石油の内外情報を読み解く

内外の石油・天然ガス関連のニュースをウォッチしその影響を探ります。(元ジェトロリヤド事務所長 前田高行)

ホームページ「マイ・ライブラリー」のご案内

2017年05月28日 | その他

 これまでにブログおよび各種の雑誌への寄稿等に発表したレポート、エッセイ等を「マイ・ライブラリー(論稿集)」としてまとめました。 日々のニュースをモニタリングしているブログ「アラビア半島定点観測」、「石油の内外情報を読み解く」及び中東問題の評論・分析ブログ「OCIN Initiative (荒葉一也のホームページ)」とあわせてお読みください。

おすすめのコーナー:

・(New)五大国際石油企業2017年1-3月期決算速報

・(New)五大国際石油企業2016年業績速報

・(New)五大国際石油企業2016年7-9月期決算速報

・(New)BPエネルギー統計2016年版石油+天然ガス篇

・(New)BPエネルギー統計2016年版天然ガス篇

・五大国際石油企業2016年4-6月期決算速報

・BPエネルギー統計2016年版石油篇

・五大国際石油企業2015年度業績速報

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

今週の各社プレスリリースから(5/21-5/27)

2017年05月27日 | 今週の新聞発表

5/20 ExxonMobil ExxonMobil and SABIC Sign Agreement for Next Phase of Proposed U.S. Petrochemical Project  

5/22 国際石油開発帝石 役員の異動に関するお知らせ  

5/22 国際石油開発帝石 「INPEX グループ人権方針」の策定について(お知らせ)  

5/23 Total Japan: Total launches construction of the Miyako Solar Park  

5/25 OPEC 2nd OPEC and non-OPEC Ministerial Meeting concludes 

5/25 OPEC OPEC 172nd Meeting concludes 

5/26 石油連盟 石油連盟会長コメント 第172回OPEC定例総会終了にあたって 

5/26 Shell Deep water production begins at newest FPSO in Brazil Santos Basin  

 


この記事をはてなブックマークに追加

見果てぬ平和:中東の戦後70年(総目次)

2017年05月27日 | 中東の戦後70年

プロローグ

Prologue

فاتحة

 

0-1(1)  スエズ運河グレート・ビター湖の会談

0-1(1)  Summit at Great Bitter Lake of Suez Canal

0-1 (1) قمة في البحيرات المرة في قناة السويس

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5242262.html

 

0-2(2) ヨーロッパとアジアをつなぐ中東

0-2(2) Middle East connecting Europe and Asia

0-2 (2) الشرق الأوسط التي تربط بين أوروبا وآسيا

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5242742.html

 

0-3(3) 中東を流れる三つのアイデンティティ

0-3(3)  Three identities flowing in the Middle East

0-3 (3) ثلاثة هويات المتدفقة في الشرق الأوسط

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5243176.html

 

0-4(4) 第一次大戦中の英国の三枚舌外交(その1)
0-4(4)  Britain's three tongue diplomacy during World War I (1)
0-4 (4) بريطانيا الدبلوماسية ثلاثة اللسان أثناء الحرب العالمية الأولى (1)
http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5243617.html

 

0-5(5) 第一次大戦中の英国の三枚舌外交(その2)
0-5(5)  Britain's three tongue diplomacy during World War I (2)
0-5 (5) في بريطانيا الدبلوماسية ثلاثة اللسان أثناء الحرب العالمية الأولى (2)
http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5244026.html

 

0-6(6) 第一次大戦中の英国の三枚舌外交(その3)
0-6(6)  Britain's three tongue diplomacy during World War I (3)
0-6 (6) بريطانيا الدبلوماسية ثلاثة اللسان أثناء الحرب العالمية الأولى (3)
http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5244482.html

 

 

第1章:民族主義と社会主義のうねり(1945-1956年)

Chapter 1 Wave of nationalism and socialism (1945-1956)

الفصل 1 الموجة القومية والاشتراكية (1945-1956)

 

1-1(7) 大西洋憲章

1-1(7) Atlantic Charter

1-1 (7) ميثاق الأطلسيc

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5244993.html

 

1-2(8)  戦後ゼロ年:アラブ連盟の結成

1-2(8)  Formation of the Arab League

1-2 (8) تشكيل لجامعة الدول العربية

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5245507.html

 

1-3(9)  イスラエル独立(その1):ユダヤ人の祖国建設運動

1-3(9)  Israel independence(1): Jewish motherland construction movement

1-3 (9) استقلال إسرائيل (1): حركة البناء الوطن اليهودي

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5245947.html

 

1-4(10)  イスラエル独立(その2):ユダヤ人とは?

