とっちーの「終わりなき旅」

出歩くことが好きで、趣味のマラソン、登山、スキーなどの話を中心にきままな呟きを載せられたらいいな。

2017扇山

2017-01-04 23:14:45 | 山登り
新年早々の登山は、秀麗富嶽十二景の一つで六番山頂に当たる扇山だ。このところ、冬場は富士山が綺麗に見える山をめぐっているのだが、この秀麗富嶽十二景の山々は、どこも富士山の眺望が素晴らしい。

早朝家を出発し、9時頃中央本線の大月駅前の駐車場に到着する。車を駐車場に止め、大月駅から二駅先の鳥沢駅まで移動する。9:40。鳥沢駅から扇山目指して歩き出す。今回は、総勢6名のパーティだ。


しばらくは住宅地の間を縫う舗装道路を歩いていく。10:40。舗装道路の脇から扇山への登山道の分岐に出た。


10:48。梨の木平に到着する。近くには、ゴルフ場が有り、ここまでは車で来ることもできる。トイレやベンチもあり、お腹がすいたので少し休憩をする。


11:20。水場に出る。


水場からすぐ先に、山ノ神神社の奥宮祠があった。


11:38。扇山とつつじ群生地との分岐に到着する。山頂までは40分との表示があった。


尾根筋までの最後の急坂を登っていく。


11:57。尾根筋に出た。左に進むと秀麗富嶽十二景の七番山頂にあたる百蔵山だ。百蔵山は既に登っているので、今回は右側に進む。


12:00。扇山1138mの山頂に到着する。つつじ群生地との分岐から40分となっていたが、実際は22分ほどで到着した。


これが、秀麗富嶽十二景の六番山頂である扇山からの富士山の眺望だ。やや逆光気味のため、富士山が白っぽくなってしまったが、雪を被った富士山がしっかり見えている。山頂は広く、南西方向に大きな富士山が見えるほか、手前に杓子山、西から南にかけて御正体山、遠くに丹沢山系が連なり、東南東には、上野原の町並みや、新宿副都心の高層ビル群も見える。


山頂は、見通しがいいが風もあってゆっくりするには寒いので、少し下って風が当たらない場所で昼食休憩とする。今回は、正月らしくお餅をたくさん持ってきたので、お汁粉を作る。また、鹿児島名物のさつま揚げをたくさんもらったので、網で焼いておかずとする。




1時間ほど昼食休憩をしたあと、下山を開始する。下りもけっこう傾斜がきつい。


13:30。つつじ群生地を通過する。日当たりがいい場所では、早くもつつじの花が咲いていた。暖かすぎて開花時期を間違えたのだろうか。


14:05。登山道が終わり、里に降りてきた。民家の庭先には、立派な柚が生っていた。物欲しそうに見ていたら、家の人が出てきて“柚欲しいかい”とハサミでたくさん枝から切り取ってくれた。


あとは、ひたすら鳥沢駅まで舗装道路を歩く。


14:18。「大月エコの里」まで来た。ここでは、いろんな農業体験ができるそうだ。


「大月エコの里」から扇山を仰ぎ見る。扇を開いたような形に見えることから「扇山」という名前が付いたそうだ。


里まで降りると日差しが暖かく、とても1月とは思えない。


14:47。甲州街道をしばらく歩き、鳥沢駅に到着する。下りの大月駅行の電車が来るまで20分ほど待ち、15:06の電車に乗って大月駅まで戻った。大月駅の先には、八番山頂の岩殿山も見える。


大月駅からは車で帰宅。朝霧高原あたりでは、赤富士が見えた。朝から晩まで、富士山がずっとよく見えた一日だった。




参考1.今回のコースマップ


参考2.今回の高低図
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017謹賀新年 | トップ | 2017八丈島トレッキングツア... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ごちそうさん! (かわい)
2017-01-05 09:01:54
例により食糧豊富で食べ過ぎました。
おかげで体重増で昨年末からの悩みが解決出来ません。というのも皆さんと楽しく登り、食べるといつの間にか過食になってしまいますね。
ありがとうございました。
かわいさんへ (とっちー)
2017-01-05 19:17:11
突然の誘いに応じていただきありがとうございました。
年末年始は、宴会が多く食べ過ぎ気味になってしまいますが、こういう時ほど体を動かさないといけないですね。
元旦に走りましたが、山にも行きたかったので、急遽メンバーが集まり楽しかったです。
山ご飯も楽しみの一つなので、どうしても食べ過ぎ気味になってしまいますが、体がエネルギーを必要としているので、それほど食べ過ぎでもないかもしれませんよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。