電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.520 (3/3)

2007年12月12日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/11/18~06/11/19

◎彩雲国物語
 (第27話)
 朔洵が立ち去り、何とか金華で全員再合流出来た秀麗たち。いよいよ州都・琥へ乗り込む算段ってところだけど……割と切り札的な戦力になる龍蓮をあっさり帰してしまって良いのか? ま、本人に帰る気は無いみたいだけど……
 茶州での商業特権と引き換えに秀麗への協力を承諾してる全商連だけど……これまで茶州ではよっぽど茶家の横槍が横行してたみたいだね。
 で、茶家当主の印を持ってやってきたジジイだけど、いったい何を企んでるのやら。

◎おとぎ銃士 赤ずきん
 (第21話)
 パイルムーンとかいう二つの月が会合する天体現象。それによって増加した魔力を使ってファンダヴェーレに祝福をもたらす天湖を生み出す赤ずきんたち。
 そこに襲撃してきたランダージョ。四大属性に縛られない雷を操るクラゲを使って三銃士を苦しめるけど……赤ずきんもまだプリンセスモードを使いこなせてないし……
 その状況を知って、パイルムーンを利用して溜め込んだ魔力を使って赤ずきんを助けるフェレナンド。監視していたグレーテルには、自分の逃亡に使わなかったことを馬鹿にされてるけど……
 それにしても草太の母親をフェレナンドが知ってるってことは、やっぱり母親はファンダヴェーレにいるって話か。

◎ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!
 (第34話)
 ロイヤルワンダー学園一行が修学旅行に出掛けた先の風光明媚星。そこのホテルの支配人をしていたのがトーマ。いつか自分の星を取り戻すために、自分を受け入れてくれたこの星で修行がてら恩返ししてるって話だけど……
 トーマって基本的に糞まじめ過ぎるやつだからねぇ。修学旅行客のような大きな団体を泊めるようなホテルを1人で切り盛りしようってのはどう考えても無理があると思うけど。ま、寂れた星だって話だから、普段は客もあまりいないんだろうし、自分のいた学校の連中が来たからって張り切い過ぎてるって部分もあるんだろうけどね。
 昔の手下だからってトーマが自分の言いなりになると思い込んでるエドチン、いとおかし。

◎地獄少女 二籠
 (第7話)
 地獄通信の依頼者が契約をする前に事故で死んだって話なんだけど……
 いつまでも死んだ息子のことに囚われてる母親。そんな母親を父親はするようにさせてるというか、放置してるって感じで、全てが妹の負担になってるって状況。そのうち息子が死んだ原因を市の道路整備の欠陥だと訴えてマスコミに持ち上げられてる母親だけど、市が責任を認めないまま新規の事業として事故現場の改修を発表したとたん、もうすっかり過去の人だね。謝罪が無いのに納得できない母親だけど、もう誰も相手にしないって感じで惨めね。
 で、地獄少女の藁人形なんだけど、兄が死んだ時点で回収されてないというのがよくわからないし、地獄通信にアクセスしてない妹の前に現れてるのも謎。おまけに兄が誰を恨んでたかも妹が知ってるようなことを言ってるし……
 要するに兄の依頼は妹が代行可能な依頼内容だったって話だろうけど、第3者として恨みの対象になるような相手は出てきてないから、対象は家族の誰かって話なんだろうね。で、妹本人って可能性はあまり考えられないから、父親か母親ってところだけど……
 事故現場の地蔵の首を持ち帰って、さも息子のように頬擦りしてる母親。酔っ払って家庭のことを振り向こうとしない父親……家の中では妹は一人ぼっちって感じ。母親が兄ばかりに夢中で自分のことを全然見てくれないのは昔からだって一目連に語ってる妹だけど……
 結局のところ、母親が兄ばかり溺愛するばかりにそれが兄本人にも負担になって家族がギクシャクしてきたから、母親がいなくなればと兄が地獄少女に依頼したって話か。で、妹もついに耐えかねて藁人形の糸を解くけど……
 母親はいなくなったけど、死んだ兄が帰って来るわけでもなく、オマケに父親は母親を探すと言って失踪……残ったのは妹1人だけ。なんかとても虚しい結末だね。ま、妹が自分で地獄通信にアクセスして選んだ結末なら、それはそれで仕方が無いんだろうけど、死んだ兄から引き継いだ藁人形の仕業だからねぇ……。糸を解いたのは妹だとはいえ、なんか地獄少女による作為的な結末に思えるね。

◎ゴーストハント
 (第7話)
 こっくりさんをしたら、それから友人が異常行動をとるようになったという女子高生の依頼に、医者に見せろと追い返した渋谷。しかし、そこにやってきた坊さんが、本業のバンドのライブでファンの女の子に聞かされた異常現象も同じ学校の話。さらにその学校からも依頼がやって来たのでいつものメンバー集めて出掛けてるけど……
 聞けば聞くだけ怪奇現象だらけって感じのその学校。しかし、そのうち笠井って超能力者の少女が原因じゃないかって話が。彼女はスプーン曲げを教師にインチキ呼ばわりされたのを恨んでるってことだけど……
 渋谷の前でスプーン曲げを始める笠井だけど、イスを使って曲げようとしたのを渋谷が指摘。調子が悪くて曲がらない時にインチキするのはよく無いって話。そしてスプーンぐらい自分にも曲げられるって実演して見せるけど……リンには内緒だと麻衣に口止め。
 単純に2人だけの秘密が出来たと喜んでる麻衣だけど、女の子って秘密を共有する関係ってのが嬉しいのか? それはそうと、リンには知られたら拙いことなのかねぇ。商売柄、相棒に秘密にするようなことではないと思うけど。
 例によって霊はいないと言い放ってる真砂子。こいつがそう言っても渋谷以外は信じないんだけどねぇ。とくに霊相手が商売の坊さんと巫女のねーちゃんは。
 みんなが手分けして調査が出掛けた間に睡魔に襲われた留守番の麻衣はまた夢を見始めるけど……こいつもそういう能力の持ち主なのか?

◎はぴねす!
 (第7話)
 すももとは仲良くなったけど、他の連中は露骨に避けてる伊吹。それを何とかしようと乗り出してる春姫たちだけど……
 ま、育った環境からか人見知りの激しい伊吹も問題あるだろうけど、意味不明の上級生たちがしきりにまとわり付いてるのもどうかと思うぞ。仲良くなるならまずクラスメイトとかからだろうに。
 伊吹をよく知る上条兄妹も巻き込んで作戦を遂行する春姫たちだけど、まず安直な弁当作戦はみんな同じこと考えてきて失敗。で、カラオケかゲーセンって話になったけど、上条兄妹によればカラオケはダメって話。絵の意味がよくわからないのだけど、要するに極度の音痴ってことか。
 で、ゲーセンに行ったけど、かえってストレス溜まらせて失敗。レーシングゲームで車を運転したことあるかとか免許とか言ってるけど、ゲーセンのレーシングゲームの運転って本物の車じゃなくてカートと同じだったと思うから、免許がなくても運転技術は身に付けられると思うぞ。(ま、実際にはカートすら乗ったこと無かったんだろうけど)
 小雪先輩の提案でボーリングで仕切りなおし。しかし、今どきの高校生でもボーリングなんてするのか? 小雪先輩もいつの間にか春姫たちに加わってるって感じなんだけど、やっぱり先生たちからの差し金で伊吹のことを探ってるってところなのかなぁ。しかし、ボールの代わりにタマちゃんを投げるのはやめろよ。
 結局、伊吹・すももチームが最下位で罰ゲームにコスプレ写真ってことだったけど、今度は伊吹もまんざらではなかった様子。しかし、本当は左利きだけど左手だとパワーがありすぎるからいつも右手を使ってたっていう杏璃って……おかげで春姫・杏璃チームが優勝してるし。
 ところで、コスプレ写真のときに春姫が使った魔法に何かを感じてた伊吹だけど、それって伊吹が学園にやって来た目的と関係あるのか? もっとも、春姫の魔法は小さい時に雄真に助けられた時の魔法にインスパイアされてるものだろうから、本当に関係してるのは今はなぜか封印されてる感じの雄真の魔法なんだろうね。

◎ふたりはプリキュア Splash Star
 (第40話)
 どうでもいいけど、自分の誕生日が近付くに連れて周囲の人間の行動が怪しくなったらお約束的に気付かないか?
 へたくそな咲の絵に呆れ果ててアドバイスしてるキントレスキー。さすがに筋トレのプロ。人体の特徴とかは当然の知識ってか。
「あなたの事情なんて知らない」と言ってキントレスキーに立ち向かうプリキュア。普段、自分たちの都合を考えずに攻めて来る敵に文句を言いまくってるくせして、その言い草かい。相手の都合に合わせろとかはいわないけど、せめて相手のことを知ってやるぐらいの配慮がないと口先だけで平和を唱えてたって虚しいだけだぞ。
 それにしても最後まで正々堂々としたおっさんだったな。ま、本人は満足して散っていったからそれでいいけど、アクダイカーンは怒りまくりだよな。

《おまけ》
◎ウルトラマンエース(再)
 (第28話)
 超獣出現で現場に向かうTACだけど、現場では温泉客が暢気に入浴してて、いきなり沸騰した湯に慌てて逃げ出してるって状況だけど……TAC出動よりも先に現場に避難命令って出ないのか?
 現れた超獣ルナチクスを知ってるような素振りの夕子。
 マントルに潜むルナチクス。このままではマグマがルナチクスに吸収されて、地球も月のような死の世界になるという夕子だけど……1匹のルナチクスが地球のマグマを全部食うのにいったいどれだけの時間が掛かるんだ? だいたい、マグマの量なんて地中の熱量や圧力から生み出される相対的なもので、超獣に多少食われても他から補充されるから変わらんと思うぞ。
 いきなり自分が月星人だと言ってる夕子。おいおい、どうやったら月に人間型の生命体が誕生するんだ? そりゃ、月の起源は地球から分裂したものだというのが有力だけど、それはまだ地球上に生命が誕生するよりずっと以前の話だし……
 で、ルナチクスに滅ぼされた月星人の生き残りが冥王星で細々と生き延びてるって話だけど……また極端な連中だね。もっと太陽に近い場所に住めなかったのか? 冥王星なんかより火星の方がよっぽど快適だろうに。いや、地球の1/6の重力しかない月の連中には、火星でも重力がきついのかもしれないけど……そんなこと言ったら、ずっと地球にいた夕子はよっぽど丈夫な月星人だったんだな。
 その夕子はルナチクス抹殺のために地球に派遣されてたって話だけど……ルナチクス抹殺が目的の月星人が何で福山みたいな田舎で孤児院にいた(第1話参照)のかがよくわからんね。
 で、月に帰っていった夕子……というか、仲間は冥王星にいるんだから、1人だけ死の世界の月に帰っても仕方がないだろ。ウルトラリング北斗に渡したら1人で変身できるようになるって、それそんなに融通の利くものだったのか?

◎ウルトラマンメビウス
 (第33話)
 悪魔にとりつかれた妹を救ってほしいと大学の先輩に頼まれてるテッペイ。最初は尻込みしてたけど、高額の除霊セットを売りつけようとするインチキ霊媒師が炎に襲われるのを見て彼女をGUYSに連れ帰ってるけど……
 GUYSの検査でも異常は見付けられず。そんな時にコンビナート地帯に出現した怪獣。GUYSの攻撃を受けると速攻で消え去ったけど、それはかつてMATの丘隊員にとりついていた人魂怪獣フェミゴンだってかい。案の定、彼女の肩には怪獣を攻撃した時の怪我があったけど……
 丘隊員の時はMATの任務に支障を来たすとか、フェミゴンがとりついてた意味があったんだけど、今回のは全然意味がないじゃないかい。せっかくGUYSの基地の中にいても、そこを破壊しようともしてないし……。コンビナートを襲ってることだけが同じの、出来の悪い劣化コピーだな。
 しかし、フェミゴンに取り付かれてた間の記憶は無いって……悲惨だな、テッペイ。

