石油の内外情報を読み解く

内外の石油・天然ガス関連のニュースをウォッチしその影響を探ります。(元ジェトロリヤド事務所長 前田高行)

五大国際石油企業2016年度業績速報シリーズ(6)  

2017年02月22日 | 海外石油企業(メジャー等)の動向

 

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してごらんいただけます。

http://mylibrary.maeda1.jp/0401OilMajor2016.pdf

 

 

II. 2016年の業績比較

1.売上高

(図http://menadabase.maeda1.jp/2-D-4-01.pdf 照)

 ここではExxonMobil, Shell, BP, Total及びChevron5社の2016年の売上高を比較する。5社の中で売上高が最も大きいのはShellの2,336億ドルであり、これに続くのがExxonMobilの2,261億ドルである。なお後述する8カ年(2009-2016年)業績推移で詳しく触れるが、2012年までの売上高はExxonMobilがトップであったが、2013年、2014年および2015年は僅差ながらShellがトップである。

 

 Shell、ExxonMobilに次いで売上高が大きいのはBPの1,830億ドルであるが、これはシェルの約8割である。Total、Chevronの売上高はそれぞれ1,497億ドル及び1,145億ドルで、ChevronはトップのShellの売上高のほぼ半分である。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 〒183-0027東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail;maedat@r6.dion.ne.jp

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五大国際石油企業2016年... | トップ | ニュースピックアップ:世界... »
最近の画像もっと見る

海外石油企業(メジャー等)の動向」カテゴリの最新記事