Daily Bread 日々の御言葉

聖書の御言葉をあなたに

「聖書各駅停車」
創世記からはじめて黙示録までをゆっくり走ります。


今日の御言葉 20161015 マタイ24:15~28 「終末についての教え②」

2016-10-15 | Weblog
10月15日(土)
現在のテーマ「最後の一週間①エルサレム入城から最後の晩餐まで」
今日のテーマ「終末についての教え②」
■聖書 マタイ24:15~28 (21)
■聖句 「そのときには、世界が初めから今までなく、今後も決してないほどの大きな苦難が来るからである」。(21)
■解説
「終末の徴」に続いて、「最も大きな苦難」について、イエスはダニエルの預言にある「憎むべき破壊者(15/ダニ9:27)のこと引用しながら語られます。ダニエルのこの預言は前2世紀アンティオコス・エピファネス王が神殿にゼウスの像を立て、豚などの汚れた動物をいけにえとしてささげた時に成就したと考えられています。さらには紀元70年のローマによる神殿破壊によって成就したも言われます。しかし、挿入句の「読者よ悟れ」(15)が、注意を喚起しています。そして今日の聖句に注目する時、これまで世界が経験したことがない「終末的苦難」であることが分かります。その中で「神は選ばれた人たちのために、その期間を縮めてくださる」(22)との希望が、メシアの到来を信じる者たちには与えられ、「偽メシアに惑わされないように」との忠告が再度なされて「終末についての教え」は終わっています。
■祈り
メシアの到来を信じ、待ち望んでいます。敬虔で曇りの無い信仰をわたしに与えて下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日の御言葉 20161014 マタ... | トップ | 今日の御言葉(日曜版) 2016... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL