石油の内外情報を読み解く

内外の石油・天然ガス関連のニュースをウォッチしその影響を探ります。(元ジェトロリヤド事務所長 前田高行)

"The Impossible Peace - 70 Years after The World War 2 in the Middle East"(17)

2018年02月25日 | 中東の戦後70年

Home Page: OCIN INITIATIVE

(Japanese Version)

(Arabic Version)

(Table of contents)

 

By Areha Kazuya

E-mail: areha_kazuya@jcom.home.ne.jp

 

Chapter 2 Global wave – The end of colonial era and the emerging two super powers

2-3(17) Clash of the East and West

After the British and French colonial imperialism, it was the age of East and West two major camps. The former camp was led by the United States and the latter was led by the USSR. The industrial revolution that began in the 18th century teared the society into two classes; capitalists and workers. In the 19th century, Karl Marx said in his book “Das Kapital” that production means monopolized by a small number of capitalists while workers had no means except selling their workforce. Marx called such production system as capitalism.

 

Marx advocates "Communism" aiming at an equal society by joint ownership of production means. In the beginning of the 20th century, communism was coupled with socialist ideology to counteract the evil of individualism and liberalism. Socialism and Communism penetrated as a new idea to replace capitalism. It became the reality when the Russian Revolution took place in 1917, and the Union of Soviet Socialist Republics (USSR) was born as the world's first socialist-communist state.

 

The USSR, born during the World War I, steadily accumulated its power and became the driving force to beat the totalitarian states Germany and Japan as a member of the Allies in the World War II. During the World War II US and USSR coexisted each other. But it was “Bitter enemies in the same boat” or “Cohabiting but living in different worlds”. Oil and water could not mix at all. After the war the confrontation came to surface. The face-to-face collision was avoided. It was called as "Cold War". “Hot wars", however, took place worldwide.

 

In China, the Chinese Civil War between the Kuomintang and the Communist Party took place. In Vietnam, Indochina War between Viet Cong (National Liberation National Front, NLF) and France was broken out in 1955. Initially it was the resistance struggle of the Vietnamese people against colonial suzerain country, France. When France was defeated in the battle of Dien Bien Phu in 1954, the US got into the front in Vietnam on behalf of France. Viet Cong continues to resist the United States under the military aid of the USSR (second Indochina War). It was the confrontation of two major camps as proxy war. In addition, the Korean War broke out in 1950, the front line stuck to the 38th north latitudes and ceased fire in 1953. The Korean Peninsula was divided into two regions until now.

 

On the European Continent, tension between Western Europe and Eastern Europe rose across the border. In 1949 East Germany built a wall surrounding the West Berlin District, and the blockade of Berlin eventually continued until 1990 when the USSR collapsed.

 

Eastern and Western camps sharply confronting in the Cold War strengthened military and economic blocking to contain each alliance. In 1949, the Western camp formed the military alliance called NATO (North Atlantic Treaty Organization) and took embargo on military technology and strategic supplies to the communist countries along with COCOM (Cooperating Committee for Multilateral Export Controls). Against these movements, the USSR launched a military alliance "Warsaw Treaty Organization" in 1955 involving eight Eastern European countries such as Poland, East Germany and so on. The United States, furthermore, formed a military alliance SEATO (Southeast Asia Treaty Organization) in Asia similar to NATO to fill in the blanks with Southeast Asia after France withdrew from Vietnam.

 

In 1958, METO (Middle East Treaty Organization, also referred to as the Baghdad Convention where headquarters were located) was born in the Middle East. Three anti-communism military alliances of NATO, METO and SEATO encircled the USSR. Initially Egypt did not participate in METO, When a socialist revolution was broken out in Iraq, METO moved its headquarter to Ankara in Turkey, and changed the name to CENTO (Central Treaty Organization)

 

 Gamal Abdul Nasser in Egypt who advocated Pan-Arabism or Arab Nationalism did not only join the anti-communist alliance of the United States, but also not descend under the umbrella of USSR. In his eyes both the US and the USSR appeared as new types of imperialists. Chinese Prime Minister, Zhou Enlai, Indian Prime Minister, Jawaharlar Nehru, Yugoslavian President, Josip Bros Tito, and Indonesian President, Sukarno, also shared the same opinion with Nasser. In 1954 Nehru and Zhou presented the Five Principals of Peaceful Coexistence. The Asian - African Conference was held in Bandung, Indonesia in 1955.

