電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2005年度アスカー賞

2006年01月11日 | 雑記
・毎年、1年間で注目した作品や人物に対して勝手に与えてる賞です。
・アスカー賞という名前に特別な意味はありません。
 (前年度のはこちら→《2004年度アスカー賞

◎TVアニメ部門
 『フタコイ オルタナティブ』

 『D.C.S.S.』も好きだし『リリカルなのはA's』も捨てがたいんだけど、どれか1作を選べと言われれば、2005年の代表作はこの作品でしょう。
 『双恋』の世界を白鐘姉妹をメインに再構成し、完全に独自の世界観を築き上げた異色作。冒頭の謎のクリーチャーと戦う雛菊姉妹が代表するSF的世界背景。ゴスロリ仮面に扮する桜月姉妹が代表する日常の中の非日常世界。主人公・双葉恋太郎の幼少時、そして高校時代の恋愛感情を表す過去としての一条姉妹と桃衣姉妹。そして、一般社会の他人としての千草姉妹……
 メインの白鐘姉妹が(たとえ本当は金持ちのお嬢様だとしても)あくまで現実の日常的な存在として恋太郎に触れ合っているのに対して、他の双子たちはそれぞれ異なる役割を持った非日常の存在として配置され、物語として描かれるのはあくまで恋太郎と白鐘姉妹の関係だけという潔さが特筆されるべきでしょう。
 たとえニコタマにイカデビルが現れて町が炎に巻かれ灰燼と化したとしても、沙羅を奪還するためにドイツまで殴りこみを掛けて戦ったとしても、あくまで基本は日常世界における恋太郎と白鐘姉妹物語。そのコントラストがこの作品の魅力です。

◎劇場版アニメ部門
 『劇場版AIR』

 映画館で見た作品はこれだけだし……
 ま、確かにいろいろと問題はあろうとは思う作品ではあるけど、少なくとも1本の作品で独立して物語を完結させてるという点ではテレビ版より遥かにちゃんと作られてるし、各所に出崎監督の映画作りへの拘りが感じられて興味深い作品でした。
 正直言って、これは『AIR』というゲーム作品の劇場版アニメ化なんかじゃなくて、『AIR』の設定だけを使った『劇場版AIR』という別作品だと考えた方が正しいのだと思いますが、少なくとも原作がゲームだということを理解しながら見ないとわからないテレビ版よりは1個のアニメ作品としては完成されていましたね。

◎OVA部門
 『きらめき☆プロジェクト』

 平和な小国・ジュネス王国に突如襲い掛かる謎の巨大ロボット。王国の危機に敢然と立ち向かう美少女型巨大ロボット・ジュネりん……と書けば、そこらによくあるロボット物と変わらないんだけど、大好きなジュネりんを極力戦わせようとしないカナの一途な頑なさがこの作品のポイントです。
 攻撃してくる日本のロボットの背後にいる重役がいかにも悪役のボスなんですが、下っ端で働いてる連中はあくまでロボットが好きで、その仕事に誇りを持ってるから戦ってる。戦うために作ったロボットだから戦わせてあげないと可哀想だという思想が、かわいい友達だから戦わせたくないカナの思想とコントラストになっていて、どっちが良くてどっちが悪いってわけじゃないんだけど、それぞれのロボットに対する愛情が溢れててジ~ンと来てしまいます。
 すいません。キッズステーションで見ただけです。

◎特撮部門
 『惑星大怪獣ネガドン』

 いや、全編CG作品なのでこれを特撮に含めていいのかどうか疑問なのですが、作品の魂は間違いなく特撮映画そのものですね。
 最新の映像技術を駆使しながら、作品コンセプトは昭和30~40年代に作られた怪獣特撮映画。往年の特撮映画ならではの映像描写が目に付くのだけど、その一方で雨の降る下町の光景とか、些細なところも手を抜いていません。
 出てくる防衛軍の兵器も当時のスターファイターとか使ってるんだけど、こればかりは作品設定が昭和100年なんだからもっと未来っぽいのを出してきても良かろうにと苦笑してしまいましたが、その手の拘りは徹底していて、電話はあくまで黒電話。携帯電話なんてのは当然ながらありません。昭和100年と言えば、まだ20年も未来の話なんですが……

◎劇伴部門
 『フタコイ オルタナティブ』(村山達哉、鈴木俊介、磯江俊道)

 日常の中の非日常、非日常の中の日常。そんな光景をごっちゃに集めた感のある『フタコイ オルタナティブ』ですが、音楽の世界もそれに合わせて弾けていた感じですが、こと日常の何気ない心の触れ合いという面では、ことさら音楽の果たしていた役割が大きかった作品のように思います。
 何もオーケストラを紡ぐのがアニメの音楽ってわけじゃない。ギターをメインにヘビメタからアコースティックなバラードまで奏でる世界がある。そんなこだわりを感じさせてくれる作品でした。

◎主題歌部門
 『D.C.S.S.』「サクライロノキセツ」(yozuca*)

 前作に引き続き、サクラをモチーフにした yozuca* テーマ曲。一般にエロゲをアニメ化する時はキャストだけでなくテーマ曲の歌手も変わることが多いのですが、最初のPC版から歌い続けている yozuka* は『D.C.~ダ・カーポ~』の歌の看板と言って良いでしょう。
 前作の「サクラサクミライコイユメ」が順風満帆で幸せいっぱいなサクラの季節への期待を歌い上げてるイメージなのに対して、今回の「サクライロノキセツ」は新しい変化のある季節としてのドキドキするような予感を歌い上げてる感じで、前作の続編である作品に新しい期待感を与えることに成功しています。

 次点としては『SHUFFLE!』のED曲「innocence」とか『フタコイ オルタナティブ』のED曲「ぼくらの時間」のピアノバージョン辺りのしんみりとした曲ですかねぇ。

◎ボーカルアルバム部門
 該当なし

 いや、該当するようなアルバムが無かったという話じゃなくて、それ以前にほとんど聴いていないから選びようが無いんですね。
 ま、買っただけなら笠原弘子、坂本真綾、折笠富美子、野川さくら、堀江由衣、KOTOKO、石田燿子……等々あるんですが、開封すらしてないのが多いし。別にコレクション目的で買ったんじゃなくて、聴きたいから買ったんですけど、他の数多のCDと同様、聴いてる時間が……
 しかし、例年ならイベント目的のCDが何枚か散見できるところなんですが、最近は不況でイベントも減ってきたので、そんな余計なCDが無くなってきたって感じですね。

◎主演声優部門
 田村ゆかり(高町なのは、蘭堂りの)

 ここ数年、飛びぬけて主演が多い声優さんがいるって状況が続いてたんですが、2005年は一転して団子状態。いや、団子になってるのは主にその近年主演が多かった声優さんたちなんですけど。
 そういう状況だと、もともと主演数が少ないけど個性的で目立つって人の方が印象に残って来ます。ま、目立つと言う点では能登麻美子の方が露出も多くて印象強いんですけど、いざ主演作品で印象が残ったかと言うともう一歩と言う感じ。どちらかというと助演で目立つ人なんですね。
 他にはというと川澄綾子、堀江由衣、中原麻衣、清水愛、植田佳奈……ともう一歩。むしろ新人さんというか、名前が売れ始めたばかりで主演やってる人たちの方が印象深かったりするけど、そういう人は新人部門の対象だし……
 という観点で見ていったら残ったのが神田朱未と田村ゆかりってところ。神田朱未は『魔法先生ネギま!』の神楽坂明日菜のイメージだけで、昔『ときメモ』関係でそんな声優さんがいたなってっ感じ(『D.C.』の美春の声を覚えてないというのが酷い話)で、脱落。そんなわけで最後に残ったのが田村ゆかり。
 ま、『なのは』もオリジナルは前年だし、今年とくに活躍したって感じでも無いのだけど、田村ゆかりらしさという点ではきっちりアピールしています。『なのは』とか『D.C.』のさくらだとかビジュアルが伴ったロリキャラというのがこの人の持ち味ですけど、意外性を見せてくれたのが『極上生徒会』の蘭堂りの。田村ゆかりの声でただのノーテンキなバカ主人公をやりますか。(いや、『ぴたテン』の美紗の系統と言えばそうなんだけど、どっちかというと知性のあるキャラのイメージが強いですからね)

◎助演声優部門
 能登麻美子(宮崎のどか、塚本八雲、エステル、アナ・コッポラ、他)

 前年に引き続いての受賞です。究極の癒し系ボイスの凄まじさをまじまじと見せ付けられた1年でした。もう、能登麻美子がいないと日本のアニメは成り立たないと言っても過言では無い様子ですね。いや、それじゃ困るんですが。
 提供アナウンスが能登麻美子の声だったから思わず見続けてしまった『トリニティブラッド』だけど、夏場、放映の無い週が続いた後で気付いたら提供アナウンスの声が変わっていたのは許せない事件でした。

◎新人声優部門
 宮崎羽衣(アイシア)

 この部門は純然たる新人さん以外にも、最近になって名前が売れてきた人とか、初めて名前を知った人とかも含まれます。
 そういう観点で選んで出て来たのが宮崎羽衣、後藤邑子(レイン、近衛七海、芙蓉楓)、新井里美(蒼葉梢)、落合祐里香(柚原このみ)の4人だったのですが、アイシアでのブレイクぶりで宮崎羽衣に決まりました。
 年明けから『まじかるカナン』のキャンペーンで回ってたり、その後はクローバーの一員になってたりで、本格的に売り込んできてる新人さんというイメージはあったのですが、それだけじゃ「そういう新人さんもいたな」で終わってしまったところですが、『D.C.S.S.』のアイシアでブレイクしてしまいましたね。
 と言っても、自分の芸を確立してるわけでもなく、下手すればこれ一発で終わってしまう可能性もあるのですが、埋没することなくこれからを期待したいところです。

◎こいつだけは絶対に許せないキャラクター部門
 鷺澤美咲(D.C.S.S.)

 アイシアにさんざん思わせぶりなことをもっともらしく吹き込んでおいて、いざ佳境になったら逃亡して責任逃れ。そのくせ、最後はちゃっかり音夢と純一の結婚式に参列してるというちゃっかりぶり。
 いや、いったいいつの間に結婚式に参列できるような立場を築いたのかってのも大いなる謎ですけど、アイシアに対しての責任を全然取ってないというのが酷過ぎ。ま、確かに美咲は音夢と一緒の幸せな純一を眺めているだけでいいと言ってたんですけど、アイシアのように絶えず他人のために何かしたいと思ってる人間に、それを言葉通りに受け取れっていうのも無理でしょう。
「美咲も音夢のように純一と仲良くなりたいんだ」と思うに決まってます。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.475 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.476 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。