1-4(10)  Israel independence(2): Who is a Jew?

1-4 (10) استقلال إسرائيل (2): من هو اليهودي؟

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5246425.html

 

1-5(11)   イスラエル独立(その3):流入するユダヤ移民に押し出されるパレスチナのアラブ人

1-5(11)   Israel independence(3): Palestinian Arabs extruded by incoming Jewish immigrants

1-5 (11) استقلال إسرائيل (3): العرب الفلسطينيين مقذوف من قبل المهاجرين اليهود القادمين

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5246902.html

 

1-6(12)  イスラエル独立(その4):対英テロ活動を経てついに独立

1-6(12)  Israel independence(4): Independence of Israel after terrorism against UK

1-6 (12) استقلال إسرائيل (4): استقلال إسرائيل بعد الإرهاب ضد المملكة المتحدة

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5247365.html

 

1-7(13)  ナクバで覚醒した青年将校

1-7(13)  Young officers awakned by Nakba

1-7 (13) ضباط يونغ استيقظ النكبة

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5247804.html

 

1-8(14)  英雄ナセル:東西両陣営を手玉に取るアラブの星

1-8(14)  Nasser mystifies the east and west

1-8 (14) ناصر غامض الشرق والغرب

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5248273.html

 

 

第2章:戦後世界のうねりー植民地時代の終焉とブロック化する世界

Chapter 2 Global wave – The demise of the colonial era and the regional power

الفصل 2 موجة عالمية - زوال الحقبة الاستعمارية وقوة إقليمية

 

2-1(15) 対照的なフランスと英国の植民地支配

2-1(15)  Contrasting French and British colonial rule

2-1 (15) وبمقارنة الحكم الاستعماري الفرنسي والبريطاني

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5248800.html

 

2-2(16) ラ・マルセイエーズとインターナショナルの歌

2-2(16) La Marseillaise & The Internationale

2-2 (16) لا البؤساء وانترناسيونال

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5249241.html

 

2-3(17) 東西二大陣営の激突

2-3(17) Clash of the East and West

2-3 (17) صراع الشرق والغرب

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5249681.html

 

2-4(18) 離合集散を繰り返すアラブ世界

2-4(18)  The Arab world that repeats division and dissolution

2-4 (18) عالم العربي أن يكرر الانقسام والانحلال

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5250157.html

 

2-5(19) 「智」が根付かないアラブ世界

2-5(19) Arab world where ideology does not take root

2-5 (19) العالم العربي حيث لا الأيديولوجية تترسخ

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5250586.html

 

2-6(20) 立ち上がるパレスチナ人

2-6(20) Establishment of PLO

2-6 (20) إنشاء منظمة التحرير الفلسطينية

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5251031.html

 

2-7(21) 第三次中東戦争とナセルの死

2-7(21) Six Day War and the death of Nasser

2-7 (21) حرب الأيام الستة وفاة ناصر

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5251507.html

 

2-8(22) ゲリラになるか?難民になるか? 彷徨えるパレスチナ人

2-8(22) Guerilla combatant or refugee? Wandering Palestine

2-8 (22) مقاتل حرب العصابات أو لاجئ؟ تجول فلسطين

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5252013.html

 

 

第3章:アラーの恵みー石油ブームの到来
Chapter 3: The grace of Allah – Oil boom
الفصل 3: نعمة الله - طفرة النفط

3-1(23) 中東の石油の曙 

3-1(23) The dawn of ME oil industry 

3-1 (23) فجر صناعة النفط في الشرق الأوسط

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5252501.html

 

3-2(24) OPEC結成

3-2(24) Formation of OPEC

3-2 (24) تشكيل أوبك

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5253199.html

 

3-3(25) 歴史の表舞台に躍り出たサウジアラビア

3-3(25)  Saudi Arabia who jumped out to the front stage of history

3-3 (25) المملكة العربية السعودية الذين قفزوا إلى المرحلة الأولى من التاريخ

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5253821.html

 

3-4(26) 富の分け前を求めてー湾岸産油国に殺到する出稼ぎ

3-4(26) Searching for wealth – Migrants rushing into Gulf countries

3-4 (26) تبحث عن الثروة - المهاجرين التسرع في دول الخليج

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5254549.html

 

3-5(27) 第四次中東戦争と第一次オイルショック(1)智将サダトの登場

3-5(27) Yom Kippur War and Oil shock(1) Warrior Anwar Sadat

3-5 (27) حرب يوم الغفران وصدمة النفط (1) المحارب أنور السادات

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5255213.html

 

3-6(28) 第四次中東戦争と第一次オイルショック(2)石油を武器に!

3-6(28)  Yom Kippur War and Oil shock(2) Petroleum as a weapon

3-6 (28) حرب يوم الغفران وصدمة النفط (2) البترول كسلاح

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5255894.html

 

 

第4章:中東の戦争と平和

Chapter 4: War and Peace in The Middle East

الفصل 4: الحرب والسلام في الشرق الأوسط

 

4-1(29) 束の間の平和:イスラエルとエジプトの和平

4-1(29) Brief tranquility: Peace between Israel and Egypt

4-1 (29) الهدوء موجز: السلام بين إسرائيل ومصر

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5256577.html

 

4-2(30) 平穏な市民生活に忍び寄る長期独裁政権の影

4-2(30) Dictatorship shadows peaceful civic life

4-2 (30) الدكتاتورية الظلال الحياة المدنية السلمية

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5257313.html

 

4-3(31) ポピュリズムが育てる独裁者

4-3(31) Dictator created by populism

4-3 (31) الدكتاتور التي أنشأتها الشعبوية

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5257964.html

 

4-4(32) 「平和の家」と「戦争の家」

4-4(32) “Dar Al Islam (House of peace)” and “Dar Al Harb (House of war)”

4-4 (32) "دار السلام" و "دار الحرب"

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5258633.html

 

4-5(33) アフガン戦争勃発:呉越同舟の米国とアラブ

4-5(33) The war in Afghanistan: Wu Kogen boat of US and Arab

4-5 (33) الحرب في أفغانستان: وو كوجين قارب من الولايات المتحدة والعربية

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5259281.html

 

4-6(34) イラン・イスラム革命

4-6(34) Islamic revolution in Iran

4-6 (34) الثورة الإسلامية في إيران

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5259901.html

 

4-7(35) イラン・イラク戦争:産油国を米国が味方のイラクと孤立無援のイラン

4-7(35) Iran-Iraq War: Iraq supported by Arab & US vs isolated Iran

4-7 (35) الحرب الإيرانية-العراقية: العراق بدعم من العربية والولايات المتحدة ضد إيران معزولة

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5260509.html

 

4-8(36) ナクバの東

4-8(36) East of Nakba(great catastrophe)

4-8 (36) شرق النكبة (كارثة كبرى)

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5261117.html

 

 

第5章:二つのこよみ(西暦とヒジュラ暦)

Chapter 5: Two calendars (Gregorian & Hijra)

الفصل 5: اثنان من التقويمات (ميلادي وهجري)

 

5-1(37) 西暦に侵食されるヒジュラ暦

5-1(37) Hijra eroded by Gregorian

5-1 (37) هجرية تآكلت بفعل الميلادي

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5261741.html

 

5-2(38) ヒジュラ暦1400年(西暦1980年)前後

5-2(38) Around Hijra 1400 (Gregorian 1980)

5-2 (38) حول الهجرة 1400 (ميلادي 1980)

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5262389.html

 

5-3(39) イラクのクウェイト進攻と湾岸戦争(西暦1990年、ヒジュラ暦1410年)

5-3(39) Iraq invasion to Kuwait & Gulf War (AD 1990-91, Hijra 1410)

غزو العراق 5-3 (39) للكويت وحرب الخليج (1990-1991 م، ه 1410)

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5262950.html

 

5-4(40) うっぷん晴らしとしっぺ返しの悲劇

5-4(40) Tragedy of blowing steam off and retaliation

5-4 (40) مأساة تهب قبالة البخار والانتقام

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5263602.html

 

