のほほ

なんとなくな毎日を書き綴っていきたい。

次女のこと

2017-07-17 15:39:17 | 家族

先日、次女に電話した。

次女のほうからは、電話はほとんどかかってこない。

便りのないのは、元気な証拠というが・・・

次女の場合は違う。電話かけるたびに何かと驚き心配させられる。

今回は、車に引かれたと言う。

それもひき逃げ。

足を引かれたと言う。

骨折もなくて良かったが・・・

プレートナンバーがわからず、車も特定できないので、警察は犯人捜しをすることもなく終わったらしい。

何事もなかったから、それで良しとしていいのか腑に落ちない。

次女は、「私がのんびり歩いていたから」と言うが、信号は青信号だったし、渡りおわらないうちに車は(右折?)発進したということだ。

待てなかったということだ。

これは、恐ろしいことではないか。

警察は、何事もなかったから、ひき逃げでも許していいのか。

そんなものか。

なんだか腑に落ちない。

今年は本厄で、前厄の去年から、いろいろとある。

長女と同じように、子宮にポリープができて手術する。

今年に入ってアレルギー鼻炎とも重なり、喘息症状が出たりといろいろ厄介なことばかり。

それらは、落ち着いてから私が電話をかけて知る状態だ。

母としても嫁としても失格だ。

うるさいくらいに電話をかけて近況をしるべきなんだろう。

だが、次女には婿がいて2人で支えあっているのだから、それでいいのか・・・

私と次女との関係は希薄になっていくようだ。

いや、私の家族に対しての感情が薄いのだ。

母も私に対してそうだったのだろう。

逆に、次女もそのうちに、私が最期を迎える時に私と同じように思うかもしれない。

それでいいのだと思う。

悲しまれるよりも、「楽になったね、お母さん」と思ってくれるほうが安心して逝くことができる。

最近、いろいろ家族のことを考える。

無縁社会か~

 

 

 

 

 

ジャンル:
その他
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後に | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはよぅ♪ (nao)
2017-07-18 09:14:41
親は子供たち全員が揃って見送ってくれるのを
最後の気力を振り絞って待っているのかも・・・
我が家は そうはいきませんでしたが--;
で 娘さんの親に心配をかけたくない思いが
便りを減らしてる? とは言っても事後報告を
受けるのも辛いものがりますよね。。。 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。