マドンナのナイショ話

あなたに話したいあれこれ

大川良太郎2017年6月公演、八尾グランドホテル20(6月29日・千秋楽)

2017年07月14日 | 大川良太郎



今日のフォト。 八尾グランドホテルでの公演、ありがとう。
劇団九州男6月公演、八尾グランドホテル、千秋楽(6月29日)






            






第1部お芝居、「お~い、追っかけ音次郎」


ズンドコ一家の親分(たくや)が、子分(マキ、純、翔一郎)を
連れて歩いて来る。 子分たちは、観客の笑いを取る。


旅に出ていた子分の半次郎(伸吾)が帰って来た。
半次郎は、親分に挨拶をして、真っ先に女房に会いに行こうとするが
親分の話では、半次郎の女房は、親分の女になっていた。
みんなもズンドコ一家の女将さんだと思っているから
「女房をくれ」と言う親分(たくや)。


怒った半次郎は、三下り半を突き付けて、のし付けて渡してやると言う。
親分は、半次郎(伸吾)を破門し、額に傷を付けてしまう。


親分は半次郎を殺そうとするが
この辺りでは顔も知れているので音次郎(良太郎)に始末させようと、考える。
親分は、半次郎に女房を寝取られたから、殺してくれと頼む。


一宿一飯の恩義から、音次郎は半次郎を探しにゆく。
音次郎は、親分から半次郎に会ったら
何も話を聞かず、問答無用で斬ってくれと言われる。


半次郎とは、首のない太った男だと聞いていた。(笑)
音次郎は、半次郎を見つけ出し、斬りかかる。
話を聞いてくれと言う半次郎の言葉も聞かず、立ち回り。
刀を落としたのは、音次郎(良太郎)。 半次郎(伸吾)は強かった。


命乞いをした音次郎は、半次郎の話を聞く。
そして音次郎と半次郎は兄弟分になる。


音次郎は旅の途中で、父親さんから息子を探してほしいと
頼まれた男が、箱根八里の半次郎(伸吾)だと知る。
2人は箱根へと向かい、半次郎は父と妹に再会する。


大けがをしたズンドコ一家の親分(たくや)が、子分を連れてやって来た。
箱根に戻った半次郎は、ヤクザから足を洗い、堅気になると決めていた。
刀を抜こうとする半次郎に、「刀は抜くな」と言い
音次郎は自分一人で、ズンドコ一家を成敗する。


旅に出る音次郎に、半次郎は、「兄弟(きょうでぇ~)忘れものだよ」と、笠を投げる。
花道に立った音次郎は、「兄弟(きょうでぇ~)、あばよ」と言って
去ってゆく。


真実を知って、音次郎と半次郎が心通わせるところ。
半次郎のために、ズンドコ一家を始末する音次郎。
兄弟。男の友情みたいなのが、心に沁みて来る。









第2部、劇九群舞。 ♪極楽ルムバ。
伸吾さん、変わる時。 ♪恋から愛へ。(吉 幾三)


伸吾さんの白い衣装、前は普通だけれど、後ろは女性の裸体。
伸吾さんのお尻の辺りに、丁度女性のお尻が描かれて、素敵でした。









劇九群舞。笑いました。 ♪夢想花。(円 広志)
とんで とんで とんで とんで とんで 
まわって まわって まわって まわる









純くん、黒い衣装で。 ♪Joker
要さん、もう一度あなたへ・・・。 ♪恋夢花。


翔一郎くん、僕の胸で雨やどりしな。 ♪雨やどり。 
香おりさん、桜のように。 ♪好きな人がいること。









後ろ姿、素敵な蝶結び。 ♪酔って候。(石川さゆり)









座った舞踊、全身を撮れる喜びを噛みしめる。









劇九群舞。 ♪銃爪-リマスタリング。(世良公則)









たくやくん、ハイハイ ハ~レイ ヨイサヨイ ♪朝花。
くっさま、歌ってくれる。 ♪瞼の母。









ラストステージ(♪祭の神)の後の座長、ご挨拶。









千秋楽のこの日、剛くんが退団しました。 家の都合だとか。
羽名形剛くん。 本能寺剛くん。 
「つよポン」って愛称で、呼ばれていた人気者でした。


いつも若いアーティストの曲で、舞ってくれました。
7月に剛くんの踊った曲で、劇九群舞しました。
これ、剛くんの曲だと思いましたよ。
長い間楽しませてくれて、ありがとうございました。









こんな風にして撮れる写真、この先何度あるだろうか?
もう無理? かもしれない。


八尾グランドホテルでは、座席予約のクジで、7番が当たり
観劇する全ての日にちで、最前列の席が取れました。
夢のような1ヶ月間でした。









真っ白い衣装で踊る舞踊は。 ♪Yukiguni









魅せられて。









指先の向こうに・・・。 ドキドキドキ。


千秋楽。 アンコールは、♪ズッコケ男道など・・・。
八尾グランドホテル6月公演、ありがとうございました。
たくさんの思い出が出来ました。





『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 緑のカーテン2017パート2 | トップ | 咲くやこの花館 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。