電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.523 (3/3)

2008年06月15日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/12/09~06/12/10

◎彩雲国物語
 (第29話)
 香鈴を置いて金華から琥に向かって出発した秀麗一行。運悪く入れ違いでやって来た劉輝。結局、琥の手前で秀麗たちを待ち構えてる茶家の手先と戦ってる静蘭たちに追いついたのはいいけど、その隙を突いて突入していく秀麗の馬車をただ見送るだけとは……ご苦労さんね。
 それとは別に単独で茶州にやってきた霄太師だけど、それを遅いと怒って妖怪呼ばわりしてる英姫……相当に怖いおばさんだな。
 で、琥では朔洵が手薬煉引いて秀麗を待ち構えているんだけど……さて。

◎おとぎ銃士 赤ずきん
 (第24話)
 いきなし現れた草太の母親。自分を売り込もうとして「性格が悪い」と指摘されてる白雪、いとおかし。
 で、唐突に母親と一緒にエルデに帰るって展開。おいおいおまいがエルデに来たのは別に母親を探しに来たわけではないだろうに。
 正体を現したニセモノに、三銃士に加わって自分も決めポーズをしてるりんごだけど、戦闘に入ったら一抜けしてるのが情けなさ過ぎ。

◎ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!
 (第37話)
 やたらちょっかいを掛けてくるビビンを、実は仲間になりたいと思ってるのかとお茶会に招待しようとしてる晴雨姉妹。エドちんに招待状を預けるも、捨てられてビビンには届かず。当のビビンはお茶会のゲストが自分とは知らずにいつものようにアンハッピーフルーツの種を仕込んで邪魔をしようとしてるって展開……
 しかし、いくら問題児ビビンがゲストのお茶会とはいえ、他の参加者がリオーネ、アルテッサ、ソフィーの3人だけってのは寂し過ぎね。一番身近なところから選んだんだろうけど……
 なんか思い出したように学園長の話が出て来たけど……シフォンやトーマも見たことは無いって話。どうでもいいけど、教頭には訊かないのか?

◎地獄少女 二籠
 (第10話)
 紙コップのコーヒーを近くの人にぶっ掛けて、知らん振りして逃げようとしてる男。それを見て驚いてる骨女だけど……
 別にコーヒーを掛けて逃げようとしてたのに驚いてたわけじゃなく、次の地獄流しのターゲットがその男だから驚いたって話。男は自称・映画監督で、1年前、自分の映画のヒロインにならないかって骨女に声を掛けてきたのが始まり。
 曽根アンナって芸名は良いけど……アラカンっていったいいつの時代の映画じゃい。
 骨女を口説く割には奥さんがいたって話だけど、ま、それだけならよくあること。その半年後に再会したら別の愛人と同棲してたって話。その愛人、やたら面倒見てる割には何かあると自分は映画を知らないからって弱気なのがかわいそう。で、なんか元の奥さんや骨女も同情して仲良くなってるところが笑えるね。
 男は今度は映画の専門学校に通う金持ちのねーちゃんに乗り換えてるんだけど、製作資金としてもらった金を競馬で摩ってしまい、さすがに捨てられてしまうわな。で、3人のところに戻って温泉に行こうって話になって出掛けて来たところなんだけど……
 てっきり同じように泣かされた他の女の恨みなのかと思ってたら……来る途中の駐車場で車に傷付けられたにーちゃんの恨みだって……恨まれる方も恨まれる方なら恨む方も恨む方だね。おいおい、おまい、たかがそんなことで死んだ後に地獄送りになっても良いのか?
 ま、その車が大切な借り物とかで、傷を付けたら人生終わるぐらいの破滅が待ってるとかいうんならわからなくもないんだけど、どう見ても普通の乗用車にしか見えんし。ま、コーヒーぶっ掛けられて衝動的に人形の糸を抜いたってのはありえる話だけど。
 本人が最初から観念してるから地獄送りの地獄図も全然地獄図じゃなくて本人の希望通りの演出だし……地獄少女の地獄送りも軽くなったものだね。

◎ゴーストハント
 (第10話)
 謎解き編。ま、予想通り真犯人は例の先生だったって話。
 昔の超能力ブームの時にマスコミにスプーン曲げのトリックでインチキ呼ばわりされて傷付いてたって話で、それで陰陽術とかの知識も身に付けたんだろうね。
 もっとも、最初は笠井に昔の自分を見て純粋に守ってやろうと思ってたみたいだけど、周囲の批難が大きくなるにつれていつの間にか自分の復讐みたいな形になってたってか。渋谷はこの先生も一種の被害者だと思ったから、こっそり事件は終わりにしようと思ったみたいだけど……
 最初から一人だけ笠井が犯人じゃないと感じてた麻衣。ランダムな4択のESP検査を1000回やったら、何もなくても1/4の確率で当たるものを、見事に全部外してたって……とんだ潜在的超能力だな。
 しかし、回避的な能力だと言っても、この前みたいに見事にマンホールの罠にはまってるんじゃ全然役に立ってないと思うんだけど。ま、あの時点ですでに呪詛に掛かってるから回避が働かなかったってことかもしれないけど。

