電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.444 (3/4)

2005年06月08日 | 週刊アニメ定点観察
期間:05/06/04~05/06/04

◎おジャ魔女どれみナ・イ・ショ
 (第10話)
 あいこの婚約者を名乗って迎えに来た有馬健一……はいいけど、なんか新SOSトリオと気があってるみたいね。
 しかし、その婚約の話が本当かどうかぐらい、魔法を使わずに調べろよ。
 水泳勝負で婚約を決めたって……この前の水泳大会の話はこれの伏線だったんだな。
 用心棒のラストサムライの扮して有馬を追い返そうとしてるももこだけど、わけのわからん英語で相手を煙に撒いて諦めさせるのかと思ったら、呆気なく負けを認めて屈服してるし……
 ファンだと言っときながら、あいこと比べておんぷに対して「月とスッポン」のスッポン扱い……おんぷの反応が怖いね。
 どうもあいこを迎えに来たと言うより、両親の離婚に怒って家出して来たというのが本当のところみたいね。そりゃ、へそくりを競馬に使われてすっからかんじゃ、離婚は当然だろうねぇ。
 あいこがカナヅチを知られたくなくて不本意にOKしたと知って、改めて水泳勝負してるけど……おまい、泳げるようにはなったけど、勝負できるまで上達してたんか? 水泳大会ははづきに代わってもらってたくらいなのに……ま、あいこの泳げる距離で勝負したんだろうけど……
 阪神が優勝したら付き合う約束……で、運悪く星野が監督になった年かいっ! そりゃ誰だってあと2、30年は優勝は無理だと思ってたんだけどねぇ……

◎絶対少年
 (第3話)
 エメラルドタウンの幽霊騒ぎの取材にやって来たTVレポーターの須河原晶とかいうねーちゃん。初っ端に取材したのが潮音というのが不幸だね。しかし、こいつふだんとは別人としか思えんほど顔を作ってるな。
 次いで取材したのが美紀と歩と亮介。バラバラに取材したのならともかく3人いっぺんにやってるから話が混乱して肝心なとこ聞けてないし……歩が故意に否定してるのも気になったけど、そのことに気付いてるレポーターのねーちゃんも鋭いね。
 さっそく歩のところにやって来てるけど……何をするのかと思ったら、スカイフィッシュの話かい。実のところはビデオのシャッター速度が追いつかなくて残像になった昆虫の影だとかいう話なんだけど……そりゃ安物のCMOSカメラとか使ってるからじゃないのか? 別にビデオカメラのシャッター速度はNTSC信号のサイクルに合わせる必要なんかなくて撮像素子の感光速度とかの問題だから、CCDカメラだったら大丈夫そうな気がするんだけど。しかし、その昔、まだベータカムとVHSムービーが対抗してた時代に、関東以北で室内でビデオ撮影したらフリッカーだらけになったとかいう話と同じようなものだね。
 で、歩のことを亮介に聞こうとしたレポーターのねーちゃん、代わりに延々と聞かされたのがオカカババアと河童の対決お話って、災難ね。しかし、それを真に受けて河童を探しに行くか?

◎今日から(マ)王!
 (第49話)
 アーダルベルトとともにモルギフのあった湖に逃れた有利だけど……平然と湖に入っていくアーダルベルト。おいおい、そこって魔王以外が入ると火傷するんじゃなかったのか? ま、モルギフ自体がいなくなったから呪いが消えたのかも知れないけど……
 追っての接近に、むりやり魔石をモルギフにはめようとしてるアーダルベルト。なんか拒否反応みたいに炎を吐いてるモルギフだけど……ま、おかげで逃げられたみたいだけどね。
 しかし、崖っぷちに追い詰められて有利だけを逃がすアーダルベルト……は良いけど、あんな高さから落としたら、直接受けとめたコンラッドもろとも圧死してるぞ。
 おいおい、大シマロンってもう周辺諸国のガキたちを集めてたんかい。凶悪だね。
 で、いきなし火山が噴火してるけど……火口から怪獣でも出現するんじゃなければ、あんまし直接の影響は無さそうなんだけど……
 しかし、ジュリアの話って引っ張るね。

