石油の内外情報を読み解く

内外の石油・天然ガス関連のニュースをウォッチしその影響を探ります。(元ジェトロリヤド事務所長 前田高行)

BPエネルギー統計2016年版解説シリーズ:石油+天然ガス篇(2)

2016年09月18日 | BP統計

(注)本レポートは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。

http://members3.jcom.home.ne.jp/3632asdm/0389BpOilGas2016.pdf

 

(世界一の埋蔵量を誇るイラン!)

(2)国別の石油・天然ガス合計埋蔵量

(表http://members3.jcom.home.ne.jp/maedaa/3-1-T01.pdf参照)

(図http://members3.jcom.home.ne.jp/maedaa/3-1-G02.pdf 参照)

 埋蔵量を国別に見ると、原油と天然ガスの合計埋蔵量が最も多い国はイランの3,718億バレル(以下いずれも石油換算)であり、世界全体の13%を占めている。イランは石油埋蔵量では世界4位(1,578億バレル)であり、天然ガスの埋蔵量(34兆㎥、石油換算2,140億バレル)は世界一位である。

 

 イランに続くのがベネズエラ、サウジアラビア及びロシアであり、それぞれの埋蔵量はベネズエラ3,362億バレル(内訳、石油3,009億バレル、天然ガス353億バレル)、サウジアラビア3,189億バレル(石油2,666億バレル、天然ガス524億バレル)、ロシア3,054億バレル(石油1,024億バレル、天然ガス2,030億バレル)である。4カ国は原油と天然ガスの比率が各国により大きく異なっている。イランは原油と天然ガスの比率が42%対58%で比較的バランスが取れているが、ベネズエラは原油の比率が89%と圧倒的に高く、サウジアラビアも原油84%に対して天然ガスは16%に過ぎない。これに対してロシアは逆に原油34%対天然ガス66%であり、天然ガスの埋蔵量が原油の2倍近い。

 

 原油と天然ガスの埋蔵量の比率で見ると、イランのように両者のバランスが比較的均等な国には米国(原油46%対天然ガス54%)があり、ベネズエラ或いはサウジアラビアのように原油の比率が高い国はカナダ、イラク、UAE、クウェイトなどである。一方ロシアのように天然ガスの比率が高い国にはカタール、トルクメニスタンなどがある。

 

 ロシアに次いで埋蔵量が世界で五番目に多いのはカナダの1,847億バレル(原油1,722億バレル、天然ガス125億バレル)である。これに続く6位以下の国とその埋蔵量はカタール(合計:1,800億バレル、石油:257億バレル、天然ガス:1,543億バレル、以下同じ)、イラク(1,663億バレル、1,431億バレル、232億バレル)、UAE(1,361億バレル、978億バレル、383億バレル)、米国(1,206億バレル、550億バレル、657億バレル)、クウェイト(1,127億バレル、1,015億バレル、112億バレル)、トルクメニスタン(1,105億バレル、6億バレル、1,099億バレル)の順である。

 

 注目すべきことは同じGCC産油国でも天然ガスが豊富なカタールに対してUAE、クウェイトは少ない。これらの国はいずれも発電或いは海水淡水化プラントの燃料として国内の天然ガスの需要が大きい。このためUAE、クウェイトなどは夏場にピークを迎える電力・水のために天然ガスを輸入しなければならないのが実情である。また世界一の石油輸出国であるサウジアラビアでもガス不足は深刻な問題であり国内ガス田の開発が急がれている。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         〒183-0027東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BPエネルギー統計2016年版解... | トップ | ニュースピックアップ:世界... »
最近の画像もっと見る

BP統計」カテゴリの最新記事