電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.504 (4/4)

2006年11月21日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/30~06/07/30

◎ふたりはプリキュア Splash Star
 (第25話)
 おや、いまどき釣り船屋で生計立てられるのかとか思ってたら、夏場は海の家やってるのね。しかし、海の家って稼ぎ時が限られてるし、単価の低い商売だからそれだけではあんましたいした収入源にはならんだろうね。やっぱし年間通してのメインは釣り船の方か。でも、あれも冬は商売にならんだろうし……
 ハナミズターレとは良いネーミングセンスだね。
 ムープとフープって満&薫と出会ったのは空の泉がやられた後だったみたいだけど……単にそれ以前に出会ったことが無いだけって話で、満&薫が元からアクダイカーンの部下だったとかいう話じゃないよな。2人はまだアクダイカーンのところにいるって話だけど、要するにアクダイカーンにとって簡単に滅ぼしたり逆に野放しにしたりは出来ないって存在のように思うんだけど……。ひょっとして、フィーリア王女の魂が2人の中にいるとか、そういう展開なのかなぁ?

《おまけ》
◎ウルトラマンエース(再)
 (第12話)
 サボテン超獣を攻撃する戦闘機部隊。おや、この世界で超獣と戦うのはTACだけじゃなかったのか。
 サボテンに化けてサボテン屋の屋台に紛れ込んだ超獣。それを気に入って学校に持ち込んでるサボテン屋のガキだけど……虫を食うサボテンの花っておかしいとは思わないのか?>担任の教師。これだから科学知識の無い女の教師ってねぇ……
 夜中に飼育小屋のニワトリを襲ってるサボテン。見回りに来た大村千吉の用務員もサボテンに食われてるけど……大村千吉のやられっぷりというのが年季が入ってて最高。何といっても特撮のやられ役俳優としてのキャリアはピカイチだからねぇ。
 事件の調査にやってきた刑事くん、桜木健一とTAC。現場に残った刺からサボテンが怪しいと睨むも、隠し持って帰ってるガキ。
 焼き鳥を食って逃げ出したサボテンを追うガキだけど、サボテンは通り掛ったオープンカーのカップルを捕食。それを発見したTAC。そのまま宇宙に放り出して破壊するけど……サボテンは爆発のエネルギーを食って再び巨大化し、地上へ。全然攻撃に意味ないというか、攻撃の成果ぐらい確かめてから地球に帰れよ。
 超獣の再出現に体内の水分を蒸発させる効果のある爆弾を使用するTACだけど……見たところ全然効果が出てるようには見えないんだけど。だいたい、そんな爆弾、オキシジェンデストロイヤーと一緒で超獣だけじゃなく周囲の生態系にも多大な影響を与えてしまいそうな気がするし……
 どうでもいいけど、南夕子の跳躍力、凄すぎ。
 最後、超獣をネタにサボテンを騙し売ってるガキだけど……そりゃ1個50円じゃ泣くわな。

◎ウルトラマンメビウス
 (第17話)
 セリザワにGUYSに戻れと言ってるミライ。そこにいきなし怪獣が出現してるけど……。 速攻で変身して戦うメビウスとヒカリ。それをモニターで見ているGUYSの面々。やられそうなメビウスを見て「ミライ、危ない」と叫んでるサコミズ隊長……ま、ドサクサの中で誰にもツッコまれてなかったけど。
 ドキュメントUGMって、『ウルトラマン80』の怪獣かい。過去にウルトラマンの光線で細胞がすべて焼き尽くされて倒されてるからって、スペシウム弾頭弾の連発でサラマンドラを焼き尽くそうとしてるけど……これって、元ネタは波動カートリッジ弾だな。つまり、スペシウム光線のエネルギーを詰めたメテオールの兵器ってか。
 しかし、その攻撃もサラマンドラには効果なし。咽喉のところに再生を促す酵素を出す細胞があるからそこを狙えって話だけど、それじゃサラマンドラの吐く光弾の餌食になるだけってか。
 そこでいきなしフォーメーション・ヤマトってのを持ち出してきてるけど……結局、最後はウルトラマン頼りかい。
 メビウスにブレスレットを渡し、そしてセリザワの姿でアイハラに別れを告げて去っていくヒカリ。もう限界で戦えないってか。しかし、なんか中途半端な立ち去り方だな。それにしても、これでようやくサコミズを隊長として認めたってか<アイハラ。

◎仮面ライダーカブト
 (第26話)
 祐月に擬態して樹花を襲おうとしていたワーム。結局、天道に駆けつけられて失敗してるとはマヌケ。おまけに天道にやられかけて逃げたのはいいけど、倒れこんだ先にいたのが神代とは……
 しかし、その神代が「姉さん」と呼んだのを聞いて何故か近付いてる祐月ワームだけど、そこに影山と風間を圧倒的な力で痛め付けたワームが来てほとんど正体ばらしてるようなものだけど、全然気付かない神代……鈍すぎ。
 今度はひよりを狙ったワーム。それを守る天道だけど、なんかキャストオフする前に変身が解けてるって相当な強敵か? で、絶体絶命のとこにやってきた加賀美。田所が何か解析結果を出したら天道の力が必要だって……上空に飛び上がって上から叩くって話かと思ったけど……やっつけたと思ったら地面の下にいたもう1体のワームに助けられてるって、悪運が強いね。
 なんか祐月ワームといい雰囲気だと思った神代だけど、互いにキツネとタヌキの化かし合いだったとはいとおかし。
 7年前にひよりが見たのは天道本人だって話だけど、そこで何があったのかは話せないってか。ま、マスクドライダー計画や天道の両親にも絡んでる話なんだろうけど……あ、そうか。ワームって元々はマスクドライダー計画の副産物として生まれたんだけど、渋谷隕石の落下のときに野放しになってしまったって話か。
 しかし、ゼクトの上層部って絶対に一部のワームとつるんでることは確かだろうな。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.504 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.505 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
桜木健一 (なぎさのblog)
桜木健一桜木 健一(さくらぎ けんいち、1948年3月26日 - )は、日本の俳優。本名・宮土尚治。星野事務所所属。来歴・人物大阪市に生まれる。幼少時から関西の児童劇団に在籍。1966年、上宮高等学校を卒業し、近畿大学に入学するが、中退し、上京。1967...
Yes!プリキュア5 (Yes!プリキュア5)
yes!プリキュア5の放送を見るたびに画像が「とってもかわいいね!」って子供が言う・・・