マドンナのナイショ話

あなたに話したいあれこれ

ハッピーバースデー♪

2017年04月23日 | イベント・行事



4月22日は、私のバースデーでした。
またひとつ、歳を重ねました。






            









娘夫婦が、贈ってくれました。









ドキドキしながら、箱を開けました。









中から、つるバラの苗木が出てきました。
6ページに渡る、詳しい説明書付きです。
花を育てるって、本当に難しい。









世界で最も愛されるバラ、ピェールドゥロンサールという種類です。
白からピンクのグラデーションが、きれいなバラだそうです









先ずはベランダに出して、大きな鉢に植え替えました。
これからアーチも、立ててあげなければいけません。


娘は、植木が大好きだから、贈ってくれたのでしょうね。
嬉しかったよ。 大切に育てます。









こちらは、息子夫婦が贈ってくれました。









可愛い黑猫ちゃんでしょ?









はい、エコバックです。 私、エコバック、大好きなのです。
内ポケットにも黒猫があり、折りたたんでこのポケットに入れます。


いつもエコバックを持参しているから
最近、スーパーマーケットで、NOレジ袋が多いです。









そして可愛らしい猫のメガネケース。









猫はやっぱり、好き好き好き。









嬉しかったよ。 大切に使います。 









久しぶりにケーキが食べたくて。
夫婦2人でホールのケーキは多いけれど、誕生日だから。


ソレイユ・フロマージュ。
オレンジのレアチーズケーキと、チョコレートムースの2層に
オレンジのゼリーで、春らしく仕上げてありました。









お祝いだから、ローソクも立てて。









とても爽やかなケーキでした。




まだまだ私は、元気でがんばるぞ。
写真もいっぱい撮るぞ。
そんなことを思う、誕生日でした。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大川良太郎2017年3月公演・朝日劇場23(3月25日)

2017年04月22日 | 大川良太郎



今日のフォト。 やっぱり立ち役はいい。 本当にいい。
劇団九州男3月公演・朝日劇場、3月25日昼の部続き。






            









伏せた目・・・。









見つめた目。









今度はその指先から、言葉が届く。


笑い合った あの頃のように
楽しかった あの日のように


そばでそばで 笑いかけてよ
独りにしないでよ









♪おぼろ月。
雲がかかり始めた。 今宵、舞台で見る美しい「おぼろ月」









傘をさして登場。









この瞬間、ドキッ。









3本の傘で舞う。 ♪淡雪の恋。









また傘に隠れる。









良太郎から夜叉に。









お面に手をかけた。









高鳴る瞬間。
この写真が、今日のラスト。


顔が見たいと思う。 けれど・・・
期待は期待のまま終わるも、また良し。(笑)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大川良太郎2017年3月公演・朝日劇場22(3月25日)

2017年04月21日 | 大川良太郎



今日のフォト。  日本一伝統のある大衆演劇場、「朝日劇場」は、通天閣の傍にあります。
100年の歴史と伝統は風格があり、真っ直ぐ伸びた長い花道、桟敷席


私は桟敷席のある劇場が好きです。 朝日劇場のこじんまりとした大きさは
(桟敷席合わせて200席)役者と観客の距離を縮める。


劇団九州男3月公演・朝日劇場、3月25日昼の部公演。






            









あっしは、ねずみ小僧次郎吉でござんす。
今宵もこの江戸の街で、一声チュウと鳴かせてもらいやす。


第1部、お芝居「ねずみ」
お芝居の後の口上ご挨拶。









第2部、舞踊ショー。
オープニングは、劇九群舞。 ♪大江戸瓦版。
この日は、若手3人=たくやくん&翔一郎くん&大和くんの三変化。


大和くん、田舎っぺ。 ♪俺ら東京さ行ぐだ。
たくやくん、毛皮の衣装で。 ♪NOROSHI
翔一郎くん、あんな男の一人や二人~♪って。









良太郎座長、色っぽい目線。 ♪あなたを口説きたい。









伸吾さん、傘を持って。 ♪北海水滸伝。
香おりさん、お花の衣装で。 ♪たまゆら。


大和くん、カワユイ。 ♪恋愛サーキュレーション。
翔一郎くん、カツラが素敵。 ♪starting over









たくやくん、豪華絢爛。 ♪極楽浄土。









座長、最高。 大好きな舞踊。 ♪安宅の松風。









たくやくん、赤い衣装で。 ♪火の酒よ。
翔一郎くん槍を持って。 男心の大盃についでくだされ並々と♪


大和くん、ホ―ホ―蛍 翔んで行け。 ♪北の蛍。
くっさま、舞踊で締めてくれる。 ♪浪花盃。









さあ、弾けましょう。 ♪無条件。









もの凄い衣装。 「福寿弁財竜」という文字。
♪哀歌(エレジー)









しがみついた背中に そっと爪を立てて
私を刻み込んだら もっと夢の中へ


ひらひら舞い散る 花びらがひとつ
ゆらゆら彷徨(さまよ)い 逝き場を無くした









その手でその手で 私を汚して
何度も何度も 私を壊して


汗ばむ寂しさを 重ね合わせて
眩しくて見えない 闇に落ちてゆく


いつか滅び逝く このカラダならば
蝕(むしば)まれたい あなたの愛で






曲が終わると、ライトが消えた。


たくやくん&翔一郎くん&大和くんの個人舞踊、とてもよかったです。
素敵な三変化を 見せてもらいました。









幕間に食べたお昼ご飯と、お友達にいただいたおやつ。
こんなご飯、よく食べていました~。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

穀雨

2017年04月20日 | 花 園芸



今日のフォト。 勝手口にあるプランターのチューリップが咲きました。


4月20日は、二十四節気の「穀雨(こくう)」
春雨が百穀を潤すことから、名付けられたもので
雨で潤った土は、種まきの季節を迎えます。






            









寒肥をあげてなくて、本当にごめん。
うちの子、みんなひ弱くて、背丈も短い。









球根が土の中で腐ったのもありますが
咲いてくれた子たち、ありがとう。


以下、写真は長居植物園にて。









桜からバトンタッチ。 春最後のパレード。
バラの葉が延びて、シャクナゲも咲きました。









くぬぎが花を咲かせ、レッドロビンが赤く染まる。









1番乗りに咲いたボタン、可愛らしいツツジ。









ウメの花の後には、小さな実が生りました。
季節は待ってくれない。









そしてハナミズキの花が、次々に開いてゆきます。




「穀雨」 雨が降っても、恵みの雨。
この季節に降る雨は、「百穀春雨」と言われています。




「桜便り2017」は、あと少し、京都と奈良が残っています。
写真の整理が付き次第、アップしますね。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜便り2017パート8(大阪造幣局桜の通り抜け)

2017年04月19日 | 



今日のフォト。 大阪造幣局の桜の通り抜け。
私が行った時は、3分咲き~4分咲きでした。


まあ、そこはそれなりに強行に撮って
ブログでは、ワォ~!!って唸らせて
カリスマブロガーの腕前、見せちゃうのですが。(笑)






            









鬱金(うこん)


造幣局の桜の通り抜けには、毎年「今年の桜」が決められます。
2017年の今年の桜は、「鬱金(うこん)でした。
花は、淡黄緑色。 花弁は10~15枚あるそうです。









蘭蘭(らんらん)


造幣局の桜には、それぞれに名前が付けられています。
上野動物園のパンダ、「蘭蘭」の死を悼み、付けられたそうです。
花が密集して咲き、ふくよかでパンダの毛並みに似ているとか。









糸括(いとくくり)


優しい薄紅色をしています。 花弁数は10~15枚。









牡丹(ぼたん)


造幣局の桜の通り抜けでは、期間中、投句箱を設置して
俳句・川柳の投句を受け付けています。
優秀な作品は翌年、短冊に記して、桜の木の下に吊るされます。









玖島桜(くしまざくら)


こちらは新種の桜、「玖島桜(くしまざくら)」です。
長崎県大村公園(玖島城跡)発祥の桜で、花弁数は40~50枚と驚く多さ。
高いところで1輪2輪咲いていただけで、つぼみばかりでした。









二度桜(にどざくら)


造幣局の桜の通り抜けで、珍しいとされる桜。
1本の木に、一重、八重、二度咲きの花がある。


二度咲きでは、外側の花が咲いた後、遅れて内側の花が咲くので
「二度桜(にどざくら)」と言われます。









大手毬(おおてまり)


造幣局の桜の通り抜けで、珍しいとされる桜。
薄紅色した、大きな手毬のような形をしています。









雨宿(あまやどり)


葉陰に垂れて咲く姿が、葉陰に雨をよけているように見える。
つぼみは薄紅色、花が咲けば白色。 花弁数は10~15枚。









紅豊(べにゆたか)


濃紅色で豊かな花弁から、名前が付けられました。


本来、桜は花を主役に構図を決めますが、この写真は
開いたばかりの初々しい葉を主役に、撮りました。









大提灯(おおぢょうちん)


球形の大輪の花が、提灯のようにぶら下がって咲いています。
薄紅色を帯びた、白色です。









雨情枝垂(うじょうしだれ)


詩人=野口雨情氏の邸内にあったことから、その名が付けられました。









幸福(こうふく)


局内に、2本の「幸福」という桜があります。
毎年、この桜と名札を撮って来ます。









林一号(はやしいちごう)


花は桃色、花弁数は25~30枚あります。
可愛らしい桜です。









思川(おもいがわ)


栃木県の修道院にあった 十月桜の種から育成された桜で
修道院の下を流れる川の名にちなんで、この名が付けられました。
花弁数は、6~10枚。









伊豆最福寺枝垂(いずさいふくじしだれ)


伊豆の最福寺にあった桜。 
枝は垂れ下がり白色の花は大きい。









芝山(しばやま)


つぼみは薄紅色、花が咲けば白色。
俳句の短冊を付けてもらって。









一葉(いちよう)


花芯から1本の葉化した雌しべがでることから
この名が付けられました。









笹部桜(ささべざくら)


水上勉氏の小説「桜守」のモデルとなった笹部新太郎氏が
実生の中から選出育成した桜。


成長が早く、5年で花を付けたことから
笹部氏は、「五歳桜」と名付けました。
笹部氏死去後、遺言であった「笹部桜」と命名。









楊貴妃(ようきひ)


美しい薄紅色、豊満な花、花弁数は20枚ほど。
中国の楊貴妃を連想して、名付けられました。


今年も「楊貴妃」に会えてよかった。
今年も「雨宿」に会えてよかった。
今年も「幸福」に会えてよかった。
今年も「思川」に会えてよかった。


今年もまたそんなことを思いながら通り抜ける。
造幣局の桜の通り抜けは、「日本さくら名所100選」に選ばれています。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加