石油の内外情報を読み解く

内外の石油・天然ガス関連のニュースをウォッチしその影響を探ります。(元ジェトロリヤド事務所長 前田高行)

ニュースピックアップ:世界のメディアから(2月22日)

2017年02月22日 | 今日のニュース

・アブダビ、中国CNPCに陸上油田権益8%を17.7億ドルで譲渡。 *

・クウェイト、2040年までに原油生産量を315万B/Dから475万B/Dに拡大

 

*アブダビ陸上油田操業会社(ADCO)の60%はADNOCが保有。
40%を外国企業に放出することとし、すでにBP10%、Total10%、INPEX(日)5%、GS Energy(韓)3%獲得済み。残るは4%。


この記事をはてなブックマークに追加

見果てぬ平和:中東の戦後70年(総目次)

2017年02月22日 | 中東の戦後70年

プロローグ

Prologue

فاتحة

 

0-1(1)  スエズ運河グレート・ビター湖の会談

0-1(1)  Summit at Great Bitter Lake of Suez Canal

0-1 (1) قمة في البحيرات المرة في قناة السويس

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5242262.html

 

0-2(2) ヨーロッパとアジアをつなぐ中東

0-2(2) Middle East connecting Europe and Asia

0-2 (2) الشرق الأوسط التي تربط بين أوروبا وآسيا

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5242742.html

 

0-3(3) 中東を流れる三つのアイデンティティ

0-3(3)  Three identities flowing in the Middle East

0-3 (3) ثلاثة هويات المتدفقة في الشرق الأوسط

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5243176.html

 

0-4(4) 第一次大戦中の英国の三枚舌外交(その1)
0-4(4)  Britain's three tongue diplomacy during World War I (1)
0-4 (4) بريطانيا الدبلوماسية ثلاثة اللسان أثناء الحرب العالمية الأولى (1)
http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5243617.html

 

0-5(5) 第一次大戦中の英国の三枚舌外交(その2)
0-5(5)  Britain's three tongue diplomacy during World War I (2)
0-5 (5) في بريطانيا الدبلوماسية ثلاثة اللسان أثناء الحرب العالمية الأولى (2)
http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5244026.html

 

0-6(6) 第一次大戦中の英国の三枚舌外交(その3)
0-6(6)  Britain's three tongue diplomacy during World War I (3)
0-6 (6) بريطانيا الدبلوماسية ثلاثة اللسان أثناء الحرب العالمية الأولى (3)
http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5244482.html

 

 

第1章:民族主義と社会主義のうねり(1945-1956年)

Chapter 1 Wave of nationalism and socialism (1945-1956)

الفصل 1 الموجة القومية والاشتراكية (1945-1956)

 

1-1(7) 大西洋憲章

1-1(7) Atlantic Charter

1-1 (7) ميثاق الأطلسيc

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5244993.html

 

1-2(8)  戦後ゼロ年:アラブ連盟の結成

1-2(8)  Formation of the Arab League

1-2 (8) تشكيل لجامعة الدول العربية

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5245507.html

 

1-3(9)  イスラエル独立(その1):ユダヤ人の祖国建設運動

1-3(9)  Israel independence(1): Jewish motherland construction movement

1-3 (9) استقلال إسرائيل (1): حركة البناء الوطن اليهودي

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5245947.html

 

1-4(10)  イスラエル独立(その2):ユダヤ人とは?

1-4(10)  Israel independence(2): Who is a Jew?

1-4 (10) استقلال إسرائيل (2): من هو اليهودي؟

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5246425.html

 

1-5(11)   イスラエル独立(その3):流入するユダヤ移民に押し出されるパレスチナのアラブ人

1-5(11)   Israel independence(3): Palestinian Arabs extruded by incoming Jewish immigrants

1-5 (11) استقلال إسرائيل (3): العرب الفلسطينيين مقذوف من قبل المهاجرين اليهود القادمين

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5246902.html

 

1-6(12)  イスラエル独立(その4):対英テロ活動を経てついに独立

1-6(12)  Israel independence(4): Independence of Israel after terrorism against UK

