電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.508 (2/4)

2007年02月18日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/08/22~06/08/24

◎ちょこッとSister
 (第7話)
 花屋のねーちゃんと試写会に出掛けたはるま。置いてけぼりのちょこはふくれっつら。同じ時間に珍しく慌てて出掛けてる真琴だけど……渋滞で立ち往生のタクシーの運ちゃんに、1枚脱ぐから急げって言ってもねぇ。
 試写会で監督に花束を贈呈に出てきたついでに観客席のはるまにウインクしてる音神亜里沙だけど……正体知らないはるまはビビってるだけね。
 デパ地下での買物帰りにはるまを見掛けた管理人さん。追いかけていったら花屋のねーちゃんと一緒でショックなのはいいけど、そのまま後をつけて監視してるって、あんさんストーカーかい。
 その管理人さんに後ろの席にいて田舎に帰るとか担当の人と話をしていたイラストレーターのにーちゃん、向かいの店から花屋のねーちゃんがはるまと出てくるのを見て驚いてる感じだけど、それに気付いた花屋のねーちゃんはまるで見せ付けるかのようにはるまの腕を強く抱きしめて立ち去っていく感じ。で、またそれを見た管理人さんがトドメを指されたって感じなんだけど……
 ま、このにーちゃん、花屋のねーちゃんの彼氏みたいだけど、田舎に帰るから別れ話しようとして嫌われたとか、そんな感じなのかな。
 試写会のときに無理をして大枚はたいて金欠のはるま。例によって珠美先輩のバイトを押し付けられてるけど、パンダの着ぐるみとバニーちゃんっていったいどんなバイトだ? ま、コンサートの整理とかそんなバイトが多いから、何かイベント関係で人材を派遣する会社につてがあるみたいだけど。で、珠美先輩のバニー姿を見て体の一部に物凄く嘘があると言ってるはるま。バニーのバストって詰め物で誤魔化せるのか?
 試写会には連れてってもらえず、お土産も忘れられ、今度はバイトで帰りが遅いはるまに自分は要らなくなったのかと不安なちょこ。管理人さんの部屋から出てきたら、ちょうど帰って来たはるまとばったり。はるまはお土産のことを忘れていなかったって話なんだけど……そんなに実入りの良いバイトだったのか?

◎ハチミツとクローバーII
 (第8話)
 嵐のハマビ祭、初日。竹本の作ってたのってモザイクみたいな柱だか、トーテムポールだかわからんようなものか。凡人には理解できないオブジェだね。それを褒めるハグちゃんに自分は修復師になると言ってるけど……
 突風に煽られたガラス戸が落下して、破片で大怪我をして病院に運ばれたハグちゃん……なんかいきなし悲惨な展開だね。何よりも竹本が駆けつけた時に現場に大量の血が残ってたって……。何か手首を切ったみたいだけど、もう絵筆が持てないとか、絶望的な話じゃないだろうな?
 一方、計画通りに父親の会社を取り戻した森田兄弟。乗っ取ってた外人社長は寝耳に水って感じだったけど、自分の会社の株の動向ぐらい把握しとけって……いや、まさかルーカスデジタルアーツの持ってた35%が丸々森田兄弟に回るとは思わなかったんだろうけど……。森田がハリウッドで映画のCG作って賞を取ったのって、このための伏線だったんだな。
 ここまで見事な買収劇は凡人には出来んだろうけど、でも、何か後味悪そうな展開だね。相手を社長から追い落とした後も莫大な賠償金求める訴訟を起こすから覚悟しとけとか言ってるし……
 手術が終わったハグちゃんだけど、神経の切れた手は痛みを感じないって……案の定、そういう展開かな。ま、神経はリハビリでちょっとずつ繋げていけば回復する場合もあるだろうけど……

◎ひぐらしのなく頃に
 (第21話)
 村長失踪を知らないふりをして圭一に電話をかけてる詩音。手についた血をぬぐってるけど、それって梨花の血か? それとも後から来た沙都子のか?
 魅音のふりをして圭一&リナと梨花の家を見に行ってる詩音だけど、いきなり錯乱して圭一の乗ってる梯子を揺らしてるけど……レナが村人たちを連れてきたおかげで圭一は命拾い。でも、このおかげで『綿流し編』では魅音に対する疑いが深まったんだね。
 村人に圭一に対する疑いを持たせてる詩音。そこにやってきた大石。こいつはまっすぐ魅音を疑ってるって感じだけど……
 拷問部屋で拘束されてる沙都子。まだ殺されてなかったのね。村長は沙都子が捕まってから死んだみたいだけど……。で、魅音の前で沙都子殺害を始めてるけど……悟史の復讐に沙都子を殺すってのは筋違いじゃないか? ま、悟史が生きてた頃から沙都子のことは憎んでたみたいだけどね。
 魅音に「ごめんなさい」を1000回言えば沙都子は許すと言いながら、その間も殺害の手を止めない詩音。泣かなくなると兄が帰ってくると気丈に耐えてる沙都子に、錯乱して攻撃の手を荒げる詩音。結局、そのまま沙都子は死んでしまい、詩音は悟史の最後の願いまで奪ってしまったことに気付いてるけど、すべては後の祭り。
 魅音に自首を勧めにやってきた圭一とレナだけど、こいつら最後まで詩音が成り代わってるってことに気付いてないんだな。いくら双子だって記憶を共有してるわけでもなけりゃ細かいしぐさも違うだろうに、こんなに長く詩音が入れ替わってて気付かないのか?
 圭一を地下に連れ込んだ詩音。あくまで魅音のふりなんだけど、地下牢には本物の魅音が。でも圭一はそっちを詩音だと思い込んでるのね。魅音の方も完全に壊れてしまってて自分が魅音だと伝えられない状態かい。
 拷問台に磔にした圭一に魅音がどうこう語ってる詩音。『綿流し編』では魅音の中の鬼が喋ってるのかと思ってたけど、詩音が喋ってたのなら当然の話だね。
 警察が踏み込んできたから圭一をスタンガンで気絶させた詩音。最後に魅音を穴に落とそうとしてるけど、そこで魅音が語ったのは、すべての祟りは園崎家が唆したことでも、村人たちが手を下したことでも無かったって話。いや、いまさらそんなこと詩音じゃなくても信じられないだろ。
 結局、魅音は穴の底。詩音は地下牢に閉じ込められていた「詩音」のふりをして解放されたってか。しかし、生き残った詩音は魅音の亡霊に怯えて錯乱。圭一を呼び出して刺殺し、錯乱したままベランダから転落死……
 ま、確かこれは圭一は致命傷にはならずに助かったって話だったな。

 次からはようやく最後の『罪滅ぼし編』ね。いや、続編で原作の残りもやるみたいだけど……

◎つよきす Cool×Sweet
 (第8話)
 素奈緒が待ち遠しそうにしてるパレードはいいけど、『世界の中心で弟と叫ぶ』っていったいどんな作品じゃい。
 で、パレードに参加できると聞いてミス松笠コンテストに出てる素奈緒だけど……初っ端から水着審査って、ベタだね。意外と胸がでかい蟹……と思ったら、案の定、水着の下に詰めてたってか。
 胸の小ささで即不合格になった素奈緒。コンテストに勝ち残るバトル対決の話じゃなかったのか。しかし、ミスコン嵐の先生ってのもねぇ……
 近くで見ようと欲張って肝心の犬神穂波を見逃してしまってる素奈緒、マヌケね。結局、妹たちとはぐれてレオと一緒に祭を回る羽目に。最後は裏山の特等席で花火見物……って、何の工夫もないパターンだけの展開だな。

