結婚式 マナー

結婚式のマナーに関してです。
結婚式のマナーは皆さん大丈夫ですか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

結婚式マナー

2007-11-05 13:14:14 | Weblog

結婚式のマナーに関するサイト

結婚式 マナー




結婚式・・・新郎新婦の二人が、新しい門出を迎える、素晴らしい儀式です。

結婚式のマナーについて

新郎新婦のちょっとはにかんだ笑顔や、両親・親族の嬉しそうな顔をみるだけでも、幸せな気持ちになります。




結婚式に出席するたびに、「幸せな」気持ちになる自分がいます。




最近出席させてもらう機会があったのですが、その席でも楽しく、和やかな雰囲気で、素晴らしい結婚式でした。




ですが、結婚式を楽しむ際の、注意点があるのです・・・。




実は、その注意するべき内容とは・・・。




実は、その注意点とは・・・・そう、結婚式のマナーです。




結婚式に招待されているのは、あなた一人ではないはずです。両親、親族・・・。




結婚式にもマナーはあります。もちろんテーブルマナーだってその一つ。




結婚式のマナーっていったって、、、、そんな人もいることでしょう。特に、結婚式に始めて招待された、なんていう人はそう思うかもしれません。実際に、私も最初のときはそうでした。




でも、そんなに気にすることはありません。別に皇太子の結婚式に招待される、っていうわけでもありませんよね?結婚式のマナーといったって、ほとんど常識の範囲内です!




さあ、結婚式のマナーを一通り身につけて、恥ずかしくない社会人として結婚式にのぞみましょう!




結婚式 招待状をもらったときは?



結婚式の招待状に関しても、色々とマナーがあります。そのうちでも、最初に注意したい、というマナーがあります。




最初に気をつけるべきマナーとは、あなたはなんとなくでもわかるでしょうか?




それは、「返事はなるべく早くに書く」ということです。




できれば3日以内、可能であればその日のうちに、がベストです。




その理由は色々あります。


その答えは明白です。


なぜなら、たとえば引き出物一つとってみても、その人数がわからなければ用意できない、という理由もありますし、何より、主催者としてはどれくらいの人が参加してくれるんだろうか?といったワクワク感などもあるからです。




ところで、返信用ハガキを出すときは、一言おめでとう!の言葉と、文字は丁寧に!これも大切なことです。



結婚式のマナーリンクサイト


結婚式 マナー

結婚式 マナー

結婚式 マナー

結婚式 マナー

結婚式 マナー

結婚式 マナー結婚式 マナー

結婚式 マナー

結婚式 マナー


この記事をはてなブックマークに追加

結婚式のマナー  結婚式のマナー

2007-11-05 12:24:23 | Weblog
結婚式 招待状のマナー


結婚式の招待状を受け取ると、まず最初に、気をつけたいマナーがあります。



それは一体何か、あなたはご存知でしょうか?



招待状は、できるだけ早く返送して下さい、ということです。



できれば3日以内、可能であればその日のうちに、がベストです。



しかし、この理由は一体なぜなのでしょうか?


その答えは明白です。

なぜなら、引き出物の数をそろえる、といったこと一つにしても、また、料理を何人分用意するのか、といったことを会場側に連絡するにしろ、やはり正確な人数の把握が求められているからです。



また、返信ハガキには、一言メッセージを書くスペースがあるので、メッセージを添えてあげましょう。


結婚式に出席できない場合、どのように返信するのか


結婚式に出席することができない、ということもあるでしょう。そんなときは、残念ですが欠席としてハガキを返送します。もちろん、それだけではいけません。というのは、ハガキを返すだけでは少し失礼!結婚式のマナー違反?というところです。



それでは、どうすれば失礼にあたらないのか?



それは、新郎新婦の二人を祝福する、ということです。祝電を結婚式の当日に会場におくる、郵便局のレタックスを利用するなど、方法は色々あります。最近は、電報などでもぬいぐるみのついたかわいらしいものがありますので、喜ばれることだと思います。



さらに、返信ハガキに欠席として返送する場合は、あまり即座に出すよりも、少し間をあけてから返送するべきでしょう。



欠席するにしても、招待してくれたことに対する結婚祝は必須


結婚祝は不要・・・ではありません!欠席するとしても、きちんと結婚祝を渡すのが礼儀、マナーだといえます。



結婚祝に贈るお金は一万円くらいでかまいません。また、品物を贈る人もいます。これも、金銭的には一万円くらいのものでかまわないようです。



最近は吉日などをあまり気にする若い人は少なくなってきましたが、マナーとして理想的なのは、1吉日を選び、2自宅へ持参ということです。まあそこまでしなくても、宅配、郵送などでもよいと思います。



式の当日に急な用事で欠席する場合は?


何がおこるかわからないのが人生です。家族の不幸がいつおこるかもわかりませんし、急な予定、仕事が入ることだってありえます。そんなときは、とりあえず主催者に連絡をいれます。つながらなければ、式場へ連絡をいれる、という最終手段も覚えておきましょう。



また、後日には欠席のお詫びをしておきましょう。この時、余裕があれば結婚式場へは電報などで祝福の言葉を伝えておきます。






出欠が未定の場合は?


招待状をもらったら、「いついつまでには出欠がわかるから」と電話しておきましょう。



最悪、式の直前まで予定が立てられない場合は、欠席する、というのも無難な選択肢です。


この記事をはてなブックマークに追加

結婚式のマナー 礼儀作法とマナー

2007-11-05 12:22:36 | Weblog
結婚式っていいですよね。

おめでたい席、素晴らしい料理、そして、祝福の言葉や新郎新婦お笑顔・・・。



だから、私は結婚式が大好きなんです。



少し前に、友人の結婚式に招待されたことがありましたが、やはり、とても素晴らしかったです。



これほど楽しい結婚式でも、「これを忘れてしまうと、大変なことに!」という注意点があるのです。



結婚式で気をつけるべき点・・・・。それは何か、ご存知ですか?



そう、あなたが注意する必要があるのは、結婚式のマナーについて、です。



結婚式にやってくるのは、両親、親族をはじめ、年配の人も多くくるからです。



親しき仲にも礼儀あり、といいます。最低限の礼儀作法、マナーは守りたいものです。



礼儀作法なんて、堅苦しいのは嫌だし、私は結婚式のマナーなんて、、、という人もいるかもしれませんね。



大丈夫です。いわゆる社会常識的なことが求められるだけです。そう、結婚式のマナーと難しそうにいってみても、実はそんなに硬くなることはないんです。



さあ、結婚式のマナーを一通り身につけて、恥ずかしくない社会人として結婚式にのぞみましょう!


この記事をはてなブックマークに追加