5-5(41) 大転換する歴史に取り残されるパレスチナ

5-5(41)  Palestine left behind in paradigm shift

5-5 (41) فلسطين تركت وراءها في نقلة نوعية

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5264223.html

 

5-6(42) 二度にわたりノーベル平和賞を受賞したイスラエル首相

5-6(42) Israeli prime ministers received Novel Prize twice

تلقى 5-6 (42) رئيس الوزراء الاسرائيلي جائزة الرواية مرتين

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5264862.html

 

5-7(43) 二つの予言:「歴史の終わり」と「文明の衝突」

5-7(43) Two books of prediction: “The End of History and the Last Man” & ”The Clash of Civilization and the Remaking of World Order”

5-7 (43) كتابان التنبؤ: "نهاية التاريخ والإنسان الأخير" و "صدام الحضارات وإعادة صنع النظام العالمي"

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5265449.html

 

 

第6章:イスラームテロの系譜

Chapter 6: Genealogy of Islamic terrorism

الفصل 6: علم الأنساب من الإرهاب الإسلامي

 

6-1(44) イスラームテロの萌芽

6-1(44) Sprout of Islamic terrorism

6-1 (44) برعم من الإرهاب الإسلامي

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5266046.html

 

6-2(45) やすやすと国境を越えるイスラームテロ

6-2(45) Terrorism crosses the border easily

6-2 (45) الإرهاب يعبر الحدود بسهولة

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5266656.html

 

6-3(46) 世界を震撼させた911同時多発テロ

6-3(46) Shuddering September 11

6-3 (46) الإرتجاف 11 سبتمبر

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5267202.html

 

6-4(47) 悪の枢軸イラクとの戦争(2003年)

6-4(47) War against Iraq, axis of evil

6-4 (47) الحرب ضد العراق، محور الشر

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5267775.html

 

6-5(48) 敵と味方を峻別する一神教

6-5(48) Monotheism distinguishing ally and enemy

6-5 (48) التوحيد الحليف المميز والعدو

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5268310.html

 

6-6(49) もう沢山!長期政権に倦んだ大衆

6-6(49) Kefaya ! People bored with long dictatorship

6-6 (49) كفاية! الناس بالملل مع الديكتاتورية الطويلة

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5268867.html

 

6-7(50) 「アラブの春」の訪れ

6-7(50) Arab spring has come

6-7 قد حان (50) الربيع العربي

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5269391.html

 

6-8(51) 短かった春の宴

6-8(51) Short spring banquet

6-8 (51) قصير مأدبة الربيع

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5269908.html

 

6-9(52) 混迷深まる中東

6-9(52) Deepened chaos in the Middle East

6-9 (52) تعمق الفوضى في الشرق الأوسط

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5270439.html

 

6-10(53) シリア情勢:敵の敵は味方か敵か?

6-10(53) Syria: Is enemy of enemy ally or another enemy?

6-10 (53) سوريا: هل العدو من حليف العدو أو عدو آخر؟

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5271039.html

 

 

エピローグ

Epilogue

الخاتمه

 

7-1(54) 東と東の遭遇

7-1(54) Middle East meets Far East

7-1 (54) الشرق الأوسط يلتقي الشرق الأقصى

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5271607.html

 

7-2(55) 増え続ける中東の難民

7-2(55) Increasing refugees

7-2 (55) لاجئ زيادة

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5272159.html

 

7-3(56完) 見果てぬ平和

7-3(56)  Unfulfilled peace

7-3 (56) سلام حبرا على ورق

http://ocin-japan.dreamlog.jp/archives/5272699.html

 

荒葉一也

       E-mail; areha_kazuya@jcom.home.ne.jp

       Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

 


この記事をはてなブックマークに追加

業績回復著しいスーパーメジャー:五大国際石油企業2017年1-3月期決算速報(6完)

2017年05月26日 | 海外石油企業(メジャー等)の動向

(注)本レポートは「マイライブラリー」で一括してご覧いただけます。

http://mylibrary.maeda1.jp/0410OilMajor2017-1stQtr.pdf

 

2017.5.26

前田 高行

 

2.2015年第1四半期以降の四半期別業績の推移(続き)

(6)原油・天然ガス生産量の推移

(6-1)原油生産量(図http://menadabase.maeda1.jp/2-D-4-68.pdf 参照)

