電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.453 (4/4)

2005年08月10日 | 週刊アニメ定点観察
期間:05/08/05~05/08/07

◎ケロロ軍曹
 (第70話)
 張りぼてセットでペコポン侵略訓練をしてるケロロ小隊だけど……ペコポン側の考えられうるあらゆる反応を想定してるって……そりゃペコポン侵略以前に日向家の制圧すら不可能だろ。

 おむすびころりんは良いけど、小雪のおむすびって……そりゃ砲丸だろ。いくらおむすびでも侵略宇宙人の宇宙船を壊してたら立派な武器だろ。
 しかし、あの砲丸のようなおむすび……はどうでも良いけど、どこを転がったかわからんようなおむすびをよく食えたものだな>夏美。5秒とか10秒とか30秒ルールどころの話じゃないと思うんだけど。(あの宇宙船そのものに凶悪な宇宙細菌が付着してた可能性も大いにあるだろうし)

◎アニメ魂
 あかほり外道アワーらぶげ
 (第5話)
 生オーケストラの音楽を目覚まし代わりって、金持ちの考えてることはわからんね。しかし、資産300兆円の大金持ちがなんでラブフェロモンのマネージャーなんかやってるんかねぇ。
 商店街の福引コーナーで漫才は良いけど、客はババア1人って空し過ぎ。ギャラが鯛焼きって、まずは「うぐぅ」から始めろってか。
 で、その次はアニメの声優のオーディションはいいけど、声優って儲かるのか?
 準大手の悪の組織キャンベル軍団……悪の組織もいろいろとヒエラルキーがあるのね。ま、外道乙女隊みたいな末端の零細組織よりはマトモなんだろうけど……それにしても、セキーマンって無力過ぎ。

 同じく声優オーディションを受けに来た北華姉妹だけど……なんかアイドル声優求めてるにしては合格基準がめちゃくちゃだな。ちゃんと声優のこと知ってる音子以外が合格って……いくらなんでもそれで売れるほどオタクは甘くないと思うぞ。
 なんかメチャクチャ大人気の萌え萌え乙女隊はいいけど、コンテ撮でアフレコとは大変だね。
 どうでもいいけど、声優でハリウッド進出って……根本的に文化カテゴリーが違うような気がするぞ。

◎ふしぎ星の☆ふたご姫
 (第19話)
 しずくの国のミルロが結婚するって話で、お祝いに出掛けてる晴雨姉妹。毎度毎度ろくな着地が出来ないね。
 しかし、何か元気が無いミルロ。そして現れた結婚相手のエストバンってのは、まだ小さいガキ。話すのが苦手だからって絵で説明するミルロだけど……そんな写実的な絵よりも字で書いた方が速くないか?
 雲を作るためのポンプを治す金が無いから、金持ちのエストバンの父親との取引で結婚を決めたって話だけど……裏で糸引いてたのは月の国の大臣ってかい。なんか陰謀が絡んでそうだね。
 どうでもいいけど月の国の大臣の手下をすっかりエクリプスの手下だと思い込んでる晴雨姉妹……シェードも哀れね。
 月の大臣の狙いは将来、エストバンを傀儡の国王にすることでしずくの国の実権を握ることだったって話。
 大臣は馬脚を現し、しずくの国の女王から抗議の手紙を受け取ってるムーンマリア。大臣の陰謀なんてはなっから疑って無かっただろうから、寝耳に水で相当にショックだろうね。そのムーンマリアを支えてるシェードだけど……そういえば珍しく今回はエクリプスが来てなかったな。晴雨姉妹の行動があまりに唐突過ぎたから出掛ける暇が無かったんだな。

◎ウルトラマニアック
 (第10話)
 仁菜とマンガ談義で盛り上がってる辻合……なんか意外な趣味だね。
 呪いの藁人形って黒魔術のアイテムだったのか? 方向性としては確かに同じだとは思うけど……。しかし、通販で買った黒魔術の怪しげなアイテムをごちゃ混ぜにガラクタ同然に入れとくなよ。なんかへんな相互作用起こりそうだぞ。
 仁菜の家にお泊りで勉強しに来た亜由。玄関でマヤの呪いの人形を拾ってるけど……仁菜を放っぽって亜由だけ脅してどうするんじゃい。で、勉強そこのけで爆睡してる仁菜とは反対に一睡も出来なかった亜由……悲惨ね。
 試験中も亜由の邪魔だけ……結局、何も出来ないまま焼却炉で焼かれるかと思ったら、命拾いして辻合の元に。これでひと段落かと思ったら、今度は毒薬を使えって……
 最後まで役立たずで自分で毒入りのスープを飲んでるけど……花粉症の薬だったってか。いや、それはそれで嫌だけどねぇ。
 しかし、人形が旅に出るなよ。

◎機動戦士ガンダムSEED DESTINY
 (第42話)
 戦いを前にネオを解放してるマリュー……というか、もともとアークエンジェルはどちらとも戦争してたわけじゃないから、ネオを捕虜にしてた意味がわからんのだけど……負傷してたのを救助してたとかいうのならわからんでもないんだけどね。
 どうでもいいけど、テカテカのレンダリングはやめろよ<暁。で、ディスティニーに押される暁を守るために次々にやられてるオーブ機……ほんと、カガリって前線に出られたら周囲の迷惑だな。
 そこに帰ってきたキラのストライクフリーダム。そして、真打登場、黒い三連星。初っ端からジェットストリームアタックってかいっ! いや、これ最初のガンダムでもまともに活躍してるシーンって無かったから、もうちょっとマトモに描いてくれよ。
 いよいよ陥落間際なオーブ国防本部。首脳陣もやられてる感じなのに、例によって自分だけ逃げてるジブリール……おいおい、勝敗がどちらに付くにせよジブリールの身柄は切り札になるんだから、丁重に接待してる振りして軟禁ぐらいはしとけよ>ウトナ。
 ミネルバと死闘を繰り広げるアークエンジェルを守ってるネオのスカイグラスパー。そんなもんでその戦場うろついてたら打ち落としてくれて言ってるようなものだろ。しかし、どこまで考えてやってるのか知らないけど「俺は不可能を可能にする男だ」ってのは唐突過ぎだねぇ。
 戦いに迷ってるアスランにインフィニティジャスティスを渡すラクス。男を戦いに駆り立てる魔女といえば聞こえは悪いけど、前作でも今作でもラスト間際に究極兵器を押し付けてるってのはそれ以外の何者でもないな。
 アスランは真面目だから、自分が何か社会に必要とされる役割がなきゃ戦えないって感じで「戦士」かどうかってことに拘ってるんだろうけど、ま、他のアークエンジェルとかエターナルの連中はともかく、ラクスにとってアスランは「戦士」かどうか以前に、ただのアスランでしかないからねぇ。その疑問をラクスにぶつけても仕方がないと思うぞ。
 どうでもいいけど、本物のラクスを見たメイリン、もうちょっと何とか反応見せてほしかったものだね。

◎強殖装甲ガイバー(新)
 (第1話)
 これは何だろうね。いまさらTVアニメ化してる意味がわからんし、今アニメ化したからというだけの表現があるとも思えない。
 ま、前の番組よりマシとは言え、これと言って見たいと思えるような出来でも無いし。なんかアニメの作りが昔のOVAと同じレベルって感じで、絵的な魅力が全然無いね。かと言って感情移入できるようなキャラクターの描写も無いし……
 前の番組のそうだったけど、有料放送で流すんならもうちょっとマシなレベルの作品を選べよ。こんな作品流すぐらいならノンスク作品の再放送してくれた方がずっとありがたいんだけどねぇ。

◎ギャラリーフェイク
 (第30話)
 顧客からの依頼でサハラの岩絵を盗掘にやってきた藤田。しかし、雇った現地の案内人が5年前に雇った案内人の未亡人なんだけど、藤田が案内料をケチったから旦那が殺されたって恨みで砂漠に置き去りにされてるけど……
 美術の薀蓄そこのけでサバイバルの薀蓄を見せられてもねぇ。ま、ラモスの尿を飲むくらいなら死んだ方がマシだね。
 最後に現れた巨大な岩絵だけど……そんなでかい岩絵、いったい誰がどうやって描いたんじゃいっ! そりゃ、ナスカ地上絵以上の不思議絵になるぞ。

◎交響詩篇エウレカセブン
 (第17話)
 修理に手間取ってる月光号。どうもトラパー濃度が薄いから飛び立てないというのが原因で、それを補うために船体にフィルムを張ってるみたいなんだけど、そのフィルムを入手する話。
 そのフィルムは熟練の職人がスカイフィッシュの体から作ってるみたいなんだけど……スカイフィッシュも大変だね。
 馴染みの職人を訪ねたら去年死んだとかで、酒を飲んだくれてる息子を無理やり働かせて作らせてるんだけど……なんか死んだ父親に代わって道楽息子に喝を入れてる父親の親友って感じだな。
 エウレカが不機嫌な理由……いや、まぁ嫉妬心ってのは良いんだけど、どっちに嫉妬してるのかでものすごく物語が変わってきそうな気がするんだけど……やっぱし、ニルバーシュ・ラブラブな路線がいいな。

