シェーグレン(SS)+バセドウ病の記録ブログ

通院·クスリ·体調などなど

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アイソトープ(RI)を受けるまで

2016-10-12 22:34:00 | ✈バセドウ病
バセドウ歴9年目
今年3月にアイソトープを受けました。その経過などを記録していきたいと思います。
まずは発症からのことを簡単に。
メルカゾールは副作用で即中止、その後プロパジールで治療してました。副作用として皮疹·関節痛などがある中、治療の効果自体はでていたので、なんとか騙し騙し服用してました。
いろいろな経緯を経て、プロパジールはじめ抗甲状腺薬での重篤な副作用のひとつ‘ANCA関連血管炎’が疑われました。
幸いにも炎症反応や臓器障害をおこす前にわかったのですが、ANCA抗体が陽性である以上、原因の可能性がある薬での治療はできなくなりアイソトープに踏みきりました。
プロパジールを中止すると、皮疹はもちろん関節痛などの症状はスッカリよくなりました。


つづきます
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

コメントを投稿

✈バセドウ病」カテゴリの最新記事