電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.462 (2/4)

2005年10月13日 | 週刊アニメ定点観察
期間:05/10/05~05/10/06

◎フルメタル・パニック!The Second Raid
 (第11話)
 任務放棄で香港を放浪中の宗介。町で買い物しようとしたらみんな避難の最中。南北中国の開戦で戦場になるって話か。
 射殺死体を発見した操作部隊の報告で暗号みたいなものを解読してたら、なんかゲリラ時代の宗介に関わることだったみたいで連絡を取ろうとしたテッサだけど……まだ宗介の任務放棄は知らなかったみたいね。
 かなめそっくりの娼婦に出会ってる宗介。誘われるままにふらふら付いて行くんだけど……やるならやるで最後までやれよ。ま、商売女に手を出すほど零落れてはないってところか。
 結局、時間切れで捜索は終了。南北両軍がぶつかり合う中でASによる作戦強行ってシナリオになってしまったみたいだけど、アーバレスト抜きってのは痛いね。
 一方、宗介は新聞に書かれた謎のメッセージを目にしてるけど……

◎涼風
 (第14話)
 その場の勢いで萌果と付き合うことになった大和。優柔不断で流されてるだけって気がしないでもないけど、ま、悪くはないと思うよ。そのままずっと萌果と付き合い続けるんならね。
 それを目撃していた美紀。涼風に伝えようかどうしようかと悩んでるけど、意外と恋愛に関しては晩生なタイプみたいね。で、それを知った涼風は大和の前では平然としてるけど、夜寝られないとは相当にショックだったみたいね。
 そりゃ大和が自分のこと好きなのを知ってながらさんざん振っておいて、自分か相手にされなくなったらショックだって……ツンデレお嬢様でも気取ってたのか?
 最終日は移動日で練習は無かったみたいだけど、それでいて広島の街中をお好み焼き屋探してたぐらいで乗ったのが最終19時30分発の《のぞみ》って、なんか異様に時間食ってるんだけど、合宿場所って広島の市街地からはずっと離れた山奥だったのか?
 しかし、新幹線に乗り遅れるって、いまどき誰もやらんだろ。現在の時刻表調べたら、19時33分発が最終の《のぞみ》なんだけど、この列車、博多始発で広島の停車は1分だけ。そんな列車でいったん座席についてからジュースを買いに降りたりするか? しかも、ホームの売店とかならまだしも、ホームを降りたとこまで買いに行ってるし……もうアホ過ぎて何も言えんね。

◎ARIA The ANIMATION(新)
 (第1話)
「恥ずかしいセリフ、禁止!」
 これがそういうノリの作品かい。
 舞台はアクアという星のネオベネチアという町みたいだけど……地球からは遠いのか? 主人公の水無灯里はウンディーネを夢見てこの星に来たみたいだけど、ウンディーネって何じゃい? 水の妖精ってわけじゃないよな。まさか、ゴンドラ漕ぎのことをこの星ではそう呼ぶのか?
 灯里が練習をするゴンドラに密航してた謎の女の子、アイ。ま、要するにタダの無賃乗船だけど、友達で済ますか? で、途中で出会って付き合わされてる藍華も大変ね。
 流された社長を救出するのに急ぐのは良いけど、灯里には奥の手があるって……ボートと同じ逆漕ぎってか。マンホームにはゴンドラの先生はいなかったのか?
 どうでもいいけど、なんか変な生物が社長してるのは、この星の原住生物なのか?

 なんか、何かありそうで何もないほんわかした日常が続く作品って感じかなぁ。ま、心洗われるような印象だね。

◎こてんこてんこ(新)
 (第1話)
 パス。

◎冒険王ビィト エクセリオン(新)
 (第1話)
 パス。

◎トリニティ・ブラッド
 (第21話)
 アルビオンのメトセラの反乱……裏で糸引いてたのはディートリッヒってかい。こいつもあちこちと忙しいやつだね。
 メトセラのガキに拾われた教皇。弱ったウサギを祝福したお礼に秘密の場所に案内されてるけど……そこは地下に築かれたロケット基地ってかい。しかし、反乱軍のねーちゃんにあっさり捕まってるってか。
 レオンの道案内をしてるガキたち……知り合いかと思ったら、以前の妖精事件の時のガキたちだな。こいつら船で島から逃げて、結局はアルビオンに逃げ込んでたのか。確かにここなら教皇庁の目が届かない場所だからね。新人類帝国に逃げ込むって手もあったはずなんだけど……
 ディートリッヒに捕まっていてなんかよくわからん刺客に襲われたエステルだけど、ナイトロードに助けられてるとは毎度のことかい。
 ナイトロードに地上へのエレベーターに乗せられてるエステルだけど、このままおとなしく引っ込むのかねぇ。教皇のことだけならナイトロードに従うだろうけど、ディートリッヒには因縁があるからなぁ。

◎SHUFFLE!!
 (第12話)
 夏休みの最終日に宿題と格闘してる稟とシア。ネリネは大丈夫みたいだけど……しかし、わざわざ電話でお仲間であることを確認されてる麻弓って……しかし、小学生でもあるまいに2学期の初日に宿題全部提出ってわけでもなかろうに。とりあえず美術の授業は当分は無いだろ……というのは宿題放棄の達人の弁ね。
 庭に水を撒いてて異常をきたしてるプリムラ。なんか一瞬凍ったように見えたんだけど……
 なんかアイキャッチがやらしいぞ。
 熱を出して倒れてるプリムラ。体温50度って、人間ならとっくに死んでるぞ。どうすれば良いかネリネやシアに訊く稟だけど、2人は黙ったまま。魔王のおっさんの話では、プリムラは魔法科学で生み出された人工生命体だってかい。
 ユグドラシル計画……神界と魔界が協力して研究していた生命に関する実験体だってかい。そのためにプリムラの体には莫大な量の魔力が溜め込まれてて、その暴走が病気の原因だってか。
 目を覚ましたプリムラ。傍らのネコの縫いぐるみ、古い方は綿が出たままかい。
 そのプリムラに魔界に帰れと言う稟。魔界の元いた施設に戻さないとどうすることも出来ないって話だけど……それを拒絶するプリムラ。
 もう大事な人を失いたくないというネリネにいったい何があったのかよくわからんのだけど……再び頭を下げて懇願する稟に、それを承諾するプリムラ。しかし、施設に戻ったプリムラの診察結果はもう人間界には戻れないって話か……

◎苺ましまろ
 (第9話)
 枯葉が足りなくて焼き芋には程遠い状態なのに、あくまで拘ってる美羽が好きだね。
 美羽に指摘されて太ったことを気にしてる千佳。体重を量ったのは良いけど、それを美羽に見られてさぁ大変。一度握ったネタはとことんしゃぶり尽くすやつだからねぇ。
 千佳が悩んでるのを知って運動に連れ出す伸恵だけど……いちいち全員集合って、こいつらもご苦労さんだね。何か茉莉がとことん惨めな感じだけど……
 しかし、出会い頭のデッドボールって……伸恵って実は千佳に相当恨み買ってるみたいね。
 それにしても、小学生が体重気にしてどうする。いや、確かに小学生でも肥満体質のどうにもならんガキがいるけど、体重なんかより体型で考えろよ。
 しかし、千佳が読んでたダイエットの本、伸恵のみたいだけど……こっちは普段自堕落な生活やってるやつだからシビアだろうね。

◎ガラスの仮面
 (第27話)
 正体がばれた乙部だけど、ただの家出少女と言い逃れて難を逃れてるかい。なんかもろにマヤを潰しに近付いてきたみたいだけど……
 一方、マヤに嫌がらせしてた里美の親衛隊の連中だけど、速水に名前も住所も突き止められて脅されたらこいつらもこれ以上は手を出せんだろうね。
 マヤのマンションにやってきて公演のチケットを渡そうとした元劇団月影の仲間たちだけど、マヤには会えず、電話は無言で切られ、手紙はゴミ箱に捨てられてたという光景を見て怒って帰ってるんだけど……全部秘書のねーちゃんの仕業ってかい。ま、ある意味、マヤが月影の元にやってきた時に月影が母親とのつながりを絶ってしまったのと同じなんだろうけど……
 その母親は監禁先の療養所でマヤが女優として成功したことを知って抜け出してるんだけど……目が見えないからって途中で何度も車に撥ねられまくってて、大丈夫なのかと思ったら、マヤの映画の声を聴きながら死んだって……悲惨ね。
 ずいぶん長い間、会ってないって感じだけど、劇団月影に入ったのが中3の頃で、今は高1のはずだから長くても2年ぐらいだと思うけど……
 秘書のねーちゃんが速水を責めてるとこみたら、このねーちゃんは母親の監禁は知らなかったのか……ま、母親が死んだのは速水の責任ってのは確かにあるだろうけど、この母親も自分の体のことを考えずに無茶してるのが原因で、そもそも最初にちゃんとサナトリウムに行ってたらこういう事態にはならなかっただろうに。それに、マヤと母親を引き裂いた大本の責任者は月影だろ。
 それでも秘書のねーちゃんの励ましで何とか立ち直ろうとしたマヤだけど、この事件を利用した乙部の陰謀の術中にはまってしまった感じね。マヤに舞台をボイコットさせ、自分が後釜に座ろうって魂胆か?

