電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.468 (2/4)

2005年11月25日 | 週刊アニメ定点観察
期間:05/11/16~05/11/18

◎涼風
 (第20話)
 奈々に大和と別れたことを告げてる萌果だけど、奈々に自分に自信が持てなかったことが疑心暗鬼で別れる原因になったことを指摘されてるかい。ま、確かに直接の原因はそれなんだけどね。
 でも、ま、萌果もいい友人を持ってるね。アイドルなんて忙しいだろうに、こういうことでちゃんと会ってくれて親身になって考えてくれるって、よほど萌果のことを大切に思ってくれてるってことだね。
 大和と萌果が別れたと聞いて、チャンスとばかりに後釜に座ろうとしてる小早川とかいうにーちゃんだけど、その萌果は自分に自信が持てるようになったらもう一度、大和に告白するつもりになってるって……悲惨ね。
 涼風から聞いた別れた原因を確かめようとしてる美紀だけど……こいつ、涼風と違って大和が強がりで言ったことなんて見通してるって、なかなか大和のことに理解がありそうだね。まさか、今度は美紀と付き合うとかいう話じゃないだろうな。

◎ARIA The ANIMATION
 (第7話)
 灯里、藍華、アリスの3人を訓練してる晃。なんか3大妖精とその弟子だけで閉鎖社会作ってないか?
 午前中は客に同乗しての見学。客はマンホームから来た新婚カップルみたいだけど、ウンディーネに憧れてる嫁さんに比べて旦那はつまらなそうだね。
 午後からの実地訓練にも参加したいという嫁さんに反発する旦那。その言葉を聞いて売り言葉に買い言葉で訓練の様子を見せようという晃。なんか営業の時とは違って厳しい晃に驚いてる2人だけど……
 猫より遅い灯里、スピード違反の藍華、声の小さいアリス……3人とも何か問題だらけだな。
 そこに差し入れを持ってきたアリシア。そのアリシアを夢中に見つめてる旦那だけど……こいつ、アリシアの隠れファンだったのか。乗ったのがアリシアのゴンドラじゃなかったから不機嫌だったのね。
 この季節は満潮の水位が高くてゴンドラが通れなくなる橋が増えるってことで、最後の訓練として目的地までちゃんとたどり着くことを要求する晃。懸命に水路を探すも、手詰まりで立ち往生の灯里……
 どうにか水の流れがある水路を持った建物を見つけて真っ暗な中を進むのはいいけど、行き当たった先は鍵の掛かった扉。その鍵を針金でこじ開けてるアリス……おいおい、おまいはピッキングマニアかい。
 結局、建物を抜けたことは正解だったのかどうかわからんけど、反省してる3人に晃もそれ以上は怒らないみたい。しかし、抜け道がわからなかったらどうしたんだろ? ま、客の2人は陸に降ろして帰ってもらうしかないだろうけど。ま、晃が正解を知ってたかどうかも怪しげなんだけどね。

◎ガンパレード・オーケストラ
 (第6話)
 戦闘で機体損傷が激しく、戦力が著しく低下した第4中隊。東北師団本部に機体補充の直訴に向かう咲良だけど……なぜか旅行気分で付いてきてる乃恵留たち。
 師団長に掛け合う咲良だけど、対応は剣もほろろ。面会してもらえただけでもありがたく思えって、嫌な参謀長だね。しかし、速攻で機体をかっぱらう計画を立ててる岩崎も岩崎だな。本来こういうやつはあまり組織にいては欲しくないんだけど……
 岩崎の計画に乗った乃恵留たち。珍しく亜美も同調し、咲良には内緒で計画を進めるけど……咲良ってこんなときにもペンギンのぬいぐるみ(というか、抱き枕だな)持ち歩いてるんかい。
 翌日、再び師団長に掛け合おうとする咲良だけど、参謀長に役立たずの部隊だと言われて怒り炸裂。いや、そんな役立たずの部隊に青森ツインブリッジなんぞという本土の生命線の防衛を任せていて大丈夫なのか?
 いや、戦線全体からみたら前線から遠くて幻獣の侵攻は少ないんだろうけど、この前みたいにピンポイントで狙われたらそうも言ってられないだろ。ま、実際には本隊の精鋭がその都度、重要な戦場に派遣されて主力を担ってるから、各地の駐屯部隊はそれまでの時間稼ぎぐらいしか期待されてないんだろうけどね。
 犯行が発覚して逃げ出す乃恵留たちに鉢合わせした咲良。その場にあった自転車で追い掛けて合流してるけど、これで全員同罪だな。
 基地内を逃走するも出口のゲートで待ち伏せされてて絶体絶命の咲良たち……土壇場で師団長が見逃す命令を出してるけど……軍隊でこんなの見逃してたら軍規が乱れる原因だぞ。
 ま、結局持ち帰ったのはプロトタイプの失敗作って戦力にも何にもならないってオチなんだけど……それを整備班がまともな機体に改造するとかいうお約束の展開があるそうな気が……

◎かりん
 (第3話)
 血の嗜好が「不幸」だと兄に告げられてショックを受けてる果林。しかし、だからってメルヘンとかリリカルとかわけのわからん嗜好だったら、それはそれで困ると思うぞ。
 果林に血を入れられてやたらテンション高い雨水のお母さん。だからって不幸が無くなったわけではないみたいだけど、当人は気にしてないみたいね。
 朝から雨水に出会って血を噴出してる果林。しかし、貧血で保健室ってのはわかるけど、増血で保健室って、そんなに辛いものなのか? いや、血が出てくると言ってもあの日とは違うだろうし。
 昼食を食う気がしなくなった果林の弁当が、めぐりめぐって雨水の胃の中に。ま、こいつの不幸というのは家が貧乏でろくに物が食えないことだろうから、誰かに弁当食わせてもらえば解消できるレベルなのね。
 それにしても、雨水の不幸を無くすために麻希と一緒に「幸せ」を調べてた果林だけど、どう考えても語義しか載ってない辞書で調べようとしたり、単一キーワードだけでネットの検索やってみたり……根本的に情報処理能力に欠けてるやつらね。

◎SHUFFLE!
 (第18話)
 楽しげに亜沙と話してる稟の様子を見て、稟の好きな相手が亜沙だと思い込んでるシアとネリネ。2人をデートさせて稟に告白させようと画策してるけど……それに便乗してる樹と麻弓の参画で一気に作戦は本格的に。
 しかし。キューピットランドはいいけど、カップルだらけでガキの姿が無い遊園地って物凄く異様だね。
 亜沙に振り回されるより樹の立てたスケジュールが気になってる稟。真面目といえば真面目なんだけど、こりゃ亜沙のことは本気で好きってわけではないみたいね。ま、無理に付き合っていたというより、本人も自分が好きなのが亜沙なのかどうかわからなかったってところだろうけど……こりゃ、やっぱし本命は楓かい。現状ではどっちか決めかねてるって感じがするというか、自分が楓をどう思ってるのかに気付いて無いって感じかな。
 でも、ゲームのCMとか見てたらメインはシアっぽいんだけど……
 しかし、本命がどうであれ、せっかくのデートで稟自身が何も楽しんでなけりゃ、そりゃ亜沙は怒るだろうね。

◎ローゼンメイデン トロイメント
 (第3話)
 雛苺、翠星石、真紅はいつも通りとして……なんか蒼星石のジュンに対する態度がでかくなってないか?
 その様子を覗いてる最後のローゼンメイデン、金糸雀。真紅たちを倒そうと桜田家に侵入しようとするけど、なんか入るのに物凄く苦労してるね。
 例のごとく『くんくん探偵』を夢中になって見てる真紅たち。おや、ちゃんとクレジットもあるのか。
 侵入者の気配を感じて調査を始める真紅たち。幻のくんくん変身セット。懸賞で当たったって、こつこつ葉書出してたのか?>真紅。
 罠を仕掛けようとしてて家事を起こしかけてる金糸雀。その騒ぎに気付いてやってきた真紅たち。ま、翠星石のジョウロで火事は防げたけど……真紅って燃えた物も復元できるのか? その代わりジュンに影響が及ぶみたいだけど……
 見付かったと思って潔く姿を現す金糸雀だけど……誰も関心無かったって、哀れね。

◎ガラスの仮面
 (第33話)
 劇団月影&一角獣の野外ステージでの『真夏の夜の夢』は開演1時間前から会場が満員になるほど大盛況。これじゃアテネ座の支配人は顔も出せないだろうね。芝居の中身はやはりパック役のマヤがレベルを引き上げてたみたいだけど……ま、この辺は予定調和。いや、芸能界を追放された話題のマヤに絡んでくる性質の悪い観客でもいれば面白かったんだろうけど……
 この結果、大都芸能がアテネ座での公演の正式プロモートを申し出てきてるんだけど……大都芸能絡みになると途端にマヤだけお払い箱。ま、マヤが大都芸能を出て行ったからというより、マヤにとっては居心地のいい昔の仲間とは引き離して、より高みを目指させようとしてるみたいだけどね。
 で、マヤに今度は亜弓が月影と共演すると言ってる速水。詳しいことは自分で確かめろと唆してるけど……その芝居では亜弓の相手役に予定していた俳優が押さえられなくなって、急遽一般公募してるって状況みたい。ま、要するにマヤにオーディションを受けろってことなんだけど、ストレートに言わないのが捻くれてるね。

 ところで、この前、マヤは高校卒業してたはずだけど、紫の薔薇の人は大学には行かせてくれないのか? ま、原作の時代から考えたら、現役芸能人が大学行くなんてのは珍しいと思われてたんだろうけど、今の感覚で物語作るならどこか芸術系の大学で演劇理論とかを身に付けさせると言う展開もありだと思うんだけど……

◎ノエイン もうひとりの君へ
 (第6話)
 ハルカを守ろうとしてるけど、何か様子がおかしいカラス。背中からはらわた噴出してたように見えたのは気のせいか?
 目覚めたハルカを調べに来た3人の女……アンドロイドなのか全部同じ顔をしてるのが不気味だね。
 怪しげな服着せられて、運ばれて来た食事。なんか芋虫みたいなのが蠢いてるけど……これ食うのか? 見てるだけで嫌だねぇ。ま、まだガキだから平気で食ってるんだけど、もうちょっと年頃のねーちゃんになったら絶対手をつけないぞ。
 しかし、こんなもの食ってるとは、よほど食糧事情の悪い世界なのね。世界中が北朝鮮に征服されたのか? いや、食うものがあるだけマシなんだろうけど。
 それにしても、パラレルワールドの過去に介入してもタイムパラドックスは起こらないってか。ま、パラレルワールドって概念自体がタイムパラドックスを回避するために考えられたものだから当然だろうけど……
 吐血を装って脱走してるハルカ……TVや何かの見過ぎって気がするけど、ガキだからそんなものか。で、出会ったのがミホの娘リリって……こりゃ、未来と認めざるを得ないわな。
 地上を見るために通風孔の煙突を登るハルカ……はいいけど、一緒に登らされてるリリが哀れね。で、地表に出たら廃墟になった荒れた世界。そのハルカを連れ戻しに来た女。こいつが15年後のアイってかい。こうなったらクイナがイサミなのは確実だな。

