自由人?

自分なりの自由な生き方を模索できているだろうか?

世界のリーダーは?

2016年10月12日 | ひとり言

米国の大統領選挙がカウントダウンに入ってきた。

近々第三回目の直接対決(討論会)が行われる。

過去2回の様子を見る限りトランプ氏に勝ち目はなさそうだが・・・
何とも言えぬモヤモヤ感がぬぐえない。
今さらながらだが、次元の低い討論会?に多くの方が落胆し、
失望に打ちひしがれているのではないか、と心配する。

トランプとクリントン、いずれが選ばれるにしろ米国の大統領だ。
超大国のトップとして、文字通り世界をリードする第一人者だ。

その候補たる2人が、直接対決では政策論議は横において、
非難合戦に終始している。
まあ、相手から攻められれば、反撃せざるを得ないのは理解できるが、
こと、米国だけではなく、世界をどう引っ張ってゆくのか、
世界中が注目している。
そのさ中でのこのありさまだ。

裏を返せば、米国は世界のリーダーから脱落し、
並み居る大国と同じ立場に立つことになったということだろう。

しかも両氏ともに好感度が低い。
前向きな選択ではなく、比較消去法でどちらかを選ぶなど、
米国の大統領選挙では過去に例のない前代未聞の出来事だろう。

選ぶ立場の米国民には気の毒でさえある。
否悲しいかな、その結果、世界のリーダーとして、
ただ黙って受け入れるだけの我々はもっと悲劇だ。

今や中東アジア、北朝鮮、東ヨーロッパ、アフリカ諸国での血なまぐさい争いは
複雑化し、拡大しつつある。

世界はどうなって行くのだろうか?
孫たちはどのような世界で生きていくのだろうか?
地球の、世界の行く末が心配だ。

高齢者故の摂り越し苦労なら幸いだが・・・






ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死刑は重いか? | トップ | ボーと会場どうなる? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL