか?
 昔は地球人と共存してたとか言ってるターラ星人だけど、ナメック星人みたいに神になろうとしたらM78星雲の宇宙人に邪魔され、星が閉ざされて滅ぼされてしまったってか。ろくなもんじゃないな<M78星雲の宇宙人。

◎牙狼(GARO)
 (第5話)
 魔戒騎士のにーちゃんの屋敷に勝手に引っ越してきてる画家のねーちゃん。先週の友人の家も追い出されたんだな。ま、当然だろうけど。
 住むなら働けと言われて食事を作ってるねーちゃんだけど……おいおい、そのねーちゃんに食事を作らせるのはやめとけよ。何しろ、先週、こいつの料理を食った友人を病院送りにしてるという実績があるからねぇ。
 案の定、一口食った執事のおっさんは即効で飛び出して言ってるけど……魔戒騎士のにーちゃんは「不味い」だけで平気かい。ま、きっと魔戒騎士になるためには胃腸も鍛えてるんだろうねぇ。
 執事のおっさんに魔戒騎士のにーちゃんが最初に自分を殺そうとしたことを訊いてるねーちゃんだけど、本人に「ホラーの血を浴びた者は時間が来ればホラーになる」なんて真相を話せるわけないわな。
 今回、ホラーの餌食になりかけてた刑事と容疑者と女子高生の3人。ま、《スクリーミングホラー》としては悪くは無いんだけど、それまではなんか下手な三文芝居を見てる感じしかしないね。
 この辺り、ま、作り手としてはアメリカのホラー映画と同様に作ってるみたいなんだけど、それがかえってウソ臭くなるのは日本人はアメリカ人と違って何かと喋り捲る文化は無いからだね。だから、下手に会話で状況を真似するよりは、無言の芝居で状況作りしていった方がリアリティがあるからねぇ。
 で、EDの前にわざわざこの3人のエピローグが付け加えられてるんだけど、意味の無いただの蛇足だね。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.466 ... | トップ | 【DCSS】初音島桜前線注意報... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。