たにしのアブク 風綴り

風の行方へが気になる方へ。 里山散策者の独り言。 つぶやく言葉はほとんど泡。影響力はないので、気にすることもなし。

房総風土記の丘で出会う農家の秋景色

2017-09-26 10:14:34 | Journalism

クルマの1年点検で464を走りマツダのピットまで行った。
終了後、464を先まで走って、房総風土記の丘まで行った。
上総農家の庭先で懐かしい農家の秋光景に出会いました。



昨夕刻、安倍晋三首相は予定通りに、
臨時国会冒頭、衆院を解散することを表明しました。

消費増税分の使途変更するので、国民に信を問いたいという。
消費税率10%への引き上げ分の、使い道を、
「生産性革命」と「人づくり革命」にもシフトしたいという。

今回の解散の大義名分としたうえ、
さらに北の核の脅威と併せて、
「国難突破解散だ」と述べた。



政府与党の知恵者たちは頭がいい。
総理首相が「国難突破」で解散して、「国民の信を問いたい」という。
「安倍政権でいいですか」それとも、
「他の政権を選びますか」ということです。
「安倍政権」では民主主義と国の安全と平和を危うくする。
「寄せ集めミニ野党連合政権」に日本の安全を託せるのか。
国民はこの選択を迫られることになる。国民は辛いですね~
現行横行している、おごりと堕落の下半身議員もいる自公政権。
3年前に国民が選挙で示した民意の結果の状況が現在です。



「安倍がダメで」前原さんや志位委員長が「善いのだ」、
国民がそう考える根拠を野党4党に求めています。
野党は安倍「解惨劇」を「森友・加計隠し」だと大合唱しているが、
「国難突破解散」に勝利する政権公約を早く示す方が先決でしょう。



一方、東京都の小池百合子知事が国政新党「希望の党」結成をし代表に就任した。
与党の自民、公明に衝撃が走り、民進党始め野党4党に揺さぶりをかけている。
たにしの爺、床屋政談ならぬ、徘徊の道すがら、こう考えた。
有象無象の跋扈する破廉恥議員、下半身に関心が向く議員や、
二世、三世で金持ち資産議員なんかいらない。
現在のような劣悪民主主義政治より、
人格高潔で正義・公平な資質を有する独裁政治がいい。
そんな人物が今度の選挙に現れないのかな~
徘徊人の白日夢を綴りました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋路で撮った、この実、なん... | トップ | 秋野の花を巡りて、くるめる... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さすが房総の村 (雨曇子)
2017-09-26 18:43:07
いい展示をしていますね。
じっくりと日本の秋に浸る絶好のスポットが身近にありましたね。忘れていました。
さて、国を憂う谷氏の心情よく分かります。
日本を滅亡させない人をしっかり選びたいと思います。
選挙 (谷氏)
2017-09-27 10:12:23
雨曇子さま。
コメントありがとうございます。
風土記の丘は四季を通じて楽しめます。
田舎にタイムスリップした感じです。

コメントを投稿

Journalism」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。