電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.502 (1/4)

2006年10月23日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/10~06/07/10

◎ゼロの使い魔
 (第2話)
 おや、才人が召喚されたのって、才人から見たらずいぶんマヌケな光景だな。しかし、相手がどこの誰だろうが契約は絶対だって、ずいぶん身勝手なルールだな。
 寝るからっていきなし脱ぎ始めてるルイズ。ま、植民地主義が華やかなりし頃は白人の高貴な女性は有色人種の使用人の前では平気で脱いでたって話だけど、ようするに人間扱いされずに犬や猫と同じって話ね。さすがに平民全般を対象にしたら問題だろうから、使い魔って限定してるけど……
 しかし、脱ぎたての生パン投げつけるか。しかし、あんな中世風の感じの世界じゃ下着もカボチャパンツがいいとこだろうに、ずいぶんと普通のパンツはいてるね。
 シエスタとぶつかった才人。ギーシュに落ちたケーキを食わせるわ、モンモンとの語らいまで邪魔して決闘を申し込まれてるとは悲惨ね。しかし、決闘と言っても魔法で青銅の騎士を召喚して戦わせるって……貴族ってメチャクチャだな。
 丸腰でやられまくる才人だけど、ギーシュが投げつけた剣を手にした途端、手の甲のガンダールヴのルーンが光っていとも簡単にギーシュをやっつけてるって……いくらなんでも安易過ぎだろ。
 それにしても、伝説の使い魔のルーンは良いんだけど、ガンダールヴって名前はどうにかならないのか。もろに『指輪物語』に影響されましたって言ってるようなものだからねぇ。ま、オマージュなりリスペクトといえば聞こえはいいけどね。いや、他にもファンタジー系のキャラ名とか散りばめてあるんならわかるんだけど、キャラ名とかは他のジャンルの作品から持ってきてたりするから、これだけ露骨なんだな。

◎ブラック・ジャック21
 (第73話)
 列車の中で紅蜥蜴に襲われたブラック・ジャック。何とか逃れてドクター・ジョルジュの山荘に向かうけど、相手も目的地を知ってたらいつまでも追いかけてくるわな。
 スノーモービルで追ってきた紅蜥蜴の攻撃をかわし、スノーモービルを奪ってるけど、追ってきた紅蜥蜴に捕まってスノーモービルは崖から転落。寸前に飛び降りたブラック・ジャックとピノコは無事だけど、転落した紅蜥蜴は瀕死の重傷。
 山荘まで紅蜥蜴を運んで治療するブラック・ジャック。治療費が期待できるわけでもないのに、親切だね。
 山荘の地下室でフェニックス病の資料を見つけたのはいいけど、その間に意識を取り戻した紅蜥蜴はピノコを人質に。ブラック・ジャックは隙を突いて資料を投げ付けピノコを取り戻すけど、しくじった紅蜥蜴はメスで心臓を突いて自決。
 その紅蜥蜴をまたしても治療してるブラック・ジャック。おいおい、大金を貸していて死なれたら困るとかいうわけでもないのに、何でそんなに親切なんだ?
 手術完了と同時に雪崩がやってきて地下室に避難するけど、肝心の資料は置き忘れて喪失。いったい何しに来たんやら……というか、その地下室に資料がその1冊ってことはないだろ、ふつう。ま、とりあえず次のキーパーソンを紅蜥蜴から教えられてるけど……

◎名探偵コナン
 (第445話)
 蘭が英理から預かった猫の世話を押し付けられてる小五郎。そこにやって来た依頼人。娘から変な暗号のメールを受け取ったって話なんだけど……そりゃ、ただのギャル文字だろ。蘭が帰って来るのを待って聞いたら楽勝だろうに。
「よゝ└⊂⇒±W σ言延┐゜νカゝレゝ(=〒〒< σ⊃きぁっτ」
「お と ーさんの 誕 プ レか い に 行 くのつきあって」
 ま、お父さんには何の心配も要らないメールだね。
 しかし、猫の行動からヒントを得て解いてる小五郎もある意味凄いね……と思ったら、コナンの仕業だったか。いや、でもその程度のヒントじゃ普通は気付かんだろ。物語の組み立てが強引だね。
 結局、ほとんど解けかけたところで園子にあっさり読まれてるけど……ま、依頼人に内容を教えないってのが親切だな。

◎となグラ(新)
 (第1話)
 OPの冒頭でいきなしパンツとは、何とも剛毅な……。しかし、これ、第1話は白パンだったのか。後の話では縞パンになってるよな。
 初恋の相手の隣人が帰ってくるとうきうきしてる香月。なぜかツキまくってる香月を監視して「おかしい」を連発してる謎の関西弁女。傍目にはあんさんの方がよっぽどおかしいけど……鈴原ちはや、声は関山美沙紀って見掛けない名前だな。最近の新人さんか? とりあえずネイティブなのは確かみたいだけど……
 香月のスカートのポッケに手を突っ込んで初恋の相手の幼馴染の写真を取り出してるちはや。しれにしても屈託無くパンツ見せる作品ってのは、わざとらしさが無くて清々しくていいね
 ケーキを作って幼馴染との再会を準備してる香月だけど……いきなし、このボケボケのお姉ちゃんは何ですか。大原さやかって、ベタだなぁ。
 窓を開けたまま着替えてる香月。下着姿のまま、幼馴染の妄想に浸ってるのはいいけど、そこに窓から侵入者。速攻で飛び掛かられてるとは災難ね。その助平なやつが幼馴染の勇治で、途端に幻滅って展開。怒りまくる香月だけど、逆に勇治をけしかけてるお姉ちゃんって……しかし、抱いてたテディベアにモデルガンを仕込んでる妹のまりえって……
 しかし、さんざん引っ張った末に食ってるケーキが激マズってオチかい。それにしても4人で宴会できるって、ずいぶん広いベランダだな。

◎N・H・Kにようこそ!(新)
 (第1話)
 ぷるぷるぷるりんってどんな美少女アニメの主題歌じゃい。しかし、ヒッキーの分際で隣のアニメソングがうるさいって文句言える身分じゃあるまいに。
 陰謀を語ってる美人の先輩。美人なのにデンパなのね。しかし、預金通帳の残高が無いのまで陰謀の仕業に出来たら、世の中楽で良いね。
 日本引きこもり協会は良いけど、そんな二十歳を過ぎてアニメの影響でひきこもりって、そりゃ言い訳にもならんだろ。
 チャイムが鳴って外を覗いたら、日傘を差した美少女が。喜んでドアを開けたらそこには宗教おばさん。美少女で釣りだしてカモを誘おうとはなかなか巧妙な手口だな。しかし、渡した冊子がニートの特集で、ぶちきれた佐藤に文句言われまくってるって、このおばさんも災難だね。
 自分がニートじゃないと言った手前、働かないと格好が付かないと思ったのかバイトの応募に出掛けた佐藤。それがマンガ喫茶のバイトって辺りがあんまり進展無いような気がするんだけど、受付に例の美少女がいて、慌てて引き返してるって辺りが意気地なしだな。引きこもりなんていくら理屈をこねようとも、一番の原因は本人が意気地なしだってことだからね。
 夕方、落とした履歴書を届けてきた美少女。封筒の裏に自分のプロジェクトに抜擢されたから夜公園に来いって……公園に夜中に呼び出してるって時点で胡散臭すぎだろ。佐藤を前から知ってたと言って、引きこもりを脱出できる方法を知ってるとか抜かしてるけど……
 ま、新興宗教とか人格形成セミナーとか、その手の勧誘文句を言ってカモを集めるのってのは常套手段だからねぇ。もっとも、そんなことをちゃんと見極められる目のある人間だったら最初っからヒッキーなんかになってはいないだろうけど。

◎Angel Heart
 (第39話)
 いきなし報道陣の目前で誘拐されかけた世界的アクション女優のジョイ。さらわれたと思ったら自力で犯人たちを倒してるけど……香瑩の変装かいっ!
 海坊主の店で襲撃されるような危険があるって依頼じゃなかったとジョイ本人を責め立てるリョウ。防弾ガラスの窓は狙撃犯による銃弾の跡だらけじゃシラを切れないってか。ただの喫茶店に防弾ガラスが張られてることに驚いてる狙撃手たちだけど、ミキが寝てるから騒がれたら困るって海坊主に一網打尽にされてるとは哀れね。
 ホームレスの誰かを探してることをリョウに気付かれたジョイ。ようやく本当のことを話し始めてるけど、自分は国王の愛人だったけど、その国王が影武者に入れ替わってることに気付いたから政府の連中に口封じとして狙われてるってこと。そして、最後に本物の国王に会ったときに日本にいる前の愛人の子供を探し出して幸せにしてやってほしいって言われたって話。
 国王は自分の元愛人が新宿でホームレスになっていたことまで調べたけど、その後のクーデター騒ぎで調査を続けられなくなったまま、暗殺されたって話。その愛人の子供は国王の形見だからなんとしてでも探し出したいってか。
 ふと、ミキを見掛けたジョイ。ミキに国王の娘としても面影があるって言いだしてるんだけど、ミキのことは母親のことを良く知る人もいないから確証は出ずしまい。
 冒頭の誘拐事件とか、新しいエピソードに入ったのかと思ったら、まだミキ絡みのエピソードの続きだったのね。しかし、ジョイにも絵本を読んで聞かせてやってるミキって……

◎ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~
 (第14話)
 イベント観客動員数10万人突破って……そりゃサバの読みすぎじゃないか? そりゃ、ドーム球場レベルの会場で何回かやったらそれくらいの数字にはなるだろうけど、いきなりの新人ユニットがそんな会場を押さえられるわけもあるまいし……
 水着カレンダーの撮影に遅刻してる桃子……はいいけど、おや、モデルさんってガムテープで胸を寄せてるのか?
 原画に上がったのはいいけどリテイク続きのアタリ……大変だね。
 久々にアフレコの仕事にやってきた桃子。水斗や夕海が一緒ってことは『チャイルドガールズ』のアフレコか。アイドルの仕事が詰まってるからって一人だけ先に抜き録りはいいけど、それで夕海にさんざん嫌味を言われてるって、大変だね。
 ……って、てっきり仕事かと思ったらそのまま下宿に帰ってるって、さすがにそりゃ酷いだろ。
 前夜、アタリに世話になったことを管理人に教えられて、貯金をはたいて御礼をしようとする桃子だけど……ま、そんな成金な桃子なんか嫌だっていうアタリもわからなくなるな。ところで、やっぱし、ぺーぺーの新人声優よりは売れっ子アイドルの方がギャラは良いのか。しかし、いったいいくら残高があったんだ?
 アタリに思い出のドラゴンコーラを持ってきてる祐理花。ま、この辺の付き合い方は桃子よりは上手いね。でも、いきなり押し倒されちゃってるけど……

◎桜蘭高校ホスト部
 (第14話)
 部員以外に新聞が売れないからって廃部寸前の新聞部。普通、校内新聞って学校とか生徒会から予算が出て無料で配るものじゃないのか?……という常識は、ここの金持ちどもには通じないな。一方、出れば完売のホスト部関係のグラビア誌。
 中庭で平安貴族のような格好をしてるホスト部の面々。いわゆるイベントデーってやつですか。(メイド喫茶のスク水デーみたいなもの)
 環が蹴った蹴鞠が飛び込んできたのをきっかけにホスト部の取材を申し込んでる部長だけど……環を妬んでゴシップ記事をでっち上げて、ホスト部を暴落させるのが魂胆だってか。そりゃ、そんな記事ばかり書いてたら廃部させられるわな。
 盗聴を仕掛けて新聞部の魂胆を阻止してる鏡也も鏡也って気がするけど……盗聴器ってあの救急箱に仕掛けてたのね。
 須王の家って何やってるのかと思ったら……環の親父が桜蘭高校の理事長だったってかい。特待生のハルヒは本来なら環には頭が上がらないって話なのね。

