電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.510 (1/3)

2007年03月27日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/09/04~06/09/04

◎ゼロの使い魔
 (第10話)
 お忍びで魔法学院にやってきたアンリエッタ。ゲルマニアに嫁ぐことになったから、その前にアルビオンのウェールズ皇太子に渡した手紙を返してもらってきて欲しいって話。プライベートなことの上に公になったら婚約が破談になるってことで、信頼できるルイズにしか頼めないって話。
 原作だと魔法学院の視察に来たついでにルイズの部屋に忍び込んできて頼んでる話なんだけど、アニメじゃ視察の話は前にやってるから本当に唐突に首都からお忍びでやってきたってことになってしまってるけど……近くの町に出るにも何時間も掛かる魔法学院まで王宮から夜中に一人でお忍びでやってくるって、どんなお忍びなんだ? ま、ドラゴンか何かで空を飛んでくる方法があるのかもしれないけど、夜中の話だし根本的に話に無理があるな。
 話を盗み聞きしていたギーシュも来ると言ってるのは良いけど、こいつ、元帥の息子ってそんな偉いさんの家柄だったんかい。もっとも元帥と言っても小国トリステインの元帥だからどれだけの軍事力を指揮できるのかはわからんけどね。
 アンリエッタが護衛を付けると言って、やってきたのがグリフォン隊隊長のワルド。ルイズの許婚って話。ルイズは親が決めた許婚だからって自分が従う義務は無いようなことを言ってるけど、貴族社会の許婚ってのは本人同士の意思とは関係無しに絶対なんじゃないのか?
 こいつも原作の初登場はアンリエッタが視察に来たときの護衛役なんだけど、例によってアニメはいきなりだね。
 原作は売れなかったら1巻で終わる可能性があったから1巻の時点ではアンリエッタとか出さずに、フーケの事件だけで終わってるって感じ。だからアニメにするときにその辺を再構成してアンリエッタの視察とフーケの事件を組み合わせたってことなんだけど、それじゃ今度は2巻のアルビオン行きの話が分断されてしまったって感じだな。おまけに4巻の水精霊の話を先にやってるから余計に唐突って感じ。
 アンリエッタの視察とフーケの事件を組み合わせるなら、こっちも一緒に組み合わせてしまった方がすっきりするんじゃないのか?

 ・アンリエッタの視察
 ・アルビオン行きの依頼
 ・フーケ、破壊の杖強奪
 ・フーケ討伐
 ・アルビオンへ出発
     ~
 ・水精霊の話
     ~
 ・アルビオン軍侵攻

 今回、コルベールがガソリンを作ってたり、OPでゼロ戦が出てくるとこ見たら3巻のアルビオン軍との戦争までやるんだろうけど、残り話数を考えたらどうみても尺足らずだな。なんかおもいっきし中身を端折られそうだけど、大丈夫なのか?
 それはそうと、コルベールがガソリンを作るのは原作では才人がシエスタの故郷からゼロ戦を貰って来て頼んだからなんだけど、そんな話無しにいきなし「竜の血」とか言って勝手にガソリンを作ってるとこみたら、シエスタの故郷に行く話は無しでゼロ戦も魔法学院にあるとかいうことなのか? 酷いなぁ。

◎ブラック・ジャック21(終)
 (第78話)
 フェニックス病の進行を抑えるために白拍子に命じてスカイホスピタルを北極に向けさせるブラック・ジャック。しかし、こいつらもフェニックス病に感染していて、残り時間は21時間って話。
 ドクター・クーマから提供されたフェニックス病の資料から治療方法を探そうとするブラック・ジャックだけど、行き詰ってるところに現れる蓮花。わざわざ北極までご苦労なことだけど、スカイホスピタルの居場所ってどうやって見付けたんだ? ま、あらかじめ発信機でも仕掛けてたのかねぇ。
 白拍子を拘束しようとした部下はセキュリティシステムで倒されてるけど、蓮花は逆にレーザー銃を全部仕留めてるって……さすがは組織の娘というか、一流の殺し屋並みの腕だな。しかし、顔の整形の恨みでブラック・ジャックを殺そうとしたところ、父親の全満徳と相討ちになってるとは悲惨ね。もっとも蓮花はフェニックス病の治療方法さえ手に入れば父親も殺すつもりだったみたいだけど……
 蓮花はまだ生きてるって治療を始めてるブラック・ジャック。この状況でよくそんな女を……というより、フェニックス病の治療方法を探すのが先じゃないのか? なんか偽善者過ぎるって感じだな。
 ところが蓮花の体内にあったのが例の本間血腫の原因の人工心臓。全満徳が自分の娘まで実験材料にしてたのか、それともこの人工心臓のメンテナンスのためにブラック・ジャックの父親を娘と結婚させてたのかはわからないけど……。しかし、これまでよく本間血腫にならずに済んでたものだね。
 で、その人工心臓に使われてる発電ウイルス・BOPは不死身だから例え蓮花が死んでも人工心臓だけは動き続けるはずなのに、目の前の人工心臓は機能停止状態。それを見てフェニックス病の対応を見付け出してるブラック・ジャックだけど……
 21時間が過ぎたからって、フェニックス病の感染を防ぐためにスカイホスピタルに向けてミサイルが発射されたって展開。おいおい、下手に核爆発の放射線でも浴びせたらフェニックス病のウイルスはもっと急激な進化をしてしまうんじゃないのか? ま、白拍子が緊急発進をしてどうにか助かってるけど……

 結局、BOPから進化したフェニックス病ウイルスはその進化の過程でBOPとは逆の電荷を持つことになって、それでフェニックス病に感染した人工心臓は発電を得られなくなって機能停止したって話。そこでBOPを元にフェニックス病に対する血清を作って治療できるようになったって話だけど……人工心臓の発電機能の停止ならともかく、電気特性が逆ってだけでフェニックス病ウイルスの除去なんか出来るのか? だいたいフェニックス病の元がBOPだとわかってるんなら、電気特性を使った治療法なんてドクター・クーマ辺りが真っ先に考えてそうだと思うんだけど……
 ともあれ、日本に帰って来たブラック・ジャック……は良いけど、岬の診療所は吹き飛んだままだと思うんだけどどうするんだろ?

◎名探偵コナン
 (第451話)
 いくら師匠に言われたからって、この状況で冷静に撮影を続けてられる弟子というのも凄いね。事件現場で助けを求めて叫んでる被害者を平然と撮り続けながら見殺しに出来るカメラマンってのはこういうタイプの人間なんだろうな。もっとも大事なところでパンというのを繰り返してて、事件の検証にはほとんど役に立って無いあたり、まったく修行が足りないけど……
 犯人が演出家なのは良いけど、例によって動機が不明。どう見ても計画的な犯行だからそれなりの動機がなきゃ不自然だけど……マジックの方向性の対立というのは動機にはまったく不十分だしねぇ。だいたい、マジックはもっと楽しいものじゃないといけないと主張する人間が平気で人を殺すか? そんなことして自分の主張を通したって、それでマジック続けても虚しいだけだろ。
 元マジシャンなら身のこなしが軽いだろうとか、二重巻きのリングを使えばピンの代わりに被害者を閉じ込めることが出来るだろうとか……どうも状況証拠だけで濡れ衣着せてる気がしないでも無いな。杜撰だね。

◎となグラ
 (第9話)
 水泳大会での優勝で俄か人気の香月。それがどこか気に入らなくて追い払ってる勇治だけど……
 中学が香月と一緒だったという町田・芹沢コンビから、中学時代に告白をふりまくってた香月は好きな人がいると言ってたという話を聞いた勇治。自分のこととは思わない勇治は、ちはやの親戚で中1の時に教育実習でやってきたという結城小五郎がその相手ではないかと考えてるけど……
 そんなところにいきなり現れた結城小五郎。ま、当然ながら噛ませ犬的な役割のフェイクキャラだろうけど。
 当然ながら意識する勇治だけど、勇治の誤解を知った香月はそれを逆に利用して勇治に甘えるようにちはやに唆されてるけど……舌を噛んで言い間違えて失敗って、完全にギャグでしかないな。
 それにしてもこのにーちゃん、車の運転が危ないぞ。

◎N・H・Kにようこそ!
 (第9話)
 公園の一件以来、異様に岬を意識してしまってる佐藤。一方、声優科の彼女に「オーディションを受けるから」と言われてデートをキャンセルされた山崎。クラスのコンパで自棄酒飲んだ上に自分が見本となるゲームを作ってコミケに出すと宣言し、無理やり佐藤を巻き込んでるけど……
 そりゃ、有明も海だろうけど「晴れた海」の時代から思えば「海」と言い張るには弱いと思うぞ。しかし、アニメのオーディションって専門学校の学生でも受けられるのか? その専門学校がスポンサーの作品とか一般公募のオーディション作品ってことかもしれないけど……
 それに、確かに佐藤は文芸部の部長だったかも知れないけど、先輩が抜けた後は単に他に部員がいなかっただけという話でろくに活動もしてなかっただろうし、文芸の才能には期待出来んだろうに。
 しかし、あれだけ佐藤を煽っておいて彼女から連絡があったらすっかり豹変してる山崎……サイテーだな。ま、世間とはそういうものだろうけど。

◎Angel Heart
 (第47話)
 町で香瑩の手を握ったとたんに拳銃を持ってることを言い当て、暴走車を事故から救うように求める謎の三石声のねーちゃん。後日、信宏に付き合って出向いた占い師がそのねーちゃんだったけど、彼女には予知能力があるって話。でも、好むと好まざるに関わらず相手の未来が見えてしまうのは嫌で、未来が見えない理想の相手を探して欲しいと依頼される香瑩たち。
 酔っ払って香瑩の部屋で寝たねーちゃんはリョウの未来が見えないからって理想の男性だと思い込んでるんだけど……
 海坊主の店に入ったら、そこに訪ねて来た若いにーちゃん。ねーちゃんの占いに逆らって結婚しようというそのにーちゃん。占い結果が否定的だったのは自分に覚悟を決めさせようということだったと勝手に善意に解釈してるんだけど……
 結婚なんかしたら絶対に取り返しの付かない不幸になるという占い師のねーちゃん。もう歯車が動き始めて誰にも止められないというけど……未来がそんなに確定的なら、冒頭の暴走車の事故は何で阻止できたんだ? それとも最初から誰かが阻止することを予知してたのか? でも、そうならあんなに慌ててる必要も無いはずだしね。
 例のにーちゃんが冴子と一緒にいたので事情を聴くと、にーちゃんはエリート候補の警官だったけど、恋人がいるからって上司からの縁談を断ったら左遷させれたところだって話。なんかこれから不幸のどん底へまっしぐらって感じだな。
 占い師に予知のことを詳しく聞くと、何か事件に巻き込まれて1ヶ月以内に死ぬって話。それで自分たちで阻止しようとにーちゃんの左遷先に出掛けていく香瑩だけど……

◎ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~
 (第21話)
 いよいよ『スケラブ2』の公開オーディション。5人とも書類選考で残ってるのはお約束だけど、当然ながら強敵、仲村夕海も残ってるわな。なんかすっかりライバルキャラとして存在感に箔が付いてるな。もっとも、仲村夕海ばかりでてるから、この作品、他の同業者の存在感が全然無いんだね。だから2次オーディションに残ったのが2000人とか言っても、実質的にこの6人しかいないのと同然だな。(ま、一般オーディションだからまったくの新人とか素人も相当に含まれてるんだろうけど、それでも現役の実力派声優がそれなりに出てくるはずだからねぇ)
 第2次審査は前作『スケラブ』のうんちくクイズ。監督は○×クイズで運を試すとか言ってるけど、何か実力でオタク知識を争ってるのが若干何人かいるぞ。しかし、桃子に合わせて5人一緒に付いてるってのはプロがオーディションに向かう態度としてはどうかと思うぞ。
 最後の引っ掛け問題を余裕でクリアしてる夕海。桃子と違ってオタク知識というより、役作りといえば聞こえは良いけど、早い話は一夜漬けの知識みたいだけどね。しかし、小部数発行されただけのムック本にしか載ってない裏設定って……ま、出題者の意図は運試しで、何も実力で解答することなんか期待してないんだろうけど……酷いね。
 第2次審査の最後は作文問題。雨宮愛を演じるに当たっての心構えや意気込みを書けっていうオーソドックスな問題だけど……これって普通、書類審査と合わせてやるようなものじゃないのか? ま、作ったような模範解答じゃなく、行き当たりばったりで本音を見たいってところだろうけど……
 ま、「がんばります」とか「努力します」で落とされるのはお約束だけど、それ以上の捻りが何も無いね。残ったのは案の定、例の6人だけど、何でその6人なのかがちゃんと物語の上で描かれてないとねぇ……。これじゃ、単にその6人しかキャラクターを用意してないからとしか思えないじゃないか(いや、確かにそれが本当だろうけど)。60年代や70年代の強引な御都合主義で物語を作れた時代じゃあるまいし、いまどきこれじゃ、手抜きといわれても仕方が無いぞ。

◎桜蘭高校ホスト部
 (第22話)
 新撰組の衣装に身を包んでるホスト部一同。れんげの発案であえて具体的な設定付けをせずに客の妄想を引き出してるってことだけど……池田屋事件はともかく、函館戦争の土方歳三は新撰組の隊士服じゃなくて洋式軍装だぞ。
 それはさておき、もっぱら沖田総司役は決まりとばかりに人気のハルヒ。もう一人、その渋さで人気を集めてるモリ先輩。人それぞれでいろんなキャラを妄想してるみたいだけど……ま、ここは「悪・即・斬」の斉藤一でいいんじゃないか?(って、そりゃ『るろうに剣心』の斉藤一だろ)
 しかし、ハルヒが沖田総司ならハニー先輩はどうなるんだろ?
 そんなホスト部にいきなし現れたヤクザの組長の息子の笠野田とかいうにーちゃん。モリ先輩に用があるというから果し合いかと思ったら……モリ先輩みたいに人気者になりたいからって弟子入りかい。聞けば、生まれつき顔が凶悪だから誰からも極道扱いされて避けられてるって話。
 例によって環が悪乗りして笠野田の人気者化作戦を始めるけど……変にメークアップして怒りを買ってるだけ。
 中庭でスズメに餌をやってる笠野田を見付けるハルヒ。怪我してるところを助けて、それから面倒を見てるって話。外見によらず動物好きってところね。
 そこにいきなり2人組みのヤクザが現れて笠野田を襲おうとしてるけど、モリ先輩やハニー先輩に敵う相手じゃないな。ま、自分とこの組長の息子が笠野田に拉致られたって恨みらしいけど、そこに現れた当人は組が嫌で家出して、笠野田に魅かれて笠野田組に入ったって話。ま、身近なやつはみんな笠野田の優しさを知ってるって話。
 この騒ぎで制服にペンキを掛けられて着替えに行ったハルヒに謝ろうとした笠野田だけど、着替え中のハルヒを見て呆然……いや、どう見てもペンキは上着にしか掛かってないように見えたから別に下着になる必要は無いと思うんだけど……

