電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.486 (2/3)

2006年04月05日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/03/22~06/03/24

◎かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~
 (第11話)
 完全に誤解してるとまり。何か人間不信になって男の姿だけじゃなく、とまりの姿もはずむの姿も見えなくなってショックで倒れてるやす菜。ちゃんと神経科の診察を受けろよ……と思ったら、前から診察は受けたのね。でも、何かもう治療の方法が無いって医者も投げてる感じだな。
 実物のはずむだけじゃなく、絵に描いたはずむも見えなくなり、やがては記憶の中のイメージすら消えてしまったって……凶悪ね。
 やす菜と気まずくなったからって園芸部の手入れに借り出されてる明日太。親友というより使いっ走りキャラって感じだな。で、とまりとやす菜の件ではずむに忠告にやってきたあゆきにも邪魔だからって追い出されてるし……相変わらず悲惨ね。
 成果が上がらないから地球を引き上げることになったという宇宙仁。やす菜の症状……他者を認識できないというのは文明が進みすぎて他者への興味が薄れてきた宇宙仁の星にも見られることだったから、それが恋愛によって克服できるのかどうかを観察していたと言うのだけど……はずむは恋愛を拒否して関係を進めず、逆にやす菜の症状は悪化したから、もう観察の意味は無くなったってか。
 とりあえず、お互いのはずむに対する気持ちを確認して仲直りしたとまりとやす菜だけど……これ、やす菜視点でとまりがどう見えてるかって描写が無いから、関係が修復しても症状が回復したとかいう話じゃないんだな。ま、原因はとまりよりもはずむの方が大きいってことだろうけど……
 でもさ、他者を拒絶して認識できてないのはやす菜自身の問題なんだから、それをはずむに原因に着せようってのは酷い話だと思うぞ。

◎ガンパレード・オーケストラ
 (第22話)
 執拗に石塚を連れ戻そうとしてる永野。熊本撤退戦の時のこと云々と言ってたけど……こんなわけのわからん離島の話なんかやるんなら、その熊本撤退戦とか前作の連中のその後とか作ってた方が良いんじゃないのか?
 夏祭りの野外映画……そういえばあすかが子供の頃も町の夏祭りの時に郵便局の前の空き地で怪獣映画とかやってたね。
 祭の途中で高熱を出して倒れた千寿。原因不明だという校医の診断に、島神に祈りに行くという船長。大金が入って働く気力をなくしたから世界一周放浪の旅に出たって……おいおい、大陸方面はとっくに幻獣に制圧されてるんじゃないのか?
 船長が島神だと言って千寿のことをお願いしたのは田神由加里が幽霊だと言ってた光の集合体だけど……それが蝶の姿になって飛んでいったら千寿の熱が下がったってかい。夢で本土に行って行方不明の父に貰った蝶の木彫りの在り処を教えられたという千寿だけど……
 蛾か何かが熱帯性伝染病の病原菌でも運んできたのか、それともミクロサイズの新種の幻獣かとか思ったりもしたけど、そういう話ではなかったみたいね。

◎あまえないでよっ!!喝!!
 (第11話)
 いきなし出現した巨大戦艦。そこから大挙襲来してくるコヒー(違う)の群れ。新章突入、西洋妖怪編ってか。なんか『吸血姫美夕 西洋神魔編』みたいだな。
 軍団を率いてるおっさん、学界を追放された恨みって……おまいは真船博士かいっ!
 迎え撃つ賽円寺の尼僧たちだけど、多勢に無勢ってかい。やむなく逸剛の力に頼ろうとするけど、逸剛は浄徳ババアによって目とかの感覚器を塞がれた状態……って、よくそんな状態で現場に来れたものだね。
 ま、結局は一希がやってきて解放されて、力が炸裂。西洋妖怪は一瞬にして全滅……なんかあっけなさ過ぎ。新章自体が終わっちゃってるし……
 結局、率いてたおっさんも一希に利用されてた浮遊霊だったってかい。
 強力な逸剛の力を引き出したのが自分ではなく千歳たちであることにイラツキを覚えてる一希。一方で逸剛に真剣さを見せる一希に引け目を感じてる千歳。逸剛の前から泣いて駆け去る一希を見て逸剛に追い駆けさせてるけど……それが駆け落ちに繋がるとは極端だな。
 一希は何か生まれ付いての業を持っていて、それがためにあのあくどそうな坊主に利用されているって感じなんだけど……

◎かりん
 (第18話)
 煉が人間嫌いになった話……いや、まさか本当に女だと思ってたのか?