 

In the ten principles of peace adopted at the Bandung Conference, they urged the Non-alliance Movements belonging to neither the US or the USSR under the spirit of anti-imperialism, anti-colonialism and ethnic self-determination. Third World was born for the first time in the history. Nasser was aiming at getting better with the fight between the eastern and western camps to be the fish in troubled water. He also got the position representing Arab countries in Third World. From this time until the Suez war (the second Middle East War) and the formation of the Arab Union with Syria, it was the heyday of Nasser.

 

(To be continued ----)

 


この記事をはてなブックマークに追加

今週の各社プレスリリースから(2/18-2/24)

2018年02月24日 | 今週の新聞発表

2/20 BP Energy Outlook 2018 

https://www.bp.com/en/global/corporate/media/press-releases/energy-outlook-2018.html

2/22 石油連盟 木村 石油連盟会長定例記者会見配布資料 

www.paj.gr.jp/from_chairman/data/2018/index.html#id1809

2/22 OPEC Second year of Declaration of Cooperation begins with record-breaking conformity level 

http://www.opec.org/opec_web/en/press_room/4852.htm

 


この記事をはてなブックマークに追加

五大国際石油企業2017年度業績速報シリーズ(2)

2018年02月23日 | 海外石油企業(メジャー等)の動向

 国際石油企業(International Oil Companies, IOCs)の2017年第4四半期(10-12月)及び年間(1-12月)の決算が発表された。本稿ではExxonMobil(米)、Shell(英蘭), BP(英), Total(仏)及びChevron(米)の主要5社を取り上げ、各社の売上高、利益、投資額、石油・ガス生産量等を概観し、さらに5社の業績比較を行う。

 

I. 各社の業績概要

(表:http://menadabase.maeda1.jp/1-D-4-20.pdf 参照)

 

2.Shellの2017年第4四半期(10-12月)及び通年(1-12月)の業績

*同社ホームページ:

https://www.shell.com/media/news-and-media-releases/2018/fourth-quarter-2017-results-announcement.html

(1)売上高

 Shellの2017年10-12月の売上高は854億ドルであり、また通年売上高は3,052億ドルであった。前年同期比ではそれぞれ32%及び31%の増収であった。

 

(2)利益

 10-12月期及び通年の利益はそれぞれ38億ドル及び130億ドルであり、前年同期と比較すると10-12月期は2.5倍の増益であり、通年でも前年比3倍弱の大幅増益となっている。通年利益のうち上流部門は16億ドルの利益であり、また下流部門も83億ドルの利益であった。上流部門の前年度(2016年)は37億ドルの赤字であったが、今期は利益を計上している。(注、最終損益額には石油化学部門その他の損益が合算されているため、部門別の上流・下流部門の損益合計額とは一致しない。)

 

(3)売上高利益率

 通年ベースの売上高利益率は4.3%であり前年の2.0%から向上している。

 

(4)設備・探鉱投資

 2017年の年間の設備・探鉱投資額は208億ドルであり、2016年に比べ6%減少している。

 

(5)石油・ガス生産量

 昨年のShellの石油生産量は日量平均1,825千B/Dであり、前年(2016年)よりやや減少している。天然ガスは日量平均10,668mmcfdであり前年比横ばいである。

 石油と天然ガスの合計生産量は石油換算で3,664千B/Dとなり、前年とほとんど変わらない。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行

 〒183-0027東京都府中市本町2-31-13-601

        Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

        E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

 


この記事をはてなブックマークに追加

五大国際石油企業2017年度業績速報シリーズ(1)

2018年02月22日 | 海外石油企業(メジャー等)の動向

 国際石油企業(International Oil Companies, IOCs)の2017年第4四半期(10-12月)及び年間(1-12月)の決算が発表された。本稿ではExxonMobil(米)、Shell(英蘭), BP(英), Total(仏)及びChevron(米)の主要5社を取り上げ、各社の売上高、利益、投資額、石油・ガス生産量等を概観し、さらに5社の業績比較を行う。

 I. 各社の業績概要

(表:http://menadabase.maeda1.jp/1-D-4-20.pdf 参照)

 1. ExxonMobilの2017年第4四半期(10-12月)及び通年(1-12月)の業績

*同社ホームページ:

http://news.exxonmobil.com/press-release/exxonmobil-earns-197-billion-2017-84-billion-fourth-quarter

(1)売上高

 ExxonMobilの2017年10-12月の売上高は665億ドルであり、また通年売上高は2,444億ドルであった。前年同期比ではそれぞれ+17.9%の及び+17.4%の増収である。増収の要因は対応する期間の原油価格がアップしたためであり、例えば代表的な指標油種である北海Brent原油の2016年の平均価格は43.73ドル/バレルであり、これに対して2017年のそれは54.19ドルドルであり、また第4四半期の平均価格も2016年の49.33ドルに対して2017年は61.26ドルに上昇している[1]。後述する通り2017年の生産量は2016年を下回っていることからも増収要因が原油価格の上昇であったことが解る。

 

(2)利益

 10-12月期及び通年の利益はそれぞれ84億ドル及び197億ドルであり、前年同期と比較すると10-12月期は約5倍、通年では2.5倍といずれも前年比大幅な増益であった。通年利益のうち上流部門の利益は2016年の2億ドルに対して2017年は134億ドルの大幅増であった。また下流部門も2016年の42億ドルに対して2017年は56億ドルで33%増であった。(注、最終損益額には石油化学部門その他の損益が合算されているため、部門別の上流・下流部門の損益合計額とは一致しない。)

 

上流部門の利益と下流部門の利益を比較すると、2016年は上流部門の利益が下流部門を大幅に下回り、2017年は逆に上流部門が好調で下流部門の利益を上回っている。これは原油の市場価格が2016年は低迷し、2017年は高めに推移したためである。即ち原油価格が低迷すると上流部門の利益が圧迫され、逆に安価な原油価格に支えられて下流部門で利益が発生したのが2016年であり、2017年は原油価格が上昇したため上流部門で利益が出る一方、下流部門は利益が圧迫されたのである。この傾向は他の4社もほぼ同様傾向である。

 

(3)売上高利益率

 通年ベースの売上高利益率は8.1%であり、前年の3.8%に比べて大幅に改善されている。

 

(4)設備・探鉱投資

 2017年の年間の設備・探鉱投資額は2,308億ドルであり、これは2016年の193億ドルに比べ10倍以上の大幅な伸びである。

 

(5)石油・ガス生産量

 昨年のExxonMobilの石油生産量は日量平均2,283千バレル(以下B/D)であり、前年(2016年)の2,365千B/Dを3.5%下回っている。天然ガスは日量平均10,211百万立法フィート(以下mmcfd)であり前年とほぼ同量である。石油と天然ガスの合計生産量は石油換算で3,985千B/Dとなり、2016年比1.7%減となった。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行

 〒183-0027東京都府中市本町2-31-13-601

        Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

        E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp


この記事をはてなブックマークに追加

ニュースピックアップ:世界のメディアから(2月21日)

2018年02月21日 | 今日のニュース

・UAE石油相:米シェールオイルはOPECの脅威に当たらず。

http://www.arabnews.com/node/1250591/business-economy

・Shell、石油・ガス開発で深海とシェールの双方向に投資の方針。

http://www.arabnews.com/node/1250781/business-economy

・イスラエル、エジプトに天然ガス輸出。10年間で640億立方米、150億ドル相当。

http://www.arabnews.com/node/1249876/business-economy


この記事をはてなブックマークに追加

ニュースピックアップ:世界のメディアから(2月14日)

2018年02月20日 | 今日のニュース

アブダビ、スペインCepsa社に海上2鉱区の権利20%を15億ドルで供与

 


この記事をはてなブックマークに追加

" The Peace on The Horizon - 70 Years after The World War 2 in the Middle East"(16)

2018年02月18日 | 荒葉一也シリーズ

Home Page: OCIN INITIATIVE

(Japanese Version)

(Arabic Version)

(Table of contents)

 

By Areha Kazuya

E-mail: areha_kazuya@jcom.home.ne.jp

 

Chapter 2 Global wave – The end of colonial era and the emerging two super powers

2-2(16) La Marseillaise & The Internationale

World War II was a war that the United States, Britain and France of the capitalist state and the Soviet Union of the socialist state jointly fought against the totalitarian states, Germany and Japan. The world that experienced twice world warfare in less than half a century established the United Nations and pursued permanent peace.

 

The UN Charter stated in Article 1 that it aims to "maintain international peace and security". Everyone had refused war again. But the peace of the West and East camps with different ideology quickly failed.  "Hot war" in which both sides directly fought each other was barely avoided. Bur the glare of "cold war" began. Cold war has prevailed globally. In return, local "hot wars" have taken place in various parts of the world in the form of proxy war between the western capitalist countries and the Soviet Union.

 

In the Middle East, revolutions took in the form of military coup. In Egypt it was a confrontation between Gamal Abdul Nasser with Association of Free Officers which were supported by the Soviet Union and the royalists supported by the UK. In Syria it was a fighting struggle between minority tribes supported by France and the majority tribe who received military assistance of the Soviet Union. France supported minority tribes to keep substantive power.

 

At that time the storm of socialism by the Soviet Union roared globally under the name of class struggle. In July 1952, a revolution took place in Egypt. In May of the same year, Mayday incident occurred in Japan in the Far East. There was a chorus of international labor song " The Internationale". Even in Syria, anti-French urban intelligentsia sang the same song. Against Syrian people, the French soldiers stationed sang loudly with the national anthem La Marseillaise every day at the Flag Hoisting ceremony of the garrison.

 

 

 

Both lyrics are amazingly similar each other as follows.

 

Lyrics of "The Internationale":

Stand up, damned of the Earth

Stand up, prisoners of starvation

Reason thunders in its volcano

This is the eruption of the end.

Of the past let us make a clean slate

Enslaved masses, stand up, stand up.

The world is about to change its foundation

We are nothing, let us be all.

 

This is the final struggle

Let us group together, and tomorrow

The Internationale

Will be the human race.?

 

 

Lyrics of "La Marseillaise":

Arise children of the fatherland

The day of glory has arrived

Against us tyranny's

Bloody standard is raised

Listen to the sound in the fields

The howling of these fearsome soldiers

They are coming into our midst

To cut the throats of your sons and consorts

To arms citizens Form your battalions

March, march

Let impure blood

Water our furrows

 

 

No one will not be surprised that both lyrics are too similar. To tell the truth, both lyrics were written at almost same time in France. Internationale was originally written as the lyrics of "La Marseillaise" at the Paris Commune in 1871. Melody was composed a few decades later. On the other hand, "La Marseillaise" was written and composed at the French Revolution.

 

It could say that both lyrics were twins. The content of the lyrics is too harsh to keep up with the sense of modern people. French people used to sing "La Marseillaise" in case of events or events that require a sense of unity. It may be worth to ask how they feel themselves when sing loudly the song. The lyrics are too aggressive to be peaceful.

 

In Syria, French soldiers sang "La Marseillaise" inside of the garrison. And outside the garrison, local Arabs sang "Internationale". To whom the French soldiers Appealed singing “To arms citizens Form your battalions / March, march”? As for local Arabs, Enemy in the lyrics was clear. It was France.

 

Needless to say, that which side was inspired. The spirit of the French soldiers was wilted and retreated. It was the Soviet Union who came into Syria after France. The Soviet Union borrowed the Tartus port on the Mediterranean coast for a military purpose. Since the days of the Russian Empire, Russia has always been obsessed with the southward policy, seeking an ice-free port. In the Black Sea there was Sebastopol military port. But from there to the Mediterranean, they had to go through the Bosporus Straight in Turkey. Tartus military port was a bridgehead in the Mediterranean for the Soviet Union. After the collapse of the Soviet Union, It is no doubt that Tartus is still an essential military port for the Russian Republic.

 

(To be continued ----)

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

今週の各社プレスリリースから(2/11-2/17)

2018年02月17日 | 今週の新聞発表

2/13 JX石油開発 カナダにおけるオイルサンド事業の権益売却について 

http://www.hd.jxtg-group.co.jp/newsrelease_jxtg/2017/post_1.html

2/14 出光興産 平成30年3月期  第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結 

http://www.idemitsu.co.jp/company/news/2017/180214_5.pdf

2/14 昭和シェル石油 平成29年12月期 通期決算について 

http://www.showa-shell.co.jp/press_release/pr2018/021406.html

2/14 昭和シェル石油 役員の異動に関するお知らせ 

http://www.showa-shell.co.jp/press_release/pr2018/021403.html


この記事をはてなブックマークに追加

ニュースピックアップ:世界のメディアから(2月14日)

2018年02月14日 | 今日のニュース

・OPEC月例報告:世界の石油需要は急速に拡大、米シェールオイルの増産を注視。

www.arabtimesonline.com/news/world-oil-demand-grow-faster-expected-2018-surging-us-output-concern-oil-market-opec/

・イラク石油相:下流部門に40奥ドルの投資必要。生産能力は2022年までに700万B/Dに増強。

www.arabnews.com/node/1246021/business-economy

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

混迷深まるサウジアラビア(その3):暗転するサウジ外交(3)

2018年02月13日 | 荒葉一也シリーズ

2018.2.13

荒葉一也

Areha_Kazuya@jcom.home.ne.jp

 

2017年11月:レバノン、ハリリ首相の辞意撤回騒動

 レバノンは人口約600万人の小国であるが、「宗教のモザイク国家」と言われるほど多数の宗教宗派が混在している。イスラームのシーア派、スンニ派、ドルーズ派を始め、キリスト教ではマロン派、ギリシャ正教、ローマ・カトリック、アルメニア正教などがあり、全体では18宗派で構成されている[1]。政治的安定を確保するためレバノンは建国以来、大統領はマロン派、首相はスンニ派、国会議長はシーア派と決められている。現在の大統領はミシェル・アウン、首相はサアド・ハリリである。因みにサアド・ハリリの父親ラフィーク・ハリリもかつてレバノン首相を務めたが、退任後の2005年に爆殺されている。以来、親イランのシーア派ヒズボラと親サウジのスンニ派との対立が激しくなり、レバノンの国内紛争はイランとサウジアラビアの代理戦争の様相を呈している。(後述するイエメンでも親イランのフーシ派と親サウジのスンニ派ハディ政権によるイランとサウジの代理戦争という同じ図式による泥沼の内戦が続いている。)

 

 サアド・ハリリは父親の遺志を継いで2005年末に首相に選ばれたが、2011年にラフィーク暗殺の原因究明を巡り親シリア派の野党閣僚が辞任するとハリリ内閣は瓦解、その後大統領職もその後任を巡って紛糾し国政は混乱した。2016年にようやく新大統領が決定、憲法規定に則り同年11月に挙国一致のサアド・ハリリ内閣が成立した。ハリリ首相は複雑なパワー・バランスの中で微妙なかじ取りを強いられているが、彼を陰に陽に支えたのがスンニ派の盟主サウジアラビアなのである。

 

 実はサアド・ハリリはサウジアラビアのリヤドで生まれ育ち、レバノンとサウジの二重国籍を有し、父親ラフィークはサウジでビン・ラーデンと並ぶ大手ゼネコンSaudi Oger社の創業者であり、したがってサウド家王族とも極めて親密な関係を持っている。中でも大富豪アルワリード王子は、母方の祖父が初代レバノン首相であり、同国にも事業の拠点を置いているため、ハリリ家とは特に親しい。ラフィークの葬儀には当時のアブダッラー国王とアルワリードの父親タラール王子が参列したほどである。

 

 首相就任以来親イランのヒズボラなどシーア派国会勢力との政争で綱渡り的な政権運営を強いられていたハリリ首相は昨年12月サウジアラビアを訪問、国王、皇太子と善後策を協議した。この時、ハリリは突然首相辞任を表明して世界を驚かせた[2]。ところがハリリはその後レバノンに帰国すると今度は辞意を撤回してもう一度世界を驚かせたのである。