◎ARIA The NATURAL
 (第21話)
 夜中に列車の音を聞く灯里。音の聞こえるような近くに鉄道は走ってないと言ってるけど、分厚い雲で空が覆われてるときとか、意外と遠くの物音が聞こえたりするものだぞ。うちも引っ越した当時、時々明け方近くに汽笛を鳴らす列車の音が聞こえて、近くを走ってる地下鉄は汽笛なんか鳴らすわけはないし……と不思議に思ってたことがあったものだけどねぇ。(って、実は裏の方にJRの貨物線があって、ごく稀に貨物列車が走ってたとかいうオチ)
 速攻で銀河鉄道を連想してるけど、そんな時代まで作品残ってるのか? 地球出身の灯里はともかく、火星出身のアリスも絵本で読んだとか言ってるけど……。いうまでもなく宮沢賢治の方の話で、どこぞの漫画家の作品なんかじゃないだろうけど。
 そこにケットシーから送られてきた乗車券。どうしようかと悩んでる灯里をなんかけしかけてる感じのアリシア。おいおい、普通は引き止めるのがおまいの役目だろ。
 灯里が出掛けると、そこには昼間には無かった線路が。そして集まってくる猫たち。汽車がやってきて、切符の改札をする車掌のケットシー。一匹の子猫が切符が無くて乗れないのを見て自分の切符を渡す灯里。おいおい、灯里が乗って行く話じゃないのか?
 そんなあかりをハグハグして、額にスタンプを押していくケットシー。第3種接近遭遇だな。で、空に向かって走っていく列車だけど……いったいどこに行くんだ? 『あけてくれ!』みたいにユートピアにでも行くのか?

◎スクールランブル 二学期
 (第20話)
 バイト疲れの一条かれん……なんか色っぽいね。部屋でドジビロンのオフ会をやるといってる弟だけど、今どき高校生にもなって弟と同じ部屋って大変だね。で、寝てたら何か騒がしいと思ったら、オフ会でやってきたのが今鳥だってかい。
 しかし、ドジビロンピンクの変身シーンがなかなか決まってるね。途中で胸を持ち上げてるあたり……
 雪の降る中、屋上で天体観測の準備してるメガネの男子・冬木と結城つむぎ。そこにやってきた嵯峨野とかれんだけど……こんなに雲が厚かったら天体観測も何も無いだろ。どうも結城が失恋した(美琴と一緒にいるのを目撃してるから麻生か花井ってところだろうけど)のをまぎらわせてたってところか。
 サイボーグ課の新人、天満。八雲がお姉ちゃん役ってのがなんだかねぇ。出動命令が出てプラグスーツに身を包む一同。体の線が露になると天満でもセクシーに見えるのね。そこに花井の放った蜂メカの大群。やたらセクハラ攻撃を仕掛けてると思ったら、吉田山がモデルかいっ!

 (第21話)
 魔法少女マジカル・マイ……大塚舞ってそういうキャラだったんか。しかし、両親が東堂とララというのが嫌だねぇ。こいつらのどこが魔法の国の王様と王妃様なんだ。
 奈良を虐めてる今鳥と吉田山を見て喧嘩両成敗と3人とも始末してるマジカル・マイ。そこに無意味にパワーアップして手紙を届けに来た天満。胸は詰め物って……肌に見えてる部分も衣装なのね。
 ポンチ絵魔城にやってきたマイ。晶の手下の天王寺に連れ込まれた先はなんか古手神社の祭具殿みたいなところだな。
 一途なマイに折れたポンチ絵大魔王。憧れのマスク仮面の耳に青い薔薇を刺すマイだけど……刺してどうする、刺して。しかし、マスク仮面の正体が西本なのはいいけど、素顔をさらしたとたんに質量が増大するかいっ!

 おまけのマリっぺの田舎弁がなかなかだけど……清水香里か。

◎いぬかみっ!
 (第21話)
 封印が解け掛かってる大妖孤。啓太に助けを求めるために薫に使いに出されたともはねだけど……。それは別に、以前の別荘で目撃した何かに関して相談するために啓太を探そうとするフラノたち。そこに啓太のところから帰ってきたいぐさたち。啓太はもう数日仕事で出掛けていて留守だという話。それを聞いてせんだんまで残念がってるけど……なんかこいつら、すっかり啓太を信頼してるみたいね。
 しかし、今回は作画が凶悪。最近のアニメでこのレベルの作画だと売り物にならんだろ。DVDでちゃんと修正されたりするのかねぇ。
 啓太の匂いを手繰りながら探してるともはね。ま、犬にとっては普通だろうけど、傍から見てたら異常だよな。そんなともはねに襲い掛かる千葉繁のメガネ。なんかすっかり準レギュラーだな。
 いつぞやの水樹奈々の元金持ち少女・新堂ケイ登場。意味があるようには思えんのだけど、とりあえずともはねを励ましてる感じ。そんなところに大妖孤の復活の気配を感じて暴れ始めた邪霊が襲い掛かってくるけど、非力なともはねは絶体絶命。思わず啓太の名前を叫ぶけど……
 間一髪現れて邪霊を退治してる啓太だけど、その姿を見てケイにまで罵倒されてるとは哀れね。

◎ZEGAPAIN -ゼーガペイン-
 (第21話)
 ガルズオルムの北極基幹サーバーを叩き、一気に月に乗り込んで肉体を復活させるという生徒会長。喜ぶソゴルたちだけど、1人反対を唱えるクロシオ。幻体である間は不死身だけど、肉体が復活したら後50年ぐらいしか生きられないってかい。
 寿司屋で出くわしたクロシオに、戦ってるのは自分たちだと突っかかるソゴルだけど……クロシオたちも以前はパイロットで何度も戦ってきたってか。もう幻体がパイロットとして耐えられないからオペレーターに引っ込んだってか。
 かつての上官だった別の母艦の司令イゾラに相談してるクロシオだけど……
 ルーシェンやクリスの疑念を残したまま最終作戦を決行しようとしてる生徒会長に、自分はガルズオルムに降伏して復元者にしてもらうというクロシオ。復元者は人間とは言えないと言うシズノと、ガルズオルムには降伏という概念は通用しないという生徒会長。自分がガルズオルムのことを知ってる理由を話そうとずる生徒会長だけど、いきなり幻体の破損が進行して倒れてるって……
 単に幻体の寿命が来たのか、それともジヘイタスのサーバーにアビスが何かを仕掛けたのか不明だけど……
 冒頭の生徒会長の回想からすると、生徒会長は最初から月にいて、青く輝く地球に人類がいないのは不自然だと、幻体を復活させるための戦いを始めたみたいだけど、それって元々はガルズオルム側の人間ってことか。あるいはナーガの中に残ってた僅かでも人類を滅ぼしたことへの悔悟の念が幻体として実体化したものかもしれないけど……

◎ザ・サード ~蒼い瞳の少女~
 (第17話)
 いきなし暴走を始めたワームホールドライバー……って、グレイブストーンの事件は終わったのにそんな物騒なもの、まだ持ってたんかい。ま、とりあえず狙われたのは無人の山脈地帯だったみたいだけど……
 そのワームホールドライバーを操ってる声と会話してるこの子安の声は浄眼機だけど……
 施政局に呼ばれた火乃香。そこで待ってたのはザ・サードのフィラ・マリークだけど、いきなし暴走を始めて襲い掛かってくる護衛の自動歩兵たち。パイフウやケビンの助けもあって切り抜けたけど、最終的に自動歩兵を一掃したのはブルーブレイカーってか。こいつは自動歩兵と違って操られてないのね。
 イクスがいないと知って上機嫌なパイフウ。
 フィラ・マリークの話ではローナ・ファウナというザ・サードが査察軍を支配して脅しをかけてきたのだけど、交渉に向かった浄眼機との連絡が途絶えたから火乃香に救出して欲しいって話。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.508 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.508 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。