◎ふしぎ星の☆ふたご姫
 (第10話)
 宝石の国で開かれるプリンセスパーティ。ベストスイーツ・プリンセスを目指す晴雨姉妹だけど、キャメロットに与えられた究極デザートって……お汁粉かいっ! 当然それをキャンセルして自分たちの好みで作ろうとしてるけど……自分たちのスイーツをミックスするって、それだけはやめといた方が良いぞ。
 結局、作り方がわからずにお汁粉を使うのはいいけど……お汁粉アラモードって、蕎麦をゆでるな、蕎麦を!
 砂糖をこぼしたリオーネが探し回ってるけど、アルテッサの専用キッチンに連れて行ったら、与えられたのは塩……敵に塩を送るって、そくそんな言葉を知ってるな>アルテッサ。しかし、相変わらず意地悪なヤツ。
 ココナッツ・プリン、しずくの生チョコ、そよ風のマロンゼリー、ムーン・コットン・キャンディ、豆腐花メラメラ・シロップ掛け、お汁粉アラモード、ゴージャス・クッキー・キャッスル……マロンゼリーが一番美味しそうな感じ。しかし、ゴージャス・クッキー・キャッスルはお相撲さんの四股で壊れてしまったってかい。ま、当然の報いだろうけど……晴雨姉妹のレベルも下がったって、厳しいね。
 晴雨姉妹の心の中のアルテッサに良くない感情がプロミネンスに影響したからか、それともちゃんと謝れなかったのが問題なのか、よくわからんけど……

◎愛してるぜベイベ★★
 (第10話)
 学校で心といちゃついてる結平だけど、キスして抱き合ってるのはともかくシャツの下から胸に手を入れてるってのはスケベすぎ。普通はそこでひっぱたくだろ>心。ま、友達のおかげで貞操の危機は逃れられたみたいだけど……
 結平に連れられてゆずゆのお迎えに付き合わされてる心。高校生にもなって公園で砂遊びって、周囲から変な目で見られないか? ゆずゆと一緒だったらそんなことはないかもしれないけど……逆に高校生でゆずゆの母親だとか思われたら大変だろうねぇ。
「昨日、結平さんの後ろに付いてた黒いオーラの女は何なの!」
 まりかちゃんって……しかし、心はオーラが黒いのか。子供の目は侮れないな。
 いきなし一人で帰ると言ってるゆずゆ。
「あんたが一人で歩いて良いほど、世の中安全じゃないんだから」
 このマセガキ、なかなかいいな<まりか。

◎ウルトラマニアック(新)
 (第1話)
 OPに聞き覚えがあると思ったら、can/gooのアルバムに入ってた曲だな。
 主人公が魔法少女じゃない魔女っ子アニメって珍しいね。まるで主人公が変身しないどこぞのウルトラマンと同じだな。ああ、だからタイトルが「ウルトラマニアック」って付いてるのね。
 さっそく仁菜が魔法少女であることを怪しんでるやつがいるし、お約束の設定は予め盛り込み済みで始まってるんかい。ま、主人公は魔法少女じゃないからねぇ。しかし、レベルの高い魔法は使えないってのが笑った。
 仁菜の魔法で亜由を好きにさせられたり、電撃を食らわされたり……辻合も大変ね。それより、電撃を食らいながら階段から落ちそうになってる亜由を助けてくたばってる架地の方が災難だけど……
 で、保健室のベッドで寝てる架地の寝顔を見てる亜由だけど……
「肌きれー、髪の毛ふわふわー、形の良い唇」
 なんか視線がやらしそうに感じるけど、気のせいか? そこを辻合に見られて気まずい思い。ま、本人に気付かれたわけじゃないだけマシだと思え。
 ところで、最後に出てきた仁菜を監視してるおっさんは何者だ? で、見付けようとしてる「あれ」って何だ?
 原作者の吉住渉ってどこかで聞いた名前だと思ったら『ママレード・ボーイ』の人ね。

◎機動戦士ガンダムSEED DESTINY
 (第33話)
 ステラの遺体を湖に捨ててるシン……遺体遺棄だな。そりゃ、ザフトが敵の兵士の遺体を葬ったりはしないだろうけど、置いといたら(普通は)地球連合の連中か、あるいは地元の民間人が遺体を回収してそれなりに葬ってくれるだろうに。
 フリーダムとの戦闘シミュレーションをしてるシン&レンを止めさせようとしてるアスランだけど、2人ともすっかり敵扱いで、フリーダムに撃墜されたアスランの言うことなんか聞かないってか。すでに隊長では無く呼び捨てだし……
 ネオを保護したアークエンジェルだけど、外見はムウ・ラ・フラガそのものって……マリューも大変ね。
 いきなし全世界へ緊急放送を始めてるデュランダル。いや、ま、デストロイの件は格好の宣伝材料だろうからねぇ。しかし、デストロイとの戦いの映像からフリーダムを消してインパルスが倒したように見せてるって……狡猾だな。おまけに偽ラクスの応援付きかい。で、ロゴスの存在を全世界に暴露して(コーディネーターもナチュラルも問わずに)世界中の人間を味方につけて、なし崩し的に世界の支配権を手にするつもりかい。
 まるで、ユダヤ人はヨーロッパの敵だと言って民衆の支持を得て最高権力者の地位に上り詰めたどこぞの伍長と同じだねぇ。ま、今でもどこぞの国では悪いのはすべて日本だと言ってたら政権安泰みたいだけど……
 デュランダルがアークエンジェルを敵視してたのって、こいつらだったらこういうペテンに引っ掛からずに邪魔されると思ってたからか。
 しかし、まるで申し合わせたような絶妙のタイミングだな。地球連合はわざわざデストロイを使ってお膳立てしてやったって感じね。それにしても、してやられたジブリールのマヌケざまのいとおかしきことよ。