◎僕等がいた
 (第2話)
 なんか数学の落第脱出が大変みたいだな<七美。
 矢野が山本の姉と付き合ってたって話がクラス中に知れ渡ってて、中学の卒業アルバムまで持ち込まれてる展開。それを見ようとしたところを矢野と出くわして、一緒に見る羽目になってる七美。その状況でよく山本の姉の写真を見られるものだね。
 なんか成り行きで七美に付き合うかと言ってる矢野。そんなの本当に好きになってからとか拘って付き合う機会を逃してる七美がマヌケ。
 休日に竹内に出くわしたと思ったらそこがそいつらの溜まり場ってことで、矢野と出くわしてるけど……なんか中学時代の女子にもてもてみたいね。で、山本の話題で気まずくなってる七美。しかし、山本って同じ中学のやつからは嫌われてるのね。
 怒って飛び出した七美だけど、財布を落としてきてるとはマヌケ。それを届けに来た矢野。山本の姉が死んだとき、昔のカレシと一緒にいたって悲惨な話を語ってるんだけど……
 なんかまだ入学したてみたいなのに、もう文化祭の話題が出てるんだけど……しかし、七美なんかを議長にしてるからこのクラス、悲惨だね。で、とばっちりを食って観客動員のために小劇の主演をやらされてる矢野、ご苦労さんね。
 竹内に矢野のことを愚痴ってる七美だけど、それを横で矢野が聞いていたってマヌケな話。泥沼だね。
 七美が委員会に出そびれて小劇の教室が取れなかったからって大騒動。それを実行委員会に強引にねじ込んで教室を奪取してきてる矢野。ま、世の中には何でも自分の望むままに動かせる特殊能力を持ったやつがいるからね……

◎コヨーテ ラグタイムショー
 (第2話)
 あと10日もあれば刑期が終わるのに脱獄したというミスター。どうやらグレイスランドという惑星がもうすぐ無くなってしまうのと関係あるみたいだけど……
 どうもフランカとかいう女の子の父親が残した莫大な遺産が眠ってるから、惑星が無くなる前にどうにか回収しようとかいう話で、例の12姉妹もそれが目的でミスターを確保しようとしてたって話かい。
 12姉妹の襲撃で絶体絶命のミスターとフランカ。2人がビルから落ちるところを回収してるビショップとカタナだけど……いくらなんでもそりゃ無理だろ。
 ビルが200階建てとして高さ800メートル。区切りのいいところで980メートルととりあえずしておく。地上激突までの時間をtとしたら、落下距離hは「h = 1/2 * g * t^2」
で、ここで重力加速度gを9.8m/s^2としたら、tは約14秒。
 わずか短いCM1本分の時間で、別に申し合わせてタイミングを計って落下したわけでもない相手を見付けてちゃんとキャッチするなんてのは無理だろ。もっとも、この星が地球よりもずっと重力の小さい星だとか、ビルの高さは1万メートル級だとかいうんなら話は別だけどね。

◎うたわれるもの
 (第15話)
 計画通りにシケリペチムの全軍を引き付けたベナウィ軍。おいおい、ハクオロの方にいないと思ったらこっちに混じってたのか<アルルゥ。
 で、留守を突いてニウェの本拠に攻め込んだハクオロたちだけど……大国シケリペチムの皇城にしては何かこじんまりしてるな。おまけに外は見張りと門番が数人いるだけだし……
 速攻でトウカが門番を倒すと一撃で門を破ってるカルラ。城を落とすのに破城槌も何も要らないな、こいつら。しかし、中にはバーサーカーの大群って凶悪すぎ。
 やってきたハクオロに、まだ足りないと城下に火を放ってるニウェ。戦術的な目的でもなんでもなく、ただハクオロを炊き付けるために自国の民を犠牲にするって、メチャクチャな皇だな。これじゃ、まだインカラの方が何倍もマシだろ。
 怒りに暗黒闘気のようなものをまとい始めるハクオロ。それを見て満足そうに決戦の場にハクオロを誘うニウェ。こいつが求めてるのは皇としての覇権でも何でもなく、ただ戦いの高揚感を楽しみたいためにオリカカンを操ったり城下に火を放ってハクオロの闘争心を高めたってかい。
 高まった怒りに、暗黒闘気に支配されたハクオロは何か異形の姿に。おいおい、こいつの正体は人間じゃなかったって話か? その凶悪な姿に満足そうなニウェだけど、次にハクオロが元の姿で意識を取り戻したときには、そこには無惨なニウェの惨殺死体が……ま、自分が望んだ高揚感の中で死んだんだから本人にとっては本望だっただろうけどね。
 ニウェを殺した時のことを覚えていないハクオロ。何かオリカカンに自分の妻子を殺した反逆者だと責められてた時より深刻そうだな。それにしても、すべてを見ていたあの翼人のにーちゃん、いったい何者なんだ?
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.501 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.502 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。