 過去1年間の四半期ごとの原油生産量の推移を見ると5社の順位に変化はなく、ExxonMobilが他社を引き離してトップを守り、ShellとChevronが2番手グループ、BPとTotalがほぼ同じ生産量で3番手グループである。しかし首位のExxonMobilの生産量は5社の中でただ1社200万B/D台の生産量を維持しているものの、年間を通じて低落傾向にあり、Chevronも減少しつつある。これ対してShell及びTotalは年間を通じて現状維持を続け、BPも年央の落ち込みをカバーして生産量を維持している。

 2016年第1四半期の各社の生産量はExxonMobilが254万B/DでShell及びChevronは同じ生産量(178万B/D)、BPが141万B/D、Total129万B/Dであった。Totalの生産量はExxonMobilのほぼ2分の1にとどまっている。

 その後ExxonMobilは第2四半期に233万B/Dに下落、今年第1四半期も233万B/Dにとどまり1年前に比べて生産量は8%低下している。ShellとChevronは生産量に大きな変化はなく2016年第1四半期の178万B/Dに対して1年後の今年第1四半期はそれぞれ187万B/Dと171万B/Dである。この結果ExxonMobilとShellの格差は1年前の30%から1年後には20%に縮まっている。

 

(6-2)天然ガス生産量(図http://menadabase.maeda1.jp/2-D-4-69.pdf 参照)

 天然ガスの生産量はExxonMobilとShellの上位グループとBP、Total、Chevronの下位グループの2極に分かれており、上位2社がコンスタントに日量100億立方フィートを生産し続けているのに対してTotalは60億立方フィート台、BPとChevronは50億立方フィート台の生産量にとどまっている。

 年間の推移を見ると上位グループのExxonMobil及びShellの生産量は年央に落ち込んだもののその後は盛り返し今年第1四半期には1年前の水準に戻っており、下位グループ3社はわずかながらも生産量の増加傾向が見られる。最近の5社はいずれも天然ガスの増産に力を入れている様子がうかがえる。

 

(6-3)原油・天然ガス合計生産量(図http://menadabase.maeda1.jp/2-D-4-65.pdf 参照)

 天然ガスを石油に換算した原油・天然ガスの合計生産量の推移を見るとExxonMobilは減少傾向が見られ、その他の4社は年間を通じて横ばいである。2016年第1四半期の各社の合計生産量はExxonMobilが最も多い433万B/Dで5社の中では唯一400万B/D台である。これに続くのがShellの366万B/D、その他3社はChevron(267万B/D)、Total(248万B/D)及びBP(243万B/D)でありExxonMobilのほぼ6割である。

 今年第1四半期の各社の生産量は、ExxonMobil 415万B/D、Shell 375万B/D、Chevron 268万B/D、Total 257万B/D、BP 239万B/Dであり5社の順位は変わらないが、トップのExxonMobilと最も生産量が少ないBPとの格差は縮小している。

 

以上

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         〒183-0027東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail;maedat@r6.dion.ne.jp

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ニュースピックアップ:世界のメディアから(5月25日)

2017年05月26日 | 今日のニュース

・4月のOPEC非OPEC協調減産の達成率は102%:減産監視委員会。 *

・協調減産を来年3月まで延長決定:OPEC第172回総会。 *

・アルジェリア石油相交替

 

*参考レポート:

「OPEC減産合意の経緯」(2017.2.3付け)

「OPEC・非OPEC協調減産は守られているか?(2017年3月現在)」(2017.3.24付け)

「OPEC・非OPEC協調減産は守られているか?(2017年4月現在)」(2017.5.14付け)

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ニュースピックアップ:世界のメディアから(5月24日)

2017年05月24日 | 今日のニュース

・OPEC・非OPEC協調減産、来年3月まで延長で関係者合意、今週の総会はスムーズに

・米国の原油在庫売却方針で原油価格下落。Brent $53.66, WTI $50.94

 


この記事をはてなブックマークに追加

業績回復著しいスーパーメジャー:五大国際石油企業2017年1-3月期決算速報(5)

2017年05月23日 | 海外石油企業(メジャー等)の動向

(注)本レポートは「マイライブラリー」で一括してご覧いただけます。

http://mylibrary.maeda1.jp/0410OilMajor2017-1stQtr.pdf

 

2017.5.23

前田 高行

 