◎僕等がいた
 (第10話)
 山本の写真を返しそびれてる七美。英語のノートに挟んだのを忘れて矢野に貸してしまったら、それが山本の目に触れて一騒動。いや、矢野が写真を破いたのが大いに問題なんだろうけど……
 その件で気まずくなる七美と矢野。矢野にしたら七美が自分の過去を探りまわってるって感じなんだろうから気分が良いもんじゃないよな。
 日曜、矢野から電話が……と思ったら、竹内の誕生日に集まってる一人が矢野の携帯から勝手に掛けて女の子を誘ってるって話。問答無用で来るなと言って電話を切った矢野にぶちきれた七美は開き直って竹内の家へ。当然、2人の間はぎすぎすした感じ。
 七美が竹内にあげたプレゼントのストラップに嫉妬した矢野は、それを窓からポイ。完全に怒りまくった七美は矢野に水をぶっ掛けて、飛び出してるけど……ちゃんと矢野が追いかけてくる辺りが少女漫画だな。(追いかけずにこじれる方が現実的な気が……)
 ま、それで仲直りしてるんだけど……矢野が捨てる振りしただけとは知らずにあれから必死で探しまくってたという竹内……ご苦労さんね。
 矢野の家で勉強してる七美と矢野。そこにクラスの女の子が来たという話だけど、それは山本。何かと思えば、事故の日に山本の姉が元彼と一緒にいたわけを知りたいかって……何かおもいっきし逆襲に打って出てきた感じだな<山本。

◎コヨーテ ラグタイムショー
 (第10話)
 光子爆弾がタダのハッタリだと思い込んで一気に攻勢を掛けてるグレースランド解放戦線……アホだね。こいつら半日後には宇宙の塵か、哀れだな。
 一方、同じく光子爆弾がハッタリだとの情報を得たマルチアーノだけど、それを鵜呑みにせずに爆弾の可能性を捨て切っていないあたり、さすがにアホどもとは違うね。
 どうにかギガバンクスのある鍾乳洞までたどり着いたミスターたちだけど……アンジェリカがマルチアーノに掴まったと聞いたミスターは単身、アンジェリカの救出へ。ちょうど自力で逃走してきたアンジェリカと合流してるけど……とてもただの海賊とそれを追う刑事の関係じゃないな。
 この星の連中は誰も本当に光子爆弾が爆発することを知らないから、住民を逃がす手助けをしてくれとアンジェリカに頼むミスター。いきなし善人ぶった行動だな。
 それにしても、新しい体に付けられたメイ。微妙に雰囲気が違うんだけど……アンジェリカを逃がした時の清々しい表情がなんか良いね。

◎うたわれるもの
 (第23話)
 ハウエンクァが敗退して衝撃を受けてるクンネカムンだけど、クーヤはもう元には戻れないと全土統一の進攻を止めるつもりは無い様子。それを諌めようとするゲンジマルの言葉ももう届かないって感じだね。
 宮廷に潜んでるところをゲンジマルに質されてる翼人のにーちゃんだけど……なんかゲンジマルを以前から知ってた様子だね。しかし、ゲンジマルが敬語を使ってる上に、封印が解けたって……
 そのゲンジマルは唐突にサクヤを連れてハクオロのところに逃げてきてるけど、生身でロボット兵に立ち向かえるって、そんなカルラでも無理そうなことやれるって……只者じゃないね。いや、これがハクオロを欺くための芝居だったら怖いけど……
 真の忠臣としてクーヤを正すためにハクオロにクンネカムンに攻め込んでほしいと頼んでるゲンジマル。手始めに捕虜になってるオンカミヤムカイのオルヤンクルを救出に向かってるけど……ハクオロたち抜きでベナウィやオボロたちの実戦部隊だけで出掛けて、戦闘の描写も無しにあっさり救出してきてるって……いったいどういう捕虜の管理をしてるんだ?<クンネカムン。ま、もともと小国だから人手が足りない上に、トゥスクル進攻軍の敗退で浮き足立ってたんだろうけど……
 で、いきなしウルトリィがオルヤンクルの地位を継承してるんだけど……。それにしてもウルトリィって最初からハクオロの正体を知ってたってかい。

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の新番組について | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.510 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
プチ整形で二重になりたい! (プチ整形)
記事を読ませていただき、共感いたしました。 ありがとうございました。