◎しにがみのバラッド。
 (第4話)
 だらしの無い父親と弟の世話で大変な千秋。その反動で配慮の細かい中山のことが気になってるみたいなんだけど……
 ある日、自分のとこに死神がやってきたと言う弟の冬樹。その死神の姿が母親が死ぬ前に見たと言ってた死神の姿と一緒で気になった千秋。その晩は一緒に寝ると言って冬樹のベッドに潜り込んでるんだけど……それで風邪引いてるかい。てっきり布団を弟に取られたからかと思ってたら、髪を洗って濡れたまま寝たからってか……最近のガキはやわだね。
 で、自分が風邪で早退するのに弟まで付き合わせるかいっ!
 ふと鈴の音が聞こえたと思ったら、冬樹の前にモモの姿が……てっきり冬樹を連れて行くのかと思ってたら……死んだ母親の心残りがあるから、冬樹の面倒を見てたってか。で、母親の心残りはむしろ千秋の方が大きかったってか……
 夢で母親にフレンチトーストの作り方を教えてもらってる千秋……って、母親の心残りはそれだったんかいっ!

◎アニアニランド
 びんちょうタン
 (第7話)
 花火の音にビビッてるびん。おいおい、そんな山奥まで花火の音が聞こえるのか?
 ビニールプールに穴を開けてしまったあろえ。ここの家系はアホ毛が硬くて、穴開けまくりってか? で、公営のプールに行こうとしたら料金を落としてしまってるって……悲惨ね。
 みんなが祭りに浮かれてるけど、びんだけはいつも通りにお仕事ってか。ご苦労さんね。
「あなたは普通の人です……明日も普通の一日となります。良くも悪くもすべて普通になります……」
 れんタンの占い、いい加減すぎ。真に受けて驚いてるあろえも大変ね。
 学校の話の件でびんのことが気になってたクヌギたんだけど、結局、屋敷のテラスから花火を見てるだけとは寂しいね。ラムネを買ってきたじいやだけど、何かこだわりでもあるのか?

 REC
 (第7話)
 新潟にキャンペーンで一泊旅行。なんで新潟なのかわからんけど、赤が飛び出して行って気まずいままの二人には何か酷だねぇ。いや、仲直りの機会だと考えれば良いんだろうけど……
 赤が事務所に寝泊りしてるって松丸に告げてる吉岡さん……もうすっかりお見通しって感じだね。
 深夜は混浴って……うらやましい温泉ね。
 テレビのレギュラーが決まったから、今度からキャンペーンは録音にするって……普通は最初から録音だろ。ま、胃ノ上製菓がその番組のスポンサーにでもならない限りは、もう仕事で松丸との接点はなくなるわな。
 ま、吉岡さんの後押しで仲直りできた二人だけど……それでいいのか?

◎ガラスの仮面
 (第50話)
 マヤが吊橋を渡るのを黙って伺ってる亜弓だけど……マヤが板を踏み抜いて落ちそうになったら飛び出してるか……悪人にはなりきれないタイプだな。
 ま、これは地のままの亜弓だったわけだけど、この時、意図的に亜弓が悪人を演じようと芝居をしてたらどうなってたんだろうね。役に徹しきってマヤが落ちるのをそのまま見てるのか、役を演じきれずにマヤを助けるのか……立場を反対にしてマヤが悪人を演じたりしてたらそのまま亜弓が死ぬのを見てそうで怖いぞ。
 なんとか助かった二人。もう隠すものが無いって感じで本音をさらしてマヤに突っ掛かってる亜弓が怖いね。
 平手打ちに泥の投げ付け合いってところが女の子のケンカなんだろうけど……男同士なら拳で語り合うって場面だな。しかし、なんかいきなし臭い青春ドラマみたいな展開ってのはねぇ。いや、ここで亜弓とマヤが互いに本音をさらけ出すってところに意味があるんだろうけど……
 吊橋が修復された日、関係者一同を集めてマヤと亜弓の成果を紹介し、そして自らの紅天女を披露しようとしてる月影。天女そのものの亜弓と、紅梅の木と一体化したようなマヤ……周囲の反応は亜弓の方が上みたいだけど、黒沼はマヤの方が気に入ってるみたいだな。
 そして、能面をつけて登場する月影。なんかもう寿命が残り少なそうだけど……まさか演じきってそのまま昇天してしまうって話じゃないだろうな?