2.2015年第1四半期以降の四半期別業績の推移(続き)

(4)部門別利益の推移

(4-1)上流部門(図http://menadabase.maeda1.jp/2-D-4-66.pdf 参照)

 前年の2016年第1四半期の各社の上流部門の利益はTotalを除く他の4社はいずれも欠損を出しており、そのうちChevron、Shell及びBPはいずれも13億ドル前後のマイナスであり、ExxonMobilが1億ドルの欠損であった。続く第2四半期はExxonMobilがプラスに転じたが、Chevron ,Shell及びBPは引き続きマイナスを計上、特にChevron及びShellはそれぞれマイナス25億ドル、同20億ドルと前期を上回る欠損を計上した。第3四半期にはChevron、BPも利益に転じShellを除く4社は利益を計上した。第4四半期はExxonMobilが欠損となり、その他の4社は利益を計上、今期(2017年第1四半期)はShellが5.3億ドルの欠損であったが、その他の4社は利益を計上、特にExxonMobilは5四半期期を通じて5社で最高の23億ドルの利益を計上した。

 

 5四半期を通じて各社の上流部門の利益の推移を見ると、ExxonMobil、Chevron、Total及びBPはほぼ順調に利益を伸ばしているのに対して、Shellは利益の増加傾向はみられるものの5期のうち4期はマイナスであり他の4社に比べて見劣りがする。

 

(4-2)下流部門(図http://menadabase.maeda1.jp/2-D-4-67.pdf 参照)

 下流部門は2016年第一四半期から今年2017年第一四半期までの5期連続して全社が利益を計上している。Shellは2016年中は各期とも16億ドル前後の安定的な利益を出し、2017年第1四半期は26億ドルと大幅に増加、5社の中で最高の利益を計上している。ExxonMobil、Total及びChevronの2016年第1四半期は共に10億ドル前後の利益であった。その後、第3四半期でExxonMobilの利益が他の2社を圧倒し、逆に第4四半期にはChevronが他の2社の利益を大幅に下回ったが、今年第1四半期には再び3社とも10億ドル前後の利益に落ち着いている。BPはExxonMobilとこれら3社との中間で利益が上下している。

 

(5)設備投資の推移 (図http://menadabase.maeda1.jp/2-D-4-64.pdf 参照)

 5社の四半期ベースの設備投資額は70億ドルを下回る低い水準が続いており、また期を追うごとに投資額が減少する傾向にある。Chevronは5社の中で設備投資が最も高く2016年第1四半期には65億ドルであったがその後低下し続け、2017年第1四半期の投資額は前年同期の3分の2の44億ドルにとどまっている。またExxonMobilも昨年1-3月期の51億ドルに対して今年同期は19%減の42億ドルであり、Shell及びBPもそれぞれ18%、13%の減少であった。5社の中で減少幅が最も大きかったのはTotalで昨年1-3月期に39億ドルの設備投資を行った同社は一時51億ドルまで増加したものの、今期は8億ドルに急減している。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         〒183-0027東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail;maedat@r6.dion.ne.jp

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

今週の各社プレスリリースから(5/14-5/20)

2017年05月20日 | 今週の新聞発表

5/15 経済産業省 第2回メタンハイドレート海洋産出試験におけるガス生産試験を一時中断しました~生産坑井の切り替え作業を行っております~ 

5/15 出光興産 平成29年3月期  決算短信〔日本基準〕(連結)  

5/15 出光興産 代表取締役および役員の異動ならびに 社外取締役・補欠社外監査役候補者の選任に関するお知らせ  

5/16 JOGMEC 国内石油・天然ガス基礎調査の成果を開示~新たに2件の調査結果が利用可能となりました~ 

5/19 経済産業省 「再生可能エネルギーの大量導入時代における政策課題に関する研究会」を開催します 

5/19 JXTGエネルギー他 水素ステーションの本格整備に向けた新たな協業の検討を開始 

 


この記事をはてなブックマークに追加

業績回復著しいスーパーメジャー:五大国際石油企業2017年1-3月期決算速報(4)

2017年05月18日 | 海外石油企業(メジャー等)の動向

(注)本レポートは「マイライブラリー」で一括してご覧いただけます。

http://mylibrary.maeda1.jp/0410OilMajor2017-1stQtr.pdf

 

2017.5.18

前田 高行

 

2.2016年第1四半期以降の四半期別業績の推移

五社の売上高、利益(全体、上流部門および下流部門)、設備投資、原油・天然ガス生産量に関する2016年1-3月期以降今期までの四半期ごとの業績推移は以下の通りである。

 

(1) 売上高の推移

(図http://menadabase.maeda1.jp/2-D-4-61.pdf 参照)

 2016年第1四半期から2017年第1四半期に至る四半期ベースの売上高は原油価格の回復を受けて各社とも増収基調にある。5社の中ではShellが486億ドル(’16 1st Qtr)→584億ドル(2nd Qtr)→619億ドル(3rd Qtr)→648億ドル(4th Qtr)→718億ドル(’17 1st Qtr)と2016年第二四半期以降は4期連続で売り上げトップを続けている。これに次ぐのがExxonMobilでありその売上高は487億ドル(’16 1st Qtr)→577億ドル(2nd Qtr)→587億ドル(3rd Qtr)→610億ドル(4th Qtr)→633億ドル(’17 1st Qtr)である。ExxonMobilは第二四半期に7億ドルの差でShellに売上トップの座を譲ったが、それ以来両社の格差は広がる傾向にあり、今期は85億ドルの差がついた。

 

この間の四半期平均原油価格(1バレル当たり)の推移をShellの決算資料で見ると29.49ドル(’16 1st Qtr)→39.31ドル(2nd Qtr)→40.43ドル(3rd Qtr)→44.54ドル(4th Qtr)→48.36ドル(’17 1st Qtr)であり、過去1年間の間に原油価格は64%上昇している。

 

(2)利益の推移

(図http://menadabase.maeda1.jp/2-D-4-62.pdf 参照)

 過去1年間の四半期ごとの利益水準は各社によって異なるものの、全体を通してみると増益傾向にあると言って良く、BPとChevronが2016年第一及び第二四半期で欠損を出したことを除けば各社とも利益を計上している。

 

 5社の中では2015年第一四半期に18億ドルの利益を計上したExxonMobilは四半期ごとに対前期比で増益あるいは減益を繰り返しているが(18億ドル→17億ドル→27億ドル→17億ドル→40億ドル)、2016年第二四半期にTotalを下回った以外は5社のトップを維持している。ExxonMobilに続くのはShellであり、同社は2016年第一四半期の利益5億ドル以降毎期増益を繰り返しており、2017年第1四半期は利益35億ドルとExxonMobilに迫っている。

 

 BPとChevronは2016年第一、第二四半期と2期連続でほぼ同額の欠損を出した後、続く第3、第4四半期は両社ほぼ同額の利益に転じている。しかし今年第1四半期にはChevronが大きく利益を伸ばしてTotalとほぼ同額になったが、BPの今年第1四半期の利益は前年第3四半期の利益水準を下回る14億ドルにとどまり、5社の中では最も利益が少ない。売り上げ規模ではBPは5社中の3位であるが(上記(1)参照)、利益水準は低い。

 

(3)売上高利益率の推移

(図http://menadabase.maeda1.jp/2-D-4-63.pdf 参照)

 1年前の昨年第一四半期の五社の利益率は大きな格差があり、最も高いTotalは4.9%、これに次ぐのがExxonMobil3.7%であった。Shellは利益率1.0%にとどまり、BP及びChevronは共にマイナスの利益率(BP:-1.5%、Chevron:-3.1%)であった。第二四半期もBPとChevronはマイナスであったが、第3四半期には全社プラスに転じ、最高がTotalの5.2%、最も低いShellが2.2%と大きな差は見られない。第四四半期はShellを除き4社の利益率は低下したが、2017年第1四半期は全社とも利益率はアップし、トップはChevronの8.0%であり、以下Total6.9%、ExxonMobil6.3%、Shell4.9%となり、BPが最も低い2.6%であった。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         〒183-0027東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail;maedat@r6.dion.ne.jp

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ニュースピックアップ:世界のメディアから(5月17日)

2017年05月17日 | 今日のニュース

・サウジ/ロシア両国石油相、北京で共同会見:協調減産は来年3月まで延長

・サウジ露の協調減産9か月延長合意で原油価格上昇。Brent $52.12, WTI $49.15

 


この記事をはてなブックマークに追加