男前田のブログです!

旅の日記や日々の出来事

明石市立天文科学館

2017年03月30日 | 観光

明石の天文台といえば東経135度の日本標準時子午線の通る場所として教科書にも載っていて有名ですが、正しくは「明石市立天文科学館」なんですね。ずっと昔からあったと思っていましたが1960年に開館していました。行ったことがなかったので、舞子海上プロムナードの見学後、行きました。

駐車場が道路をはさんであり、2時間200円です。頂上に据えられた時計は阪神淡路大震災でしばらく止まっていたことを思い出します。

入場料は大人700円で65歳以上半額、高校生以下無料です。

入り口の横には子午線が

内部は充実した展示があり、宇宙のことがしっかりと学べます。

日本で一番長寿命のプラネタリウムがあり、入場料に含まれています。50分の上映で今回は「オーロラの神秘」でした。

プラネタリウム鑑賞後、4階の日時計広場へ

人間日時計

さらにエレベーターで14階の展望室へ。明石海峡大橋が臨めます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明石海峡大橋 舞子海上プロ... | トップ | 高知の桜満開 鏡野公園 陽光桜 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
明石は、橋しか・・ (屋根裏人のワイコマです)
2017-03-30 11:00:03
残念ながら、明石の街は全く知りません
明石海峡大橋は何度も通過しても・・
山陽道で郊外をスルーして、知らない街
明石を ご案内くださいました。
日本の標準時子午線の街でしたね
今まで忘れていた 明石を・・
詳しくご紹介いただき、ありがとうございました。
機会があったら街を歩いてみたいものです
ワイコマ様 (otokomaeda)
2017-03-30 11:50:33
けっこう普段通るところにも名所がありますね。
高速道路を使うと点と点で移動するので見過ごしがちですからゆっくり一般道を使って旅行したいです。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL