Daily Bread 日々の御言葉

聖書の御言葉をあなたに

「聖書各駅停車」
創世記からはじめて黙示録までをゆっくり走ります。


今日の御言葉 20170419 ローマ書9:27~29 「イスラエルについて」

2017-04-19 | Weblog
4月19日(水)
現在のテーマ「神の選びとイスラエル」
今日のテーマ「イスラエルについて」
■聖書 ローマ9:27~29 (27)
■聖句 「また、イザヤはイスラエルについて、叫んでいます。『たとえイスラエルの子らの数が海辺の砂のようであっても、残りの者が救われる』」。(27)
■解説
パウロは異邦人が「憐れみの器」として選ばれることを述べました。ではイスラエルはどうなるのでしょうか。それに対する解答が今日の聖句で、イザヤ10章23~24の引用です。「残りの者」とは、もともと捕囚としてバビロンやアッシリアへ連行されずにイスラエルに残った人をあらわす言葉でしたが、イザヤは最後まで主に信頼して救われる人に対して使用しています(イザヤ10:20)。パウロも同じ意味において引用しています。アブラハムからイザヤまでのイスラエルの歴史は、ヤハウェ(主)に対する背信の歴史でした。そのような中で、選民であるから救われるというのではなく、主に信頼し、忠実に歩む「残りの者」だけが救われるとパウロは言っています。すなわち、信仰による救いはすべての人、民族に適用されるということです。
■祈り
ユダヤ人と異邦人の差別はありません。主イエスを信じるすべてのものが神の御前に義とされるのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日の御言葉 20170418 ロー... | トップ | 今日の御言葉 20170420 ロー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL