電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.502 (2/4)

2006年10月23日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/11~06/07/11

◎BLEACH
 (第88話)
 あれだけ個別の戦いで苦戦しておいて、自分らより数が多いバウントの巣窟にのこのこ出掛けていく副隊長連中が理解できんな。で、あっさり全滅してるって……ガキの使いほども役に立ってないし……

◎ちょこッとSister(新)
 (第1話)
 ヤンキーねーちゃんのサンタに叩き起こされたと思ったら、プレゼントの中身は女の子。ずっと昔に願ったプレゼントで、妹は用意するのに時間が掛かるから今になったって……いったいどんな用意をして妹をでっち上げたんだ?
 普通に考えたらロボットか何かだろうに、生身の女の子かい。
 下着姿の女の子にびびって何か着ろといわれ、何かノートで調べたかと思ったら「兄妹でそんなこと気にしないんじゃ」って……初めて会った相手に兄妹として肉親の感情を期待する方が無理だろ。
 名前がないから「ちょこ」と名付けられてるけど……そこまで育ってて名前が付いてないって、いったいどんな育てられ方してたんだか。ロボットだってデフォルトの名前とか、形式番号ぐらい付いてそうなものだけど……
 ちょこの服を買いに出掛けたら、デパートはクリスマスセール……ああ、ちょこ自身がクリスマスプレゼントだったんだから当然か。で、服代が3万以上して驚いてるお兄ちゃんだけど……そりゃデパートで買えば高いだろ。しかし、金が足りないからってわざわざ預金を下ろしに行ってるって、そこのデパートではデビッドカードは使えないのか。
 おや、ちょこって昔、母親が流産した妹の代わりだったってか。とりあえず単なる妹萌えとか、邪な目的で妹を欲してた訳じゃないのね。ま、中学生や高校生の妹がいきなり出来たんなら押し倒したくもなるかもしれないけど、幼女相手じゃ……
 お兄ちゃんが買い物してる間に風船を追って迷子になってるちょこ。さんざん泣きべそかいたと思ったら、いきなしキスしてるけど……妹はお兄ちゃんにお礼にキスするって、どこの国の妹じゃい。ま、サンタさんの国ではそういう風習なのかもしれないけど。
 わざわざレンズ歪みを強調してるエンディング。いや、そういうのを逆に普通に見えるようにする仕事をしてた立場からすると悪夢にうなされそうなので、やめてくれ。

◎ハチミツとクローバーII
 (第2話)
 しゃっくりが止まらないハグちゃん。コップの反対側から水を飲めばいいと学生時代に教えられたと言ってる花本だけど、そりゃ絶対に騙されてるぞ。そこにやってきた森田。しゃっくりを100回やったら死ぬって、相変わらず格好の遊び相手にされてるな。しかし、竹本の割り箸を使った止め方ってのも胡散臭いんだけど……
 4年も理花さんと一緒に仕事してるといってる真山。う~ん……卒業してからまだそんなに経ってないだろ。学生時代のバイトの頃から数えてるのか。理花さんとの会話が見付からないからって真山に聞いたり花本に聞いたりしてる山田さん。好きになるほど喋らなくなるタイプって……他人から見たらとっつきにくい相手だろうな。
 しゃっくりが止まらなくなった理花さん。おいおい、花本って理花さんにもあの止め方教えてたのか。で、案の定、全然止まらず。結局、真山に砂糖水飲ませてもらって止まってるか。
 真山と理花さんのことを目の当たりにしてカツ丼特盛をやけ食いしてる山田さん。ま、この人は食っても太らないタイプだろうけど……なかなかの食いっぷりね。しかし、相変わらず切な過ぎるな、山田さんって。いい加減、真山は諦めろよ。

◎ひぐらしのなく頃に
 (第15話)
 苦しんだガキを診るために呼ばれた監督。ガキには何か手術の跡があってそこが痛いと言ってるんだけど、盲腸でも切ったのか?
 帰路の監督と出くわした大石と赤坂。おかげでガキの居場所がわかり、なんとかガキを取り返すことが出来たけど……大石の話ではガキを誘拐してた連中は、ちゃんとした訓練を受けてる人間って話。自衛隊でも噛んでるのか? おまけに大臣と犯人との取引が成功していて雛見沢ダム計画は凍結されたって話。赤坂が怪我をしなくてもガキは解放されたってか。
 東京に連絡しようとする赤坂だけど、付近の電話はすべて線が切られてて不通。そこにやって来た梨花。電話を掛けても悲しくなるだけだとか言ってるけど……
 今日は綿流しの祭だと言う梨花。連れられて見に行く赤坂だけど、祭とは名ばかりで、神社で村人たちが飲み食いしてるだけの宴会かい。なんか、圭一がやって来た頃とは全然違うねぇ。
 ダム計画の凍結で村に平和がやってくるという赤坂に、これから毎年血生臭いことが起こって数年後には自分も殺されてしまうと言ってる梨花だけど……

