雲南、見たり聞いたり感じたり

雲南で暮らして感じた不思議なこと、おいしい食べ物などなど

雲南の書記と副書記14

2017-06-30 14:11:01 | Weblog
写真はシーサンパンナ・景谷近くのゴム林。シーサンパンナタイ族自治州には、各所に文革中に原生林を伐採してゴム林を植えた場所が目に付く。いまでもゴムの採取は行われているが、均等に密集して植えられ、幹はそのためか、太くはない。
 下放政策という、中国の大都市から「知識青年」と呼ばれた中学、高校、大学生が雲南に大量に送られて、これらの作業および、前回お伝えした滇池の埋め立てなどが人海戦術で行われていた。

【「農村」問題への提言がアダに】

今回も雲南の文革編です。

1959年から雲南省委員会第一書記だった閻紅彦は、雲南省の各村を視察し、1961年にプーアル、景谷の両県の会議に参加してことをまとめて、1961年5月に毛沢東あてに「農村の人民公社におけるいくとつかの問題についての調査」報告を提出しました。

人民公社は一つの単位があまりに大きくて実情に合わないので、もう少し場所によっては規模を小さくし、単位ごとに食事を用意して食べる「公共食堂」なども無駄が多いのでやめる、といった、実情を知るものにとっては真心からの提言でした。

この5年後の1966年10月に中央政府内では林彪、江青らが鄧小平ら一部、現実的な高級幹部を批判。それを受けて、閻紅彦も「反革命修正主義」のレッテルを貼られ、昆明の地で日々、批判大会で厳しい糾弾を受け、勝手に休むことも水を飲むことも米を食べることも許されなくなり、1967年1月4日、昆明で自殺。これは人民解放軍上将のなかで唯一の自殺となりました。

このような状況のなかで、文革時代に激しい排斥を受けていた雲南行政に精通した生え抜きの漢民族・普朝柱が省書記に抜擢され、その副書記になったのが納西族の和志強だったのです。

 雲南の書記・副書記のあり方としては文革の傷あとからの復興と少数民族に配慮した政策の実行、という使命を帯びた統治だったという点が重視されました。

これは雲南統治の前後を考えると相当、特殊な時期となりました。
(つづく)
※今回で雲南の文革編はひとまずおわり。本当は漢族の村ではないところで、いまだ闇に葬られた村ごと虐殺された村、など、闇から闇の話はいろいろとあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雲南の書記と副書記13 文革... | トップ | 雲南の書記と副書記15 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL