男前田のブログです!

旅の日記や日々の出来事

高知城歴史博物館

2017年03月06日 | 観光

高知県では、今年は大政奉還から150年ということで3月4日から「志国高知 幕末維新博」が始まりました。高知県各地で2年間開催されますが、それに併せて「高知城歴史博物館」がオープンしました。場所は

この高知城追手門の前です。

入場料は700円ですが、JAFや龍馬パスポートなどで割引があり560円で入りました。

3階の展示です。山内家が保存していた資料を中心とした高知城にまつわる様々な展示があります。ここは導入展示室

企画展が行われています。

期間限定で、龍馬が殺される5日前に書いたとされる最後の手紙が展示されています。

2階に降りると喫茶室とテラスがあります。 

テラスからの眺めです。今までになかった景観です。

博物館をあとにして、1月22日に「高知城 梅開花」で紹介した、高知城の梅の段に行ってみました。

満開の梅の花びらが春の風に舞っていました。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スモモの花 メジロ | トップ | 明石海峡大橋 舞子海上プロ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ますます興味が・・ (屋根裏人のワイコマです)
2017-03-07 10:20:42
このように、高知を発信していただけますと
高知の新鮮情報に触れさせていただきますと
興味が募ります。今まで瀬戸内海側ばかり
歩いてきたのですが・・今度は 高知だ!!
と興味津々です。
歴史文化を知ることでその土地の今が
理解できるので・・大変意義のある施設が
出来て良かったです。

ワイコマ様 (otokomaeda)
2017-03-07 17:50:32
いつもありがとうございます。
高知県は農業と漁業と観光が重要な産業です。観光では龍馬の果たす役割はとてつもなく大きいですね。なにかと言えば龍馬ばかりで高知龍馬空港、龍馬マラソン、龍馬パスポートなど数えきれません。でも龍馬にばかり頼っていては駄目で、たくさんの自然や名所を知って貰いたいと思っています。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL