電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.490 (2/5)

2006年05月16日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/04/18~06/04/19

◎ガイキング
 (第3話)
 敵は地球の内部にあるダリウス界から来てるって……いまどき地球空洞説ですか。ま、『ウルトラマンマックス』の最後の敵も地底の知的生命体が放ったって話だったけど、あれはそんな大規模な空間があるような話でもなかったけど……
 地球空洞説が成り立つなら現在の地震波の観測データが地球が詰まってることを証明してることと両立できないはずだけど。それにそんな地球内部の世界なら、大気圧とか重力は地表とは相当に違って、動物の体組織構成なんかも全然違うはずなんだけどねぇ。

◎BLACK LAGOON
 (第2話)
 おいおい、戦闘ヘリを魚雷で撃ち落すか? いや、それよりサイドワインダーをあんな手で逸らすことが出来るのか? ま、普通は小型船舶なんぞに向けて撃ってくるもんじゃないから、少しでも大きな熱源があるとそっちに反応してしまうんだろうけどね。
 殺し屋の失敗で、しぶしぶ取引場所にやってきた部長。その場では岡島を連れ帰るような感じだったけど、どうせ途中で始末するつもりだったのかねぇ。ま、岡島も会社に愛想を尽かすのは当然だろうけど、だからって海賊になるか?

◎獣王星(新)
 (第1話)
 どこぞのエリートの双子のガキが、クーデターか何かで弱肉強食の星に捨てられるってお話。ま、そこで勝ち上がっていくってよくあるお話なんだろうけど……見続けるほど面白そうには無いね。

◎ひぐらしのなく頃に
 (第3話)
 大石との電話をレナに聞かれた翌日、学校を休んだ圭一。診療所からの帰りに大石に食事に誘われてるけど……なんちゅう制服のファミレスじゃい。そこで大石が語ったのは、これまでの事件すべてに圭一の友人たちの身内が関わってるって話。次に危ないのは圭一だとか言ってるけど……
 なんか、このおっさん圭一をからかってるんじゃないだろうな。
 ま、レナの家が元々雛見沢から出てるってのは予想の範囲だったけど、前の学校で錯乱してガラス窓を割りまくったってのが何か怖いね。
 おや、悟史ってのは沙都子の兄だったってか。そりゃ、あんまり学校で周囲が事件に触れたがらないってのはわからんでもないね。
 その晩、お見舞いにおはぎを持ってきたレナと魅音。ひとつだけレナが作ったのがあるとかいう話だけど……ロシアンルーレットかいっ! しかし、ファミレスでの話が半分魅音に筒抜けになってるように思うのは気のせいか?
 で、食ってたおはぎに縫い針が……命を狙われてると思って遺書を書き始めてる圭一もねぇ。しかし、時計の裏に隠したりして、誰か気付いてくれるのか? そりゃいつか部屋の片付けしたら見付かるだろうけど、それがいつになるかはわからんぞ。死んでから何十年経った後で見付かっても意味無いだろうし。
 翌日、早く学校に行こうとしたらいきなし車に轢かれそうになってるし……しかも、失敗したと見たら残念がってる運転手。おいおい。
 いきなしバットを取り出して素振りを始めてる圭一。それをみた沙都子がバットを失くさないでって言ってるけど……さては悟史のバットなのか?
 部活にも出ずバットを持って帰る圭一だけど、それを追いかけてくるレナ。バットを持ったまま凄む圭一に何もかも悟史の時だと同じだと言ってるけど……悟史も圭一と同じように追い詰められてたって話か? で、悟史がどうなったかと聞くと、いきなし怖い顔になって悟史は転校したって……
 いや、真実を隠してるというより、こいつらも何らかの事情でそう思い込まされてるというか、沙都子と毎日顔を合わせてる手前そういうことにしようとしてるってのが本当のところだとは思うけど……
 帰宅したら両親は仕事で東京に行ってしまって、一人残されてる圭一。なんか露骨に襲われそうな雰囲気だけど……

◎吉永さん家のガーゴイル
 (第3話)
 マスコミを通じてガーゴイルに挑戦状を叩きつけてきた怪盗百式。百式といってもキンキラキンじゃないのね。
 吉永家を出て行った後で百式が侵入した研究所にいた女の子。超能力者らしくて百式の心が読めるみたいだけど……超能力者でも手品は珍しいんかい。
 女の子に懐かれてしまった百式。逃げる逃げられないで捕まってるうちに警報が鳴って女の子と共に逃げるはめに。これじゃ怪盗じゃなくて人攫いだね。
 商店街で出くわした百式とガーゴイル。対決するのはいいけど、単に商店街を破壊してるだけのような。結局捕まった百式は面白い手品をすれば許してやると言われて、高原イヨのブラを抜き取ってるかいっ! しかし、乳パンツって……
 また吉永家に厄介になってる百式。梨々とかいう女の子を預かってくれとか言ってるけど……なんか梨々がいたのは怪しげな組織の研究所みたいね。
 ところで、梨々と一緒に人生ゲームみたいなのをやってる双葉たちだけど……なんかルーレットだけやけにリアルだね。

◎ARIA The NATURAL
 (第3話)
 気象の話から流星群の情報を見付けた灯里。ま、火星だって流星群はあるだろうけど、地球よりはレアだろうね。
 ノームのアル。前作では最終回に出てきてただけだからどういうキャラなのかよくわからんけど……ノームって地下で何をやってるのかと思ったら、火星の地表重力を1Gに保つ仕事ってか。確かに重力が1Gでなけりゃアクアの生活はやってけないわな。しかし、どういう仕組みで重力を水増ししてるんだ? 火星自体の万有引力は変わってないと思うけど……
 流星群を見に、灯火の少ない場所で建物の屋根に登ってる灯里と藍華とアルの3人。怖がってるアルを先に登らせてるけど……そんな裾の長い服着ててパンツが見えるもクソも無いだろ。
 2人きりになってアルを意識してる藍華だけど……この先そういう展開が続くにかねぇ。
 どうでもいいけど、ノームの管理してる人工重力が流星群を引き寄せるぐらいまで働いてるんなら、火星と太陽との間の相互作用にも影響してきて火星の公転軌道とか変わってくると思うんだけど、それで大丈夫なのか?

◎夢使い
 (第2話)
 病院の2階が迷路になって、女の子の病室に近付けないと言う事件。塔子と燐子が依頼を受けるも、文房具の妨害で病室にはたどり着けず。風邪を引いていた塔子はあっさり引き上げてるけど……
 塔子が呼んだ助っ人は金曜星の夢使い、橘一。燐子には露骨に嫌われてるみたいだけど。
 燐子を見捨てて自分だけ病室にたどり着いた橘。その病室には大敵であるテディベアはいなかったって話だけど……もともとそのテディベアは母親と離婚した父親からもらったものだったってか。
 母親が父親に娘に合わせないようにさせて、テディベアも取り上げてしまったから、父親に会いたいと願う娘の強い思いが悪夢を生み出してたってか。
 しかし、『エンジェル同盟』はいいけど、人形を入れたらそのアイテムが使える能力って、なんか物凄く便利な気がするぞ。

◎スクールランブル 二学期
 (第3話)
 いきなし立ち去る執事。何かと思ったら、外から絃子に狙われてたってか。
 謎の敵の猛攻を受け、一人になってしまった喫茶軍の美琴。あわやというところで花井に助けられてるけど、この分じゃ喫茶軍の生き残りはこの2人だけだな。
 その前に姿を現した第3勢力バンド軍の結城つむぎ。喫茶軍と演劇軍が潰し合ったところに少数精鋭で参戦してきたからかなり手強そうね。でも、最大の戦力は一条かれんだろうけど。しかし、ブービートラップを仕掛けてる伏兵・烏丸も凶悪だな。
 演劇軍の本陣を守ってるのは天満と愛理だけど……おいおい、天満ってさっきまでバンドの練習見てなかったか?
 斥候に出てあっけなくやられてる愛理。執事のおっさんが撹乱してた意味なしってか。天満が一人になったところにバンド軍の烏丸。完全に状況認識でいてないな、天満は。
 バンド軍のエースと思われた一条かれんだけど、美琴の前に会えなく沈黙。この時点で喫茶軍有利かと思ったら、美琴の背後に現れたのは味方の花井ではなく、演劇軍の播磨。弾切れで抵抗できない美琴。しかし、花井が来るのを待って美琴を仕留めてるとは、播磨も凶悪ね。
 バンド軍に同情して自分に銃を向ける天満を引き止め、自らを撃って散っていく烏丸。絶叫する天満……おいおい、ただのサバゲーだろ。
 屋上で播磨対花井の最終決戦……いや、どこかに伏兵が隠れてそうな気がするんだけど……
 おいおい、映画に撮ってたんかいっ!<晶&絃子。結局、喫茶店も演劇もバンドも全部やるって……あの死闘の意味って……ま、花井も播磨も元通りに復活したみたいで、何とか本来のスクランの雰囲気に戻ってきたって感じね。

 サバゲーへの乱入を愛理に責められてる執事のおっさんの回想話……そりゃ絃子じゃなくても席を蹴って帰りたくなるわな。

◎NANA
 (第3話)
 奈々って有頂天になるのと落ち込むのと両極端の連続だな。
 海に行って章司と出来るって話かと思ったけど、そういう展開ではなく、奈々の思惑通りに友情を深めただけかい。
 淳子たちが東京の美大に行くと聞いて自分も東京に行くと言い出してるけど、自分の目標を持って言ってるわけでもなく、ただ淳子たちと別れたくないからってだけ。そんなやつが受験に合格するわけも無く、結局、1人田舎に残されてたってか。
 受験に失敗し、章司とも喧嘩して1人で帰り道もわからなくなったときに再会した不倫サラリーマン浅野。いや、本当に悪い人じゃないんだな。

◎姫様ご用心
 (第2話)
 いきなし校門で出迎えられてる姫子。ま、心当たりの無い歓迎におもいっきしビビってるのは当然だろうけど……しかし、「姫子様」と呼ばれて「ヒメコサマー」って別人の名前だと思うか?
 姫子に差し出したリンゴを毒リンゴと警戒されてる美涼葵、悲惨ね。それを見てここぞとばかりに葵を責め立てて日頃の恨みを晴らそうとしてる小出まりだけど、毒見にリンゴを大量に食わせられてるとは悲惨。
 リンゴの食い過ぎで腹を壊した小出先生。姫子のたてこもってるトイレのドアを開けようとしたらゾンビやら不敬罪扱いとは、災難ね。
 なんとか漏らす前に強行突破でトイレに突入したのはいいけど、そこは男子トイレだったってオチかい。ま、個室に機能の違いは無いだろうけど。いや、そもそも学校にトイレがそこだけってことは無いだろうから、とっとと別のトイレに行けばよかったはずだろうし。
 団子を出せば毒入り団子と警戒され、開き直った葵。ナーナを本物の女王だと擁立して姫子をニセモノ扱い。いや、それが真実のような気がしないでもないけど……。で、本物の女王の座を賭けてテニス対決……って、何か女王の意味が違うような気がするぞ。
 姫子が女王扱いされてるのは王冠のせいだってのはわざわざ説明されるまでもないんだけど、効果が現れてるのが姫子以外の学校の先生や生徒だけってのが謎。追ってる二人組には事態が理解できてないみたいだし……
 しかし、ひたすら貧相にアホだね。

◎いぬかみっ!
 (第3話)
 ウォーターガーデンの妖魔退治の依頼を受けて出動してるせんだん以下、総員8人の犬神たち……なんかようこよりはまともそうだけど。
 現場で鉢合わせしてるようことせんだんたち。速攻で妖魔を退治したようこだけど、依頼が間違ってたと知って、報酬も蹴って早々に退散。しかし、せんだんたちってようこより弱いのか? 留守番で残ってたなでしこだけが張り合えるって感じみたいだけど……
 ようこの攻撃で蒸発しただけの妖魔。いぐさの指摘どおり、やがて水滴になって復活してきてるって展開。今度は10人全員で攻撃しようとするけど、攻撃に異を唱えて参加しないなでしこ。
 どうにか9人で敵を退治したせんだんたちだけど……完全に険悪な雰囲気。欠席裁判でなでしこの追放を全会一致で決議。いぐさとかは本心じゃない感じだけど、せんだんには逆らえないってところか……
 一方、そんなことは知らずに、啓太のところへやってきたなでしこ。乱暴なようこに愛想を尽かした啓太がはけに頼んでたのだけど、わざわざなでしこを選んでる辺り、はけも何か考えがあってのことなんだろうね。

◎ウィッチブレイド
 (第3話)
 鷹山の施設でウィッチブレイドのテストをされてる雅音。ウィッチブレイドの本能が楽しむように敵を倒してるけど……
 わけのわからないまま戦わせられたことを怒ってる雅音だけど、梨穂子との生活を盾に取られたら協力するしかないって展開かい。ま、相手は怪しげな軍需産業みたいだけど、少なくとも悪の組織とかいうものじゃないみたいだし。(いや、サヨクの平和主義者から見たら十分に悪だろうけど……)
 で、一連の連続殺人事件は大震災の時に導示重工から逃げ出したエクスコンとかいう生体兵器の仕業で、雅音にこれを処分する手伝いをしろって話。
 一方、東京タワーに向かってる梨穂子だけど、途中でスリのねーちゃんに財布を盗られてしまい、船のチケットが買えずに立ち往生。そこに第1話で梨穂子たちを乗せてた船の船長さんと出会って乗せてもらってるけど……
 梨穂子の財布を奪ったスリのねーちゃんは速攻でエクスコンに襲われてお終いとは、哀れね。で、導示との契約を引き受けてそのエクスコン退治に出ることになった雅音。でも何かウィッチブレイドって強すぎるから、エクスコン退治ってのは単なる発端で、物語的にはもっと大きな事件でも待ってるんだろうね。
 ヘリから東京タワーにいる梨穂子を見付けた雅音。何とか親子の再会ってとこだけど……

◎.hack//Roots
 (第3話)
 伝説の黒いマルチウェポンのハセヲ……おや、ずいぶんと有名人になったものね。
 そのハセヲに近付いてきたタンとかいうギルドの連中。どうやら黄昏の旅団とは敵対してるギルドみたいだけど……
 ハセヲにうざいといわれてへこんでるダビー、いとおかし。
 旅団とタン、それぞれからゲストキーを貰って誘われてるハセヲだけど、結局は旅団を取るってのはお約束かい。

◎RAY THE ANIMATION
 (第3話)
 海にやってきた沢病院一行。休診日ではあろうけど、入院患者とかは放置してて良いのか? いや、院長のおっさんがいないから病院に残ってるんだろうけど、あんな厳ついおっさんが残っててもねぇ。
 水族館で零を待っていた患者。全身を覆い尽くす腫瘍の進行を止めるために微生物入りの水槽に入れられてるけど、これをあくまで水槽の中で手術しろって話。感染を防ぐために単分子性の透明なスーツを着て入らなければいけないけど、ぴっちりしたスーツだから中は水着しか着られないってか。
 手術はスーツと同じ素材の単分子性シートを貼り付けてレーザーメスで腫瘍を切断し、そのままシートに包み込んで病原体の流出を防ぐって方法。零にしか出来ないってのは、水中やゴーグル越しによる光の屈折の影響を受けずに患部を見ることが出来るからってか。しかし、どんな物理的作用で見えてるんだ?
 そんまま順調に行くかと思ったらいきなし停電。メスが使えないどころか、患者の生命維持装置も停止って……ま、篠山のハッキングで館内の非常用電源を切り替えて何とか回復することが出来たけど……
 しかし、この患者、呼吸用に頭部をマスクで覆ってたし、パンツもはいていたけど、これだけ全身に腫瘍が広がってたらその部分も完全に侵されてそうな気がするんだけど、そのままで大丈夫なのか?
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.490 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.490 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。