◎ツバサ・クロニクル
 (第9話)
 町に入ろうとしてるけど領主の秘術で阻まれてる密偵衆の3人……CLAMP学園探偵団かいっ!
 秘術を破るために次元の魔女に連絡を取ってるモコナ。なんか便利過ぎね。しかし、何事も代価を要求するあたりが商売人だね。
 で、秘術を破って突入した小狼たちが出くわしたのが、秘妖……デボネアってか。ノヴァはいないのか? 小狼だけ逃がして先に行かせる黒鋼とファイだけど……領主の息子が待ち伏せかい。
 嵐&空太たちと共に小狼たちの加勢に向かおうとする春香を止めてるサクラ。なんか人格が違うんだけど、先週、城に入った時に春香の母親の魂でも取りついたのか? しばらく経ったら「行きましょう」とか言い出してるのが謎だけど……要するに別行動って話かねぇ。
 しかし、領主の城に殴り込んで決戦というのに、作品全体に緊張感が無いね。全体的に淡々としすぎてるんだけど、この張りの無い雰囲気は第1話からずっとあるのも確か。根本的にアニメ化させたスタッフを間違えたか? ま、それなりのBGMが付いてるだけでもどうにか雰囲気変わるんだけど……BGMもBGMだからねぇ。
 キャスティングまで一緒にするのは無理だったかも知らないけど、せめてアニメ化スタッフは『さくら』と同じでやってほしかったねぇ。

◎新釈眞田十勇士 The Animation
 (第5話)
 信州上田城……城の解体ってああいう風に倒すのか。ま、眞田家は後に家康の6男・松平忠輝の改易後、譜代の榊原家が越後高田に移った入れ替わりで川中島に転封になってるから、上田城はどのみちあってもなくても同じなんだけどね。
 どうせ木造建築なんだから、苦労して倒すより火を付けて燃やした方が楽って気もするけど、一歩間違えれば周囲の城下町が延焼してしまう危険があるし、当時は城の解体後の資材にもいろいろと使い道があっただろうからねぇ。ご苦労さん。
 それにしても、眞田親子にほとんど城割をした状態で自由に屋敷を持たせてるって、紀州の浅野家も甘いねぇ。いうまでも無く、後に福島正則の改易後に広島に移ったのがこの浅野家で、その分家が忠臣蔵で有名な赤穂の浅野家なんだけどね。本家はそのまま明治維新まで続いてるから豊臣恩顧の大名では一番上手く立ち回った大名って感じだね。

◎きらめき☆プロジェクト(新)
 (第1話)
 世界中のロボットを倒してエンブレムを奪っていく謎の凶悪ロボット。なんか『ビッグオー』に似てるようななの気のせいか?
 ジュネス王国の3王女。毎朝あんな風に死んだ母親に挨拶してるって、なんかおうぎょうだね。しかし、3人とも朝食が違うって、金の掛かる王女姉妹だな。それにしても地味な制服に和風の朝食、おまけに1人で徒歩通学……この眼鏡っ子の次女、カナってなかなか好みだな。
 なんか怪ロボットを操ってるのは日本企業風のサラリーマン集団なんだけど……こういうのを見たら、とても悪役とは思えないねぇ。
 蜂蜜好きの小熊さん通り……どういう地名を付けてるんじゃいっ!
 怪ロボットの名前はビッグマイティ……ベタだねぇ。それに単身立ち向かってるハイパーネネ……王女自らがハイパースーツを着て肉弾戦とは物好きね。しかし、このハイパースーツに興味を示してるおっさんたち……根っからの技術者集団だな。
 バッテリー切れで怪ロボットに捕まったネネ。パンツ曝してるのはともかく、腕の故障で握り潰されそうになってるって悲惨ね。
 なんか長閑な音楽と共に噴水の下から大きなドールハウス。そこから現れたのがファンシーロボ(リンクルがもたもたしてたからまだ名前が付いてない)……とても戦闘用の巨大ロボとは思えんね。で、出てきたところで「つづく」かいっ! ま、全5話を毎月先行放送するみたいだから、次は1ヶ月後だな。
 それにしてもふんだんにパンツ見せてる作品だと思ったら、西島克彦……毎度毎度飽きないものだね。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.444 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.444 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。