マドンナのナイショ話

あなたに話したいあれこれ

大川良太郎2017年3月公演・朝日劇場12(3月11日)

2017年03月24日 | 大川良太郎



今日のフォト。 劇場に掛けてあるタペストリー。
6人並んだこのタペストリーが好き。


劇団九州男3月公演・朝日劇場、3月11日昼の部。
この日は2部構成、第1部お芝居、第2部舞踊ショー。






            









お芝居の後の口上ご挨拶。 この時点で13時58分。
2時間近いお芝居だった。


おきぬにとって仇である時次郎だったが、時の流れと時次郎の誠意に
いつしかおきぬも心を開き、2人は大切な存在に変わってゆく。


お芝居、「沓掛時次郎」


おきぬさん、あっしは必ず、けえってめえります。
待ってておくんなせぇ。


おばさん、紅を取ってください。
時さんが戻ってきた時、あたしきれいにしていたい。


時次郎が戻った時には、おきぬは静かに息を引きとった後だった。



夫の仇、自分が殺した相手の女房。 そんな2人が惹かれ合う
「禁断の愛」もの。 微妙な気持ちの高まりが、尚更 切なくて哀しい。
激しい立ち回りシーンも最高だった。


凄いお芝居を観た後は、なかなか今に戻れない。(笑)
名作は、いつまでも忘れない。
このお芝居を観て、もう2週間経つというのに。









第2部舞踊ショーのオープニングは、劇九若手で。 ♪ブルドック。
伸吾さん、珍しいカツラで舞踊。 いいですね~。 ♪おまえに惚れた。
剛くん、大胆なチェックもよく似合う。 ♪キセキ。









要さん&マキさん&剛くん&翔一郎くん。 
座長登場。 カッコいい。 ♪東京。(桑田佳祐)









香おりさん、今日はシックな衣装で。 ♪越前岬。
座長、ロゴの衣装。 ヨッ!お三方。 
翔一郎くん、お面も付けて。 ♪GHOST。(Gackt)









大和くん、久しぶりの女形。 ♪花びらの刻(とき)
たくやくん、海のイメージで。 ♪南風~美ら海Ver~


くっさま、踊ってくれる。 ♪女ながれ節。
聖菜ちゃん、お芝居も舞踊も上手い。 ♪フラワー。(Kinki Kids)


聖菜ちゃん、この日のお芝居では
おきぬ(香おりさん)の子供・太郎吉の役をしました。









ひょっとこお面で出て来た。 自分の名前を探す。 
前、後ろ、袖、劇場にいた皆さん、自分の名前を探しましたか?
♪本物しなけりゃ意味がない。









舞台中央、ターンテーブルがせりあがって。
後ろ姿もまたいい。









2曲? ♪・・・・  ♪酔って候。









美しい花が描かれた衣装。 そして深いブルー。
扇子で、キセルを表現か?
撮って、見とれて、ドキドキして。


土曜日なのに、「1列-4」に座れた。
「劇場の神さまは、いるんだ」と思った。









ラスト舞踊の後、大入りの手打ちの後のバイバイ♪









幕間に食べたお昼ご飯。
3月11日公演のブログは、1スレッドで書きました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真勉強会

2017年03月23日 | 写真



今日のフォト。 3月*日、写真仲間のSさんのお家で、勉強会をさせて頂きました。


撮影カメラ=OLYMPUS E-M5MarkII






            









今回で18回目になる、Sさんのお家での写真勉強会。
私たち6人は2010年4月、キャノンEOS学園入学の同級生です。
7年前の4月に、同じクラスでスタート(入学)しました。


Sさんの家で勉強会が始まったのが、2012年5月。
10時から夕方6時ごろまで、ディスカッションです。


キャノンEOS学園入学から7年。
今でも仲間はEOS学園ゼミで学んだり、他の写真教室で勉強中。
群れと束縛を嫌って、一匹狼でフラフラしているのは、私だけです。(笑)









先ずは、Aさんが宝塚市展に入選した写真、小枝に雨粒がいっぱい付いて
きらきら光っている写真です。 Aさん、おめでとう♪


キャノンフォトサークル2月号、イメージクリエイトクラスで、シルバー賞。
ニフレルで撮ったオウムガイのマクロ撮影。 凄すぎる。
Tさん、シルバー賞おめでとう♪









前回の勉強会は、12月7日でした。 勉強会の帰りに
みんなで撮りに行った、梅田のキャンドルナイト。


この日の勉強会は、この写真から始まり。
同じ被写体、同じイベントでも、全然撮り方が違う。


多重露光やフリーハンドを入れるなど、あちこちに工夫。
イベントで手持ち撮影なら、あえて振ってみようということか。









私はまだブログにもアップ出来てないのですが
寒い時は海遊館で、お魚と遊ぼう。 私は夕方に帰ったのですが
夜までいた仲間は、美しい夕景やイルミネーションも撮っていました。









私はまだブログにもアップ出来てないのですが、神戸北野異人館。
左上の写真を撮ったAさんは、只今、モノクロ講座を受講中。


どの写真も、センスのよい切り取りで、痺れまくり。
成長の無いベタな自分の写真が、恥ずかしい。









2月、Tさんが撮影のために、ミャンマーに旅行。
乾季に行っているから、お天気にも恵まれて
たくさんの写真を撮って来たようです。









持ち込みのお昼ご飯を食べながら。
Sさんの奥さまが、お味噌汁とお漬物とお菓子を出してくれました。
右下のお菓子は、ミャンマーのおみやげです。









大阪城の梅、大阪天満宮の梅、万博記念公園の梅。
梅は難しい、う~ん難しい難しいと言いながら撮りました。









Sさんの奥さまが、コーヒーを出してくれました。









今宮戎の宝かご行列と福娘。
堀川戎の福娘。


福徳寺(大阪府堺市)の火渡り。
うめきたガーデン。









12月、梅田、淀屋橋、難波・・・イルミネーション。









Sさんの奥さまが、デザートを出してくれました。









京都駅の映り込み。
京都駅と東本願寺。


あべのハルカス展望台から。
梅田の街撮り。(モノクロ)


もう普通に撮ることに、飽きてしまったし満足しない。
・・・が、みんなの本音かもしれない。
こんなに夢中になれるものがあるなんて。









今年も行きましたか。 東大寺二月堂修二会。 上手い!!
伊丹昆虫館。


長居植物園の花マクロ。
モノクロでの街撮り。 センスが光る。


写真4枚枠で、載せられない写真、いっぱいでした。









Sさんの奥さまが、お茶とお菓子を出してくれました。
このお茶とお菓子で、1時間はおしゃべり。 写真のことばかり。(笑)









Sさんがおみやげをくれました。 傘ではありません。
折りたたみのエアー座布団。 こんなのがあるなんて。


私は花マクロの撮影をする時、たためる玄関マットを敷いて
その上に座って撮っていました。 メチャ嬉しいです。


Sさんが、「飴ちゃん持って帰り~~」って言ってくれました。
18回目の写真勉強会も全員参加で、終わりました。
もっともっと勉強して、写真が上手くなりたいです。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春分

2017年03月22日 | 日記



今日のフォト。 彼岸参りに行って来ました。






            









主人の父、私の両親と兄が納骨されています。









ロウソクに火を灯し、お線香を付ける。









お参りすると、何だかホッとする。









3月22日は、私の母の祥月命日です。
元気な頃の母は、お彼岸にはおはぎを作ってくれました。


3月20日は、二十四節気の「春分」


母の口癖だった、「暑さ寒さも彼岸まで」
今、同じことを言っている私。 親子って似て来るものです。









啓蟄(3月5日)には、こんな水栽培のヒヤシンス。
ピンクは2つ目の花が咲き、黄色の花の下に
2つ目のつぼみがスタンバイしていました。









「啓蟄」から2週間。 花にも時間が流れます。









花は枯れて、「春分」には2つめの黄色だけとなりました。









昨年10月23日に始めたヒヤシンスの水栽培は
5ヶ月間、私を楽しませてくれました。









プランターに植えたヒヤシンスは、これからです。
ムスカリくんも、頭を出しました。


チューリップもニョキニョキ。
何年越しかの桃も、つぼみを膨らませています。









ベランダは花いっぱい。
母が大好きだった桜草が咲き始めました。
全部ピンクの札が付いていたのに、1株だけ白いのが咲きました。


12月に桜草を植えて、越冬させて咲かせるのは
祥月命日に、母を喜ばせてあげたいから。


私は桜草を見ながら、繰り返し言う。
母の口癖だった、「暑さ寒さも彼岸まで」・・・って。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大川良太郎2017年3月公演・朝日劇場11(3月10日ロングラン公演)

2017年03月21日 | 大川良太郎



今日のフォト。 正面からライトが当たらず、後ろから当たって白飛びした。
最悪のパターン、逆光。 でも逆光だからこそ撮れた、抜け殻のファントム。


劇団九州男3月公演・朝日劇場、3月10日ロングラン公演続き。
資料失くして右往左往。 昨日の続き、何を語ればよいのか。






            









袴、長い髪、扇子。 私好みが全て揃った。
直接顔にライトが当たらなくてよかった。



最近、ライトの位置加減まで気になって来る。
そして撮影に適した、スモークのさじ加減。
朝日劇場の舞台は最高。


ロングランの写真は、ことごとくピントが甘い。
座った座席は、3列-1 1は花道の横。


劇場では、望遠レンズは使わないと決めているから
カメラはフルサイズではなく、APS-C機を使った。
7D Mark II に、24-105の標準レンズをはめた。









写真を整理しながら気づいた。
この写真の撮影時間は、15時02分07秒。









こちらの写真の撮影時間も、15時02分07秒。
同じ撮影時間なのに、光の当たり方も右手の位置も違う。
先の写真とこの写真の間に、4枚の写真が存在する。


7D Mark IIの謳い文句が証明された。 1秒間に10コマの連写が可能という。
スモークのせいだと言ってしまえばそれまでだが、どの写真もピントを拾えない。
3列目は、鬼門かもしれない。 いや違う、やっぱり腕が未熟。









手は拳。 遠くを見つめる目。
この舞踊の曲は、何だったのだろうか。
わかればもっと想像力豊かに、この写真を見ることができるのに。









客席から登場。 悲鳴にも似た絶叫。
それは良太郎がとても近くに感じられるから。 歓喜。









マフラーを回した。
何をやっても、サマになる。









横顔だけ、半分だけ、頂戴いたしました。









今日はロングラン公演。 いつもなら送り出しの時間帯。
15時11分44秒。









15時11分45秒。
1秒の変化を知る。 良太郎の1秒は、いつも真剣勝負。









怪人を胸に抱いて・・・。









怪人に、別れを告げる。









パリがファントムとクリスティーヌなら
日本のファントムとクリスティーヌがこの1枚。


これだけは、ガチのピントをもらった。
目に、キラキラ(キャッチアイ)が、2個ずつ入った。
ライトはこの部分一点だけの 難易度の高い被写体だった。


ISO=3200 SS=1/800 F=4 焦点距離=105mm
3列-1の座席から撮り、舞台の98%が真っ暗。


ガチのピントをもらって、限界に挑戦した1枚。
写真への拘り、段々とスキルが高くなってゆく。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大川良太郎2017年3月公演・朝日劇場10(3月10日ロングラン公演)

2017年03月20日 | 大川良太郎



今日のフォト。 この日は、恋瀬川キャビアさんが特別ゲスト。
劇団九州男3月公演・朝日劇場、3月10日ロングラン公演。






            






ロングラン公演、どんな4時間が始まるか、ワクワクでした。
第1部、歌謡ショー、歌ってくれました。
第2部、お芝居、楽しませてくれました。
第3部、舞踊ショー、魅せてくれました。


ロングラン公演のブログ、どう書こうかずっと悩んでいました。
実は、歌や舞踊の曲をメモしたノートを 失くしてしまったのです。


新聞記者が取材ノートを失くしたのと同じ、お手上げです。
最近は、曲をイメージして、ブログを書くことが多かったから。


しかも運の悪いことにロングラン。 う~ん、参った。
ずっと3月10日のブログを書くのが恐かった。









仕方がない。
そこはカリスマブロガー(笑)、マドンナさんの腕の見せ所。


歌謡ショーのトップバッターは、伸吾さん。 お芝居も上手い、舞踊も上手い。
そして歌も上手い。 劇九&座長を支える大黒柱。


歌詞のカンペを持っているのに、たくやくん、全然歌ってないの。
ああだこうだとトークで、笑わせてくれた。 
これ、今病気療養中の純くんなら、チェックの衣装を着て
音程外して、「一円玉の旅がらす」を歌うだろうな~と思ったりした。


香おりさん、何を歌ったのか思い出せないけれど、ニコニコしながら
歌ってくれた。 香おりさんには、いつも優しさをもらう。


お笑い系を入れるのは、劇九の楽しいところ。
長淵剛のカツラできるのは、今は翔一郎くんだけ。 いいぞ!









大和くん、すっかり劇九の顔。 細身でカッコいい。
若者のセンスで、大胆な柄の衣装も着こなす。
この衣装は、地味だけれど・・・ね。


美空ひばりさん、怒りますよ・・・のマキさん。
マキさんのボケは、ポワンポワン。楽しいよ。


私の中での要さんのイメージは、宝塚。
足の細さ、スタイルのよさ、最高。 写真縦イチで撮ればよかった。


剛くん、何を歌ったのか思い出せないけれど、剛くんの舞踊の選曲は
いつも若向きで好き。 知らない曲をたくさん教えてもらった。
そして歌詞は少し胸キュン。









剛くんが歌う後半に、良太郎座長が客席から登場。
剛くんが歌っている間、座長はずっと観客とハイタッチ。









最後は、3月10日の特別ゲスト、恋瀬川キャビアさん。
劇団飛翔、恋瀬川翔炎座長。 キャビアさんは18歳。

妹さんたち、フォアグラちゃん、トリュフちゃん、いくら丼ちゃんですって。
世界三大珍味。 良ちゃん、客席から拍手。









恋瀬川キャビアさんが歌い終わると、舞台へ上がってハイタッチ。
こんな瞬間写真、いいですね。









さて、良太郎座長の歌です。 滅多に歌わないです。
けれど良太郎ファンは、その声を忘れることはない。
「これ、良ちゃんが歌っている」って、わかるはず。
良ちゃんの歌、時々聞かせてほしいです。









第2部、お芝居は、「夫婦旅」
最後は、恋瀬川キャビアさんと夫婦の旅に出るハッピーエンド。


3月1日=巡恋歌
3月2日=子別れざんげ
3月3日=明治風流男
3月6日=下北の弥太郎
3月7日=地獄花
3月9日=母恋しぐれ(夜の部予定変更)


初日から9日までの6日間、私の観たお芝居は、全部、死にました。(笑)
座長だったり、香おりさんだったり。


暗い暗い、重い重いと思いながらも、暗いお芝居、重いお芝居ほど好き。
最近のテレビ、あまり泣けるドラマがない。


ここまで人を泣かせられるのかと、感動する。
大衆演劇の物語には、悲劇に加えて義理人情が絡む。
「一宿一飯」の恩義、渡世人の生きざまには心打たれる。


誰もいなかったら、声を張り上げて号泣すると思う。
どっぷりお芝居の世界へ、引きずり込まれる。
せめて観劇の時くらい、「今」を忘れたい。









第3部、舞踊ショーのオープニングは、劇九若手の4人。









のっけから座長は出ないだろうと思っていたら、いきなり出て来た。
群舞に大輪の花が咲く。









伸吾さん、流れるように踊る。 美しい身のこなし。
上目遣い、下目遣いを使い分け、大きな瞳で見定める。 素敵です。


大和くん、ハートのサングラス、いいね。
送り出しでも、とても爽やかに話してくれる。


香おりさんを色に例えるならピンク。 いえ、薄紅色。
女が女を見て、「わぁ、きれい」とため息もらす。
切ない曲、片思いの曲を舞わせたら、天下一品。
あなたの右に出る女性はいない。


翔一郎くん、日常でもおしゃれさん・・・だと思う。
前と同じ衣装で出たとしても、同じ衣装だと感じさせない工夫がある。
例えば、ディオールの衣装(着物)にベストを羽織って、靴を履く・・・みたいな。









剛くんは、背が高い。 座長が女形なら、相手役は剛くんしかいない。
長身は宝。 いつか座長と、素敵な相舞踊見せてください。


たくやくん、座長の舞踊をよく研究しているね。 その仕草
座長に似ているとハッとする。 堂々と踊る姿、自信が出て来たんだね。
たくやくんを色に例えるなら、ブルー。 いえ、瑠璃色。
この日も、瑠璃色の世界で踊ってくれた。


お芝居では、くっさまにしかできない役がある。
母恋しぐれ、人生すごろく・・・。
くっさま座長の月も、ありますしね。 まだまだこれから。









恋瀬川キャビアさんに会ったのは初めてです。
小顔で女形がよく似合う。 18歳とは思えない演技力。
お芝居も舞踊も、魅了されました。 またいつかどこかで。









3月10日、ロングラン公演のラスト舞踊終了後のトーク。
そして大入りの三本締め。


さて、虎の巻(取材ノート)を紛失したブログでしたが
楽しんで頂けましたでしょうか?
ロングラン公演のブログ、明日に続きます。









幕間に食べたお昼ご飯、 食べすぎでしょ?
でも4時間のロングランだもの。
お友達にいただいた、ぼんち揚。









良太郎グッズは、同じのが重なったからと
お友達からいただきました。 ありがとうございました。


この日、劇九のスタンプの2枚目がいっぱいになって
トートバックをゲットしました。 嬉しかったです。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加