CUT&BACKのブログ

『どこに行く???このブログ』
女子プロゴルファー
今 気になる選手に注目!!
極めて個人的な応援ブログです。

サントリーレディース初日  行きます!

2017-06-09 18:10:56 | LPGA
もちろん、古屋さんのプレイ姿を久しぶりに見に行きます。

彼女は、油断すると関西のトーナメントに出ないことがあるから、
なかなか、見に行けない。

今年は、ちっとも良くない。

一回予選通過しただけやし、
何が悪いのかなあ。

ドライバー・アイアン?

パター?

それともメンタル?

盲腸は、もうちょっとも、影響無いと思われる。


前売りチケット買いました。

古谷プロのプレイをがっつり見る。

見たからと言って、プロレベルのことで、何がダメなのか素人では

わからんでしょうが!

それと今回は、もう一つ!

宮里藍選手のプレイを見る。国内最後かもしれない。
いやいや、一生最後かもしれない。私にとっては間違い無く最後だ!

国内のほかのところで、仮にしたとしても、例えば、リコーカップでも、
いけないものね!

それでなくても、アメリカだったから、めったに見れなかったのに!

賢島に行った時は、観れたなぁ!

藍選手といえば、

*****

2003年、東北高校3年の宮里藍選手が念願の日本女子アマのタイトルをとって、
その勢いでミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンでアマ最年少優勝。

んで、一気に女子ゴルフブーム。

日本女子アマのマッチプレー決勝の相手が、当時福岡大学4年の古屋京子選手。

トーナメントと違い、たった2人で、

ガチで36ホールの試合。

前半18ホールで4ダウンまで落とした古屋選手は、後半一気に怒涛の巻き返し!
34ホール目に追いつく。

35ホール目のアンラッキーの1ダウン、そのまま藍選手に逃げ切られる。

負けは負けですけど、古屋京子選手、憎たらしい程の戦いっぷりといわれたもんです。


こんな記事、見つけました!

【2003年6月29日デイリースポーツ紙面より】 
36ホールのマッチプレーによる決勝戦が行われ、宮城・東北高3年の宮里藍(18)=泉国際GC=が、大学No.1選手の古屋京子(福岡大4年)を1アップで下し、初優勝を果たした。最大4アップのリードから終盤に追いつかれたものの、宮里は粘り強いプレーを披露。悲願といえる「日本一」のタイトルを奪ったことで、卒業後のプロ転向も濃厚となった。

宮城TV杯ダンロップ女子で優勝!アマでは30年ぶり史上2人目の快挙



この2人は、やっぱり目に焼き付けておかなければ!!!

生憎の雨模様!
が、しかし‼️
晴れ男の私は、快晴にしてみせる!
半袖、傘無し、濃い目のサングラス‼️
完璧だ、快晴ファッション!

まだ今、阪急十三駅、特急待ち!



さて、宮里選手の久美に18ホールついて回りました。
相変わらずの美しいフォームです。
当り前ですが、マナーも良い。
一緒に回った、@髙橋 彩華選手も、伸び伸びプレイしてました。
プレッシャーを与えない、さりげないラウンド。さすがです。

まっ?体から出るオーラは、消すことが出来ないので、そのオーラにビビるのは
仕方ない、でもこの@ちゃんは素晴らしかった。後半で少し落としましたが、
立派なものでした。
あの人は強くなる。
リカバリーうまかったな。
グリーンに乗った玉が強烈なスピンでバックするのを見た。
チェックしとこう。
宮里選手と上田選手と3人で回ったことは、一生の思い出になるでしょうね。


宮里選手に18ホール
古屋選手に10ホール
くっつきました。

足痛い、足首痛い

そして、今日2日目
古屋選手残念ながら予選通過せず。
昨日拝見した感想***

セカンドが良く無かった気がする。
ショートのティーショットも含めて。

番手を1つ、上げるか、何か課題があるのなら、そこを早目に克服するか?

古屋選手と宮里選手、共通点はフォームが綺麗!
マナーが間違いないレベル。
拝見してて、気持ち良い。
どんなに良いスコアの選手でも、フォームが綺麗くないのと、
マナーが出来ていない人は、まず好きになれない!
これは、仕方ない。私の好みだから。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これはイカン | トップ | 心配なこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

LPGA」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。