◎ぺとぺとさん(終)
 (第13話)
 妹映画特集ってどんなんじゃい。
 ずっと化けダニ退治に掛かりっきりの赤沢清美……金になる仕事じゃないだろうに、暇なのか。
 せっかくの秘密大作戦なのに、土壇場になってくぐるが妹特権を使ってシンゴに夏休みの宿題を押し付けてしまってパーってかい。さすがに最初から素直に乗る気は無かったってか。
 で、ぺと子との修羅場でどう決着つけるのかと思ったら……そこで化けダニの襲来ってかい。
 なんで化けダニがぺと子に狙いを定めたのか、それもこのタイミングで襲ってきたのか良くわからんけど……ぺと子は小さい頃の不幸な記憶に閉じこもって生きてきて、その枠から踏み出して自分の幸せを掴もうとしてこなかったんだな。それで、本来ガードとなるべき幸せな記憶に欠落していて化けダニに狙われやすい体質だったんだけど、辛うじて近寄らなければ大丈夫って状態だったわけか。それがシンゴとの別れという新たな不幸の記憶が生まれることで飽和状態を越えてしまい、化けダニを引き寄せる状態になったってところか。
 しかし、化けダニに憑かれたらいったいどこに連れて行かれるんだ?

◎攻殻機動隊SAC 2ndGIG
 (第24話)
 哨戒機落とされたくらいでECMが効かなくなるとは、自衛軍の包囲網もかなり杜撰だね。ま、おかげで9課の連絡網は回復したみたいだけど……それも束の間、イージス艦のミサイルによる出島空爆でやられてる草薙……災難ね。
 バトーたちを追ってたレンジャー部隊だけど、バトーがレンジャー出身だと知ったら話を聞く気になってるって、こういうところは仲間意識だけは絶対なのか?
 久瀬の革命とはゴーストとネットとの融合って、そりゃ劇場版『THE GOHST SHELL 攻殻機動隊』のラストで草薙が向かった先、『イノセンス』での草薙の存在みたいなものなのか?
 軟禁中の茅葺総理を救出した荒巻とトグサだけど、この状況で米帝とホットラインをつないで原潜の核攻撃を阻止できるのか? だいたいハッキングで回線を繋げられるようなホットラインってなんか物騒なんだけど……

◎かみちゅ!(終)
 (第12話)
 2月14日は煮干の日って……さすがは健ちゃんだな。ま、チョコを炙って味噌を付けて食ったらうまいと言ってる八島様も八島様だけど……おまいは名古屋人かいっ! で、チョコを作るのに好きなだけ使いなさいって野菜を持ってくる祀の父親もねぇ。
 いや、行っとくけど、80年代でもすでにバレンタインデーはメジャーだったから、そんなボケたことしてる男なんて、ほとんどいなかっただろ。いや、舞台が尾道だからわからんけど……
 せっかく作ったチョコを家に忘れたゆりえ。昼休み、代わりに取りに帰ってる光恵……はいいけど、行き帰りにいちいちフェリーを使わなければいけないって、それ時間が間に合うのか? 中学校の昼休みってせいぜい45分ぐらいだろ。それにしても、みんな揃ってゆりえに協力してるクラスの女子連中って、暇だねぇ。
 でも、いきなしゆりえの噂し始めても胡散臭くないか?
 屋上に隔離された健ちゃんに、思い切って告白してチョコを渡そうとするゆりえだけど……いきなし大きな筆で「恋」と書いてる健ちゃん。自分もゆりえが好きだったってかい。しかし、これだけ盛大に祝福されたら当人たちも大変だね。
 結局、告白から始まって告白に終わる物語だったのか……しかし、ゆりえが好きな理由が「変」だって、そりゃあんさんも同じだろ>健ちゃん。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.462 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.462 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。