◎仮面ライダーカブト
 (第41話)
 シャドウ部隊がAMB(アンチミミック弾)とかいうのを放ったら、周囲に紛れ込んでいたワームがゾロゾロと擬態が解けてるって展開。そうじゃない民間人がパニックになってるところを、戸惑ったままのワームをシャドウが一掃してるけど……
 特命で一部の民間人だけ避難させてる田所チーム。そこにワームの襲撃が。で、避難民を乗せたトラックが襲われたと思ったら、中にいたのもワーム……避難させていたのはネイティブだったって話。で、そいつらはワームにやられる寸前に加賀美をゼクトのトップの息子だと言い、田所もネイティブのことを知っていた感じだけど……
 警視庁に父親に会いに行って真相を確かめようとする加賀美だけど、アポが無いからってSPに邪魔されて息子でも合わせてもらえないとは哀れ。いや、ま、そうだろうけどね。で、オマケに三島に蹴り入れられれるとは悲惨ね。ま、こいつも最近落ち目だったから憂さ晴らしってところだろうけど。
 気が付けば父親が目の前に。ゼクトのトップである自分もネイティブの下僕に過ぎないと語る加賀美の父親。すべては35年前にネイティブと契約を交わしたときから始まっていてるという話。ゼクトとネイティブが結託してたと知り、話もろくに聞かずに直情的に飛び出してる加賀美……おかげで中途半端にしか事態がつかめてないけど……基本的に父親は自分の行動に迷いが無く、それが最良の道だと信じてやってる感じだね。
 その話を聞いた天道だけど……ネイティブは35年前に別の隕石でやってきた連中だってかい。それで渋谷隕石以前にワームがいて天道の家族に擬態してたって話ね。で、この先に来た連中はおとなしくて友好的で、自分たちがひっそり人間社会に隠れて生きるためにゼクトと取引してマスクドライダーシステムの技術を提供したって話だな。
 で、渋谷隕石で来たのが好戦的な連中で、こいつらは人類に取って代わって地球を支配しようとしてるってところか。ゼクトは人類とネイティブを守るために好戦的なワームと戦う組織だって話か……しかし、それじゃ三島が麗奈と手を組んでたのは何なんだ? いや、邪魔な天道を始末するために一時的に共同戦線を張ってただけってのが普通だけど、もしかしてワームと組んでゼクトの乗っ取りでも企んでたのか?
 ゼクトに不信感を抱く加賀美だけど、田所だけは信じられるとAMB弾を使ったワーム一掃作戦に参加するも、作戦の失敗を告げようと出てきてAMB弾の光線を浴びた田所がワームの姿になるのを見て、もう完全に何も信じられないって感じだな。しかし、このおっさんもネイティブだったんかい。しかし、基本的にネイティブって自分たちが戦いたくないからマスクドライダーシステムをゼクトに与えてるのに、本人が前線の指揮官として戦ってるって珍しいね。
 で、ワーム側のリーダーが何かイカレタにーちゃんに変わってるけど、このにーちゃん擬態化のままで戦ってると思ったら、ハイパークロックアップのカブトすら止まって見える超高速でカブトを倒してるって凶悪すぎ。

 ところで、祐月にふられた神代。矢車たちの仲間に堕ちてるって……いや、こいつらいったい仲間を集めて何をするつもりなんだ? ただやさぐれた態度でワームを倒してるだけにしか見えないんだけど。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.520 ... | トップ | 2007年度アスカー賞 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。