男前田のブログです!

旅の日記や日々の出来事

鷲ヶ岳スキー場・ホワイトピア

2018年02月12日 | スキー

岐阜スキーの二日目は鷲ヶ岳スキー場とホワイトピアに行きました。ここも前日のダイナランド・高鷲スノーパークと同じで2つのスキー場がつながっていて広大なゲレンデです。鷲ヶ岳スキー場に駐車しました。ここのセンターハウスには温泉があります。

山頂からホワイトピアに行きました。

昼食のためにホワイトステーションに入りました。驚いたのは中にエスカレーターがありました。

スキーブーツでエスカレーターに乗るのは初めてです。スキーブーツでは階段の上り下りは辛いので助かります。

この日も曇り空で雪が降り続きましたが3時半ぐらいまで滑りました。

3日目は「ひるがの高原スキー場」に行く予定でしたが、朝起きると車には30センチ位の雪がつもっており、東海北陸道の一部が通行止めになっているとニュースで知りました。さらに四国の高速も通行止めとわかり、これは帰れなくなると朝食を食べてすぐに帰路につきました。案の定、郡上八幡インターと美濃インター間が通行止めで国道を走りました。渋滞しており30kmを1時間半以上かかって美濃インターに着き高速に乗りました。それからは順調に走ることができ、四国の通行止めも解除されていて無事帰ることができました。

今回行ったス4つのキー場は高鷲インターから近くて、アクセスに恵まれています。規模が大きく、雪質も良く、各スキー場毎にDJを置くなどサービスに努めていてとても気に入りました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

岐阜ダイナランド・高鷲スノーパーク

2018年02月12日 | スキー

スキー仲間に誘われて岐阜へスキーに行ってきました。2月9日の午後7時に高知を出発し、なんと6時間では1時にダイナランドの近くのペンションサンモリッツに到着しました。

ここはとても安くて前泊と2泊3日で9250円と朝晩の食事が5250円です。

10日はダイナランドに行きましたがここは高鷲スノーパークとつながっていて西日本最大級の広大なゲレンデです。

高鷲スノーパーク側に行きました。

 ここには珍しいゴンドラがありました。

一見普通のゴンドラですが

周囲に20センチ位の奥行きの椅子があり真ん中で立つ人と合わせてなんと15人乗りです。すごい輸送力です。

あいにく曇り空でしたが吹雪かれることもなく2時半ぐらいまで滑りました。そしてスキーの後は温泉へ。近くの「ふたこえの湯」に行きましたがとろっとした温泉らしいお湯です。サウナもあります。

晩の食事はここの名物料理の「けい ちゃん鍋」でした。

下味のついた鶏肉と野菜を煮込む鍋でとてもビールがすすみました。11日は鷲ヶ岳スキー場とホワイトピアに行きます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

月食・・・

2018年01月31日 | 日記

今日は3年ぶりの皆既月食ということで、久しぶりにブログを更新しようとカメラをかまえました。朝から天気予報では曇り空で見ることができないという天気予報。ダメ元で午後8時47分ぼちぼちかと庭に出てみると、なんと雲がなく、月が綺麗に出ています。

これは期待できると待ち受けました。9時過ぎから欠けるというので、寒いので室内に入って温まって出てくると

あれ、月がない。あっという間に雲に隠れてしまいました。それでもあきらめずに出たり入ったりしていると

雲の切れ間から時々のぞきます。

なんとなく左下が欠けているようにも見えます。が・・・・・

完全に雲に隠れてしまい二度と出てきませんでした。天気予報では四国でもこれから雪になると言っています。その頃の雲はひまわりによると

これでは見えるはずがありません。NHKのニュースでは根室の映像や六本木の映像を流してました。

月食は雲に食われてしまいました。残念・・・・・・・。次に「赤いブルームーン」が見られるのは、19年後の2037年1月31日だそうです。見れるかな・・・・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

香港・マカオの旅 追加

2018年01月12日 | 旅行

香港・マカオの旅の報告は終わりましたが、ガイドさんから聞いたこと等を追加します。

香港で注意すること

①香港はイギリス時代のなごりでチップ社会。ホテルでは枕もとに10ドル。

②生水は飲まない。水道は飲めますがパイプが古かったりして下痢することがあるので、ペットボトルを買う方がよい。

③スリに注意。複数でスリに来る。人混みでは鞄を前に持つ。ガイドさんはリュックを前に抱えていました。

日本にない3つの特徴

①二階建ての路線バス

すでに紹介しましたが、路線バスは全て二階建てです。それも様々に宣伝のラッピングがされていて綺麗でした。バス路線が充実しているので市民生活に自家用車は不要で、それでも自家用車を持とうとすれば170%もの高い税金がかかります。また、高速道路は無料ですが、自家用車を所有する人は、2000ccクラスで1年に18万円ぐらいを負担しているそうです。

②工事現場の足場が竹と木

日本なら鉄の足場ですが香港は高層ビルの現場も竹と木で足場を組みます。費用は安いこともあるでしょうが香港は高温多湿なため、夏は鉄が熱くなるのとすぐに錆びるからだそうです。朝バスに乗った時に、冷房が入っていましたが、そうしないとバスの窓ガラスが曇ってしますからです。曇るだけでなくポタポタ水滴が落ちるほど湿度が高いのです。

③電柱がない

日本でも電線の地下埋設を進めているところもありますが、香港は地下埋設が進んでいるそうです。

香港豆知識

①両替

香港は香港ドルです。1ドル15円ぐらいですが、旅行中はガイドさんに両替をしてもらいました。旅行中は1万円で640ドルでした。ホテルや両替機よりも安くていつでも必要に応じて換えてもらえて便利です。マカオはパタカですが香港ドルが通用するので両替の必要がありません。

 

②コンセント

電圧が220VであることとコンセントがBF型で日本の差し込みプラグは入りません。

今回はホテルの部屋にアダプターが1つありました。日本から2つ持って行きましたが、これが役にたちました。アダプターが一つではスマホとタブレット、妻の携帯を充電するには3口が必要です。家から3口タップを持って行ったので差し込んだところ火花が飛びました。

3口タップは125Vまでだったのです。そのうえブレーカーが落ちてしまって部屋のコンセントが全て使えなくなりました。フロントに電話して自分の英語力を試しましたが通じません。コンセントは英語ではアウトレットであることを後で気づきました。フロントは話が通じないと見てガイドさんの電話につないでくれたので、話がつうじ、直しに来てくれました。ブレーカーは天井板を持ち上げた天井裏にありました。探しても見つからないはずです。アダプターを持っていたおかげで、3口タップに頼らず一つずつコンセントにさして充電できました。スマホなどの充電器は250Vまでに対応していますが古いのは125Vまでなので要注意です。

③コンビニ

セブンイレブンがあちこちにありました。日本と比べればどこも小規模です。

おにぎりやアサヒ・キリンのビールも売っています。

おもしろいのは缶ビールが1缶15ドルが2缶で16ドルというサービスがありました。もちろん2缶買いました。

営業時間は名前の通り7時から夜11時です。

 ④免税店

なぜか日本商品が多くて、北海道の白い恋人も売っていました。

④携帯電話

最初はガイドさんから聞いた00852を付けて発信しましたが中国語のアナウンスがあるだけでつながりません。実は日本国内や現地にいる妻の携帯とは81を押して個人の番号の0をのけてかければ繋がりました。(090で始まる場合 81-90-××××-××××) 香港のガイドさんの携帯とは852に個人番号です。(852-××××-××××)  ちなみに私のスマホは格安SIMのイオンモバイル。妻はdocomoのガラケーです。

⑤服装

1月でも寒くはありませんが夜は冷えるのでジャンパーやコートは必要です。私はフリースの上にユニクロのウルトラライトダウンでしたが、かさばらずちょうどでした。

 

おまけの写真

昔、香港空港と言えば世界一危険な空港と言われていました。その旧香港空港(啓徳空港)跡地の近くのビルです。かつて手前の10階建てのビルをかすめて飛行機が着陸していました。アパートからパイロットの顔が見えたそうです。20年前の1998年に空港が移転してからその後ろに高層ビルができたそうです。

これで香港・マカオの旅を終了します。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

香港・マカオの旅 3

2018年01月10日 | 旅行

マカオから香港に高速船で戻った後は、再び香港のガイドのビリーさんが案内してくれました。まず、女人街へ行きました。女人街と言っても、いかがわしいところではなく露店の並んだ所です。

アクセサリーから洋服、家電、玩具、ドローンまで並んでいます。とにかく細い道で、すれ違うのがやっとです。

1時間ほど買い物をした後、最後のレストランでの食事です。

BLUE GIRLというドイツのビールを飲みました。さっぱりした味です。

食事の後はビクトリアハーバーの「シンフォニー オブ ライツ」というイベントを見に行きました。超高級ホテルのペニンシュラの前でバスを降りました。

香港政府観光局が2003年から毎晩8時から開催しているギネスに認定されているビルの照明やサーチライト、レーザーを使った13分間の夜景のショーです。公園であるプロムナードで見ました。

一番前には行けませんでした。

始まりです。夜空にレーザーが反射します。

ビルもネオンサインなどの照明を点けたり消したりします。

シンフォニー オブ ライツの後は貸し切りの二階建てオープンバスで30分のナイトドライブ

同じようなバスが何台も走っています。

1月なのに寒くはなくて快適です。

ビルの間を走り抜けます。

ビリーがノリノリでジ「ェットコースター」と叫ぶアンダーパス

天井に手が届きそうです。

今回の旅はとことん天気に悩まされます。雨が降り始めました。けど、そんなの関係ないで楽しみました。濡れても寒くありません。

隣のバスはカッパが支給されてました。

ナイトバスツアーを楽しんだ後、ホテルに戻りました。ホテルのテレビはNHKも入ります。10時ごろから「西郷どん」もやっていました。

帰りがまた強行軍で朝5時半にホテルを出発のため夜の内に朝食のサンドイッチやジュースが配られました。バスはまだ暗い香港国際空港に到着。空港はとにかくでかいです。ドバイ・ロンドンヒースローに次ぐ世界3番目の乗降客、貨物取り扱い量は世界一です。

出発カウンターからゲートは無人の電車で移動です。

無事、予定通りの8時15分に出発。ちょっと驚いたのは行きがけもそうでしたが、コックピットのドアがぎりぎりまで開いたままでした。

香川県の陸地が見えました。

高松空港の香港エキスプレス航空のエアバスA320

高松空港には昼の12時45分に到着しました。

日本に帰るとホッとします。やっぱり日本が良いですね。でも楽しい旅でした。ガイドのビリーさん、イイモリさん、ありがとうございました。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加