マドンナのナイショ話

あなたに話したいあれこれ

猫の日

2017年02月22日 | 猫・にゃんこ



今日のフォト。  愛猫・梅(うめ)&舞(まい)
2月22日は、猫の日。


舞は、梅ちゃんとこうしている時が、1番好きです。
梅は、舞ちゃんとこうしている時が、3番目くらいに好きです。






            









同じ三毛猫に生まれながら、偉大なるたま駅長に比べ、梅は平凡で
何の経済効果もありませんが、17年と3ヶ月生きてきました。
セブンティーンになっても、梅は元気です。









寒中お見舞いの写真撮影から3週間、ホッとしたのも束の間。
今度は猫の日の写真撮影が、待っていました。 辛いです。


目が覚めません。
「梅ちゃん、もっと目を大きく開けて」と、ママは言います。









「上を見ないの、ここ、ここ、おめめパッチリ、カメラ目線」
ママの声は、段々と大きくなります。









息を止めて、おめめパッチリ。
「ママ、早く撮ってください。 頼みます」









自分でなかなか 毛づくろいができないので
最近はママが、温かい蒸しタオルで、お顔を拭いてくれます。
とても気持ちがよくて、梅は美人になります。









1999年11月5日、大阪天満宮の鳥居の前にいた梅を
ママが、保護してくれました。


梅は、天神さまの子だからと、「梅と命名」してくれました。
ママは、「梅は、賢い猫なんだよ」と言ってくれます。









小首をかしげて・・・
梅、べっぴんさんで、可愛く撮れますように。









水戸の柚(ゆず)です。
2016年10月、大阪のパパとママが、水戸に遊びに来た時
近所の廃材置き場で鳴いていた柚を 保護してくれました。


あの時、大阪のパパとママが水戸に遊びに来ていなかったら
柚は、ここにいません。 大阪のパパとママは、命の恩人です。
その時のブログを大阪のママが書いてくれました。


マドンナのナイショ話。 茨城(水戸)で助けた命。









年末年始は、パパとママの実家の関西に帰りましたが
その後、柚は、天真爛漫に、元気に幸せに暮らしています。









お正月を過ぎても、獣医さんに内緒で、ミルクを飲んでいました。
柚は、ミルクが大好きです。









ママが夕食を作る時、お鍋コトコト、美味しいものを覗いていて
お髭をジュジュッ・・・って、やってしまいました。
「お転婆ゆず」って、ママに叱られました。









それから柚の秘密は、お風呂が大好きなこと。
1週間に1~2回お風呂に入っています。


それ以外、毎日、パパやママがお風呂に入る時
一緒に浴室に行き、サウナを楽しんでいます。









千葉県にお婿入りした、蓮くんと椎くん。
今はういろうくんと、かりんとくんという名前です。


奥にいる三毛ちゃんは、先住猫のみたらしちゃん。
蓮くんも椎くんも、男の子だから、とても大きくなりました。
そして幸せに暮らしています。









節分には、豆まきをしました。
「鬼は~外、鬼は~外」









柚は女の子だからと、初節句のお雛さまを買ってもらいました。









柚、お雛さまと記念撮影。
柚は、幸せな毎日を過ごしていました。









ところが体重が2kgを超えたからと、いきなり動物病院に連れて行かれ
眠っている間に、切腹。 エリザベスカラーの姿となりました。









柚、避妊の手術をしました。
重症で、起き上がることも出来ませんでした。


最近、ちょっとした隙に、脱走するからと
マイクロチップも挿入しました。
もう迷子の心配も、無くなりました。









1週間、エリザベススタイルでした。
痛い、辛い、悲しい。 柚は、ずっと泣いていました。









そして2月21日、抜糸。
動物病院が、大嫌いになりました。









1週間ぶりに、エリザベスカラーが外れて
ママが、快気祝いに、美味しいフードをくれました。
そしてガラス越しに、日向ぼっこです。









ホッと一安心して爆睡。









目覚めると、ママが、可愛い写真を撮ってくれました。
これを「見返り美人」と言うそうです。









私は、只今 寝ています。
寝ていますが、名前は舞(まい)です。









猫の日のご挨拶。
またまた、ママのハードな写真撮影。


梅ちゃん、へばりました。
あまりお話が出来なかったと、梅ちゃん悔やんでいます。


にもかかわらず、水戸の柚っちが、たくさんの写真でページを使いました。
この後、舞が梅ちゃんの分まで、ブログ書きます。









外猫・ノンちゃんのお嫁さんは、消息不明です。


ママは毎日、勝手口を覗いて、気にしています。
舞は、ノンちゃんのお嫁さんと少し仲良しでした。









2016年12月20日に見たのが、最後だったそうです。
ママは、ノンちゃんハウスを作って、電気コタツを入れたまま
ずっと待っています。


シッポの傷で、タオルが汚れているから
ここに入ったことはあると思うけれど、姿は見かけません。
ノンちゃんのお嫁さん、生きていてくれたら嬉しいです。









そしてこちらは、ママが大好きだった、外猫ノンちゃんです。
2013年5月から、うちの勝手口に来るようになり
2015年12月15日に、ノンちゃんハウスで亡くなりました。
ママは、泣きました。


ノンちゃん天国へ。









ノンちゃんのために、ママはデジブックを作りました。
梅ちゃんと舞のデジブックは、ありません。









それからママから聞いたのですが、水戸の柚っち
避妊の手術をして、毎日泣いていたとか。
「あかんたれの柚っち!」に、エールの写真を送りました。









ママが、舞の里親さんになってくれて、1ヶ月目に行った
病院の健康診断で舞は、乳腺腫瘍だと診断されました。
放っておくと、長く生きられないと。


手の付け根から、足の付け根まで開腹して、手術をしました。
1回目の手術で、ママが見舞いに来てくれた時の写真です。


左手には点滴の針が入っています。
左のお腹から背中半分まで、剃髪されました。









乳腺は2つあるので、その1か月後に、右のお腹から背中まで剃髪して手術。
こんな大手術を2回しても、舞は、泣きませんでした。









ママの故郷の友達が、山でマタタビの木を切ってきてくれて
舞に、お見舞いとして送ってくれました。 全部、マタタビ。
舞は、この時、酔いしれました。









公園で1年暮らしていたので、耳カットもしています。
舞の根性は、筋金入りです。
ドヤッ! 柚っち、避妊手術くらいで泣くな。









温かいお布団の上で、こうして梅ちゃんといる時間が好きです。
梅ちゃんは、もうあまり毛づくろいができないので
舞がいつも梅ちゃんのお世話をしています。


舞は、梅ちゃんのことが大好きです。









1992年6月22日から2007年11月17日まで
パパとママ、お兄ちゃんとお姉ちゃんと暮らしたリリーちゃん。
舞は、1年4ヶ月、リリーちゃんと一緒に暮らしました。


三代目・江戸家猫八(岡田六郎さん)に似ていたと、パパとママが言います。
そして優しくて、賢い、伝説の猫だったと。









ママのお友達が、贈ってくれた三姉妹のマカロンソーイングセット。
写真を見せて、猫作家さんに作ってもらったそうです。









2006年7月1日に、この家に来ました。
公園で1年も暮らした迷子の地域猫だったから、舞(まい)と命名したとか。


舞は、「舞(まい)」という名前、気に入っています。
もうこの家で、10年半も暮らしています。
あの時、乳腺腫瘍の手術をしていなかったら、舞は今、生きてないと思う。


猫総代で、たくさんお話をしました。
2月22日は、にゃんやんにゃんで「猫の日」
嬉しい嬉しい猫の日です。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たま電車(和歌山電鐵)

2017年02月21日 | 猫・にゃんこ



今日のフォト。 これが和歌山電鐵・貴志川線の「たま電車」です。






            









たま電車が、貴志駅に到着しました。
待っていた乗客は、記念撮影。









車体を見るだけで、ワクワクしてきます。


和歌山駅と貴志駅の区間。 14駅、走行時間30分。
私もたま電車に乗って、出発進行。









どの座席に、座ろうかと思う。 座ってなんかいられない。









ぜ~んぶ、たまちゃん仕様。 興奮しまくり。









この日は、女性の運転士さんでした。









2両編成。 こちらのコーナーは、本も読めます。









ドアもたまちゃん、床もたまちゃんの足跡。









凄すぎます。
30分、車内を走りまくり。(笑)









伊太祈曽駅(いだきそえき)で停車。
ここは、貴志川線で唯一2線のホームがあります。
ここで必ず、上下列車の交換が行われます。


向こうのホームに、おもちゃ電車が停車中。
たまとおもちゃ、嬉しいガチンコ。









アッという間の30分。 和歌山駅到着です。
もう一度、これに乗って貴志駅に行きたい気分です。









なごりおしいと、たまラッピング、撮りまくり。
昨年乗った、いちご電車とおもちゃ電車のブログもどうぞ。


いちご電車(和歌山電鐵)


おもちゃ電車(和歌山電鐵)









車内にあった、駅長室。
故たま駅長は、たま電車に乗ったことあるのかな?
ニタマ駅長は、たま電車に乗ることあるのかな?
いずれにしても、楽しい猫旅でした。









在りし日の「たま駅長」
世界中から愛され、無人の貴志駅に11億円の経済効果をもたらしたという。


偉大なる「たま駅長」の凛々しい駅長姿。
明日、2月22日は、猫の日。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大川良太郎2017年1月公演・羅い舞座京橋劇場25(1月30日)

2017年02月20日 | 大川良太郎



今日のフォト。 羅い舞座京橋劇場に、ありがとう。
大川良太郎に、ありがとう。 そんな2017年1月でした。
劇団九州男1月公演、羅い舞座京橋劇場、千秋楽(1月30日)続き。






            









立ち役がいいと言いながらも、女形(おやま)で出てくると
思わず「きれい」と、言葉が漏れる。









♪蒼い月。(松原のぶえ)


蒼い着物に同系色の帯を結び、真っ赤な帯揚げは先を垂らし 
着物の袂(たもと)に、ちらりと三日月が見える。









心が溶けて 躰ひとつに重ね
闇を走る けもののように強く


夢と知って とかれた帯が悲しい
月が燃えます 蒼い月









千秋楽、最後の写真にこれを選びました。









文句無しの千秋楽。









このカッコよさは、不滅。









ブラックステージの 丸いセリが上がった。
5列目の私でも、トータルで見えた。









座席数495席。
日本一広い大衆演劇場、羅い舞座京橋劇場での1月公演。









この舞台で、三番叟が観れて感無量だった正月。
アッという間の1ヶ月でした。









風邪も引かなかった。 また私は若返った。
たくさんのパワーをありがとう♪
最高の舞台での最高の演技、観させてもらいました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大川良太郎2017年1月公演・羅い舞座京橋劇場24(1月30日)

2017年02月19日 | 大川良太郎



今日のフォト。 いつも思っていた。 この幕、羅い舞座京橋劇場のためのお誂えかと。
劇団九州男1月公演、羅い舞座京橋劇場、千秋楽。(1月30日)






            









お芝居の後の口上ご挨拶。 静止した姿なのに
ピンが合ってない。静止しているという気のゆるみ。
京橋劇場、最後の口上なのに。









第2部、舞踊ショー。
オープニングは、劇九群舞。 ♪花火がドンと。
はるさん、サブちゃんで。 ♪まつり。


純くん、大阪のおとこ前。 ♪津軽のおとこ前。
赤いマスクの大和くん、インフルから復帰。 ♪わたし鏡。(関ジャ二∞)









劇九(翔一郎くん&たくやくん&大和くん&純くん&香おりさん&マキさん)
そして座長も女形で。 ♪ヤマトナデシコ七変化。









伸吾さん、金澤伸吾という衣装。 
香おりさん、お月さま。 ♪満月。(伍代夏子)


翔一郎くん、何でもこなせる素敵さん。 
♪Starting Over (三代目 Jsoul Brothers)









座長と劇九、チェック柄で。 ♪おっと人生演歌だよ。









マキさん、真っ直ぐ帰りましょ。 ♪寄り道。
たくやくん、カッコよく。 ♪離さない。


剛くん、インフルから復帰、よかったね。 
♪パリピポアンセム。(ジャニーズWEST)
くっさま、千秋楽は美声で。 ♪好きになった人。(都はるみ)









みんなお面を付けていても、誰だかわかる。
♪夜叉のように。









手の表情。









・・・・・ ・・・・・









形容する言葉が見つからない。
1曲が終わる。









音楽だけ流れて、激しい立ち回りが続く。









竹林の中での 手に汗握る立ち回り。









鬼が飛ぶ。









鬼が見据える。









鬼の瞳、もらった。
迫真の群舞、迫真の立ち回り。






ラスト舞踊は。 ♪シャナナ。(MINMI)


アンコール、たくさん踊ってくれました。
へべれけ宣言、Bang Bang Bang、イチブトゼンブ、喧嘩上等 ・・・・・
まだまだ、いっぱい踊ってくれました。









幕間に食べたお昼ご飯。 昼の部=12時開演、夜の部=17時開演。
開演前に、外食する時間が無くて、ずっとこんなご飯でした。


お友達からいただいたおやつ。
編み物の好きなお友達から、手作りのレース編みをいただきました。
京橋で私も、たくさんの「ありがとう」の一幕がありました。









千秋楽の日のランキング写真。
千秋楽、明日に続きます。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨水(うすい)

2017年02月18日 | 花 園芸



今日のフォト。 ベランダの寄せ植えの花かんざしが、満開です。
今日2月18日は、二十四節気の「雨水(うすい)」


水ぬるむ・・・ 雪が雨になり、溶けた雪の下から土が見える。
土の中に隠れている春の花たちが顔を出すのも、もうそんなに遠くはない。


立春に写真を撮ったベランダの花。
雨水の今日、もう一度撮ってみたくなりました。






            









立春には、まだ固いつぼみの桜草でしたが、桜色の顔を覗かせています。
ジュリアンは、昨年の暮れから楽しませてくれています。









ノースボールは、強い子です。
ビオラも、頭を持ち上げて。









葉牡丹、サニーレタスみたいになっています。
シクラメン、ラインがきれいですね。









昨夏、株分けした、何年越しかのシンビジューム
ゆっくりと、1つ1つ開花してゆきます。
1つの茎に、13個の花が付いています。









花かんざしのつぼみは、真ん丸です。 赤いつぼみをかんざしに見立てて
「花かんざし」という名前が、付けられたそうです。









カサカサの手触り、ドライフラワーなどによく使われます。









1月にお友達にいただいた、セネッティ、満開です。









接写で撮りました。









肉眼では見えない部分も、マクロレンズは探してくる。









セネッティ、やっぱり可愛らしい花です。









立春に、こんな風に咲いていたヒヤシンス。









雨水(うすい)には、すっかり花が終わってしまいました。
啓蟄(けいちつ)には、他のヒヤシンスは咲いているかな?









嬉しいことに、花が終わった後に
もうひとつ小さな蕾が、顔を覗かせていました。
オマケをもらったようで、嬉しいです。









昨日(17日)は、関東、北陸、四国で、「春一番」が吹いた。
二十四節気、春は半月ごとの季節の変化が著しい。






ヒヤシンス以外は、マクロレンズで撮りました。
Canon EOS 5D Mark IV
EF180mm f/3.5L Macro USM





コメント
この記事をはてなブックマークに追加