電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.504 (2/4)

2006年11月21日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/25~06/07/26

◎ちょこッとSister
 (第3話)
 朝から目玉焼きを焼いてるちょこ……もうちょっと生活知識の無いやつかと思ってたけど、マルチよりはずっと役に立ちそうだね。しかし、格好が裸エプロンって……いったいどんなユーザー層を相手にしたあんちょこなんだ? で、何かとすぐに現れる「KEEP OUT」のリボン。話によると作画段階から入ってるってわけじゃないみたいだけど……DVDだと外れてるってのが露骨なんで嫌だなぁ。もっとも、2クール目になってからは出なくなったみたいだけど……
 はるまの乗ってる電車の吊広告に音神亜里沙のグラビアの載った雑誌の広告……こんなところから伏線張ってたのか。
 通勤電車のラッシュの客に押し出されてコンタクトを落としてるおっとりねーちゃん、芹川千歳。はるまに探すのを手伝ってもらってるけど、結局、レンズはパー。自分に縁が無いから良くわからんけど、今は使い捨てのソフトタイプがポピュラーなんじゃないのか?
 仕方なく眼鏡を取り出すけど、なんか嫌な過去があるって感じ。ま、眼鏡っ子萌えのわからん連中のことは無視してりゃ良いだろうに。しかし、相当に方向音痴なのか、説明してるお巡りさんの迷惑そうな表情が何とも。いや、お前ら公僕なんだから、そんなことで嫌な顔してたらダメだろ。
 で、たどり着いた先が一刻館つばき荘。先週、大家さんが言ってた孫の新しい管理人だてか。しかし、着いたら着いたで管理人室のカギを失くしてるって……相当なドジっ子だね。そこに来たちょこと一緒にカギを探してるけど……ええいっ、その顔はやめろよ、公僕。
 何とか公園の自販機の下にあったカギを見付けてるけど……カラスに取られてるとは悲惨すぎ。最後、ちゃこがあんちょこ投げて取り返してるけど……当たらなくてもあれだけ投げられるって相当な遠投力だな。やっぱし正体はメイドロボみたいなものってところか?

◎ハチミツとクローバーII
 (第4話)
 ハグちゃんが見付けたムンクの絵葉書。ハグちゃんの「叫び」はともかく、その絵を見てかつての原田と理花のことを夢に見ている花本だけど……
 顧客を見送りに出た駅で目の前のカシオペアに発作的に理花を連れて乗った真山。理花を里帰りさせようって話だけど、札幌まで17時間の列車の旅……ご苦労さんね。ま、発車早々車掌が来たからそのまま済し崩し的に札幌まで個室を買ってるけど、そうじゃなけりゃ理花は大宮で降りてそうだな。
 理花の実家……小樽の郊外って話だけど、そこには家の建ってた跡があるだけ。父親が死んで無人になった家は、雪に潰されて残骸にならないように撤去したってか。本州の田舎じゃ無人の家はそのまま放置が普通だけど……
 その夜、ホテルでえっちしてる2人……カシオペアで巧妙に遠慮してた割には、やる時はやるのね<真山。
 朝、こっそり立ち去ろうとしてる理花だけど、真山の仕掛けたひったくり防止ブザーが鳴って失敗。そのまま一人でバルセロナに行って原田の仕事を仕上げたら死ぬつもりだったってか。
 真山との付き合いも長いのに、この人、いまだにそんなこと考えてたのか……一途だねぇ。いや、事故で怪我した足が痛み続けてるから忘れようと思っても忘れられないんだろうけど……

◎ひぐらしのなく頃に
 (第17話)
 智史から電話があったと詩音に連絡してきた魅音。バイトがあるから沙都子を綿流しの祭に連れて行ってくれと言ってる智史だけど……
 当日、金属バットを持ってうろついてる智史。しかし、『暇潰し編』の頃に比べたらずいぶん普通の祭になってるけど、この間、たった数年でいったい何があったんだ? 観光協会でも出来て村興しの一環として夜店を呼んだりしてるのか? ま、圭一のくる前の年と考えたらこういう祭の方が当たり前に思えるけど……
 捨てられてた箪笥をだしに智史に釣り出された叔母。潜んでた智史に背後から撲殺されてるとは悲惨。
 町で魅音と沙都子へのプレゼントを予約した智史だけど、そこに現れた大石。ま、智史を疑うのは当然だろうね。で、いきなし智史のアリバイを偽証し始めるけど……こいつは詩音だったか。時々、魅音そっくりの振る舞いになるからわからないよな。
 警察沙汰になって園崎の当主に行動がばれた詩音。古の拷問道具が並んだ地下の祭具殿に呼び出されてるけど、そこにはぞろぞろと村人が……いまだにダム賛成派だった北条の人間は裏切り者だってかい。賛成してた当事者はとっくにいないのにねぇ。
 鬼婆の前で開き直って智史を庇おうとする詩音だけど、そんな詩音にけじめをつけろって追い込んでる魅音。拷問道具を使って3枚の爪をはがせって……凶悪だね。だいたい、詩音が入れ替わってたのはおまいも共犯者だろうに。
 爪をはがされた詩音。ま、爪はまた生えてくるから、指を詰めろと言われるよりはマシだっただろうけどね。久しぶりに町に出たら大石に呼び止められて、智史が失踪したって話。しかも、叔母殺しの真犯人は連続怪死事件を模倣した変質者の犯行だったって……智史が犯人だったらすっきりするのに、そうじゃなくなったってのは詩音の爪が代償にされたって話か……

◎つよきす Cool×Sweet
 (第4話)
 素奈緒と椰子の料理対決。食材は大根……と思ったら、夢オチかい。しかし、第4話にしてもう夏休みって、OVAペースの1クール作品って慌しいね。
 チンピラに襲われかけた椰子を乙女の真似して助けてる素奈緒だけど……放っといたって自分でやっつけてたと思うぞ。しかし、これ、椰子と乙女ってキャラが被ってないか?というか、普通ならあわせたキャラにしてるのを2人に分けてるんだよな。ま、原作は乙女がメインヒロインだからそれで区別がついてるのかも知れないけど、アニメは素奈緒をメインにしてるから乙女も椰子もサブヒロイン扱いだからなぁ。
 しかし、けっこうきつそうなキャラだけど、素奈緒よりは後輩なのか。

 どうでもいいけど、この作品、ツンデレって意味なんか変に取り違えてないか? 素奈緒が椰子相手にツンツンしたりデレ見せても意味がないと思うんだけど……それはそうと、番宣じゃレオが主人公って感じだったのに番組が始まってみれば素奈緒からみ以外ではほとんど出番がないって悲惨な状況。素奈緒が主人公の作品はそれはそれでいいんだけど、そいれならはっきり言って他のヒロインは不要だって。物語の進行上、エリカと乙女は必要かもしれないけど、それもヒロインである意味はないんだよな。

◎ARIA The NATURAL
 (第17話)
 ゴンドラさんとのお別れディナー……まだこの話で引っ張るのか? ま、今回はアリシアの思い出話って感じね。
 おや、アリシアの付けた傷も残ってるのか。ま、灯里の傷の数よりは少ないと思うけどね。ゴンドラもちゃんと陸揚げして牡蠣落としだか藤壺落としだかしないといけないのか。で、ゴンドラって船体に塗ったワックスで水を弾いて浸水を防いでるのか。しかし、ワックスの調合って……
 三大妖精で最初にプリマになったアリシアだけど、プリマになったら白いゴンドラに乗り換えるのか。しかし、アリシアがプリマになった頃にはもう他に誰もARIAカンパニーにはないって感じだったけど……プリマになるまでは一人で客商売できないのに、いったいそれまでどうやって会社を運営してたんだ? さてはグランマの資産を食い潰してたのかね。
 朝になって運ばれていくゴンドラ。ま、ネオ・ヴェネツィアじゃ陸揚げしてトレーラーで運搬ってわけにも行かないだろうからてっきり水路を引っ張っていくのかと思ったら……空輸かいっ! これは意表を突かれたな。確かに火星移民がすっかり根付いて、地球と火星の間に定期便があって自由に行き来できる時代なんだから、輸送手段が空輸ってのは当たり前なんだけど、普段のネオ・ヴェネツィアを見てたら、とてもそんな風には見えないからねぇ。
 そしてやってきた新しいゴンドラ。灯里の練習なんか中古のおんぼろでも良いだろうに……と思ったけど、一応、灯里も付き添い付きで客商売したりもするし、灯里の次の新人も無いわけではないから、ちゃんとしたゴンドラは必要か。
 で、さっそく試乗する灯里だけど、その途中ですれ違ったのが前のゴンドラ……割と近いところで第二の人生を送ってるのね。

◎スクールランブル 二学期
 (第16話)
 ゲレンデでスノーボード捌きで注目を集めてる絃子。しかし、その直後に注目を掻っ攫ってる雪だるま……中に烏丸が入ってるのはともかく、後ろ向きというのが凄いね。
 朝起きたら簀巻きで道に放り出されていた播磨。ま、八雲に夜這いかけようとしてたと誤解した天満の仕業だけど、天満ひとりで運ぶには播磨は重過ぎると思うけど、相当に引き摺ってただろうに、気付かなかったのか?
 塚本家を追い出された播磨。捨てる神あれば拾う神あり。美琴に誘われて花井道場に泊まる羽目に。しかし、そこには何故か愛理も……。サングラスをはずして作業服を来た播磨に気付かない愛理だけど、美琴の留守中に播磨と混浴かい。
 いや、播磨も生真面目だね。間違えて入ってきたのは向こうだから、何もそんな卑屈にならなくてもいいだろうに。その状況を見て助けてやってるあたりが美琴らしいところだね。天満なら誤解するだろうし、晶なら強請りの材料にするところだな。
 結婚が嫌で家出してきた愛理を連れ戻しに来た執事。バイクで愛理を逃げさせられてる播磨だけど……美琴にしたら愛理と播磨をくっつける良い機会ってところなんだけど、播磨の方は天満一途だからねぇ。おまけにマンガを描く時間も無くなってるし、踏んだり蹴ったりな感じだな。
 しかし、何でツインテールにしてるんだ?<吉田山。

◎イノセント・ヴィーナス(新)
 (第1話)
 炎上する都市から逃げる2人。それをおう軍人らしき連中……炎上してるのはテロによる災害なのか、軍による作戦によるものなのか知らんけど、周辺の廃墟はそれ以前から廃墟だったみたいね。
 大災害で世界が崩壊した後、復興を遂げた日本は軍事大国化してAU(アジア連合)の侵攻軍を撃退したって……いったいどんな世界観なんだ? で、現在は軍隊は貧困層の反体制派に対して向けられてるって……左翼のステレオタイプな軍隊観だな。
 軍隊は沙那とかいう女の子をヴィーナスと呼んで追いかけてるんだけど、よくわからんね。沙那を連れてる仁とか丈とかいうやつらがレジスタンスって話。こいつらが最優先で軍隊に襲われてる関係で接触する予定だった組織が全滅させられてるって迷惑だな。それだけ危険を顧みないだけの秘密が沙那にあるってことだろうけど……
 それにしても容赦なく人を殺す作品だな。ま、軍事作戦やってりゃ敵に情けを掛けてるわけには行かないけどさ。平気で首が飛んだり上半身だけで腸引きずったりしてる『銀英伝』よりはマシだろうけど……
 いかにも未来的な機動兵器が出て来てる割には戦闘ヘリが現有兵器のままってのが何とも。2010年の災害でそれらの兵器を作ってた欧米先進国が崩壊して世代発展がなくなったのはわかるけど、2035年じゃもう兵器としての耐用年数過ぎてるだろ。それとも日本の技術で延命処置を施したか、同じデザインでコピー製造されたものなのかよくわからんけど……
 仁と丈の乗ってるのが軍より遥かに高性能な機動兵器。ジャンプして戦闘ヘリまで落としてるし、とてもレジスタンスの持ち物とは思えんのだけど……お約束の軍の最新兵器を奪ってきたとかいう話か? それとも外国の兵器産業とつるんでるとか……でも、日本以外に機動兵器の実用化できる技術や経済力は無いって世界なんだろうな。
 それにしても、食生活の貧しそうな貧困層の連中にしたら食用ガエルなんてこの上も無い食材だろうに、それを逃がさせられるってのは心外だろうな。どうも、カエルに対する反応見てたら、こいつらはロゴス側で育ってきた人間みたいね。(いや、どちらかというと未来の支配階級というより、現代の一般的な日本人の感じがするけど)

◎いぬかみっ!
 (第17話)
 仮名の持ち込んだ怪しげな絵を調べてる薫……ようやく物語に関わってきたって感じだね。たちまち絵に吸い込まれてしまって、あわてて啓太のところに泣きついてくるなでしことともはね。他の10匹はいないのか?
 啓太が調べたら問い掛けに対して正答を返したら絵の扉が開くって話。そうこうやってるうちに自分たちも扉の中に吸い込まれた啓太とようことなでしこ。問い掛けに関わらなかったからって取り残されてるともはね、哀れね。
 で、絵の中で待ち構えていたのは怪しげな魔道具をたくさん残した江戸時代の魔道士、赤道斎の挑戦とマッチョ軍団の試練。相変わらずマッチョに襲われてる啓太、悲惨ね。
 薫とは会ったことないから知らないといって、なでしこに訊いてるようこだけど……そりゃありえないと思うぞ。ま、読者なり視聴者を代弁する役割を果たすためにそう言わせてるんだろうけど、なんか不自然すぎるね。
 赤道斎の目的は啓太たちの霊力を利用して外の世界に出ようってことみたいで、そのために力を計ってたみたいだけど……啓太を気に入ったのはそれだけの理由じゃないような木がするぞ。
 しかし、外に出て世界を作り変えるって……なんかマッチョにあふれた世界になってしまいそうで嫌だねぇ。

◎ウィッチブレイド
 (第17話)
 レディーたち全員に自分の遺伝子を組み込ませてるナソエフの会長、古水のことを調べる斗沢。何故かどの資料を調べても母親のことだけ載ってないって話。そこで古水の自伝を担当した人に訊いたら、古水は母親を憎んでて触れたがらないとか。1枚だけ処分漏れで残ってた母親の写った写真を頼りに取材する斗沢だけど……
 ウィッチブレイドのデータを元に新しい兵器が完成して、それで重役会議で鷹山を失脚させようという和銅。ちゃっかり乗換えを図ろうとしてる瀬川が何とも……こいつ、鷹山に忠実ってわけじゃなかったのね。
 古水は自分が子供を埋めない体に育ったのが母親のせいだと憎んでるって話。レディーの開発に自分の遺伝子を組み込んでるのは通常の受精で子供を作れないからその代わりなのか?……と思ったんだけど、まずは完璧な母親を作ってから本当の自分を産ませるって……良くわからん発想だな。
 それにしても、この作品のテーマって「母親」だったのか。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.504 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.504 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。