◎金色のガッシュベル!!
 (第132話)
 ファウード編最大の爆笑ポイント、ウンコティンティンの話。ウンコティンティンは後でファウードが起動してから再登場するけど、その時は冗談じゃすまないキャラになってるからねぇ。
 しかし、「乳をもげ」と同じレベルと言えばそうなんだけど、このネーミングセンス、もうちょっとどうにかならんのか? いや、アニメ版に言っても仕方ないんだけど。
 ファウードの体内を通ろうとする清麿一行を試すために番人であるウンコティンティンがひとりひとりに問題を出すんだけど……さぞ難問ばかりの続出か?と思ったら、小学生でも答えられる簡単な問題の連続で、調子の外れる清麿。
 しかし、いざ清麿の順番になったらいきなしレベルが上がって、やたら桁数の多い掛け算。そんなの暗算でできるかいっ!……と思ったら、あっさり即答してる清麿。さすがに世間に名の知れた天才児。ウンコティンティンの方が答え合わせ出来なくて困ってるし……
 これで最後かと思ったら……残ってたのはウマゴン。「メルメルメ~」しか言えないウマゴンにウンコティンティンがここぞとばかりに出してきた難問は、フェルマーの最終定理を証明しろって……いや、何もそんな究極の難問持ってこなくても、もっと簡単な証明問題でもウマゴンじゃ答えられないだろ。
 いったいどうするのかと思ったら、清麿の逆ギレで優しい問題を出し直してるって……ウンコティンティンも意外と気が弱いのね。

◎ケロロ軍曹
 (第85話)
 日向家に突然設置されてた謎のガチャガチャ。「危険、回すな」と書かれてるのについ回してしまったら……ケロロと体が入れ替わってるってかい。悲惨だね。
 しかし、普段は家事にケロロを扱き使ってる夏美だけど、ケロロの体だと家事が大変なことを思い知らされてるとは、ご苦労さんね。
 鼻を押せば元に戻るって……どこぞの藤子・F・不二雄作品で見たような設定だな。

 宇宙廃品回収にケロロたちが出そうとしていたガラクタの中にあった魔法のステッキ。侵略者には用無しでもペコポン人には魔女っ子ごっこの格好のアイテムだね。
 魔法の呪文に悩んでる一同……おまいら薄すぎ。「ハートに届け、プラクティス!」って……そりゃ予告の決め台詞だな。やっぱし「ピピルマピピルマ、プリリンパ」ってあたりがスタンダードか。
 しかし、最後は電池切れで廃品回収送りとはもったいない。電池交換とか出来ないのか?

◎アニメ魂
 ToHeart2
 (第7話)
 百万人ゴーゴー天体観測って……元ネタは『ゴジラ対ヘドラ』だな。で、参加者集めを花梨に命じられてる貴明だけど……タマ姉には速攻で疑われてるな。ま、発案者が花梨だからUFOでも見付けるって話だろうけど……るーこの迎えのUFOでも来るのか?
 例によって由真の自転車にぶつかられてる貴明。相変わらずの突っかかりモード全開だな。
 このみが帰宅途中で出会った猫……例のるーこの猫か。相変わらず七輪で焼いた魚を食ってるグルメな猫だな。
 おや、タマ姉って結構ウエスト細いのね。ま、ベルトか何かで絞ってるのかも知れんけどね。
 集まったのはレギュラーキャラだけ……と思ったら、このみの友人が集まってるし、愛佳の人脈も広そうだね。どこぞの公害反対の富士山での百万人ゴーゴー大会よりは人が集まってるって感じだろうけど……
 いきなし開会の挨拶で怪しげな宣言……UFOを呼び出す大会なんか誰も知らないからたちまち解散モードだけど……タマ姉とこのみに感謝だろうね。
 で、何とか輪になってUFOを呼び始めたけど……そこにやってきたるーこ。おいおい「るーこ・きれいなそら」というのが本名なのか? で、たちまち出現したUFO……と思ったら、琴座流星群だったってよくある話。でも、いくら流星群でもUFOの編隊に見えるほど一箇所に固まって見えるのは滅多にないと思うけど……

 とりあえずキャラ紹介編が終わって今週から次のステップか?……と思ったけど、よく考えたら姫百合姉妹がまだじゃないか。こいつらは前作(RMM)の最終回で出てたからパスってか?(瑠璃は声だけだけど)
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.468 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.468 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。