◎ふたりはプリキュア Max Heart
 (第24話)
 またラクロス部と科学部の合同合宿かい。絶対に無理のあるシチュエーションだと思うぞ。いや、合宿所の割り当てでたまたま同じ期間になっただけって可能性もあるだろうけど……
 なぜか中等部にやってきてるペローネ学園のマドンナ、小田島友華。中等部卒業以来、久しぶりね。科学部の相談役ってことだけど、高等部のクラブの合宿サボって来るような意味あるのか? おまけに科学部の活動には参加せずにぶらぶらしてるだけだし……
 なりゆきでラクロス部の練習に参加してる友華。何をやっても優雅で卒なくこなすことが求められていたマドンナだけど、なぎさ相手の時だけは必死になれるってかい。
 しかし、そのなぎさは練習中に卒倒……炎天下、帽子もかぶらずやってるから日射病にでもやられたのか?……と思ったら、寝不足と緊張ってか。ま、最近の学校のクラブ活動じゃ夏場にそんな長時間活動させんだろうけどね。
 それは良いんだけど……これが後半の戦闘にぜんぜん関係してないんだよね。ま、病み上がりというより体力挽回したってところかも知れんけど、それでもふだんよりはパワーは落ちてるだろ。
 しかし、今回はルミナス抜きで敵のおっさんを押してたから、この前のパワーアップって相当に効果が出てるみたいね。

 あれ? 小田島友華の声って飯塚雅弓だったっけ……ま、前作でも数回しか出て来てないから覚えてないなぁ。

◎雪の女王
 (第12話)
 どうでもいいけど、それだけのガキを養うためには相当な収入が無いとやっていけないと思うんだけど、大丈夫なのか?

《おまけ》
◎帰ってきたウルトラマン(再)
 (第15話)
 次郎が宿題のノートを借りた加藤進を名乗るガキ。叔父の加藤隊長が停電のことで何か秘密を握ってると嘘を言ってるけど……
 車の中で縛られてた本物の加藤進を発見した郷。ガキは四郎とかいう名前で、1年前に加藤隊長の兄が社長をしてる鉄道会社の運転士をしていた父親を失って、それ以来、嘘つきになってたってかい。
 ま、事故の原因は怪獣なのに、誰もそれを信じず父親の責任にされたことを恨んでたってよくある話。
 しかし、怪獣を信じなかった世間に復讐するために父親を殺した怪獣に委託してるってのは複雑な心情だねぇ。

 それにしても、加藤隊長の兄がやってる鉄道会社って……この時代にしても古い形式の電車を使ってる感じだけど、撮影に使ったのってどこのローカル鉄道なんだ? 四郎の家の近くを新しい列車が走ってるのと比べたら落差が大きいんだけど……

◎ウルトラマンマックス
 (第6話)
 怪獣島が日本にぶつかれば大変だからって、燃料気化爆弾で島を破壊しようとしてるUDF。島に残されたカイトたちの命より多くの日本人の命の方が重要だって……ま、妥当な判断だな。
 しかし、怪獣4体出して2週間掛けて何をやりたかったのかよくわからん話だね。
 人間の環境破壊が怪獣を呼び出してる云々という話なら、古代文明とか宇宙人の話って蛇足に過ぎないし、何のために島が日本に向かってたのか全然意味不明だし……だいたいピグモンを送り込んできたのが宇宙人なら、その宇宙人は今どうしてるんだ? 古代文明と一緒で滅びてしまったとかいうんじゃないだろうな。

◎仮面ライダー響鬼
 (第26話)
 ヒビキの前で座布団たたいてドラムの練習してるガキ。それだけ叩けるんならと祭りの太鼓に誘ってるヒビキだけど……ドラムと和太鼓は叩き方がぜんぜん違うだろ。
 スイカを持ってたちばなの助っ人にやってきたあきらだけど……ふだんイブキのサポートで忙しいんだから、たまの休みぐらいゆっくりしとけよ。で、持ってきたスイカはみどりの餌食になってるってか。しかし、このねーちゃん、包丁振り回すのやめろよ。
 そこに同じくスイカを持って帰ってきたヒビキだけど、トドロキから召喚されてるとはご苦労さんね。
 何かとザンキさんザンキさんと言ってるトドロキだけど、今回ザンキは画面に出てないじゃないかいっ!
 香須実と一緒に中元返しの買い物に出掛けていたイブキ。街中で童子と姫を見掛けて追い掛けてるのは良いけど、追っても追っても追いつけなく、ディスクアニマルでも追跡できないって凶悪だね。
 で、みんな出払っててガキとみどりとあきらしかいない店にやってきた、この前のプールのにーちゃん。のこのこといったい何をしに現れたんだ?
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.453 ... | トップ | 【DCSS】初音島桜前線注意報... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。