 それから数年後、退官後に札幌に引っ越した大石を訪ねてる赤坂……ということは、圭一の時代よりも後の話だな。
 あの綿流しの晩に赤坂の妻が死んでたって話。階段から転落して事故死し、辛うじてお腹の中の赤ちゃんだけ助かったってか。せめて雛見沢にいる間は赤坂がそれを知って悲しまないようにと、梨花が電話線を切ったってか。
 で、雛見沢村はオヤシロ様の生まれ変わりである梨花が殺されたことで、祟りで大災害が起きて全滅……って、《暇潰し編》って《祟殺し編》のバックストーリーだったのかい。連続怪死事件って、誘拐事件の翌年から始まったのか……
 しかし、圭一が沙都子の叔父を殺したとか、富竹が殺されたのとかは梨花の口からは予言されてないのね。圭一の犯行はともかく、富竹の事件って毎回出てきてるんだけど、実はオヤシロ様の祟りとは無関係のただの殺人事件って話なのか?

◎つよきす Cool×Sweet
 (第2話)
 小学校のときにレオに「大根」と言われたのがトラウマになってるみたいな素奈緒。
 素奈緒はただの幼馴染なのにいつのまにか許婚だとか言われてるレオ、ご苦労さんね。いや、教室中に大声でバスとのサイズを叫ばれてるよりマシか。
 部がダメならって同好会を始めようとする素奈緒。しかし、同好会にも設立規約みたいなものがあるんじゃないのか?
 掲示板の貼り紙に館長許可を取れという乙女。どうでもいいけど、日本刀の帯刀許可って、この学校には銃刀法が適用されないのか? アーミーナイフを持ってるだけで逮捕される世の中なのに、日本刀の帯刀なんてねぇ……
 希望者集めにエキシビジョンを企画した素奈緒だけど、生徒会主催の制服祭とぶつかってるとは悲惨。しかし、この学校って毎年制服変えてるのか? でも、出てるのがとても制服とは思えんのばかりなんだけど……
 誰も観客がいないまま劇をやってる素奈緒。そこにやって来た暴走族の集団……っていつの時代の連中じゃい。生意気な素奈緒に手を上げようとしたら、速攻で乙女に撃退されてるとは見掛け倒しの連中ね。
 それにしても、やっぱしミニスカ制服でたちまわりやったら見えるものは見えるって、自然でいいね
 ところで、「ヒロイン全員ツンデレ」って宣伝文句を聞いた覚えがあるんだけど、いったいこの作品のどこにツンデレがいるんだ?

◎ARIA The NATURAL
 (第15話)
 一人だと仕事をサボって遊んでるのか、このARIAカンパニーの穀潰し。そこを晃に見付かってビビってる灯里だけど……晃も仕事無しか。そこに現れた暁。こいつと晃って何か敵対してるのか?
 で、知らない間に湧いて出てるアル。しかし、サラマンダーもノームも暇だねぇ。ところで、暁やウッディよりもアルの方が年上ってかい。いや、そりゃ絶対嘘だろ。
 どうでもいいけど、ガキの頃の晃って完全に男そのものだな。しかし、暁ってそいつが晃だっていまだに気付いてなかったのか。で、挙句の果てに晃のことを女装趣味の優男って……さすがに激怒ものだろうな。
 いつの間にかアルの思い出話から、みんな灯里を中心としたわっかの中に集まってるって話になってるんだけど……その周囲で何か微妙にゲストキャラとかサブキャラがニアミスしてるんだけど……人形芝居のおっさんまでいるとは思わなかった。