◎はぴねす!
 (第10話)
 魔法の直撃を受けて救急車で運ばれるすもも。医者は医学的には健康体だと言ってるんだけど、無意識に幽体離脱を繰り返してるって状態。
 で、春姫たちに雄真のことと式守家の秘宝を巡る事件のことが語られるって展開。
 雄真は実は魔法科の御薙先生の子供で、日本でも有数の魔法の才能を持ってたんだけど、昔、春姫を助けたときに魔法を暴走させてしまい、それ以来、自ら魔法を使わなくなってしまったって話。
 雄真が小日向家に引き取られることになったのはそれとは別に式守家の事件がきっかけだったって話。
 上条家で沙耶が母親に会いたいとか言ったら、父親が式守家の秘宝を持ち出してそれを叶えようとしたのだけど失敗して逆に秘宝に封印されていた鬼を蘇らせてしまったって話。そこで式守家やその周辺の術者が総出で再び鬼を封印したんだけど、その時に犠牲になった式守家の当主が伊吹の姉で、彼女との約束で御薙先生が秘宝を封印することになったってこと。要するに学園の敷地に秘宝を封印してあって、その結界を維持するために雄真と一緒に暮らせなくなったって話か。
 でも、その割には出張で不在とかやってるけど……
 伊吹は式守の当主である自分に秘宝の所有権があると思い込んでるから、それを奪い返しに来たってことだろうけど、昔の事件のことはあまり知らないんだろうね。ま、自分たちが事件の原因だったから、上条兄妹は伊吹に頭が上がらないってことだけど。

◎ふたりはプリキュア Splash Star
 (第43話)
 アクダイカーンに恩義を感じてるのに歯向かう満&薫に筋が通ってないと言ってるキントレスキーだけど、生きてるものの分際ですべてを滅ぼそうというアクダイカーンに従うことだって筋が通ってないと思うぞ。それより、おまいだってアクダイカーンの命令より自分の満足度の方を優先させてた点では変わらんと思うけど。
 長年の経験と勘で確実にやられるからと撤退しようとしてるキントレスキーに対して、逆に突っ込んでいくモエルンバ。この前のカレハーンと同じだな。以前にやられたのと同じ順番でやられていくのか? 律儀だねぇ。
 満と薫の笑顔……似合わねぇ。

《おまけ》
◎ウルトラマンエース(再)
 (第31話)
 北斗と一緒に早朝ランニングしてるガキのダン。空に黒いほうき星を見付けるけど……おいおい、黒い彗星なんてありえないだろ。何で問題視しないんだ? しかも、宇宙にあるんじゃなくて、明らかに大気圏内を漂ってるとしか思えんし。三日後に消えてから不思議がっても手遅れだろ。
 いきなし北斗に話があるといってTAC本部に出現した幼女。獏ちゃんと獏おじさんを助けてほしいってことだけど、その獏おじさんというのは動物園の獏に勝手に餌をやってる困ったおっさんみたいね。いや、それより幼女は何を助けてほしかったのかが全然わからないのだけど。まさか。動物園の飼育員に怒られるのを何とかしてほしかったってわけでもあるまいに。
 獏が悪夢を食ってくれるって迷信を信じ込んでるのもどうかと思うけど、獏と話せるようになったって……獏の知能レベルと語彙はどれだけあると思ってるんだ?
 結局、例の黒い彗星のエネルギーで獏が超獣になったって話だけど……で、偉いさんたちが獏の銃殺を決めるんだけど、わざわざ処刑場に引っ張り出して仰々しく銃殺しようとしてるのが笑えるね。そんなの餌に毒を混ぜるとかして気付かれないように殺すのが本当だと思うぞ。案の定、撃った途端に超獣と化して銃殺隊がやられてるのがマヌケね。
 いきなりセブンがやってきて超獣を獏に戻してるのが唐突過ぎね。

◎仮面ライダーカブト
 (第44話)
 例の最強ワームに押されてるゼクト。撤退するところを襲われた祐月を庇ってやられてる神代。自分は相手のワームには勝てないけど祐月を守ることはできるってか。少しは現実を認識できるようにはなったみたいね。
 それを見ながら自分には関係ないとばかりに立ち去ろうとしている矢車。影山の方は見て見ぬふりはできないって感じだけど……
 神代の態度を見てひよりは強がっているんだと気付いた加賀美。ハイパーキャストオフしたら日蝕が現れ、それが時空の裂け目だって話。天道にひよりを助けに行かせる加賀美だけど……
 ザビーゼクターが帰ってきたと喜んで最強ワームと戦おうとしてる影山。田所のところに行ってもらってきたのか。しかし、同時攻撃を主張する加賀美を無視してバラバラに攻撃してたら見事に各個撃破されてるって哀れ。それでも加賀美は何とか持ち堪えてるあたり、相当に打たれ強いねぇ。
 天の道など行かずにずっとひよりの兄でいると言う擬態天道に対し、自分はひよりのいる世界を守るために戦うと言う天道。結局、ひよりは天道を信じて戻ってきたけど……
 何とか持ち堪え続けてる加賀美のところに戻ってきた天道。さらに影山の敵討ちに現れた矢車。3人の同時攻撃の前にはコピー技も使えず、ダメージを追ったところをパーフェクトゼクターで止めを刺されてる最強ワーム。今度こそ消滅したかと思ったけど……
 天道を待つひよりの前に現れ、この世界を破壊すると宣言する擬態天道。そしてその前に現れたのが2人になった最強ワーム……って、こいつ、やられてもやられても復活してくるというんじゃなく、元々、クローンがいっぱいいるって話じゃないのか? ま、器は無数にあっても魂はコピーできないとかで同時にみんな出してこれないってところだったりして……
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.523 ... | トップ | 【Kanon】鯛焼きと羽根リュッ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。