学校教育を考える

混迷する教育現場で,
日々奮闘していらっしゃる
真面目な先生方への
応援の意味を込めて書いています。

もし学校がなかったら

2008-09-08 | 教育
もし学校がなかったら,と想像してみる。
なかなか楽しい想像である。

おそらく今のような整った学校制度がなくても教育はできる。

初歩的な読み書き算を教えてくれる大人と
生活上の躾をしてくれる大人がいて,
ある程度の社会経験を積んでいけば,
いつの時代であっても,
一人前の大人にはなれるであろう。
そして,
知的好奇心にしたがって,
自主的に学ぶ者は学ぶであろうし,
高い知的レベルまで達することができるであろう。

学びたくない者は学ばないだろうが,
学びに変わるものを見いだすだろう。

いちばん社会的に問題となるのは,
そのようないわゆる学びの面ではなく,
子ども時代をどのように過ごさせるかということであろう。

早くから働かせるか,
のんびり遊ばせるか,
さて,どうしたものか。

ともあれ,
もし学校がなかったら,
何が一番困るかということを
考えてみると,
学校に期待すべき最も重要な機能が
何かということが見えてくるのではないだろうか。
ジャンル:
学校
Comments (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時代の変化に遅れよ | TOP | 葦の髄から天井覗く »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
もしも教師がいなかったら (今年は野武士)
2008-09-18 23:49:11
生徒指導で心がすさんでいた頃に
いっそのこと、教師の仕事を
国民全部で労役の一種としてやればいい、
などと考えたことがあります。

もし学校がなかったら
本当にいろいろ考えますね。
Unknown (madographos)
2008-09-19 07:30:04
>今年は野武士さま。コメントありがとうございます。「学校がなかったら」という仮定でものを考えてみると,ちょっとは学校や教員の存在意義も見えてきそうな気がします。案外,学校など,なければないで,困らないのかもしれませんが・・・。
少数者も元気に生きていかなくちゃね! (文月)
2008-09-19 15:27:58
こんにちは。文月です。
>学校など,なければないで,困らないのかもしれませんが・・・。
私もそう思います!
諸外国ではホームスクール(ホームスクーリング)で
義務教育を行う各家庭に、国から教育費が支給されているようですし、学校がなくても、
こどもたちの教育は十分に可能だと思います!
(私の学校への信頼は崩壊していますが、その存在は否定はしていなくて、肯定しています。
学校に通いたい人もいると思うので。その人たちの人権を尊重したいです。)
ホームスクールは、家庭私立学校ですから、言葉としては学校といえば、学校といえるものですけど。
この日本でも、ホームスクールが正式な教育制度として、一日も早く確立してほしいなと
考えています。学校信仰が広まっている日本では、madographosさんの考え方、わたしのような考え方は、
まだまだ、かなりの少数派だと思われ、前途多難な気がしています。

小中高の学校に通わないこと(不登校・ホースクールなど)がまるで悪い事のように
見る人々が、この日本には、まだまだ本当に沢山いるようです。
学校に通っていない人に対する差別・偏見など。
お互いの教育方法・多様な価値観を尊重していけるためにも、人々の人権意識が高まっていくといいのですが。

学校問題をはじめ、いろんな障害問題・性の問題などもあり、少数者は多くの差別・偏見を受けることが多くて
大変な世の中だなと感じています。負けないように元気に生きていきたいものです。
Unknown (madographos)
2008-09-19 17:40:56
>文月さま。コメントありがとうございます。ホームスクールの可能性も,きちんと考えていかなければならないと思います。
学校教育にはできないことがあることを,そろそろ社会が認めるべきではないかと思っています。
教育と幼児教育について (HIRO)
2008-10-01 12:29:17
はじめまして。
「HIRO」と申します。
現在、幼児教育のサイトを運営していますが、「もし学校がなかったら」など、大変関心させられる内容でした。

現代の日本の学校は一方的な教育ですが、子供たちが自ら知的好奇心を持ち、自ら学ぶことは、今の日本の教育に必要なことではないでしょうか?

日本の学校教育について行政はもっと考える必要があるように思います。

Unknown (madographos)
2008-10-01 22:09:04
HIRO様。はじめまして。コメントありがとうございます。学校のあり方について,いろいろな面から考え続けていきたいと思っております。よろしくお願い致します。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 教育