◎スクールランブル 二学期
 (第14話)
 11月30日、塚本天満、17歳のバースデーパーティー……どこぞのおねえちゃんと一緒でその後に12の倍数の月数が付くんだな(違うっ!)。
 今日一日は女王様って、さっそく愛理に納豆食わせるか。そんな関東人しか食わないような豆の腐ったゲテモノ食わされるとは、愛理も災難ね。で、次は晶に笑えって……そういや、こいつの笑った顔って見たことないな。美琴はポッキーゲーム。ま、その阿弥陀で当たった相手が晶でよかったね。
 一条かれんは帯でぐるぐる回し。なんかオヤジ趣味に走ってるな。
 そんな天満を寂しそうって言ってる八雲。そういえば烏丸が来てないんだな。しかし、今回のシリーズ、烏丸ってとことん存在感がないな。
 急に漫画家のアシスタントに呼び出された播磨だけど……まさか相手は烏丸ってオチなのか?
 その烏丸、期末試験も受けなかったって花井や今鳥が心配してるけど、毎月アメリカに行ってるって……マンガの取材でもあるまいに。しかし、嵯峨野恵と話してる眼鏡っ子って誰だ?(EDのキャストでそれらしいのって、結城つむぎか?) 嵯峨野恵も最初にパーティーを仕切ってたけど、こいつってそんなに天満と仲良かったか? 『スクラン』は『ネギま!』と違ってネット上にサブキャラのデータがないから、このあたり全然わからんな。
 やっぱし、播磨を呼び出したのは烏丸。ま、そこで律儀にアシスタントの仕事はやるのが播磨の真面目なところだけどね。しかし、結局は烏丸を追い出して内容を描き変えるって展開だけど……
 インクをこぼして原稿を台無しにしたからって、今度は八雲を呼び出すかい。で、もうメチャクチャ自分勝手に話をでっち上げてるし……しかし、その相手を押し倒すって漫画、『ラブひな』かいっ!
 しかし、そんなの自分で実演して構図がつかめるのか?
 結局、播磨のでっち上げ漫画を乗せることになってる担当さん。漫画雑誌の編集者も大変だね。

 何気にD組の連中の方が目立ってるパーティー。ゲームに参加してないのに罰ゲームで女装させられてる奈良、大変だね。
 おや、大塚舞と西本って幼稚園から一緒だったってか。舞のツッコミって西本相手で鍛えられたんだな。

◎内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎(新)
 (第1話)
 あまりに現代のアニメレベルを超越し過ぎてて言葉も出ない……いや、こんなの見て面白いとか思うやつがいるのか?
 まず冒頭。テロで警戒が厳しい中、あんなことしてやってくるのはアホというか、米軍に打ち落とされても知らんぞ。おまけに無意味に緊急脱出装置を使ってパラシュートで降りてきてるけど、そのイーグル、おまえとの自家用機じゃなけりゃ、とんだ税金の浪費だぞ。
 いきなりCIAを一流レストランに呼びつけたと思えば、要するに自分が金持ちだということを見せ付けたかっただけかい。で、目的の場所に向かおうとしたら、唐突に刺客が襲ってくるという展開。はっきり言ってわざわざCIAに同行させてる意味なし。
 襲ってきた車の屋根に飛び移ったかと思えば、その車の運転手が自爆……いったいどんな組織の手のものじゃい。で、車中が燃え盛ってる中、飛び降りても即死、このままでは爆発とか悠長なこと言ってるけど、それだけ中が燃えてたらおまえの乗ってる屋根も相当な高熱になってるだろ。
 なんとか車を川に飛び込ませて脱出はいいけど、そんなとこからハンドル撃つとかいう信頼性の低い行動取るよりは前輪のタイヤを撃ってパンクさせた方が確実だと思うけど……
 川から上がったら敵の刺客たちが待ち伏せ。いや、そこで絶対に助かるわけ無いだろ。運がいいというより、悪夢だな。
 で、目的の場所に行くためにカードで買ったのがカウンタック。加速が良いとか言って飛ばしてるのかと思えば、刺客のトレーラーに簡単に四方を押さえられて絶体絶命……なんでカウンタックに乗っててそんな状況に陥るんだ? 宝の持ち腐れだね。
 どうやって切り抜けるかと思えば、カウンタックの屋根の四方の支柱部分を銃で穴を開け、無理やりトレーラーの下に潜り込んだら屋根は引っ掛かって外れて、オープンカーになったカウンタック……もったいなさ過ぎ。いや、それより、こいつらカウンタックのドアの構造知ってるのか?
 で、それだけのバトルを繰り広げてたどり着いた先にいたのが、たかがエリート気取りの木っ端役人1人……
 あまりにもくだらなさ過ぎ。これじゃ、まだ『MUSASHI』の方がまともな作品って気がするぞ。当然ながらとても見続ける気にはなれんね。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.502 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.502 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。