 

 ハリリはリヤドでの辞意表明は国民に対するショック療法であると説明したが、背後にサルマン国王とムハンマド皇太子の圧力があったとの見方が強い。ハリリは帰国後大統領の強い慰留で辞意を撤回したのであるが、結局この猿芝居を演出したサウジの国王と皇太子は世間の冷笑を浴びたのである。援助をちらつかせて小国レバノンを自らの意向に従わせようとしたサウジ外交の失敗であった。

 

2017年12月:イエメン、サーレハ前大統領暗殺

 12月初めイエメンのサーレハ前大統領がフーシ派武装組織によって暗殺された[3]。サーレハとフーシ派は欧米諸国及びサウジアラビアが正統と認めるハディ暫定政権に対抗する反政府組織として共闘、イエメンの首都サナアを占領し、暫定政権をアデンに追いやった一大勢力である。サーレハは仲間割れによってフーシから命を奪われたわけであるが、実はサーレハがサウジアラビアと密通し寝返ろうとしたためフーシ派から裏切り者として暗殺されたというのが真相のようである。

 

 しかしサーレハとサウジアラビアの関係は一筋縄では済まない複雑な関係である。それは2011年の「アラブの春」にさかのぼる。当時サーレハは北イエメン時代を含めすでに34年間もイエメンの大統領であった。しかし2011年、チュニジアで始まった民主化の嵐はリビア、エジプトからイエメンまで波及、2012年前半の度重なるデモで騒然とする中、6月にはついに反政府組織による大統領府攻撃によりサーレハは負傷、治療のためサウジの首都リヤドに向かった。事実上の亡命である。

 

 サーレハはリヤドでサウジ政府から因果を含められ大統領職を当時副大統領のハディに譲ったのである。サウジ外交の勝利としてイエメンはスンニ派による民主国家に変身するはずであった。しかし本来部族社会であるイエメンで国内に有力な後ろ盾を持たないハディは弱体であり、足元を見たシーア派のフーシ派部族が挙兵した。そして傷が癒えて帰国したサーレハは自分を支持する部隊を引き連れ何とフーシ派と共闘、ハディの追い落としを図ったのである。サウジ政府にとってはサーレハに恩をあだで返されたようなものである。

 

フーシ派のバックにイランがいたことは言うまでもない。首都のサナアはフーシ派とサーレハ部隊によって陥落、ハディ政権は南部の国内第二の都市アデンに撤退、ハディ暫定大統領はサウジのリヤドに難を逃れ、現在もそこから指揮を執っているほどである。しかしアデン臨時政府は寄り合い所帯でありサナア奪還どころか暫定政府に抵抗する南部の独立勢力に押され、このままではかつてのようにイエメンが南北に分断されかねない状況である。

 

サウジ政府にとってイエメンを分断させずにスンニ派国家として存続させるためには、ハディは頼りにならず、イランに支援されたフーシ派を打ち破るにはサーレハに寝返りを働きかけるほかないと考えたのであろうか。しかしそのサーレハは暗殺され、イエメンの将来は混とんとしたままである。ただサーレハが暫定政府側につけば彼が早晩実権を握り再び独裁国家が生まれるであろうことも想像に難くない。

 

サルマン国王及びムハンマド皇太子のサウジ外交の無為無策ぶり、あるいはシーア派イラン憎しの怨念が支配する限り同国の外交は地域の混乱を深めるだけかもしれない。

 

(続く)



[1] 外務省:レバノン共和国基礎データより。

www.mofa.go.jp/mofaj/area/lebanon/data.html

[2] “Hariri revokes resignation after consensus deal” on 2017/12/5、Arab News

http://www.arabnews.com/node/1204091/middle-east

[3] ‘Yemen's Ali Abdullah Saleh assassinated by Al Houthi militia‘ on 2017/12/4, Gulf News

http://gulfnews.com/news/gulf/yemen/yemen-s-ali-abdullah-saleh-assassinated-by-al-houthi-militia-1.2135006

 


この記事をはてなブックマークに追加