1-6 (12) استقلال إسرائيل (4): استقلال إسرائيل بعد الإرهاب ضد المملكة المتحدة

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5247365.html

 

1-7(13)  ナクバで覚醒した青年将校

1-7(13)  Young officers awakned by Nakba

1-7 (13) ضباط يونغ استيقظ النكبة

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5247804.html

 

1-8(14)  英雄ナセル:東西両陣営を手玉に取るアラブの星

1-8(14)  Nasser mystifies the east and west

1-8 (14) ناصر غامض الشرق والغرب

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5248273.html

 

 

第2章:戦後世界のうねりー植民地時代の終焉とブロック化する世界

Chapter 2 Global wave – The demise of the colonial era and the regional power

الفصل 2 موجة عالمية - زوال الحقبة الاستعمارية وقوة إقليمية

 

2-1(15) 対照的なフランスと英国の植民地支配

2-1(15)  Contrasting French and British colonial rule

2-1 (15) وبمقارنة الحكم الاستعماري الفرنسي والبريطاني

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5248800.html

 

2-2(16) ラ・マルセイエーズとインターナショナルの歌

2-2(16) La Marseillaise & The Internationale

2-2 (16) لا البؤساء وانترناسيونال

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5249241.html

 

2-3(17) 東西二大陣営の激突

2-3(17) Clash of the East and West

2-3 (17) صراع الشرق والغرب

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5249681.html

 

2-4(18) 離合集散を繰り返すアラブ世界

2-4(18)  The Arab world that repeats division and dissolution

2-4 (18) عالم العربي أن يكرر الانقسام والانحلال

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5250157.html

 

2-5(19) 「智」が根付かないアラブ世界

2-5(19) Arab world where ideology does not take root

2-5 (19) العالم العربي حيث لا الأيديولوجية تترسخ

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5250586.html

 

2-6(20) 立ち上がるパレスチナ人

2-6(20) Establishment of PLO

2-6 (20) إنشاء منظمة التحرير الفلسطينية

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5251031.html

 

2-7(21) 第三次中東戦争とナセルの死

2-7(21) Six Day War and the death of Nasser

2-7 (21) حرب الأيام الستة وفاة ناصر

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5251507.html

 

2-8(22) ゲリラになるか?難民になるか? 彷徨えるパレスチナ人

2-8(22) Guerilla combatant or refugee? Wandering Palestine

2-8 (22) مقاتل حرب العصابات أو لاجئ؟ تجول فلسطين

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5252013.html

 

 

第3章:アラーの恵みー石油ブームの到来
Chapter 3: The grace of Allah – Oil boom
الفصل 3: نعمة الله - طفرة النفط

3-1(23) 中東の石油の曙 

3-1(23) The dawn of ME oil industry 

3-1 (23) فجر صناعة النفط في الشرق الأوسط

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5252501.html

 

3-2(24) OPEC結成

3-2(24) Formation of OPEC

3-2 (24) تشكيل أوبك

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5253199.html

 

3-3(25) 歴史の表舞台に躍り出たサウジアラビア

3-3(25)  Saudi Arabia who jumped out to the front stage of history

3-3 (25) المملكة العربية السعودية الذين قفزوا إلى المرحلة الأولى من التاريخ

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5253821.html

 

3-4(26) 富の分け前を求めてー湾岸産油国に殺到する出稼ぎ

3-4(26) Searching for wealth – Migrants rushing into Gulf countries

3-4 (26) تبحث عن الثروة - المهاجرين التسرع في دول الخليج

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5254549.html

 

3-5(27) 第四次中東戦争と第一次オイルショック(1)智将サダトの登場

3-5(27) Yom Kippur War and Oil shock(1) Warrior Anwar Sadat

3-5 (27) حرب يوم الغفران وصدمة النفط (1) المحارب أنور السادات

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5255213.html

 

3-6(28) 第四次中東戦争と第一次オイルショック(2)石油を武器に!

3-6(28)  Yom Kippur War and Oil shock(2) Petroleum as a weapon

3-6 (28) حرب يوم الغفران وصدمة النفط (2) البترول كسلاح

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5255894.html

 

 

第4章:中東の戦争と平和

Chapter 4: War and Peace in The Middle East

الفصل 4: الحرب والسلام في الشرق الأوسط

 

4-1(29) 束の間の平和:イスラエルとエジプトの和平

4-1(29) Brief tranquility: Peace between Israel and Egypt

4-1 (29) الهدوء موجز: السلام بين إسرائيل ومصر

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5256577.html

 

4-2(30) 平穏な市民生活に忍び寄る長期独裁政権の影

4-2(30) Dictatorship shadows peaceful civic life

4-2 (30) الدكتاتورية الظلال الحياة المدنية السلمية

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5257313.html

 

4-3(31) ポピュリズムが育てる独裁者

4-3(31) Dictator created by populism

4-3 (31) الدكتاتور التي أنشأتها الشعبوية

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5257964.html

 

4-4(32) 「平和の家」と「戦争の家」

4-4(32) “Dar Al Islam (House of peace)” and “Dar Al Harb (House of war)”

4-4 (32) "دار السلام" و "دار الحرب"

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5258633.html

 

4-5(33) アフガン戦争勃発:呉越同舟の米国とアラブ

4-5(33) The war in Afghanistan: Wu Kogen boat of US and Arab

4-5 (33) الحرب في أفغانستان: وو كوجين قارب من الولايات المتحدة والعربية

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5259281.html

 

4-6(34) イラン・イスラム革命

4-6(34) Islamic revolution in Iran

4-6 (34) الثورة الإسلامية في إيران

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5259901.html

 

4-7(35) イラン・イラク戦争:産油国を米国が味方のイラクと孤立無援のイラン

4-7(35) Iran-Iraq War: Iraq supported by Arab & US vs isolated Iran

4-7 (35) الحرب الإيرانية-العراقية: العراق بدعم من العربية والولايات المتحدة ضد إيران معزولة

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5260509.html

 

4-8(36) ナクバの東

4-8(36) East of Nakba(great catastrophe)

4-8 (36) شرق النكبة (كارثة كبرى)

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5261117.html

 

 

第5章:二つのこよみ(西暦とヒジュラ暦)

Chapter 5: Two calendars (Gregorian & Hijra)

الفصل 5: اثنان من التقويمات (ميلادي وهجري)

 

5-1(37) 西暦に侵食されるヒジュラ暦

5-1(37) Hijra eroded by Gregorian

5-1 (37) هجرية تآكلت بفعل الميلادي

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5261741.html

 

5-2(38) ヒジュラ暦1400年(西暦1980年)前後

5-2(38) Around Hijra 1400 (Gregorian 1980)

5-2 (38) حول الهجرة 1400 (ميلادي 1980)

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5262389.html

 

5-3(39) イラクのクウェイト進攻と湾岸戦争(西暦1990年、ヒジュラ暦1410年)

5-3(39) Iraq invasion to Kuwait & Gulf War (AD 1990-91, Hijra 1410)

غزو العراق 5-3 (39) للكويت وحرب الخليج (1990-1991 م، ه 1410)

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5262950.html

 

5-4(40) うっぷん晴らしとしっぺ返しの悲劇

5-4(40) Tragedy of blowing steam off and retaliation

5-4 (40) مأساة تهب قبالة البخار والانتقام

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5263602.html

 

5-5(41) 大転換する歴史に取り残されるパレスチナ

5-5(41)  Palestine left behind in paradigm shift

5-5 (41) فلسطين تركت وراءها في نقلة نوعية

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5264223.html

 

5-6(42) 二度にわたりノーベル平和賞を受賞したイスラエル首相

5-6(42) Israeli prime ministers received Novel Prize twice

تلقى 5-6 (42) رئيس الوزراء الاسرائيلي جائزة الرواية مرتين

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5264862.html

 

5-7(43) 二つの予言:「歴史の終わり」と「文明の衝突」

5-7(43) Two books of prediction: “The End of History and the Last Man” & ”The Clash of Civilization and the Remaking of World Order”

5-7 (43) كتابان التنبؤ: "نهاية التاريخ والإنسان الأخير" و "صدام الحضارات وإعادة صنع النظام العالمي"

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5265449.html

 

 

第6章:イスラームテロの系譜

Chapter 6: Genealogy of Islamic terrorism

الفصل 6: علم الأنساب من الإرهاب الإسلامي

 

6-1(44) イスラームテロの萌芽

6-1(44) Sprout of Islamic terrorism

6-1 (44) برعم من الإرهاب الإسلامي

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5266046.html

 

6-2(45) やすやすと国境を越えるイスラームテロ

6-2(45) Terrorism crosses the border easily

6-2 (45) الإرهاب يعبر الحدود بسهولة

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5266656.html

 

6-3(46) 世界を震撼させた911同時多発テロ

6-3(46) Shuddering September 11

6-3 (46) الإرتجاف 11 سبتمبر

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5267202.html

 

6-4(47) 悪の枢軸イラクとの戦争(2003年)

6-4(47) War against Iraq, axis of evil

6-4 (47) الحرب ضد العراق، محور الشر

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5267775.html

 

6-5(48) 敵と味方を峻別する一神教

6-5(48) Monotheism distinguishing ally and enemy

6-5 (48) التوحيد الحليف المميز والعدو

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5268310.html

 

6-6(49) もう沢山!長期政権に倦んだ大衆

6-6(49) Kefaya ! People bored with long dictatorship

6-6 (49) كفاية! الناس بالملل مع الديكتاتورية الطويلة

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5268867.html

 

6-7(50) 「アラブの春」の訪れ

6-7(50) Arab spring has come

6-7 قد حان (50) الربيع العربي

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5269391.html

 

6-8(51) 短かった春の宴

6-8(51) Short spring banquet

6-8 (51) قصير مأدبة الربيع

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5269908.html

 

6-9(52) 混迷深まる中東

6-9(52) Deepened chaos in the Middle East

6-9 (52) تعمق الفوضى في الشرق الأوسط

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5270439.html

 

6-10(53) シリア情勢:敵の敵は味方か敵か?

6-10(53) Syria: Is enemy of enemy ally or another enemy?

6-10 (53) سوريا: هل العدو من حليف العدو أو عدو آخر؟

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5271039.html

 

 

エピローグ

Epilogue

الخاتمه

 

7-1(54) 東と東の遭遇

7-1(54) Middle East meets Far East

7-1 (54) الشرق الأوسط يلتقي الشرق الأقصى

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5271607.html

 

7-2(55) 増え続ける中東の難民

7-2(55) Increasing refugees

7-2 (55) لاجئ زيادة

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5272159.html

 

7-3(56完) 見果てぬ平和

7-3(56)  Unfulfilled peace

7-3 (56) سلام حبرا على ورق

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5272699.html

 

荒葉一也

       E-mail; areha_kazuya@jcom.home.ne.jp

       Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

 


この記事をはてなブックマークに追加

五大国際石油企業2016年度業績速報シリーズ(6)  

2017年02月22日 | 海外石油企業(メジャー等)の動向

II. 2016年の業績比較

1.売上高

(図http://menadabase.maeda1.jp/2-D-4-01.pdf 照)

 ここではExxonMobil, Shell, BP, Total及びChevron5社の2016年の売上高を比較する。5社の中で売上高が最も大きいのはShellの2,336億ドルであり、これに続くのがExxonMobilの2,261億ドルである。なお後述する8カ年(2009-2016年)業績推移で詳しく触れるが、2012年までの売上高はExxonMobilがトップであったが、2013年、2014年および2015年は僅差ながらShellがトップである。

 

 Shell、ExxonMobilに次いで売上高が大きいのはBPの1,830億ドルであるが、これはシェルの約8割である。Total、Chevronの売上高はそれぞれ1,497億ドル及び1,145億ドルで、ChevronはトップのShellの売上高のほぼ半分である。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 〒183-0027東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail;maedat@r6.dion.ne.jp

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

五大国際石油企業2016年度業績速報シリーズ(5)  

2017年02月21日 | 海外石油企業(メジャー等)の動向

 国際石油企業(International Oil Companies, IOCs)の2016年第4四半期(10-12月)及び年間(1-12月)の決算が発表された。本稿ではExxonMobil、Shell, BP(英), Total(仏)及びChevron(米)の主要5社を取り上げ、各社の売上高、利益、石油・ガス生産量、投資額等を概観し、さらに5社の業績比較を行う。

 

I. 各社の業績概要

(表:http://menadabase.maeda1.jp/1-D-4-20.pdf 参照)

 

5.Chevronの2016年第4四半期(10-12月)及び通年(1-12月)の業績

*同社ホームページ:

https://www.chevron.com/stories/chevron-reports-fourth-quarter-net-income-of-415-million

 

(1)売上高

 Chevronの2016年10-12月の売上高は315億ドルであり、また通年売上高は1,145億ドルであった。前年同期比ではそれぞれ8%増収、17%減収である。

 

(2)利益

 10-12月期の損益は4億ドルの利益、通年では5億ドルの損失である。前年同期と比較すると10-12月期は赤字から黒字に転換したが、通年では前年の46億ドルの利益から赤字に転落している。通年利益(損失)のうち上流部門は25億ドルのマイナスであり、下流部門は34億ドルの利益を確保している。(注、最終損益額には石油化学部門その他の損益が合算されているため、部門別の上流・下流部門の損益合計額とは一致しない。)

 

(3)売上高利益率

 通年ベースの売上高利益率は、マイナス0.4%であり、前年のプラス3.3%からマイナスに転落している。

 

(4)設備・探鉱投資

 2016年の年間の設備・探鉱投資額は224億ドルであり、これは2015年比で34%減である。

 

(5)石油・ガス生産量

 昨年のChevronの石油生産量は日量平均1,719千B/Dであり、前年(2015年)比1.4%減であった。天然ガスは日量平均5,252mmcfdで前年横ばいであった。

 石油と天然ガスの合計生産量は石油換算で2,594千B/Dとなり、2015年比では1%減である。

 

 (続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         〒183-0027東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail;maedat@r6.dion.ne.jp

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ニュースピックアップ:世界のメディアから(2月20日)

2017年02月20日 | 今日のニュース

・上昇機運乏しい石油価格、WTI$53.4。OPEC減産守るも米シェールオイルが圧迫

・OPEC-非OPEC減産監視会議、3/25-26日クウェイトで。その他OPEC関連ニュース

・サウジアラムコ上場問題:取扱銀行決まるが、法律問題等難問山積。2018年上場は微妙

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

五大国際石油企業2016年度業績速報シリーズ(4)  

2017年02月20日 | 海外石油企業(メジャー等)の動向

 国際石油企業(International Oil Companies, IOCs)の2016年第4四半期(10-12月)及び年間(1-12月)の決算が発表された。本稿ではExxonMobil、Shell, BP(英), Total(仏)及びChevron(米)の主要5社を取り上げ、各社の売上高、利益、石油・ガス生産量、投資額等を概観し、さらに5社の業績比較を行う。

 

I. 各社の業績概要

(表:http://menadabase.maeda1.jp/1-D-4-20.pdf 参照)

 

4.Totalの2016年第4四半期(10-12月)及び通年(1-12月)の業績

*同社ホームページ:

http://www.total.com/en/media/news/press-releases/fourth-quarter-and-full-year-2016-results

 

(1)売上高

 Totalの2016年10-12月の売上高は423億ドルであり、また通年売上高は1,497億ドルであった。前年同期比では10-12月期は12%の増収、通年ベースでは-9%の減収である。

 

(2)利益

 10-12月期は5.5憶ドル、通年では62億ドルの利益であり、10-12月期は大幅な赤字から黒字に転換、通年では22%の増益である。通年利益のうち上流部門の利益は36億ドルで前年に比し24%減少、下流部門は42億ドルの利益で前年を14%下回った。(注、最終損益額には石油化学部門その他の損益が合算されているため、部門別の上流・下流部門の損益合計額とは一致しない。)

 

(3)売上高利益率

 通年ベースの売上高利益率は4.1%であり、前年の3.1%より良くなっている。

 

(4)設備・探鉱投資

 2016年の年間の設備・探鉱投資額は178億ドルであり、これは2015年比で13%の減少であった。

 

(5)石油・ガス生産量

 昨年のTotalの石油生産量は日量平均1,271千B/Dであり、前年(2015年)比3%増であった。天然ガスは前年より6.5%多い日量平均6,447mmcfdである。

 石油と天然ガスの合計生産量は石油換算で2,452千B/Dとなり、2015年比4.5%増である。

 

 (続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 〒183-0027東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail;maedat@r6.dion.ne.jp

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

今週の各社プレスリリースから(2/12-2/18)

2017年02月18日 | 今週の新聞発表

2/14 昭和シェル石油 役員の異動に関するお知らせ 

2/14 昭和シェル石油 平成28年12月期 通期決算について 

2/14 東燃ゼネラル石油 2016年12月期通期決算概要  

2/14 三井物産 カタールガス社がLNG受渡開始20周年記念式典をドーハで開催 

2/15 三菱商事 世界初のLNG燃料供給船「ENGIE ZEEBRUGGE」が竣工

2/17 国際石油開発帝石 オーストラリア イクシス LNG プロジェクト 沖合生産・処理施設(CPF)及び沖合生産・貯油出荷施設(FPSO)の命名式について  

 


この記事をはてなブックマークに追加

ニュースピックアップ:世界のメディアから(2月17日)

2017年02月17日 | 今日のニュース

・ロシア、4月までには30万B/D減産実現

・協調減産延長の報道で原油価格上昇。Brent $56.5, WTI $53.41

 


この記事をはてなブックマークに追加

五大国際石油企業2016年度業績速報シリーズ(3)  

2017年02月16日 | 海外石油企業(メジャー等)の動向

 国際石油企業(International Oil Companies, IOCs)の2016年第4四半期(10-12月)及び年間(1-12月)の決算が発表された。本稿ではExxonMobil、Shell, BP(英), Total(仏)及びChevron(米)の主要5社を取り上げ、各社の売上高、利益、石油・ガス生産量、投資額等を概観し、さらに5社の業績比較を行う。

 

I. 各社の業績概要

(表:http://menadabase.maeda1.jp/1-D-4-20.pdf 参照)

 

3.BPの2016年第4四半期(10-12月)及び通年(1-12月)の業績

*同社ホームページ:

http://www.bp.com/en/global/corporate/press/press-releases/fourth-quarter-2016-results.html

 

(1)売上高

 BPの2016年10-12月の売上高は510億ドルであり、また通年売上高は1,830億ドルであった。前年同期比では10-12月期は4%の増収、通年ベースでは-18%の減収である。

 

(2)利益

 10-12月期は前年の赤字を脱却し、5憶ドルの黒字を計上した。通年ベースでも前年度の65億ドルの大幅な損失から今期はわずかではあるが1億ドルの利益となった。部門別では上流部門は通年で6億ドルの利益を計上、下流部門は前年を下回ったものの52億ドルの黒字であった。(注、最終損益額には石油化学部門その他の損益が合算されているため、部門別の上流・下流部門の損益合計額とは一致しない。)

 

(3)売上高利益率

 通年ベースの売上高利益率はプラス0.1%である。なお前年はマイナス2.9%であった。

 

(4)設備・探鉱投資

 2016年の年間の設備・探鉱投資額は167億ドルであり、これは2015年比で10%減であった。

 

(5)石油・ガス生産量

 昨年のBPの石油生産量は日量平均1,208千B/Dであり、前年(2015年)比2%減であった。一方、天然ガスは日量平均5,796mmcfdであり前年比3%減であった。

 石油と天然ガスの合計生産量は石油換算で2,208千B/Dとなり、2015年比では2%減である。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 〒183-0027東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail;maedat@r6.dion.ne.jp

 


この記事をはてなブックマークに追加

ニュースピックアップ:世界のメディアから(2月15日)

2017年02月15日 | 今日のニュース

・原油価格上げ足鈍る。Brent $56.20, WTI $53.38

・サウジの1月石油生産1千万B/D下回り974.8万B/D。8年ぶりの低水準。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加