電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.476 (1/4)

2006年01月19日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/01/09~06/01/10

◎Fate/stay night(新)
 (第1話)
「フェイト」というと「テスタロッサ」という言葉しか連想しないんだけど……
 聖杯をめぐって殺し合う7人の魔術師の戦い、聖杯戦争。前回の聖杯戦争から10年、新たな戦いが始まるって話か。
 主人公の衛宮士郎。後輩の桜とか養父の知人で担任の大河とか、何かと女の子に囲まれてるのがエロゲの主人公ってとこだな。生徒会長の一成にストーブの修理を頼まれてるけど、何で人払いしてるかと思ったら魔術で故障の原因を探ってるってか。しかし、そのまま修理するだけの魔術は無いのね。
 2年A組・遠坂凛。冒頭でアーチャーのマスターになってたやつだけど、こいつも魔術師って話か。
 連続するガス爆発と辻斬りによる殺人事件。それを聞いて何か尋常じゃない士郎だけど、養父が死んだ件と関係あるのか?……と思ったけど、養父も魔術師とか言ってるから、前回の聖杯戦争で死んだって話か。
 しかし、全然本筋に入ってないって気がするんだけど、こんなとこで第1話を終わるのか?

◎爆球Hit!クラッシュビーダマン(新)
 (第1話)
 見るようなものじゃないね。

◎名探偵コナン
 (第425話)
 久しぶりのジョディ先生……はいいけど、今はいったいどういう名目で日本に潜入してるんだ?
 久しぶりといえば赤井秀一もそうだけど、何か声がシャアというよりもデュランダル議長って雰囲気だな。で、水無玲奈はマリュー・ラミアスってか。そういえばベルモットはタリア艦長だな。
 キャンティ役のお姉ちゃん怖すぎ。この人、たまにこんな役やるからねぇ。
 しかし、黒の組織が6人も繰り出して暗殺するようなターゲットだったのか? ベルモットはどうやらさりげなくコナンを助けてるみたいだし、水無玲奈もどっちかというと宮野明美みたいな立場のキャラなんだろうな。
 しかし、FBIを敵に回して堂々と渡り合ってるようなやつらが、警察につながりの深い小五郎を暗殺したら面倒だなんて心配するか? だいたい、こいつら国際的な犯罪組織なのか、日本のローカルな犯罪組織なのかもよくわからんし……

◎タクティカルロア(新)
 (第1話)
 巨大な停滞性低気圧グランドロアの誕生による地球規模の気象変動により第2の航海時代を迎えた世界。民間船舶を襲う海賊の増加で民間の自衛組織が護衛艦で武装してるって物騒な話かい。
 やたらトラブルに巻き込まれやすい凪宮……はいいけど、トラブルがくどすぎ。いったい何がやりたい作品がわからなくなるぞ。ま、さんごのズボン下ろしと翼のすっぽんぽんキックはともかくとして……
 凪宮は民間護衛艦パスカルメイジの艦内システムのアップデートにメーカーから派遣されてきたって話だけど……そんなの作戦航海中にアップデートするものじゃないだろ。いや、航行機能には何の関係も無いんだろうけど……
 保険担当官がアリスブランドと陰口叩いてるパスカルメイジ。旧式艦と言われても比較対照がないとよくわからないけど、クルーが女性ばかりってのはどんな護衛艦だ? いや、宇宙戦艦とかだと良くある話だけど、現実的な海上の護衛艦になると違和感があるからねぇ。
 艦長の美咲と凪宮の関係もよくわからんけど、タマ姉みたいに近所の幼馴染とかいうパターンなのかねぇ。

◎Canvas2~虹色のスケッチ~
 (第13話)
 いきなし新進気鋭の若手画家を特別講師に招いて美術部も見てもらうと言ってる理事長。なんか浩樹の立場が微妙って感じだけど……ま、浩樹を刺激して撫子の教師になる覚悟を決めさせようとしてるって感じだな。
 いきなし、高校時代の浩樹と霧の回想……おや、高校時代は三角関係だったのか。まさか、このもう一人の男、柳ってのが今度の特別講師ってことはないだろうけど。しかし、エリスってこの頃から霧と張り合ってたのか。
 で、浩樹に告白してふられた霧は柳とくっついたって話か。それを知って傷付いた浩樹は絵をやめたって話かと思ったら、そんな単純なことではないみたいね。柳に絵を盗まれて、その絵で柳が新人美術展に入賞したってか。
 その翌年の美術展で入賞して柳を見返してやろうとしたけど、賞には受からず。落ち込んでるときに柳と付き合ってる霧の姿を見て絵をやめたってか。絵で挫折したというより、人生そんものに挫折感を持ってしまったって感じだな。
 で、美術学校を辞めて撫子に入学したから、霧たちより1年遅れてるってか。別に浪人してたり留年してたってわけじゃないのね。
 そして浩樹の前に現れた柳……なんか当分深刻な話が続きそうだね。

◎Angel Heart
 (第13話)
 リョウがグラス・ハートを引き取ったと聞いて慌てて乗り込んで来てる冴子だけど、案の定、2人は同じベッドでお休み中……はいいけど、よく他人の家に勝手に上がりこんでるな。いや、ある意味そういう関係だったって話なんだろうけど……
 しかし、野上姉妹の残りは出て来ないのか?
 冴子にリョウは殺しても死なない。100歳過ぎてもこの調子だと聞かされて、いきなしリョウに人間ドックを受けさせてるグラス・ハートだけど……自分が先立つような親不孝をしたくないから、リョウより長生きできるか知りたかったってか。
 そこに李大人から届けられたカルテの山。グラス・ハートと香の抗体の型がほとんど一致してるから臓器移植の副作用の心配は無いってか。いや、移植してからずっと眠ってたけど、拒絶反応が起こるんならその間に起こってるだろ。他の臓器ならいざ知らず、心臓は眠ってたって動いてるんだから……
 さらに李大人から届いたリョウへの贈り物。何かと思えば、新宿駅に新しい掲示板。またシティーハンターをやれってかい。しかし、いまどき他に掲示板の需要は無いだろうし、その物々しい掲示板は絶対に邪魔だろ。よくJRが許可したものだな。
 いや、今やるんなら地獄通信みたいにネット上でやるのが流行だろ。いや、リョウにネットが出来るとは思えんけど……

◎プレイボール 2nd(新)
 (第1話)
 前作に引き続きパス。

◎舞-乙HiME
 (第13話)
 プリンを前に食欲が無いアリカ。その脇で1人黙々とピザを食ってるニナがなんか目立ってるんだけど……
 ニナのベッドに置き忘れられたセルゲイの写真に見入ってるアリカ。どうやら本格的にセルゲイに恋し始めてるみたいだけど……頭に血が上って卒倒してるとは、初心ね。
 薬でも治らない病気だと言われてビビってるアリカ。なんかお約束のパターンだね。
 で、槐の紅玉の話を知ってるかって言われて図書館で調べてるんだけど……それは数年前にガルデローベで恋を取るかマイスターになるかで悩んでたオトメの話。主を持たずにガルデローベに残ることを勧められたけど、それが屈辱のように思えて失踪したって話なんだけど……なんか舞衣のことっぽいね。
 一方、パールオトメの主席のアカネは祖国のマイスターオトメが結婚で引退したからって、後任のマイスターになることが決まったけど、実は隣国の留学生カズヤと恋仲になっていて、どちらを取るかの決断を迫られてるって話。
 そんなアカネの悩みを知ってながら、アカネが抜けると自分がトップ3に繰り上がって面倒くさくなるって愚痴ってるナオ。それでいて、最後に自分の好きなようにしろって元気付けてるあたり、前作と違ってけっこう好きだな。
 国境付近でジョン・スミスを見掛けたとの情報を確かめに出掛けるシズルを不安そうに見送ってるトモエ。そこにバイト(格好から見たら、例の王城修理の土方仕事)に出掛けるからってそこまで一緒にって馴れ馴れしくやってくるアリカ。いや、そんなことするからトモエに嫌がらせされるんだぞ。(とは言え、今のところ表に出てるのは最初の制服事件の時とこの前の遠足の緊急通報装置の件だけだから、意外とおとなしいものだね)
 町に怪物が出現し、居合わせたアカネは自分はオトメだからと変身して戦うことを決意。いや、前作の展開があれだからここらでアカネかカズヤがやられる展開かなと思ったんだけど……カズヤを守ろうと身を挺してるアカネ。絶体絶命のピンチかと思ったら、怪物を操ってた男が口封じか何かで殺されてしまい、怪物は停止。なんか命拾いしたね。
 そして、アカネのマイスター任命式。土壇場でカズヤが飛び込んで来てアカネを連れて逃走って……よくあるパターン。逃走を阻止しようとする偉いさんをさりげなく足を引っ掛けてこかしてるセルゲイがいいね。
 一方、国境地帯に駆け付けたシズルの前では、国同士がオトメを使って戦ってる光景が……ついに戦争が始まってしまったって感じだね。なんか前作の雰囲気だとガルデローベの連中も互いの国に帰って戦い合うって展開になりそうだけど……そういう展開に乗りそうなのってあんましいないのが救いかな。シホとかトモエあたりは何か画策しそうだけど、まじめなニナが自分も国のために戦うって言ってもアリカたちも当然ながら、ナオがそんな自分を大事にしないようなことはするなって怒りそうだからね。オトメ同士の戦いって言っても、ガルデローベの連中はあんまし関係無さそうな感じがするけど、さて。

 ところで、前作のあかねは早々と和也が消滅して自己崩壊を起こしてたって悲惨な境遇だったから何はともあれ恋する2人の駆け落ちって展開は良かったね。もっとも、この先、悲惨な境遇に遭わないという保証はないんだけど……いや、現に戦争始まってるし。

 どうでもいいけど、幻の『劇場版 舞-HiME』って、アリカが出てるのか?

◎落語天女おゆい(新)
 (第1話)
 どうでもいいけど、三遊亭圓朝がそれで良いのか?>落語協会。間違っても桂歌丸が女子高生たちに人気ってことはないだろ。
 校長室の秘密のドアの奥に屋敷があるって、いったいどういう金持ちじゃい>飛鳥山財閥。しかし、いまどき「あんなこと、こんなこと」の想像レベルがこれって……いったいどんなに健全なアニメなんだ?
 おや、歌丸に髪の毛があるぞ。いくらアニメだからって美化はいかんぞ、美化は。かみさんに頭の上がらない歌丸……これだけは美化できなかったか。
 妖魔にやられて瀕死の天女たち。宝珠が飛び出して新たな体を求めて現代に来てるってのは良いんだけど、てっきり戦いの舞台が現代に移るのかと思ったら、天女にされた人間が江戸時代で戦わされるって酷い話かい。
 いや、真面目に落語家を目指す女の子の話かと思ったら、落語家を目指す女の子が妖魔と戦うとかいうわけのわからない作品なのね。玩具メーカーがスポンサーのロボットアニメや魔女っ子アニメでもあるまいに、こんな余計な要素継ぎ足したアニメにして、いったい何をやりたいんだ? アニメの珍作リストに1本増やしただけって気がするぞ。

◎地獄少女
 (総集編)
 初期の話の総集編だけど……キッズステーションだけ総集編が入ってるのが謎。ま、年末年始で休んでないから他の局より1週間先行してた分の時間調整ってところか。

◎Funny Pets(新)
 (第1話)
 見るようなアニメじゃないね。

◎鍵姫物語 永久アリス輪舞曲
 (第2話)
 きらはラブラブの御咲キサ。何か怪しげなやつに見張られてるみたいなんだけど……
 で、きらはにクッキー焼いて持っていったキサだけど、きらはは途中でありすのところに向かう有人を見て追いかけてるって……完全に置き去りにされてるキサが哀れね。
 ありすの対戦者の物語を勝手に書き写してる有人。いや、そんなの反則じゃないのか? メルベイユスペースから出たら書き写した物語は消えてたとか言うオチになるのかと思ったけど、そういうわけじゃないのね。結局、その能力によって有人はメルベイユスペースへの接触能力を有してるって話か。
 有人にくっついてるありすを見て複雑な視線を送るきらは。その様子にありすはきらはの敵だと思い込んで戦う力を受け入れてるキサ。なんかさっそくありすが呼び出されてやってくるけど……能力が未熟でも個人的憎悪に燃えてるキサに手加減できないありす。
 結局、きらはが来てありすが敵じゃないとわかったら自分も仲間になるといってるけど……なんか今度は別の意味で誤解し始めてるみたいね。
 しかし、変身解いたらきらは意外とは喋れないって……よくそれで社会生活が出来てるね。
 それにしても、留守中のきらはの部屋を漁って萌え萌えのキサがなかなか。とくにタンスの中のパンツを見てるとこなんか……

◎よみがえる空 -Rescue Wings-(新)
 (第1話)
 小松基地に赴任してきた内田……しかし、自衛隊員でも隊員宿舎じゃないのね。ま、パイロットだと士官だから一般隊士と同じ隊員宿舎ってわけにはいかないのかもしれないけど。しかし、人通りも何もない寂れた町だね。
 聞き覚えはあるけど、どこの言葉喋ってるのかと思ったら、岡山かい。で、前の赴任地は小牧あたりってか? しかし、いきなし彼女が能登麻美子ってか。
 で、小松救難団に出仕した内田だけど、さっそく紹介されたのが小松で12年のベテラン准尉。新人がいきなしそんなベテランの上官ってのはやりにくいだろね。
 同じパイロットといってもジェット戦闘機乗りと救難団じゃ、エリートコースとそれ以外って感じだからねぇ。しかし、小松を部隊にした航空自衛隊の話って夏見正隆の『僕はイーグル』でもやってるんだけど、まさか国籍不明機が民間機を撃墜したりとか、そういう展開の話にはならないだろうな?
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2005年度アスカー賞 | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.476 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。