ブログ窓辺の机

ノンビリと余生を過ごしていきたいけれど、
現実はなかなかそうはいかないようですネ。

ノーベル物理学賞

2017-10-11 | 宇宙のお話
物理学のことは難しくてよく分からないけど、
アインシュタインの100年前の予言『重力波』を世界で初めて観測した。
今回の受賞に輝いたのはマサチューセッツ工科大学名誉教授のレイナー・ワイスさん、
カリフォルニア工科大学名誉教授のバリー・バリッシュさんとキップ・ソーンさんの3人です。
これでまた宇宙の謎が解明されていくのでしょうか。


米ワシントン州LIGO(ライゴ)重力波観測所
NHK NEWS WEB より
https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2017_1004.html

地道な研究、夢のある科学に比べて
政界はなんとどろどろした世界なのだろうか。
それが人間の本質だといえばそうなのですけど…。
権力の光と影、弱肉強食社会(人間の場合は騙し合いも)、
世界は混迷して争いは繰り返されていく…。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙をめぐる大冒険

2017-07-27 | 宇宙のお話
BSプレミアム朝ドラの後に村山斉の宇宙をめぐる大冒険「mini宇宙の始まりを探る」
私たちはどこから来たのか、この世はどうやって始まったのか…。人類が何千年も考えてきた大きな謎に、世界が注目する東京大学の人気物理学者・村山斉機構長が体当たりで挑む!ハワイ、タイ、アメリカ、ブラジルなど、世界の絶景地で数々の実験を交えながら、宇宙の始まりと未知の物質ダークマターの正体に迫っていく!(番組表原文より)


コズミックフロントNEXTより
8/3(木)PM10:00~BSプレミアム再放送

夜空を見上げて思いを馳せて・・・
ならいいですけど虫もいるだろうし、
ここはまだ梅雨も明けないしよく見えないと思う。
梅雨明けはそろそろだけど。
冷たいビールもいいが医者から止められているし、
午前中に20分ほど歩いている。
あまり歩くと暑いし倒れそうだから。
20分だけでも筋力にいいし、なんか夏バテにも良さそう。
続けていると体力と気力がついている気がします。
先生も運動しなさいと言っていたからな。
昨日は暑くても家の中に風が入って過ごしやすかったが、
今日は風がピタリと止まりどうなるのだろう。
TVでは広大な宇宙の星々のお話だったけど、
この地球の暑さにはまいっているのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜空の銀河系

2017-07-10 | 宇宙のお話
七夕にちなんだ銀河系の謎を探る
新しい研究や美しい想像図を交えながら
銀河の円盤は大きく揺れている
やがてお互いの銀河は衝突する


NHKコズミックフロントNEXT
「今も進化中?銀河系の奇妙な姿」より
https://www.youtube.com/watch?v=MO4f2Ff8pOw
(動画あります)
あの銀河の中のどこかに地球がある・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

将来は火星へ

2017-05-07 | 宇宙のお話
現在NASAが開発を進めている、次世代大型ロケット「スペース・ローンチ・システム(SLS)」と新型宇宙船「オリオン」。将来的には火星への有人探査をも計画しているこれらの宇宙船とロケットは、2018年に初の無人試験機の打ち上げを予定しています。
宇宙(そら)へのポータルサイトsorae.jp2016.7.29記事より抜粋
http://sorae.jp/10/2016_07_29_nasa.html



【関連】有人火星宇宙船 米ベンチャーのスペースX
http://newspect.jp/detail/53733
【ワシントン共同】火星への入植構想をもつ米宇宙ベンチャーのスペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は27日、開発中の有人火星宇宙船の概要を発表した。100人以上が乗れる長さ約50メートルの大型宇宙船で、打ち上げロケットと合わせると全長120メートルを超える。早ければ2022年の火星への初飛行を目指す。



●宇宙関連記事の紹介です。配信元の方々にはゴメンナサイ
●夢も大きいけど、お金も大きいでしょうね~。
●このロケットが軍需産業とつながっていたら怖いですが・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土星探査機カッシーニ

2017-05-05 | 宇宙のお話
土星探査機カッシーニがとうとう最後のミッション「グランド・フィナーレ」を開始します。
カッシーニはこれまで土星の輪の外側を周回し、衛星「タイタン」に海や川が存在すること、さらに衛星「エンケラドゥス」に生命存在の可能性があることを発見するなど、土星の常識をくつがえすような素晴らしい発見を続けてきました。しかしいよいよ燃料不足から、4月26日から9月15日の期間に最後のミッションとなる「グランド・フィナーレ」へと突入します。まず、4月26日にカッシーニは土星と土星の環の間を通過します。このような観測は至上初めてとなり、またカッシーニはアンテナを盾のように利用してこの領域を通過します。同時に、土星の環の構成物質の調査も行われる予定です。
 
宇宙(そら)へのポータルサイトSorae.jpより
http://sorae.jp/10/2017_04_26_ca.html


土星とカッシーニ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加