たにしのアブク 風綴り

風の行方へが気になる方へ。 里山散策者の独り言。 つぶやく言葉はほとんど泡。影響力はないので、気にすることもなし。

伊豆半島を回ってきました⑤――伊豆・海から石廊崎の絶景と堂ヶ島の荒飛沫

2017-06-22 12:18:22 | 国内旅行

伊豆旅行をしてきたことを記録しています。
今回は最終回として石廊崎と堂ヶ島の絶景です。



これまで石廊崎までは行ったことがなく、
一度は石廊崎の灯台を巡ってみたいと思っていました。



日本列島、太平洋に突き出た岬は絶景です。
これまで、室戸岬、足摺岬、潮岬、伊良子岬、
房総半島の野島崎、犬吠埼などには足跡があります。



伊豆半島の石廊崎は機会がありませんでしたが、
今回の旅では、海上から訪れることができました。



ところで、この文を綴っていて気が付いたことがあります。
――岬と――崎の違いは何だろうということです。
――埼と――崎の違いもあります。



北海道は宗谷岬、知床岬、納沙布岬、襟裳岬など。
九州、四国、紀伊半島、知多半島は――岬となって、
本州東日本は――崎と崎となっている。なぜ???



石廊崎遊覧船に乗りました。
かなりの大波が来ていました。
写真を撮るので、看板に立っていたのですが、
ジェットコースターに乗っている感じでした。



伊豆七島が数えられました。
揺れるのと、遠くの島影でしたので、
写真に収めることはできませんでした。



ちなみに伊豆七島とは、
大島、利島、新島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島の島群です。
石廊崎灯台はくっきり海から見ることが出来ました。



この付近では過日、アメリカのイージス艦と
フィリピン船籍の貨物船が衝突するという悲惨事もありました。



伊豆半島を横断して堂ヶ島に回りました。
風が強く遊覧船は欠航していました。
絶景「天窓洞」には行くことができませんでした。



堂ヶ島公園の岩場に立って、
打ち寄せては、10メートルを超える波飛沫に、
しばし見とれていました。



いま日本近海には米艦船の航空母艦やイージス艦、
それに海上自衛隊の護衛艦が航行しています。
領土拡大をもくろむパワー大国に接している日本。
どのような海図を引けるのでしょうか。



これにて今回の旅シリーズは打ち止めにします。
来ていただいた、ブロガーの皆さんには、
浅薄な記事を綴って、お目を汚したことをお詫びします。



伊豆半島を回ってきました①――立ち寄り先の花です
伊豆半島を回ってきました②――弓ヶ浜の渚が目の前・休暇村「南伊豆」
伊豆半島を回ってきました③――城山公園・紫陽花の道から見た下田港
伊豆半島を回ってきました④――伊豆下田・歴史に街並みぺリーロード
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊豆半島を回ってきました④――... | トップ | 一生に一度しか見られない花... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (多摩NTの住人)
2017-06-22 13:55:15
確かに「岬」と「崎」の違いは何でしょうかね。先日、バラエティ番組で青森県の竜飛崎が紹介されていましたが、石川さゆりさんの『津軽海峡冬景色』の歌詞は「竜飛岬」となっていて、違うのを知ったところでした。
岬と崎・埼 (管理人の爺)
2017-06-22 18:49:07
TNの佳人さま。
コメントありがとうございます。
岬と崎・埼ーの使い分け、
調べればわかると思っていますが、
あえて調べません。
ふと思った疑問が湧いたこと、
そいうことに気付いたことが、
なんか、歳甲斐もなく楽しさなのかな^-、
なんて考えています。

密度の濃い旅 (雨曇子)
2017-06-23 16:55:10
南伊豆は意外に過疎ですね。
歴史的にも、気候の面からも
海も、温泉も魅力的なのに
人気の面ではイマイチの感アリ です。

下田までは来ても下賀茂までは足を伸ばしません。
波が荒いからでしょうかね?
たっぷりと見せていただきありがとうございました。

ところで、ミ・サキ
「ミ」は接頭語で「御」でしょうかね。
「崎」はミサキとも読ませるので、
石廊崎は「イロウミサキ」でもいいのですが、
発音上「イロウザキ」と言うのではないでしょうか。
発音してみると「タッピミサキ」より「タッピザキ」のほうが言いやすいことが分かります。(私見です)


岬と崎 (谷氏)
2017-06-24 08:30:21
雨量子さま。
お久しぶりです。
南伊豆から東伊豆への山道は本当に「過疎地帯」でした。
ときたま出る小さな漁港も寂しいものでした。
風光明媚な環境でも生活環境には厳しいんでしょうね。

ところで谷氏は「岬さん」が好きです。
「岬」は漢字一語でイメージできます。
現役時代に属した部課に「岬ちゃん」が居ました。
「埼」「崎」では山とか川とか、もう一語が必要になりますね。
石廊崎の景観 (雨曇子)
2017-06-24 11:21:42
遊覧船からの石廊崎の写真
臨場感たっぷりで楽しませていただきました。
波にもまれているような気分になりました。

船上から眺める伊豆七島もさぞ絵になったことでしょう。
伊豆七島 (谷氏)
2017-06-25 07:30:31
雨量子さま。
伊豆七島は海上遠く島影を見る感じで、
船の揺れと重なり写真には撮れませんでした。
灯台に登ればしっかり見えたかもしれませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。