◎ノエイン もうひとりの君へ
 (第23話)
 遊撃艇を使って本気でカラスたちの抹殺に取り掛かったノエイン。何度見ても醜悪なデザインだな。
 一方、いよいよ始まってしまったマジックサークルプロジェクト。量子の揺らぎで存在が消えかかってるトビとコサギ……なんかもう切迫してるね。
 シャングリラは悲しみの集まった時空だから人々は存在することをやめたってか。
 篠原に銃を突きつけて実験をやめさせようとしてる郡山のおっさんだけど、銃を隠し持ってた篠原に逆に撃たれてるとは悲惨ね。しかし、この状況で黙々と実験を続けてるスタッフの連中って、いったい何を考えてるんだ? こいつらも篠原と一蓮托生ってかい。
 おいおい、ノエインの世界って事故でユウ以外、みんな死んでしまったってか。それでこいつには悲しみしか見えなくなってすべてを無に帰そうとしてるって……凶悪だね。

◎金色のガッシュベル!!
 (第149話)
 何とか出てきたバリーだけど……傍観決め込みかいっ! 本当にキースを倒すためだけに出てきた感じだな。ま、次で終わりじゃ、ガッシュとゼオンに絞るしかないだろうけどね。
 しかし、これで続編作るとかなったら、ファウード編の展開が原作とずいぶん違うから、後で辻褄合わせするのが大変だろうねぇ。

◎ケロロ軍曹
 (第102話)
 今の若いやつにサブタイトルの元ネタがわかるのか?
 ガルル小隊の圧倒的攻撃力の前にジリ貧のケロロ小隊。ほとんど凶悪レベルのクルルの防御プログラムまで簡単に破ってるって……
 襲われる夏美たちの危機に現れたサブロー。いったいいつの間に強くなったんだ?……とか思ったけど、そういえばクルル特製のペンがあったな。で、田舎に転送される夏美と冬樹。
 ケロロ小隊の本部にやってきたガルル。「少尉」なのに「軍曹」に敬語を使うか?
 夏美のパワードスーツ……なんか物凄く強力だけど……学校内での逃げ回りがなかなか良いね。
 しかし、基地に突入したのは良いけど、パワードスーツは強制排除され無力に。そこに現れた洗脳された……というか、シャアのヘルメットを被ったケロロ。もはや絶体絶命の夏美。
 そこに最終兵器ケロボールを持った冬樹登場だけど……さて。

◎アニメ魂
 LEMON ANGEL PROJECT
 (第12話)
 唯の復讐にこだわる美希に付いていけない他の面々。智だけは理解してくれると期待してるのだけど、その智に美希がやってるのは氷室と同じだと言われてるとは悲惨ね。
 空中分解状態の第2期レモンエンジェル。それをよそに第1期の復活プロジェクトは着実に進んでるみたういだけど……
 おや、まだ冬美にはっぱかけるくらいの出番が残ってたのね<春香。
 その冬美に、例えアンがいなくてもアンからもらったものはちゃんとあると言われてるみる。迷ったままなすべきことがわからずにいる智に迷いを断ち切らせたのはそのみるの言葉……
 1人孤立してしまった状態の美希。さすがに自分の行動に信念をもてなくなってフラフラと唯の墓にやってきたのだけど、そこには氷室の姿が……なんか、いきなし意外な展開って方向になりそうだな。まさか氷室悪人説というのは単なる美希と小暮の思い込みだっただけだとか……

 どうでもいいけど、18禁アニメのCMを堂々と流すか……と思ったら、18禁じゃないのか?

◎パピヨンローゼ New Season
 (第3話)
 戦争という言葉が「一年戦争」を差すって……どんなおめでたい世界じゃい。
「あえて言おう、カスであると!」
 ジオンでも攻めて来たのか?
 速攻でやられてるパピヨン戦士。遮光器土偶に占拠されたアキバ。手旗信号で情報を伝え合うオタクたちだけど……よくそんなので連絡できるな。きっと伝言ゲームさながらに伝わってる意味はどんどん変わってるような気がするぞ。
 しかし、聖徳太子ってどこから出してきたんだ?
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.486 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.486 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。